【最新版】メーカー業界の就職偏差値ランキングを紹介!化学メーカーなど職種ごとの一覧から文系の就職難易度も解説

【最新版】メーカー業界の就職偏差値ランキングを紹介!化学メーカーなど職種ごとの一覧から文系の就職難易度も解説

就職活動の中で、「就職偏差値」というキーワードを目にしたことがある方もいるのではないでしょうか。

企業探しの一つの指標として就活生の間で活用されている就職偏差値ですが、具体的にはどういったデータなのでしょうか。

また、メーカーを志望していてもどの企業を受けたらよいのか、どの企業が自分に合っているのかなど企業の探し方がわからず、一つの基準として就職偏差値を参考にしたい方もいるかと思います。

こちらの記事では、就職偏差値とは何なのか、そしてメーカー業界の就職偏差値ランキングはどうなっているのかを紹介していきます。

また、就職偏差値が高いメーカー企業に就職するためのポイントも併せて解説しておりますので、メーカー業界を志望している方は是非ご一読ください。

そもそも就職偏差値とは?

まずは、そもそも就職偏差値とは何か、ということから確認しましょう。

就職偏差値とは、インターネット上の情報交換の場である2chの就職版におけるユーザーからの情報や議論をもとに、企業に入社する難易度・人気度を企業の偏差値として数値化したものです。

就職活動時に、企業を探す際の一つの指標として就活生の間で活用されています

ポイント

高校や大学受験の際に、入学の難易度を示す指標として活用されている学力偏差値と近いものと考えると、イメージが湧きやすいかもしれません。

就職偏差値を見る時の注意点

就職偏差値を企業選びの参考にする際には、注意しておかなくてはならないポイントがあります。

前述の通り、就職偏差値は企業や団体が公式で数値化したものではなく、あくまで一般の意見によって作成されているものです

多くのユーザーからの情報・議論を取り入れて数値化されてはいるものの、客観性が担保されていない面もあり、絶対的に正しいデータであるとは断言しにくいでしょう。

ポイント

企業選びにおいて就職偏差値だけを頼って取捨選択するのではなく、就職偏差値はあくまで一つの指標として参考程度にし、企業のHPや説明会など、他の情報もふまえて判断することが賢明です。

メーカー業界の就職偏差値ランキング

それでは早速ですが、メーカー業界の就職偏差値ランキングを紹介します。

ランキングは就職偏差値ごとに、SSランクからBランクまで作成しました。

自分が受けている企業はどのくらいなのか、自分でも受かりそうな企業はどの辺なのか、と考えながら見てみてください。

【SSランク】

[65] トヨタ

【Sランク】

[64] サントリー

[63] 新日鐵 味の素 キリン

[62] 三菱重工業 アサヒビール 任天堂 旭硝子

[61] 日産 JFE ホンダ 信越化学

[60] デンソー コマツ JT 日清製粉G本社 花王 キーエンス 富士フイルム 住友化学

【Aランク】

[59] 日東電工 旭化成 日立製作所 東レ 住友電工

[58] 住友鉱山 JX金属 三菱ケミカル 明治 サッポロビール

[57] 三井化学 三菱マテ 川崎重工業 三菱電機 豊田自動織機 ソニー

[56] 住友重機 積水化学 カルビー キッコーマン 三菱ガス化学 クラレ 武田薬品 クボタ 古河電工 日清食品 パナソニック 島津製作所 キヤノン 富士ゼロックス 村田製作所

[55] 王子製紙 オムロン TDK リコー イスゞ 日立化成 JSR 宇部興産 大陽日酸 日本触媒 ブリヂストン IHI 帝人 東ソー アイシン精機 昭和電工

【Bランク】

[54] 日本製紙 神戸製鋼 カネカ ダイハツ 日本ガイシ トヨタ車体 ジェイテクト 日本ゼオン 太平洋セメント 日本電気硝子 ニコン エプソン カゴメ 日立金属 三井金属 ユニチャーム アステラス オリンパス アイシンAW

