【必読】誤用に注意!「お手数おかけします」の正しい使い方は?

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

※この記事は2018年4月に公開された記事の再掲載です。

「すみませんが」という言葉は使う場面も多く、よく耳にする言葉ですよね。ですが、「お手数おかけします」という言葉は、学生生活では使う場面が少ないため、これまであまり使ったことがない方も多いと思います。就職活動をするようになって初めて「お手数おかけします」」という言葉を見たり聞いたりした方もいらっしゃるかもしれません。

言葉を覚えるのは素晴らしいことですが、意味や使い方を間違えてしまうと覚えた経験も台無しになってしまいます。ビジネスシーンでよく使うからこそ、意外と間違って使ってしまっている場合もあるので注意しましょう。

こちらでは、「お手数おかけします」の正しい使い方や意味についてご紹介します。上司や目上の方に対しも使用できる言葉なので、就職活動中に覚えておくと役立りますよ!インターンや社会に出た時のために参考にしてください。

この記事はこんな方におすすめ!
  1. 「お手数おかけします」の使い方がわからない
  2. 社会人として必要なビジネスマナーを学びたい
 
「お手数おかけします」は就職してからもよく使う言葉ですが、正しい使い方を知らずに話す方も多くいらっしゃいます。最低限のビジネスマナーなので、今のうちから正しい使い方を学んでおきましょう!

「お手数おかけします」の意味と読み方は?

「お手数おかけします」の意味と読み方は?

まずは「お手数おかけします」という言葉の意味について知りましょう!「お手数おかけします」という言葉は「手間をかけてしまいますが、よろしくお願いいたします」という意味が込められています。

「手数」「てかず」「てすう」と言う2種類の読み方がありますが、「お手数おかけします」という言葉は一般的に「おてすうおかけします」と読みます。

この言葉は「手数(てすう)」という単語が込められていますが、手数が指す意味を知っていますか?「手数」は、「相手のために行うための労力や面倒ごと」という意味ががあります。そのため、その手数をかけるというのは、「労力やお時間をとらせてしまうかもしれない」ことへの謝罪の気持ちが含まれています。

また「お手数おかけします」という言葉は手数をとらせて何かをしていただく相手に対しての、感謝の気持ちも同時に込められています。「お手数おかけします」というのは、お詫びと感謝を同時に丁寧に伝えることができるとても便利な言葉です。

就職活動を始めたり、社会人になって働いたりすると、自分だけでは完結しない仕事に出会います。社内の同僚や社外の取引先に何か依頼する機会も多く、「お手数おかけします」という言葉を様々な場面で使うようになりますよ。

「お手数おかけします」「おてすうおかけします」と読み、「手間をかけてしまいますが、よろしくお願いいたします」という意味になります!

「お手数おかけします」の正しい使い方は?

これまでの生活で、「お手数おかけします」という言葉を使い慣れていないと、どう使えばいいか悩んでしまいますよね。まずは「お手数おかけします」という言葉をどのような場面で使えばいいかを知りましょう!実際に活用できる例文を用いて使い方をご紹介します。是非、参考にしてください。

相手に依頼するときの冒頭につける場合

「お手数おかけします」というのは、相手に何かを依頼するときによく使われます。

例えば、メールでこんな風に使用します。

例文 その1

先日は弊社にお越しいただきありがとうございました。

お手数おかけしますが、打ち合わせの資料をデータでご送付くださいますか。

何卒よろしくお願い致します。

例文 その2

弊社のサービスに興味をお持ちいただきありがとうございます。

お手数おかけしますが、ご希望内容について詳しくご教示いただけますでしょうか。

ご連絡お待ちしておりますのでよろしくお願いいたします。

このように「お手数おかけします」の後に、確認や連絡の返事のお願いするような内容を記載して使用します。

2つ目の例文で使われている「ご教示いただけますでしょうか」という言葉を初めて聞いた方もいらっしゃると思います。「ご教示いただけますでしょうか」という言葉は「教えてもらえますか」という旨を丁寧に伝えたい時に使われる言葉です。社会に出て先輩や上司、取引先の方に対して使うことが多くなる言葉なので「お手数おかけします」と一緒に覚えておくと便利ですよ。

これらが一般的な使い方になります。参考にしてみてください。

クッション言葉として「お手数おかけします」を使う場合

「お手数おかけします」という言葉は、お詫びや感謝を伝えるだけではなく、クッション言葉としても使えます。クッション言葉は、依頼内容や確認内容などの用件の前に添えて使用する言葉のことをいいます。クッション言葉を使うと直接的な表現を和らげて丁寧な印象を与えられます。ビジネスを円滑に進めたいときに活用出来ます。

「お手数おかけします」をクッション言葉として使用するとへりくだった印象を与えることが出来ますよ。

「お手数おかけします」をクッション言葉として使う場合、以下のように使用します。

例文
  1. お手数おかけしますが、ご記入ください。
  2. お手数おかけしますが、ご返信ください。

このように「ご記入ください」「ご返信ください」とだけ書くと強い印象を与えてしまいますが、クッション言葉をいれることで丁寧な印象を与えることが出来ます。

「お手数おかけします」は相手への依頼内容を伝える前の冒頭で使用し、丁寧な印象を与えられる!

