【例文9選】就活で聞かれる将来のビジョンとは?例文や面接で評価されるポイントを徹底解説!

【例文9選】就活で聞かれる将来のビジョンとは?例文や面接で評価されるポイントを徹底解説!

就職活動を進めていると、面接などの選考で「将来のビジョンを教えて下さい」といわれることがあります。

この記事ではその「将来のビジョン」について,そもそも将来のビジョンとは何か,選考を通りやすくなる将来のビジョンはどんなビジョンなのかについて解説をします。

将来のビジョンは,就活でよく問われるものの1つです。

この記事を読んで,しっかり対策をしましょう。

この記事を読むとわかること

memo
  • 将来のビジョンとは何か
  • 将来のビジョンを考える2ステップ
  • 将来のビジョンの良い例と悪い例

目次目次を全て表示する

【将来のビジョン】将来のビジョンとは

将来のビジョンとは「未来(将来)の自分が何をしているか」を指します。

自分が将来どんな事をしているのか、どんな人間であるかを表すものです。

  • 優秀な人と結婚したい
  • 世の中の頑張る人が輝ける世界を作りたい
  • 世界で一番面白い人になりたい

このように、人それぞれの将来のビジョンがあります。

将来のビジョンは何故そのビジョンになったのかの背景が大事です。

背景の例
  • どうして優秀な人と結婚したいのか
  • 優秀な人ってどんな人なのか
  • 結婚したその先はどうするのか

こういった様々な疑問にしっかり答えられないと、将来のビジョンとは言えません。

つまり、将来のビジョンとは、一言で自分が今まで何を考えてきて、将来何をしたいかを表す言葉なのです。

将来のビジョンが注目されている理由

近年の就活では、どれだけ長くその企業で働くことができるか、という点が注目されるようになったため、将来のビジョンが注目を集めています。

就活の際に聞かれる「将来のビジョン」とは、「うちの会社に入ってきたあと、貴方はこの会社でどのように働いて、どういう風になっていきたいですか?」という意味です。

しかし、就活等に関わらず、将来のビジョンの軸になるのは結局「将来自分はどうなっていたいのか」というのがあります。

まずは、そこを考えていくことが大事なのです。

将来のビジョンとキャリアビジョン、キャリアプランの違い

就活でよく耳にする言葉の中に、「将来のビジョン」とよく似た「キャリアビジョン」「キャリアプラン」という言葉があります。

解説記事や企業、人事の方によって使われている言葉が違い、違いに悩んでいる就活生も少なくありません。

しかし「将来のビジョン」「キャリアビジョン」「キャリアプラン」というこれらの言葉は、ほとんど同じ「将来どのようになりたいのか」という意味で、あまり大きな違いはありません。

重要なのは将来をしっかり考えられていることです。

もし不安であれば、企業の人事の方に直接確認してみるのも一つの手です。

【将来のビジョン】将来のビジョンはなぜ聞かれるのか

1.応募者の価値観を知るため

1点目の理由は、「その人はどのように働いていきたいのかだったり、その人の仕事に対するモチベーションはどこなのか」という部分を見たいという点です。

その人がいくら優秀であって、自分の会社に対して熱い気持ちがあったとしても、そもそも企業の社風と違ったら、雇ったとしても「社風と違った」という理由などでやめられてしまい、お互いにとって不利益になります。