[53] 東京エレクトロン 東洋水産 日本軽金属 日新製鋼 塩野義 資生堂 YKK NOK 江崎グリコ ヤクルト コクヨ コニカミノル TOTO

[52] 日産化学 ヤンマー ブラザー工業 古河機械 富士重工 日本精工 ライオン 大同特殊鋼 日本ハム ハウス食品 ヤマハ発動機

[51] 不二製油 日本ペイント 関西ペイント エアウォーター 電気化学 第一三共 中外製薬 ダイキン コーセー 富士通 NEC

解説

上記の表はメーカー業界全体の就職偏差値ランキングのため、あらゆる企業がごちゃ混ぜになっています。

一概にメーカーといっても、自動車や飲料など一般の消費者向けの製品をつくっている会社から、鉄鋼や電気部品など法人向けの製品をつくっている会社まで、多種多様です。

上記のランキングの中でも、生活の中で名前をよく聞く会社と、これまで名前すら聞いたことがない会社、両方が掲載されているのではないでしょうか。

また、職種限定で募集している企業などもあり、同じ企業でも職種によって就職難易度が異なる場合があります

ポイント

自分が受けたい職種は何か、その職種を募集している企業か、そしてその職種における就職難易度はどのくらいかは別で確認しましょう。

文系のメーカー就職偏差値ランキング

次に、文系に絞ったメーカー業界の就職偏差値ランキングを紹介します。

また、その特徴も合わせて解説します。

【SSランク】

[65] トヨタ

【Sランク】

[64] 新日鐵住金 任天堂

[63] 旭硝子 味の素 サントリー 信越化学 ホンダ 三菱重工 JFEスチール

[62] キリン 日産 三菱ケミカル

[61] アサヒ 住友化学 日清製粉 バンダイ 富士フィルム

[60] 花王 サッポロ 資生堂 住友電工 デンソー JT

【Aランク】

[59] 東レ 富士セロ 川崎重工 コマツ キーエンス キヤノン 武田薬品

三菱マテリアル ヤマハ 日立

[58] 3Mジャパン 日東電工 メタルワン 神戸製鋼 旭化成 三井化学 IHI 三菱電機 ソニー ブリジストン キッコーマン ヤクルト ハウス食品

[57]JX金属 JSR 豊田織機 リコー クラレ 帝人

[56] 昭和電工 古河電工 島津製作 ニコン 住友金属鉱山 宇部興産 パナソニック 富士通(SE除く) 村田製作所

[55]日立化成 日本製紙 日本板硝子 大陽日酸 積水化学 バンナム 三菱ガス化学 YKK オムロン アドバンテスト コニカミノルタ 東芝 NEC 明治製菓 コナミ セガ

