【面接対策】知っておきたい!面接で短所を聞かれた時の対処法!

要約

就活時に短所を聞かれた際、どのように受け答えすれば採用担当者に響くのかを解説します。

短所というマイナスのテーマに対してどのように答えるべきか、重要なのは、企業側が用意した質問の意図を知り、相手が知りたいことにきちんと応えることです。

また、伝え方にもテクニックがあり、正直にわかりやすく伝えながらも、最終的には自分の長所や魅力のアピールにつなげる内容にまとめることが重要です。

自分の短所を前向きに捉え、企業側へ効果的に伝えることで、次のステップにつながる最適解になります。

はじめに

就活の場面では、自分のことについて実にさまざまなことが質問されます。

自分自身で気づいていないような掘り下げた内容が問われることもありますが、そんな中で学生が非常に困るのが、「あなたの短所は何ですか」という質問です。

自分をアピールしたい就活の場面であまり聞かれたくない内容ですし、なぜそんなネガティブなことを聞くのか、疑問に感じる学生も少なくありません。

ここで大切なのは、企業側が用意した質問の意図を知り、相手が知りたいことにきちんと応えることです。

就活では正直に自分の考えを伝えるのが基本ではありますが、テーマが「短所」というマイナスの内容ですので、真実をそのままダイレクトに伝えていいかは、悩む学生が多いでしょう。

ここでは自分の短所の捉え方、考え方や採用担当者への伝え方について、アピールにつながる効果的な手法を紹介します。

【面接で短所を聞かれたら】なぜ短所を聞かれるのか

企業側が就活生に、短所を聞く質問を用意した意図を考察してみましょう。

もちろん実際には企業ごとに目的が異なりますし、単にプレッシャーを与える意味で用意されているケースもあります。

ただ一般的に考えて、面接官が相手の短所を聞くのには、一定の共通する思惑があります。

求められている答えを導き出すためには、まず相手の思惑を知るところからはじめるのが一番の近道です。

大前提として就活の場面では、うそはつかないこと、見栄を張らず自分の人となりを伝えることが大切です。

ただしテーマがマイナスに振れる内容の場合、ただ正直に悪い点をあげつらうことがよい結果になるわけではありません。

正直に自分のことを述べながらも、最終的には自分をアピールできる内容に落とし込むことが大切です。

学生の人柄や価値観が知りたい

人の短所からは、その人の人柄やものの考え方、物事に対する価値観を垣間見ることができます。

近年はとくに、企業が自社に迎え入れる人材には、自社の社風や考え方、風土に沿える人間かどうかを重視する傾向が強まっています。

これらは企業によって大きく異なる部分ですので、組織や職種への適性があるかどうかを知るために、あえて短所を聞くケースも多いです。

そのため、誰でもいくつか短所はありますが、あからさまに応募先企業の理念や経営方針にマイナスに振れる短所は、選ばない意識が必要です。

たとえば協調性を重視する企業に対して、「チームワークが苦手」という短所を選ぶ必要はありませんし、営業職希望なのに「コミュニケーションが不得手」というセレクトはありません。

自分を客観的に見れているか

もっともやってはいけないのが、「短所はありません」という回答です。

どんなに優秀な人でも、短所がない人間はこの世に存在しないという前提に立ちましょう。

本気で自分は完璧だと思っていたとしても、自己分析して、自分の足りない部分を見つけてください。

この質問の意図には、自分を客観的に見れているかどうかという探りが含まれます。

自分の弱点を知っている人のほうが成長していく伸びしろがありますし、そもそもきちんと自分の棚卸しができているかを知りたいという意図もあるのです。

自分の強みが何で、課題が何かを客観的に整理できている学生の場合、面接官は、この人は適切な思考力や判断力、行動力のある人物だと評価します。

課題解決力を見ている

短所から課題解決力をもつ人材であるアピールにつなげるためには、具体的に自分の短所をなおす努力や工夫を明示する必要があります。

自分にはこうしたマイナスの面がある、だからそれを克服するためにこのような努力をしている、周囲に悪影響を与えないようこのような工夫をしている、といった構成にするのがよいでしょう。

前述したとおり、人にはどうしても短所がありますので、それをそのまま放置するのではなく、いったん自分でそれを受け入れ、向き合い、乗り越えるための施策を打つことが重要です。

仕事においても日々課題が生まれますが、目の前の問題に気づかないのは困りますし、気づいても面倒だからと見ないふりをするような人材は、ほしくありません。

短所と向き合う姿勢が見えれば、ネガティブな側面と向き合う努力のできる人材として評価されます。

【面接で短所を聞かれたら】短所の伝え方

セオリーどおりの受け答えをしていたら、急に短所を聞かれて焦ってしまい、それまで組み立ててきたシナリオが崩れてしまう学生も少なくありません。

短所はどうしてもマイナスイメージを抱いてしまいますので、あらかじめ聞かれた際の答え方を、ロジカルに組み立てておきましょう。

本当に短所を伝えるだけで終わってしまったら、その話はネガティブなままで終わってしまいます。

後からリカバーすることもできますが、非常に厄介で面倒なので避けてください。

それでは、具体的な伝え方をご紹介します。

結論から伝える

ビジネス文書のセオリーどおり、まず結論から伝えるスタイルは変わりません。

ただしほかの質問に対する答えと少々異なる点は、なるべく自分に傷がつかないような言い回しをする意識が必要とされることです。

すでに多くの学生が短所を長所に言い換えるテクニックを熟知していますが、最終的には目指す長所というゴールに、ちゃんとつながるような表現をしましょう。

物語でいえば、伏線にあたる部分です。

たとえば気が短いのが短所の場合、「せっかちですぐ結果が知りたくなる」といった表現と、「気が急いて早く成果を求めたくなる」という表現では、どちらが仕事のできそうな人物かは、一目りょう然です。

