【サマーインターンの申し込み】夏のインターンに参加しよう!申し込み方法をご案内!

はじめに

就活に有利になると言われているサマーインターンは、夏休み期間中に実施されています。

志望する企業の社風を知ることができるのはもちろんのこと、仕事や業界への理解も深まります。

また、他の就活生や社員と交流を図れるのもメリットです。

サマーインターンに参加して就活準備に役立てたいという学生も増えていますが、この記事ではサマーインターンにエントリーしたい学生のために参加する目的や開始時期のほか、申し込み方法などを解説していきます。

【サマーインターンの申し込み】サマーインターンシップとは?

就活の準備としてサマーインターンに参加する学生が増えています。

仕事や業界への理解を深めて企業選びのヒントに役立てられるのはもちろんのこと、他の就活生や社員と積極的に交流できるといったメリットもあります。

サマーインターンは、その名のとおり、夏に実施しているインターンを指し、さまざまなプログラムを用意して開催しています。

まずは、サマーインターンの特徴をチェックしてみましょう。

サマーインターンの特徴

一般的にサマーインターンは、大学生の夏休みにあたる7月から9月頃に実施されます。

実際の仕事に触れることで企業や業界への理解を深められるのも就活生が得られる利点です。

現在、多くの企業でサマーインターンを実施しており、数日から1ヶ月以上にわたる短期間のものなど実施期間はさまざまです。

プログラム内容も企業によって違いがあります。

たとえば、実際に営業を体験するクライアント訪問やグループワークのほかにもセミナー型インターンや企画の提案、新規事業の提案を行うなどプロジェクト型のプログラムを用意しています。

志望している企業や興味のある企業のサマーインターンに参加することも間違いではありませんが、プログラム内容をチェックし自身を向上できるインターンに参加してみてもいいでしょう。

サマーインターンの開催時期

サマーインターンの開催時期は、企業によって違いがあるものの、一般的に学生の夏休み期間中にあたる7月~9月末頃に実施されています。

1dayの短期間のものから1ヶ月以上にわたる長期インターンまでさまざまありますが、夏休みを有効活用して参加できるため、スケジュールの融通がつきやすいのもメリットです。

インターンは、夏だけでなく春や秋にも開催されています。

しかし、多くの学生を集められる夏のインターンは、大手企業や中小企業など、多数の会社で開催されており、より多くの企業や業種を知るきっかけになります。

【サマーインターンの申し込み】サマーインターンに参加する目的とは?

サマーインターンに参加することで自分に合った企業や業種を知ることができます。

インターンを通して実際の仕事に触れられるだけでなく、社員との交流の機会も得られるため、社風や社員の雰囲気を自分の目で見ることもできるでしょう。

また、サマーインターンの選考では、エントリーシートのみならず面接を実施する企業もあります。

そのため、自己アピールの機会を得ることができ、本選考に向けた経験を積めるのもメリットです。

企業によっては、内定や選考の判断材料としているところもあり、サマーインターンに参加することで一次面接を免除するなど、選考で有利になるケースもあります。

【サマーインターンの申し込み】サマーインターン 申し込み開始時期

人気の企業や大手企業のサマーインターンは、申し込みが開始されると多数の学生がエントリーし始めます。

先着順で参加者を決定するという企業もあるので、事前にしっかりと情報を集め申し込み時期を把握しておくことが大切です。

ここからは、情報解禁時期や申し込み時期について確認していきましょう。

情報公開がされる時期:4月中旬〜5月下旬

2019年に就活のルールが廃止されてから例年よりも時期を早めて選考を開始する企業が増加しました。

以前は、情報解禁や選考関する就活のルールが設けられていましたが、廃止されたことで早い段階で内定を得る学生も増えています。

サマーインターンの情報解禁時期は、4月中旬~5月下旬頃です。

中には、6月から情報を解禁するという企業もありますが、早期に情報を解禁する企業が多いため、こまめに情報を集めておくといいでしょう。

インターンに参加し自身の能力が認められ、そのまま内定を獲得したという学生もいます。

現在、大学3年生だけでなく全学年を対象としたサマーインターンもあるので、就活を効率よく進めたい方は、情報収集を怠らず常にインターン情報を集めておくことが重要です。

申し込みが開始される時期:5月末〜6月下旬

多くの企業が5月末~6月下旬に申し込みが開始されます。

申し込み時期を逃すことなくエントリーできるように、できるだけ多くの情報を集めておかなければいけません。

サマーインターン情報は企業のホームページのほかにも就活サイトやインターン情報サイトで集めることができます。

企業によっては、インターンの開催時期が前年と変更になることもあるため注意が必要です。

必ずしも前年どおり決まった時期にインターンを行うわけではないので、インターン情報にこまめに目を向け参加のチャンスを逃さないようにしましょう。

一般企業は6月1日一斉スタート!