文系のメーカー就職偏差値ランキングの特徴

上記の表は、文系採用におけるメーカー業界の就職偏差値ランキングです。

文系のメーカーの新卒採用では、応募時は職種を限定せず、入社決定後に適性を見て職種が決められる、という総合職採用を行っている企業が多く存在します。

そのため、何か一つの能力に突出するよりも、総合力が求められる場合が多いです。

一つのスキルに特化するのではなく、様々な能力を磨くことが、選考対策として有効といえるでしょう。

ただし、一概に総合力といっても、企業によって特に重視されている能力やマッチする人柄などは異なります。

志望企業が求める人物像をしっかりと把握した上で、企業に合わせた選考対策が必要です。

分野別のメーカー就職偏差値ランキング

前述したように、メーカーといってもつくっている製品は多種多様であり、メーカー業界の中には数多くの企業が存在しています

メーカー業界を志望している就活生にとっても、興味がある分野や製品は人それぞれ異なるでしょう。

以下からは、自動車・自動車部品メーカー、鉄鋼メーカー、精密機械メーカー、食品メーカーと、4つの分野別のメーカー就職偏差値ランキングを紹介していきます。

化学メーカー

【SSランク】

【67】信越化学・三菱化学

【66】住友化学・東レ

【65】旭化成・富士フイルム

【Sランク】

【64】三井化学・日東電工

【63】積水化学・昭和電工・東ソー・宇部興産・帝人・DIC・JSR

【62】三菱ガス化学・クラレ・日立化成・大陽日酸・エア・ウォーター

【61】カネカ・日本触媒・日本ゼオン・日産化学・日本ペイント・三菱レイヨン・ダイセル

【60】ADEKA・電気化学・関西ペイント・高砂香料・日本化薬・日清紡

【Aランク】

【59】長谷川香料・三菱樹脂・日本エアリキード・東洋インキ・トクヤマ・東洋紡・東京応化

【58】クレハ・大日精化・日本曹達・住友ベークライト・東亞合成・日油

【57】三洋化成・コニシ・サカタインクス・新日鐵化学・JNC・セントラル硝子・JSP

【56】アイカ・石原産業・堺化学・住友精化・本州化学・積水化成品・ユニチカ・日本高純度化学・曽田香料

【55】荒川化学・関東電化・四国化成・積水樹脂・ダイソー・日亜化学・ニチバン・日本ピグメント・テイカ・大塚化学

【Bランク】

【59】長谷川香料・三菱樹脂・日本エアリキード・東洋インキ・トクヤマ・東洋紡・東京応化

【58】クレハ・大日精化・日本曹達・住友ベークライト・東亞合成・日油

【57】三洋化成・コニシ・サカタインクス・新日鐵化学・JNC・セントラル硝子・JSP

【56】アイカ・石原産業・堺化学・住友精化・本州化学・積水化成品・ユニチカ・日本高純度化学・曽田香料

【55】荒川化学・関東電化・四国化成・積水樹脂・ダイソー・日亜化学・ニチバン・日本ピグメント・テイカ・大塚化学

【Cランク】

【48】日東紡・日本化学・日本化成・田岡化学・川崎化成・群栄化学・タキロン・伊勢化学・関西熱化学・シーアイ化成

【46】大倉工業・コープケミカル・東洋合成・有機合成薬品・チタン工業・片倉チッカリン・日東エフシー

【44】クラボウ・日本カーバイド・ラサ工業・旭有機材・児玉化学

自動車・自動車部品メーカー

【SSランク】

トヨタ自動車 豊田中央研究所(文系限定) 本田技研工業 豊田自動織機(トヨタの親会社) デンソー トヨタ車体 日産自動車 アイシン精機 ブリジストン マツダ いすゞ自動車

【Sランク】

ヤマハ発動機 ダイハツ工業(海外) 日野自動車 関東自動車工業

【Aランク】

アイシンAW ダイハツ工業(国内)  スズキ(海外組) 日産ディーゼル 住友ゴム NOK 日本精工 NTN 小糸製作所 日本特殊陶業 日本ガイシ 日立製作所オートモティブシステム 大同特殊  富士重工業(給与BBB ~ B) 三菱自動車 豊田合成 スタンレー電気 東海理化 横浜ゴム ジャトコ FCC ケーヒン フタバ産業 日信工業 ニッパツ 東海ゴム トヨタ紡織 ボッシュ ジェイテクト ショーワ

【Bランク】

BBB スズキ(国内組) フジオーゼックス 東洋ゴム カヤバ工業 矢崎総業 テイエステック サンデン アスモ 愛知製鋼 八千代工業 光岡自動車 愛三工業 カルソニックカンセイ シロキ工業 曙ブレーキ 山田製作所 富士通テン 愛知機械 タチエス トヨタテクニカルDT 日鍛バルブ テージーケー トヨタテクノクラフト 日産工機 日本デルファイオート 豊生ブレーキ NISMO 中央発條 ボルグワーナモールステック TRWオートモーテイブ 武蔵精密 プレス工業 コンティネンタルテーベス 市光工業 大豊工業 村上開明堂 共和レザー ユニバンス 河西工業 富士機工 エフテック

【Cランク】

ユタカ技研 住友電装 山下ゴム エンケイ アイエス精機 豊和繊維工業

【Dランク】

トヨタテクニカルディベロップメント 全てのディーラー ミツバ オーテック シマノ テイン トリニティ工業 フォルクスワーゲン M-TEC

鉄鋼メーカー

新日本製鐵

69 JFEスチール

67 住友電工

65 住住友金属工業

64 三井金属

63 神戸製鋼

62 住友金属鉱山

61 日鉱金属 同和

60 古河電工 大同鉱業

59 日立電線 三菱マテリアル

58 山陽特殊製鋼

57 フジクラ

56 古河スカイ

55 住友軽金属工業 住友チタニウム

54 日本軽金属 東邦チタニウム

52 古河機械金属 三菱アルミニウム

50 東邦亜 矢崎総業

49 昭和電工 中外鉱業

45 三菱電

精密機械メーカー

【SSランク】

[70]トヨタ (外資本体)

[68] TI

[63] ソニー パナソニック* デンソー(半導体部門)

[61] アイシン精機(半導体部門)