▼「お手数おかけします」と同様に「お願い申し上げます」も就活でよく使用しますので、一緒に確認しておくようにしましょう。
「お願い申し上げます」の正しい使い方とは?

「お手数おかけします」の類語は?

「お手数おかけします」の類語は?

「お手数おかけします」と似た意味を持つ類語はどのようなものがあるかご存知ですか?メールや手紙は、同じ言葉を繰り返し使用すると読みづらくなることがあります。そのため、ほかの表現も覚えておくと便利です。

これからご紹介する類語は「お手数おかけします」という言葉では伝えきれない、謝罪や感謝の気持ちを伝えたい場面で使えます。類語の使い方も覚えて、コミュニケーションを円滑に進めましょう!

類語その1.何かを依頼するときに使用出来る言葉は?

相手に何かを依頼したいときに、「お手数おかけします」という言葉以外にどのような言葉が使用できるでしょうか?こちらでは、「お手数おかけします」の類語や使い方をご紹介します。例文を読みながら覚えましょう!

まず「お手数おかけします」「お手間をおかけします」という言い換えが出来ます。「手数」と「手間」は似た意味を指す類語のため、言い換えとして使用することが出来ます。

例文
  1. お手間をおかけしてしまい、申し訳ございません
  2. お手間を取らせませんので、○○様のご都合の良い時にお伺いできたらと思います。

このように「お手間をおかけします」は相手に時間を取らせてしまったことを詫びる時などに使用しましょう。2つ目の例文は、相手に「長い時間をいただきませんので」という旨を伝えたいときに使います。

次に「ご面倒おかけします」という言い換えも出来ます。手数と面倒は同じような意味を持つ類語のため、言い換えをすることが出来ますよ。

例文
  1. ご面倒おかけしますが、再度お送りいただけますでしょうか。
  2. ご面倒おかけしており、恐縮でございます。

「ご面倒おかけします」は謝意という「過ちを詫びる気持ち」「感謝の心」を示す気持ちも含まれています。自分のミスや不手際によって相手に手間をとらせてしまうときに「ご面倒おかけします」という言葉を使うと、丁寧な気持ちが伝わりますよ。

また、「ご迷惑をおかけします」を使用する場合もあります。と言い換えることも出来ます。この言葉も「ご面倒おかけします」と同様、相手にとって、大きな不都合をお願いする場合に使われます。

例文
  1. ご迷惑をおかけしますが、ご対応のほどよろしくお願いいたします。
  2. ご迷惑をおかけしており恐縮ではございますが、ご理解いただけますでしょうか。

「ご面倒おかけします」と似た印象の言葉ですが、「ご迷惑をおかけします」は「相手に不利益や不快感を与えてしまったとき」「相手に迷惑がかかってしまうことを依頼する場合」に使います。

こちらでご紹介した表現以外にも様々な表現があります。似ている言い換えでもそれぞれ使い方は異なります。その時の場面に合わせた正しい使い方を心がけましょう。

「お手数おかけします」を繰り返し使用するのではなく、類語である「お手間をおかけします」「ご面倒おかけします」も使用するようにしよう!

類語その2.クッション言葉として使える言葉は?

ビジネスシーンでよく使われる「クッション言葉」として使える「お手数おかけします」の類語はご存知でしょうか?クッション言葉として「お手数おかけします」以外に使える類語は、このようなものがありますよ。

例文
  1. 「恐れ入りますが」
  2. 「恐縮ではございますが」
  3. 「お忙しいところ申し訳ありませんが」

また、「お手数おかけします」を短縮して、「お手数ですが」という表現もよく利用します。どの表現もビジネスのやり取りで使用する場面が多いので、覚えておきましょう。

「お手数おかけします」正しく使えているか確認しよう

otesu02

「お手数おかけします」という言葉は、様々な場面で活用出来るとても便利な言葉です。文頭につけるだけで、丁寧な印象を与えることが出来ます。ですが、使いやすい言葉だからこそ、誤った使い方をしていないか確認しましょう。

どんな文章にも「お手数おかけします」を使ってしまうと伝えたいことも伝わらなくなってしまいます。言葉は正しい使い方をすることで初めて相手に伝わります。誤った使い方をしていないか、例文を読みながらチェックしましょう!

