優秀な学生ってどんな学生?優秀な学生の定義を調べてみました!

はじめに

就活において選考をクリアして無事に内定をもらうためには、優秀な学生にならなければいけないと誰しも思うものです。

けれども実際のところ、「優秀な学生」とは具体的にどのような人材のことを言うのでしょうか。

そもそも企業によっても、求める人材は異なるはずです。

その中で見事選考を通る学生には、ある共通点があります。

就活における「優秀な生徒」の定義や、企業に認めてもらえる優秀さをアピールする方法について解説します。

正直優秀な学生の定義は企業によって異なる

実際のところ、優秀な学生とはどのような人材であるかは、企業によって異なります。

大手か中小企業かによっても変わってきますし、業界や職種によって必要となる能力が違うわけです。

社風も関係してきます。

つまり、就活において一言で、「優秀な学生」を定義付けるのは難しいのです。

面接ではしっかり企業研究をして、受ける会社がどのような能力の人材を求めているのかを把握することが大切です。

そして求める「優秀さ」に重なる部分をアピールするのが成功のポイントと言えるでしょう。

業界や職種によって必要な能力が異なる

当然のことながら、必要な能力は業界や職種によってまったく異なります。

わかりやすい例を挙げますと、ホテル業界と運送業界では明らかにほしい人材が違います。

ホテル業界ではコミュニケーション能力や接客スキルなどが必要とされますが、運送業界では集中力やタフさ、運転スキルが求められるでしょう。

また、職種の例では、事務員はミスのない完璧さや几帳面さなどが要求され、接客スタッフはコミュニケーション能力が高ければ優秀とされます。

さまざまな職種がある中で、それぞれにおいて「優秀な学生」の定義は異なると言っても過言ではないのです。

こうして考えると、面接の場で面接官が優秀だと感じる学生は、業界や職種によって全然違うわけです。

ある一面だけを見て「私は優秀ではない」と自信をなくすことはありません。

自分の優秀な面を評価してもらえて、活かすことができる会社は必ずあるはずです。

大切なことは、自分の優れている面を活かせる職場を見つけることです。

同業でも企業の社風によって求める人物が変わる

実は、たとえば同じアパレル業界でも、それぞれの社風によって欲する人材が異なるケースも多いです。

「優秀な学生」は、たとえ同業社でも企業の社風によって変わることも頭に入れておきましょう。

アパレル業界では、ファッションに関する興味やセンスの良さ、トレンドに対する敏感さなどが求められます。

しかしながらアパレルの会社もさまざまで、体育会系の会社もあれば女性がほとんどの職場もあります。

体育会系の雰囲気であれば、いくらおしゃれのセンスがあっても、あまりにも大人しくて受け身の学生は居心地が悪いかもしれません。

また、女性が多い社風の場合、女性同士の人間関係がスムーズにいくかも重要であり、人間関係が苦手な性格の場合働きにくい可能性があります。

面接官は、自社の社風に合う学生であるかどうかもしっかり見極めています。

自社の雰囲気に合いそうな学生であれば、安心して採用できるでしょう。

優秀な学生は、社風にマッチしているかどうかも関係してくることを知っておきたいものです。

企業研究では仕事内容だけでなく社風もある程度調べて、自分の性格に合いそうかどうかをチェックしておくと安心です。

優秀な学生に共通する3つの特徴

企業によって優秀と捉える学生は異なるとは言え、どの会社にも共通する「求める人材像」はあります。

どこに入社することになっても、マナーと秩序ある社会人でなければ務まりませんし、仕事ができる人材には共通するものがあるのです。

すべての企業に共通する「優秀な学生像」とはどのようなものでしょうか。

就活で成功するためにも将来のためにも知っておきたい、優秀な学生の3つの共通点について紹介します。

将来のビジョンが明確

面接でいくらカッコいいことをつらつらと述べても、いざ入社後に現場でそれらを活かせなければ意味がありません。

一番大切なのは、入社してからどのように働くかです。

将来のビジョンをしっかり持っている学生は、口先だけではなく目標に向かって自分の足で進んでいけます。

そして面接官は、そういう人材を求めているのです。

優秀な学生に共通する点として、将来の目標や夢を持っていることが挙げられます。