【Sランク】

[60] 三菱電機 ルネサス Freescale

[59] 東芝* 富士通 旭化成エレクトロニクス 住友電工

[58] オムロン リコー TDK ヤマハ 東海理化(IC部門)

[57] セイコーエプソン Spansion Micron 村田製作所

[56] 日立GST SanDisk 浜松ホトニクス ザインエレクトロニクス 日本フィリップス(営業) メガチップス ●キーエンス

【Aランク】

[55] 京セラ アルプス電気 富士電機 NTTエレクトロニクス

[53] ローム 太陽誘電 新日本無線 ミツミ電機 スタンレー電気 日亜化学 日本インター

[52] 沖電気工業 NECトーキン サンケン電気 イビデン ホシデン トレックス アクセル 東光 シチズン電子 ヒロセ電機 セイコーインスツル カシオマイクロニクス ブルックマンテクノロジー

食品メーカー

[72] キリンHD 味の素 アサヒビール

[70] サントリー

[67] 日清製粉 サッポロビール

[66] 明治 HD 日清製粉 日清食品HD

[65] カゴメ ヤクルト日本水産 カルピス

[64] 江崎グリコ キッコーマン ハウス食品

[63] 味の素ゼネラルフーズ 日清オイリオ 日清フーズ 日本製粉

[62] ミツカン 宝HD 森永製菓 日本ハム

[61] マルハニチロ 森永乳業 明治乳業 ネスレジャパン

[60] メグミルク コカコーラウエスト カルビー アサヒ飲料

[59] 理研ビタミン サントリーフーズ オイルミルズ ロッテ ヤマサ

[58] キリンビバレッジ 不二製油 カンロ 雪印乳業 ニチレイ 日本食品化工

[57] 明星食品 キユーピー 昭和産業

[56] 六甲バター

[55] 塩水港精糖 和光堂 オリエンタル酵母工業 攝津製油

[54] 北海道コカ・コーラボトリング ブルドックソース

[53] ヱスビー食品 三星食品

[52] ソントン食品工業 ボーソー油脂

[51] 紀文フードケミファ アヲハタ ユタカフーズ 中部飼料

[50] フジ日本精糖 佐藤食品工業

[49] 増田製粉所 井村屋製菓 あじかん ローマイヤ

[48] 日和産業 亀田製菓 ブルボン 福留ハム 旭松食品

[47] ミホウジャパン ダイショー はごろもフーズ キューサイ

[46] 石井食品 シノブフーズ 雪国種苗

[45] ジャパンフード&リカー・アライアンス 篠崎屋

2024年最新のメーカー就職偏差値の特徴

ここまで、ランキングを通して具体的な企業名・偏差値の一覧を確認し、メーカー業界の大枠を捉えてきました。

これまで聞いたことのなかった会社を知れた点も含めて、会社選びの参考になる部分もあったのではないでしょうか。

ただ、ランキングから具体的な企業を知ることはできましたが、メーカー業界の就職偏差値が上位の企業には、何か共通する特徴や傾向はあるのでしょうか。

以下より、2024年最新のメーカー就職偏差値上位の企業の3つの特徴を確認しましょう。

就職難易度

一つ目の就職偏差値上位の企業の特徴は、就職の難易度が高いことです。

冒頭で述べたように、就職偏差値とは企業の入社難易度・人気度を数値化したものであるため、就職の難易度が高いほど、就職偏差値も高くなります。

就職難易度は、選考通過率、志望する就活生の数、企業が受け入れている新卒の採用数、新卒採用者に求められる能力の高さなど、様々な要素によって変化します。

ポイント

就職難易度が高い企業は、志望する就活生の数が新卒採用枠と比べて圧倒的に多く、倍率が高かったり、企業が設定している能力基準が高かったりと、内定を獲得するハードルが高くなっています

人気度

二つ目の特徴は、企業の人気度が高いことです。

人気度は、その企業の有名度や平均年収、事業内容などによって左右されます。

世間に広く名前が知られている企業であれば、就職活動においても多くの就活生の中で受ける選択肢として浮上する確率は高くなり、採用の倍率は上がります。

そして、名前が知られていて人気がある企業は、一般に大企業とよばれている会社がほとんどです。

大企業には毎年多くの就活生が集まり、求められる能力も並大抵のものではないため、内定獲得までのハードルが高くなります。

ポイント

食品や飲料、自動車など、多くの人にとって普段の生活から馴染みのある商品を扱っているメーカー企業は、就活生からの人気度が高くなる傾向にあります。

年収

三つ目の特徴として挙げられるのは、年収が高いことです。

平均年収が高い企業は、就職偏差値の上位にランクインする傾向があります。

理由としては、知名度のある人気企業は平均年収も高い傾向にあることや、企業を選ぶ指標の一つとして年収を重視している就活生が集まりやすく、倍率が高くなることなどが挙げられます。