「お手数おかけします」は自分に対して使うことは出来る?

「お手数おかけします」というのは、相手に手数をかけるという意味を持ちます。そのため、自分の行動に対して使用すると間違いになりますので、注意しましょう。

例えば、以下のような表現は間違いになります。

例文(間違えた使い方)
  1. お手数おかけしますが、私が明日お伺いします。
  2. お手数おかけしますが、書類を送付いたします。

ですが先程ご紹介した例文は、以下のように言い換えれば大丈夫です。

例文(正しい使い方)
  1. ご足労おかけしますので、私が明日お伺いいたします。
  2. 書類を送付いたします。お手数おかけしますがご確認のほどよろしくお願いいたします。

「ご足労おかけしますので、私が明日お伺いいたします。」「ご足労おかけしますので」は相手に対して「わざわざ来ていただくのは申し訳ないので」という気持ちを伝えたい時に使います。この後に「お忙しい中恐縮ではございますが、お待ちしております」と加えるとより丁寧になりますよ。

「書類を送付します。お手数おかけしますがご確認のほどよろしくお願いいたします。」は、書類を送付する宛先は自分のためクッション言葉はつけなくて大丈夫です。相手に送付した書類を確認して欲しい場合は「お手数おかけしますがご確認のほどよろしくお願いいたします。」と付け加えるのが正しい使い方になります。

どうしても「お手数おかけします」の言葉の使い方が分からなくなってしまった時は、「お手数おかけします」の言葉を「誰が行うことに対して使うのか」考えてみてくださいね。慣れてくれば失敗せずに正しく使うことが出来ます。

相手に「お手数かけさせます」と使うのは正しい?

実際によく見かけるのが、「お手数かけさせます」という言葉です。手数というのは、あくまで相手の手間や労力という意味です。お手数かけさせますというのは、相手の手間を自分が要求しているような意味合いになるので、避ける必要があります。この場合は「お手数おかけしてしまいますが」「お手数おかけしております」と言い換えれば相手に気持ちが伝わりますよ。

「お手数かけさせます」相手に手間や面倒を押し付ける失礼な表現になるので、注意しましょう。

「お手数おかけします」は目上の人に使っても大丈夫!

「お手数おかけします」という言葉には、相手に手間や面倒をかけることのお詫び感謝の気持ちが含まれていますが、目上の人に使っても大丈夫な言葉なのか心配な方もいらっしゃると思います。

この言葉は、丁寧な表現になっているので、目上の人や上司、社外の人に使っても全く問題ありません。

また、会社の同僚に使っても大丈夫ですよ。基本的に丁寧な表現になっているので、きちんとした文章の時には、積極的に「お手数おかけします」を文面に入れていきましょう。より相手に敬意を伝えられます。

▼就活生がよく間違う弊社・当社・御社・貴社の使い方。今のうちに正しく使えるように使い方を知っておきましょう。
弊社・当社・御社・貴社の正しい使い方とは?

【まとめ】「お手数おかけします」を使用して人間関係を円滑にしよう!

今回は就活やビジネスシーンでよく耳にする「お手数おかけします」という言葉の正しい使い方や、類語についてご紹介しました。「お手数おかけします」はご紹介した通り、社会人生活の中で活用する場面の多い言葉です。相手に手間や労力をかけさせることへのお詫びと感謝の2つの意味合いが込められています。

この記事のまとめ
  1. 「お手数おかけします」は、「手間をかけてしまいますが、よろしくお願いいたします」という意味である。
  2. 「お手数おかけします」を多用しすぎると読みづらい文章になるため、類語を用いるようにする。
  3. 「お手数おかけします」を自分の行動に対して使用するのは間違いである。

「お手数おかけします」を上手に使うと、できる社会人として周りの人より一歩先にリード出来ますよ!是非、しっかり覚えて使ってみてください。

 
以上、【必読】誤用に注意!「お手数おかけします」の正しい使い方は?…でした。最後までお読みいただきありがとうございました。
内定が欲しい人以外は見ないでください
  • 就職活動の攻略本「就活ハウツー本」
  • 先輩の体験談も盛りだくさん「就活ストーリー」
  • 利用者内定率は驚異の92%!「就活アドバイザー」
  • 勝てる履歴書をサクッと「かんたん履歴書メーカー」
  • あッという間に内定をゲット「就活市場エントリー」
  • イベント参加で就活を有利に「就活市場イベント」
  • あとで読み返したい記事は「お気に入り登録!」

今すぐ確認する!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