そういった、人材と自社の求める人物像のマッチングをするために聞くのが将来のビジョンです。

その人がどのような人かというような情報が多ければ多いほど、より精度の高いマッチングが可能になります。

2.企業への志望度をはかるため

2つ目の理由は、企業は「その人が自分の企業でなくてはならない理由」というのをはかるためです。

その企業のことを良く分析し、その企業ならではの特徴等を掴んでおり、「その企業でないといけない」というような姿勢を見せられれば、選考に通る可能性も高くなります。

そのアピールができるのが、この将来のビジョンなのです。

その企業ではないと駄目だというのを伝えるためには、具体的な、自分がどのようなことをこの会社で成し遂げられるのかを伝えることが大事です。

【将来のビジョン】将来のビジョンを考えるメリット

将来のビジョンはよく面接などの選考で問われるため、そのために考える就活生も少なくありません。

しかし、将来のビジョンを考えることには、とても大きなメリットがあります。

ここでは、将来のビジョンを考えるメリットについて詳しく解説します。

1.今何をするべきなのかが明確になる

「今、自分はこの目標を達成したいのだ」という事がしっかり分かっていれば、今自分がなにをやればいいのかが明確になります。

そのためにも、将来のビジョンを考えることが大切です。

自分の目指す将来のためには、自分に何が足りなくて、就職するまでに何をすべきなのか,という点を考えるきっかけになるため、将来のビジョンは一度は考えて見るべきです。

2.就職活動へのモチベーションが上がる

就職活動へのモチベーションが上がることも、将来のビジョンを考える大きなメリットのひとつです。

就職活動は、先がなかなか見えず、そのためやる気が続かない,という就活生の方も少なくありません。

しかし、将来のビジョンを考えることで、自分の将来の姿、将来のキャリアプランが具体的になり、自分が働いている姿が想像できるようになります。

そうすれば、自ずと就職活動へのモチベーションは上がることでしょう。

【将来のビジョン】考えるときのポイント

ここまでステップごとに分けて説明させていただきました。

ただ、実際に作るときには注意点が四つあります。

それらを確認し、理解したうえで作成してみましょう。

1.仕事に関係のある将来のビジョンにする

将来のビジョンを教えてくださいと聞かれると自分の人生設計について聞かれているような気がしてしまいますが、あくまで聞かれているのはその企業に入社した際の自分の働き方のビジョンです。