一方、年収が高いということは、それだけ社員に求められる能力も高く、難しい仕事であるということがいえます。

平均年収が高い企業の中には、学歴フィルターとよばれる、一定の学歴以上しか採用しないという基準を設けている企業も存在するでしょう。

就職偏差値が高いメーカに就職するためのポイント

ここまでメーカー業界の就職偏差値ランキングや、就職偏差値が高いメーカー企業の特徴を押さえてきたところで、志望企業からの内定獲得に不安を抱えている方もいるかもしれません。

就職活動において、就職偏差値が高いメーカー企業から内定をもらうためには、具体的にどのような対策をしたらよいのでしょうか。

以下からは、就職偏差値が高いメーカーからも内定をもらうためにすべきことは何か、そしてその事柄が重要である背景について、詳しく解説していきます。

メーカー業界の理解を深める

就職偏差値が高いメーカーからの内定を狙う場合は、業界研究・企業研究がとにかく大切です。

企業は、自社で活躍できる人材を求めています

新卒採用において企業は、学生時代の取り組みや志望動機を通して学生の人柄やポテンシャルを見極め、入社後に活躍できるイメージが持てるかを判断しています。

つまり内定獲得のためには、その業界・企業に入った後にあなたが活躍できるというイメージを企業に持ってもらわなくてはなりません。

活躍できるイメージを伝えるには、その業界・企業にマッチした強みをアピールすることが鍵です

ポイント

業界・企業の理解を深めることでマッチする強みがわかり、自己PRやガクチカ、志望動機でどんな内容を伝えれば企業に響くのかを考えることができます。

業界研究・企業研究に関しては、以下の記事でより詳しく解説しておりますので、ご参考ください。

エントリーシート(ES)を磨く

エントリーシート(ES)を磨くことも、就職偏差値が高いメーカー企業からの内定獲得には不可欠です。

メーカー業界は、ES選考を通過するハードルが高い傾向にあります。

理由は、メーカー業界全体として就活生からの人気が高く、選考に挑む学生の数が多いことから、圧倒的な倍率を誇るためです。

特に、選考の初期段階であるES選考では、数多くの学生からエントリーが集まるため、他の就活生との差別化ができなければ選考突破は難しいでしょう。

ポイント

ES作成ツールを使って効果的なアピール文章を作成したり、ES添削をしてもらって自分のESをブラッシュアップしたりなど、常にESを磨くことを怠らない姿勢が大切です。

就活エージェントを利用する

就職偏差値が高いメーカー企業からの内定を獲得するためには、自分ひとりの力だけで就職活動を進めるのではなく、就職活動のプロである就活エージェントを利用することも一つの手です。

就活エージェントでは、就職偏差値でみると自分は今どのあたりにいるのか、自分が受けるべきはどんな企業なのかなど、現在の立ち位置や企業探しの方向性を一緒に分析をしながらアドバイスをくれます

また、就活市場エージェントであれば自己分析や企業探しに限らず、ESの選考対策や模擬面接など、内定獲得まで一貫してプロの担当者がお手伝いしていますので、ぜひ利用してみてください。

メーカーの就職偏差値まとめ

メーカーには、幅広い業種の企業が存在しています。

本記事を通して、これまで知っていたメーカー企業や興味を持っていた分野以外に、視野が広がった方もいるのではないでしょうか。

これまで紹介してきた文系のメーカー業界の就職偏差値ランキング、分野別の就職偏差値ランキングを参考にしつつ、あなた自身に合った企業を探し、就職活動を進めていってください。

就活市場では他にも就職偏差値に関する記事をあげていますので、ぜひご覧ください。

柴田貴司
監修者

明治大学院卒業後、就活メディア運営|自社メディア「就活市場」「Digmedia」「ベンチャー就活ナビ」などの運営を軸に、年間10万人の就活生の内定獲得をサポート

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます