インターンシップの志望動機の書き方~航空会社のポイントは?~

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

リリース記念!今だけプレミアム会員としてご登録いただけます!

キャビンアテンダントやパイロットは子どもたちの憧れの職業でもあり、就活においても競争率の高い仕事になっています。

インターンシップの競争率も高いので、志望動機の内容についてはポイントを押さえておくことが必須といえるでしょう。大手2社が多くのシェアを占める航空業界ですが、多くの人が異なる職種の仕事をしています。

希望の職種に合った志望動機の内容を参考にして、インターンシップの募集にチャレンジしてみましょう。

なぜ航空業界なのか明確な志望動機にしよう!

どんな業界でも希望する理由を志望動機にはっきり示すことは大切です。航空業界を選ぶときには、旅行業界を希望しなかった理由を明確にしておくと良いでしょう。

航空会社も旅行会社も人を移動させる仕事をしていますから、単に自分が好きで楽しいからという志望動機ではいけません。航空業界について徹底した研究をすることで、なぜ自分が旅行業界を希望しなかったのかが分かるでしょう。また航空会社のインターンシップでは各職種により志望動機の書き方は異なってきます。

そのため、それぞれの職種についての研究も大切で、自分が希望するのは何の仕事なのか、なぜその仕事をしたいのかについても明確にしておくことが必要になります。

インターンシップのエントリーシートに記入した志望動機は面接でも問われることがあるので、しっかりと事前準備をしてから記入しましょう。

客室乗務員やグランドスタッフの志望動機とは?

1706_1_5(2)

客室乗務員のインターンシップでは、志望動機に自分なりの企業研究を含めることが大切です。近年では航空会社のインターンシップは少ない傾向で、募集している場合は会社のキャンペーンの意味合いもあるようです。

客室乗務員の志望動機には、『今までに利用したことのある経験の紹介と、これから客室乗務員としてどんな仕事をしていきたいか』を具体的なエピソードを入れて書くようにします。グランドスタッフも航空会社を利用した経験に加えて、『世界への入り口で働くことの意義』や『留学で鍛えた英語力』などをアピールすると良いでしょう。

パイロットと整備士の志望動機とは?

大きな責任が伴うパイロットは、実際の仕事の経験がなくては仕事について語ることはできません。パイロットのインターンシップでの志望動機は、パイロットの仕事内容についてよく理解しておくことが大切です。

志望動機には、『パイロットとして専念できる航空会社を希望し、不足している英語力についてはこれからも努力していきたい』と入社後に活躍したいという意欲を入れると良いでしょう。

航空整備士の志望動機としては、専門的な知識が必要なことを示してから、『好きな分野で強い責任感と使命感を持ち活躍したいというアピール』が大切になります。

どちらも専門職として仕事内容を理解したうえでアピールすることが大切でしょう。

2大航空会社別の志望動機とは?

航空業界ではANA(全日本空輸)とJAL(日本航空)の2大企業が大きな人気を誇っています。企業別の志望動機も参考にしながら、なぜこの企業なのかを明確にしておきましょう。

ANAの志望動機には『国内トップシェアの安定した基盤を基にした将来のビジョン』、『自分が発展にどう貢献するのか』ということを含めると良いでしょう。

JALの志望動機には『経営再建への強い思いを感じた』、『チームワークに惹かれ自分も成長していきたい』という内容で選考する人へ自分の気持ちが伝わるように書きます。

どちらも組織の一員として働く意義についてアピールすることが大切です。競争率が高い航空業界のインターンシップへ応募する際に自信が持てない人は、ジョブコミットなどの就活サービスでキャリアカウンセラーの助言を受けることをおすすめします。

航空会社のインターンシップ~志望動機のまとめ~

1706_1_5(3)

航空会社のインターンシップに応募する際には、企業と職種についての研究が欠かせません。希望する企業、なりたい職種により志望動機を戦略的に変えることが必要です。

自分の将来のビジョンや強い思いをアピールすることで、選考する人の心に訴えかけることができ有利になるといえるでしょう。

就活市場公式LINEアカウント 友だち登録はこちらから

RECOMMEND おすすめ記事

内定にコミットする就活サービス ジョブコミット