一般企業の場合、6月1日に申し込みが一斉にスタートします。

人気企業となると、あっという間に応募者で枠が埋まってしまうため、参加したいサマーインターンを見つけたら早急に応募することもポイントです。

また、より多くの経験を積むために複数のサマーインターンに応募してみてもいいでしょう。

エントリーする際には、志望した理由や自己PRを求められるほか、Webテストや面接を行う企業もあります。

事前選考を行った上で参加者を決定することもあるため、事前に対策しておくことが欠かせません。

【サマーインターンの申し込み】申し込み方法

サマーインターンに興味があるけどどうやって申し込めばいいの?といった疑問はありませんか。

企業のホームページから申し込むことがメジャーなのではと思っている方も多いかもしれませんが、申し込み方法はさまざま用意されています。

サマーインターンのエントリーをトラブルなくスムーズに行えるように申し込み方法や注意点をチェックしていきましょう。

リクナビやマイナビなどのサイトから

サマーインターンは、事前に申し込みをしなければ参加できません。

さまざまな方法でエントリーできますが、リクナビやマイナビなどの就職情報サイトから申し込むことも可能です。

多くの就活情報サイトがインターン情報を掲載しており、就活に役立てることができます。

まずは、より多くの情報を集めて、自分がどんな業種に興味を持っているのかを把握することから始めてみましょう。

企業のホームページからそのままエントリーすることも可能ですが、就職情報サイトを利用しながら応募する学生も増えています。

それぞれの就職情報サイトによって特徴には違いがあるので、自分の興味のある業種に特化したサイトを選ぶこともポイントです。

学校のキャリアセンターから

学校のキャリアセンターを積極的に利用することも志望する企業の内定を獲得する必勝法です。

キャリアセンターは就活生をサポートしてくれるため、効率よくサマーインターンに関する情報を収集できるだけでなく、就活のプロにアドバイスをもらえるのもうれしい点です。

サマーインターンを学校の授業の一環としている大学も増えています。

インターンに参加することで単位として認める大学も少なくありません。

また、学校のキャリアセンターでは、就活に関する悩みを気軽に相談できます。

「自分に合った業種がわからない」「どのように就活を進めていけばいいのか教えて欲しい」といった悩みを解決しながらサマーインターンにエントリーできるのも、学校のキャリアセンターを利用するメリットです。

企業のホームページから

多数あるサマーインターンの申し込み方法の中でも多くの学生が行っているのが企業のホームページから直接エントリーする方法です。

企業のホームページからメールでエントリーする際には、いくつかの注意点があるのでチェックしておきましょう。

まず採用担当者に好印象を与えられるように、件名をシンプルにし丁寧な挨拶をプラスすることが大切です。

件名を一目見てインターンの参加希望者だとわかるように簡潔に「サマーインターン参加希望」などと記載します。

また、本文の書き出しには丁寧な挨拶を付け加えるようにすることもポイントです。

「お忙しい中、失礼いたします」といった挨拶を一文付け加えるだけでグッと印象が良くなります。

その後、志望動機のほか、締めの挨拶も忘れずに記載するようにしましょう。

【サマーインターン の申し込み】申し込み時の提出書類

申し込み時期や申し込み方法を確認したらエントリーする際に必要な書類を用意しておきましょう。

時間に余裕を持って必要書類を用意しておけば、申し込みをする際にも慌ててしまうことはありません。

エントリーシートや履歴書の提出を求める企業が多いですが、これらの書類はマナーやルールを守りながら作成し提出すると採用担当者からの印象が良くなります。

サマーインターンの申し込み時の提出が定番となっている必要書類の注意点について解説しますので参考にしてみてください。

エントリーシート

サマーインターンの申し込み時の提出書類として定番になっているのがエントリーシートです。

参加しようと思った理由や自己PRなどを記載し提出します。

学生が提出したエントリーシートを通して意欲や人間性を判断しており、選考時に自社に合った人物かという点を見極めることもあるでしょう。

そのため、本選考ではないからと言っていい加減に記載することはおすすめできません。

企業研究をしっかり行い、どんな人物を求めているのかを把握した上で丁寧に自己アピールすることが大切です。

また、学校のキャリアセンターなどで添削してもらうだけでなく、家族や友人にアドバイスを仰いでみるとより良いエントリーシートを作成できます。

履歴書

サマーインターンの申し込みをする際に履歴書の提出を求める企業は20%程度となっており、さほど多くはありません。

しかし、もしものときを見据えて事前に準備しておくと、いざという時に困ってしまうことはありません。

履歴書を作成する際にもエントリーシートと同じように志望動機や自己PRを記載します。

また、学歴や経歴などを記載する部分も設けられているので、正式名称で学校名を記入し誤字脱字がないように気をつけましょう。

一字一字丁寧に書くことも大切ですが、自身の思いが採用担当者に伝わるよう気持ちを込めて作成することも選考をパスするコツです。

【サマーインターンの申し込み】申し込み方法がわかったらエントリーする企業を探そう

サマーインターンに参加してみたいけど自分に合った企業や業種がわからないという方も多いのではないでしょうか。

そんな方は、自己分析を行ってみることもおすすめの方法です。

自分がどんなことに興味を持っているのか?といった点のほかにも自身の強みや得意分野を知ることで自分に合った企業や業種を選ぶヒントを得ることができます。

まずは、サマーインターンに参加し、有意義な時間を過ごせるよう自分に合った企業や業種を探してみてください。

まとめ

本記事では、サマーインターンの申し込み時期や応募方法について解説しました。

興味のあるサマーインターンを見つけたら時期を逃すことなく積極的にエントリーしてみましょう。

有意義な時間を過ごし自身の成長を感じられるはずです。

申し込み時期や申し込み方法は企業によって違いがあるので、まずはしっかりと情報を集めることが大切です。

企業によっては、事前選考を行ったりエントリーシートや履歴書が必要になったりするケースもあるので、申し込み前にエントリー方法を確認しておくようにしましょう。

担当エージェントがインターンシップを紹介!
インターンシップ参加まで個別でサポートします。

インターンであなたのビジョンを実現まで
サポートを実施

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