基本的には仕事に関することを話しましょう。

ここで私的な将来のビジョンを話してしまうと、企業への貢献度が低いと感じ取られたり、やる気がないと感じ取られてしまいます。

自分は企業で努力をし、貢献できる人材であるというアピールをするということが必要なのです。

2.企業内で実現できることを書く

ビジョンは企業内で実現ができるものにしましょう。

企業のビジョンと自分のビジョンをリンクさせることで企業に志望度が高いという印象を持っていただくことが出来ます。

また、目標が抽象的であったり、普遍的なものであると「自分の会社でなくてもできる」と判断され評価が下がってしまう可能性があります。

業界の中でその企業が持っている特徴を把握してその特徴と紐づけることが好印象につながっていきます。

その企業だからこそ実現できる目標を掲げましょう。

3.現実的なビジョンを書く

高いビジョンを掲げることは全く悪いことではありません。

しかし、非現実的なものを掲げてしまうと企業を理解できていないと感じ取られてしまう可能性があります。

入社後3か月間は研修期間であるにもかかわらず3か月で営業成績1位になる

このように,目標が大きくなればなるほど、目標実現に対する信憑性も低くなってしまいます。

決して、低い目標を掲げろという意味ではありません。

しかし、あまりにも無謀なものはよい印象にはつながりません。

企業の制度を理解していないと評価される可能性もあるので十分に調べたうえで掲げましょう。

4.企業にとっても利益になるようにする

将来のビジョンは自分の目標ではありますが、それが自分のひとりよがりなものになってしまっては企業にとってあなたを採用するメリットがなくなってしまいます。

将来的に転職してキャリアアップしたいとひそかに考えたり、スキルを獲得して収入を増やしたいと考えること自体は決して悪いことではありません。

しかし、企業からビジョンを聞かれた時にはそれが企業にとってもメリットであることを示す必要があります。

自分の発言が企業にとってどう見えるかということを意識していきましょう。

【将来のビジョン】将来のビジョンの考え方

ここでは、将来のビジョンの考え方について丁寧に解説いたします。

将来のビジョンを考えようと思っても、なかなかうまくいかないという方も多いですが、将来のビジョンは2つのステップに分けて考えることでとても考えやすくなります。

読みながら一緒に将来のビジョンを考えてみましょう。

ステップ1.過去経験を掘り起こす

まずは、自分の過去の出来事を整理していきましょう。

過去の出来事をしっかり振り返ることで自分の将来の方向性も決まっていきます。

自分がなにを成し遂げてきたのか、自分がどのように生きてきたのかというのは、今まで自分がどのように動いていたのかだったり、どのように思考してきたのかという事の軌跡です。

自分の過去の経験をていねいに掘り起こすことで、結果的に将来自分が成し遂げていけることを予想することもできるようになります。

ステップ2.自分がやりたいことと過去経験とを結びつける

過去の経験を掘り起こしたら、自分が何歳の時点でどういう風になっていたいのかというのを決めていきましょう。

例えば、「25歳の時にプロジェクトを主導していきたい」だったり、「30歳の時には部長になりたい」等というように具体的に目標を定めていきます。

その結果、「自分は尊敬されたいのか」だったりというような、「自分はこうなりたいのか」というのが分かっていきます。

また、就職したい企業との関連性を高めた将来のビジョンを考えられれば、より自分の将来の姿が具体的になります。

【将来のビジョン】面接での回答例

では今まで解説したことを踏まえて実際に将来のビジョンを作っていきましょう。

職種ごとの将来のビジョンの回答例を載せておきますので、ぜひ参考にしてください。

例文1 営業職

例文

私は将来海外で活躍する営業マンになりたいです。業界の中で1番海外事業の割合が高い御社でかなえることができると考えています。

入社当初は国内で営業ノウハウを学び、10年後には海外で営業をできるようになりたいです。

私は学生時代は英語の学習に力を入れてきて、2年間の留学も行っており、英語力には自信があります。国内で培った営業力と私の強みの英語力を活かして、海外ならではのニーズをくみ取り、海外の事業部で1番の営業成績を取りたいと考えています。

その後には海外の営業部長になり、より海外の事業展開を進めていきたいです。

例文2 企画職

例文

私は将来企画職として、ベストセラーの冷凍食品を作っていきたいと考えています。

御社は冷凍食品でトップのシェアを誇っているため、この目標を達成することができるのではないかと考えました。

入社後は営業職として業界や商品の理解を深めるとともに、企業やお客様の声を直接聞くことで、実際に何が求められているのか学んでいきたいと考えています。

その後10年以内には企画職につき、企業やお客様目線のアイデアを出していき、本当に求められているものを企画していきたいです。

企画だけでなく、プロモーションにも携わり、冷凍食品をヒットさせ、会社に大きく貢献できる人間になりたいと考えています。

例文3 エンジニア

例文

私は将来エンジニアとして経験を積んだのちにプロジェクトリーダーになりたいと考えています。

私は入社後は御社にてアプリ開発でエンジニアとして経験を積んでいきたいと考えています。

今までエンジニアの長期インターンの経験があり、そこでアプリ開発に携わっていました。

そこで培ったプログラミングスキルだけでなく、課題解決力を活かして御社のアプリ開発で成果をあげていき、数年後には新たなアプリ開発のプロジェクトリーダーとしてチームをまとめていきたいです。