短所が生まれた背景を説明

短所も長所も、いつどのようなタイミングでそうと気づいたかがターニングポイントになります。

これには実体験にもとづく説得力が必要ですので、エピソードを選んでおきましょう。

たとえば前述したせっかちな短所が生まれた背景なら、「部活動で部長を任され、結果を出さなければならないという責任感を強く感じた」などという背景が考えられます。

短所も長所も人が成長する過程で生み出される性質ですので、背景を語ることで、人となりや物事の価値観、課題に取り組む姿勢などを伝えることができます。

短所を治すために何をしているのか伝える

短所は長所に置き換えられると前述しましたが、長所に置き換えが利く短所であれば、100%改めなければならないようなものではありません。

短所をもう少し細かく分解して、改めるべき点は改め、軌道修正すべき点を修正することで、大きくプラスに転じることも可能となります。

その道筋を明確に提示し、そのゴールに至るためにどのような努力や工夫をしているかを述べてまとめましょう。

課題の発見→解決法の開発→修正の実行という、社会人が業務をおこなう上で非常に重要となる道筋をたどれる人物であることのアピールになります。

ただし、治すための行動はなるべく具体的に挙げてください。

単に「頑張っている」だけでは評価にはなりません。

【面接で短所を聞かれたら】短所を伝える例文

それでは面接で短所を聞かれた際、どのように伝えればよいか例文を紹介しましょう。

ここに挙げるのはあくまで例ですので、自分の短所と実体験、これまで培った物事の考え方に照らし合わせ、自分だけの文章を構築してください。

また、先にも触れましたが、応募先企業によってマッチする短所と避けるべき短所とがあります。

自己分析でいくつか短所をピックアップし、それに見合うエピソードも可能な限りリストアップしておくことで、話す時に説得力の得られる内容にすることができます。

一次面接でも二次面接でも同じ質問が出る場合がありますので、前に言ったことやESの内容とブレが出ないように気をつけましょう。

例文①

私の短所は、どんな時でもマイペースで行動するところです。

意識したのは、小学校低学年の時です。

屋外で写生大会があった際、すぐに飽きて遊びはじめた友だちをよそに一人作業に没頭し、時間を過ぎて友だちや先生が呼びに来てくれたことがありました。

私は物事を細かく観察することが好きなため、どんな作業でもはじめると、目の前のことに没頭する性質があります。

歴代の先生方からも集中力が高いと評価していただけることが多かったのですが、自分としては集中しながらも時間の管理はきちんとおこなうべきと考えております。

そのため、大学に入学してからは常に時間のわかるものを目につく場所に置き、勉強やゼミの研究においても、細かくスケジュール管理をおこないながら進めていく癖をつけるようにしました。

4年間の努力の結果、集中する時には集中し、タイムスケジュールも厳守する行動が身についたことが強みです。

例文②

私の短所は、時に人から「頑固なところがある」と言われることです。

それに気づいたのは、高校時代です。

所属していた剣道部で、上級生の意見に下級生は絶対従うという風習があった中、私は構わず自分の意見ははっきり主張する性格でした。

もちろん衝突もありましたが、私が、自分の意見が絶対に正しいと考えているわけではないことが徐々に理解されるようになってからは、部の成績向上にも貢献できたと自負しています。

大学に入ってからは、自分の意見は変わらず主張しつつも、相手の意見もしっかり受け止めていることがきちんと伝わるよう、ディスカッションの勉強を続けました。

その結果、現在は「頑固ではあるが人の意見にも耳を傾ける人」と言ってもらえるようになりました。

例文③

私の短所は、何事も飽きっぽく見えてしまうことです。

子供の頃から好奇心が強く、あらゆることに興味をもっては飛びつくことを繰り返してきました。

中学・高校と非常にたくさんの趣味があり、部屋には読みかけの本や釣り道具、サッカーボールやギター、ゲームなどが常に散乱していました。

ただ自分としては、常に新しいことにチャレンジすること自体は、必ずしも悪いとは考えておりません。

また、すべて途中で投げ出したわけではなく、大学に入ってからも釣りやフットボール、バンドを続けていますし、読み終わっていない本も、エンディングを見ていないゲームもありません。

これからも新しい情報を常にキャッチし、興味をもったことは実行することで自分の世界を広げ、それを仕事にも活かしていきたいと考えております。

 

まとめ

 

就活の面接で短所を聞かれると、どう答えたらよいかがわからず焦ってしまう学生は少なくありません。

短所はどうしてもマイナスなイメージですが、実際には捉え方、見方によってプラスに転じる力があるものです。

企業側がなぜ学生の短所を知りたがるのか、その意図を正確に理解して適切に受け答えることで、一見ネガティブに見える質問も、自分の魅力のアピールにつなげることが可能です。

まずはしっかり自己分析し、強みとなる人間性や応募先企業とマッチする価値観を見つけ出してください。

面接が不安?面接に受からない?ウカル面接対策、教えます。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