アプリのプロジェクトマネージャーとしてチームをまとめていき、1年間で100万ダウンロードされるアプリを作っていきたいと思います。

【将来のビジョン】将来のビジョンを考える上での注意点

これまでは将来のビジョンの考え方であったり、作り方について解説していきました。

次は実際に作る前に、注意すべき点を紹介していきます。

将来のビジョンを作る上で主に注意すべき点は

  1. 他の企業でもできる事は話さない
  2. 企業側にメリットがない話はしない
  3. 実現が難しいものにはしない
  4. プライベートの話ばかりしない

この4点になります。

1.他の企業でもできる事は話さない

まず第一に他の企業でも実現できるような事はなるべく言わないようにしましょう。

NG例

「10年後には企画職として、ヒット商品を作りたいです。」

このようにどこの企業でもできそうな事を言っても志望度の高さは伝わりません。

その企業でしかできないような事を探すのは難しいかもしれませんが、他の企業よりも優れていたり、力を注いでいる事業を探すのは比較的簡単です。

良い例
「御社の主要事業を海外へ展開したいです。」

このように,その会社だからこそできる事を述べる事で、働く意欲や志望度の高さを伝える事ができます。

2.企業側にメリットがない話はしない

次に企業側にメリットがない話はしないようにしましょう。

企業側は利益をあげる事が大きな目標になっています。

なのでこの場合は、将来どのように活躍したいか、どのように会社に貢献をしたいのかを伝える必要があります。

NG例
「入社してからは、営業でコミュニケーション能力であったり、お客様の意見や気持ちをくみ取る力を鍛えたいです。」

しかし、というように学生にしかメリットのない話のみをしてしまったら、ほとんどアピールにつながりません。

意外にもこういった間違いは多くの就活生が陥ってしまいがちです。

良い例
「入社してからは、営業でコミュニケーション能力であったり、お客様の意見や気持ちをくみ取る力を鍛えたいです。その営業で鍛えた力を営業チームのリーダーになった時に活かし、メンバーの意見を積極的に聞き出し、より良い営業方法を確立していくことで、社内で契約数が1番の営業チームを作りあげたいです。」

NG例のような話で終わらせるのではなく、このようにつなげれば、企業側にもメリットのある話になり、強いアピールになります。

3.実現が難しいものにはしない

非現実的なことをいうのはあまりおすすめしません。

大きな目標を立てる事は大切ですが、あまりにも実現が難しい目標を立てると、口だけの人や計画性のない人という印象を持たれてしまいます。

NG例
「今ある国内事業を5年以内に、世界のすべての国に展開していきたいです。」

このように,実現が難しいものはやめましょう。

実現できたら企業の利益につながるかもしれませんが、そのようなビジョンを持つ人よりも、実現可能性が高く、企業の利益につながりやすいビジョンを持つ人のほうが評価は高くなるでしょう。

そのため、ある程度実現可能性が高いビジョンを作りましょう。

4.プライベートの話ばかりしない

プライベートの話ばかりする人も評価につながりません。

上記にも述べましたが、プライベートの話もほとんど企業にはメリットはありません。

将来のビジョンなので、仕事の話もプライベートの話も話す事は可能で、「仕事とプライベートを両立させたいです。」というような形であったら問題はありませんが、「将来は家庭をもって、地域の中でも信頼されるような人になりたいです。」というような話であれば企業には全く関係のない話になってしまいます。

そのためプライベートの話をするのであれば、就活の場で聞かれる将来のビジョンについての質問には、主に仕事にかかわる話をして、それにプラスでプライベートの話を加える程度にしておきましょう。

【将来のビジョン】将来のビジョンを描いて理想の自分を実現しよう

将来のビジョンは就職活動において重要です。

就職活動では、将来のビジョンをしっかりと考え、具体的で、企業と関係があり、自分の言葉で語れるビジョンを立てることが大切です。また、面接では、自分の将来のビジョンを具体的に、わかりやすく伝えるようにしましょう。

就職活動におけるNGな将来のビジョンには、目標が具体的でない、将来のビジョンがすべて自分のため、非現実的であるなどがあります。

これらをふまえて、ぜひ自分だけの将来のビジョンを立ててみてください。

ほかの人はこんな記事も読んでいます

柴田貴司
監修者

明治大学院卒業後、就活メディア運営|自社メディア「就活市場」「Digmedia」「ベンチャー就活ナビ」などの運営を軸に、年間10万人の就活生の内定獲得をサポート

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