自分なりの先のビジョンが定まっている学生は、ブレることもなくしっかりとした軸を持っているはずです。

将来のビジョンが明確であれば、企業に対する志望動機も揺るぎません。

志望動機を伝える際にも、入社後の自分が見えているかどうかによって意欲の伝わり方が違ってきます。

面接官はそういった点も見極めたうえで、本人のやる気や能力を評価しているのです。

将来のビジョンを持つためには、自己分析と企業研究が欠かせません。

この2つは就活で成功するための基本となる重要な作業です。

身だしなみが整っている

身だしなみがだらしない人は、まず高い確率で面接で落ちてしまうでしょう。

とくに上質のスーツを着てしっかりときれいなメイクをすることが、身だしなみを整えることになるわけではありません。

スーツはリーズナブルなものでも良いですし、普段あまりメイクをしない女性はそれでも良いのです。

大切なことは、清潔感のある身だしなみを心がけることです。

髪の毛がボサボサだったり前髪が長すぎたり茶髪では、不潔に見られてしまいます。

そんな髪の毛の色でやる気があるのかな、常識がないなと判断されても仕方ないでしょう。

また、遅刻しそうだったのかなと遅刻の常習犯と思われてしまうかもしれません。

面接が決まれば、美容院でさわやかで清潔感のあるヘアスタイルにしておけば安心です。

また、靴が汚れていたりスーツのシワが目立ったりするのも、だらしがないです。

その他、派手な色のかばんやアクセサリー装着も気をつけなければなりません。

面接時における正しい身だしなみは、就職サポートのサイトなどをチェックすればきちんと説明されています。

社会人として恥ずかしくない常識のある身だしなみで、面接に挑みたいものです。

話し方が堂々としている

優秀な学生は、自分に自信を持っています。

面接では誰しも多かれ少なかれ緊張しますが、そんな中でも事前準備もしっかりしているので落ち着いているのです。

その結果、緊張しながらも話し方は堂々としています。

胸も張って面接官の目を見て話せるのです。

面接時に面接官の目を見られない学生も意外と多いです。

これは緊張や照れ臭さもありますが、自分に自信がないことの表れでもあります。

志望動機がはっきりしていてその会社に何としてでも入社したいという強い気持ちがあれば、面接官に挑戦するような強いまなざしを向けるはずです。

面接官は目の輝きも見て、働く意欲や人間性を判断しています。

自信を持って堂々と話すためには、正しい敬語の使い方を心得ていることも大切です。

言いたいことはあるものの、普段から敬語を使い慣れていなければ思うようにしゃべれません。

結局小声で自信なさげに話すことになってしまいがちです。

もしくはおかしい敬語の使い方が目立ち、評価が下がってしまう可能性もあります。

普段から敬語を使うことを習慣付けておきたいものです。

面接に向けて練習しておくことも必要です。

頭の回転が早い

面接は面接官と学生とのコミュニケーションの場でもあります。

さまざまな質疑応答がありますが、思いがけない質問に対しても臨機応変にしっかり答えられる学生は頭の回転が早いと評価してもらえます。

優秀な学生は、頭の回転が早いという共通点があるのです。

頭の回転の早さは、仕事をするにあたっても非常に重要です。

どんな会社でも求められる能力の1つだと言えるでしょう。

たとえば思いがけない急な仕事が入ったときも、頭の回転が早ければとっさにどうするべきか判断して動けます。

そのときに何をするべきかを、状況に応じて考えて行動できるのです。

企業にとっては、そういった人材が多ければ助かります。

とはいえ、頭の回転を早くするためには訓練が必要です。

誰でもできる訓練方法として、マニュアル以外のやり方を考えるように習慣付けるのも1つです。

人間は決められたことやマニュアルがあれば、そのとおりに行えます。

しかしながら、何か想定外のことが起こったときに動くためには、マニュアルどおりでは通用しません。

イレギュラーなことが起きたときに対処できるように、マニュアルに頼らない日常生活を心がけてみると良いでしょう。

その他、通学中などに脳トレを取り入れて脳の活性化を図る方法もあります。

自分を優秀な学生に見せる3つのテクニック

面接をクリアするためには、ある程度のテクニックも必要です。

優秀な学生であることを面接官にアピールするコツを知っておきましょう。

何よりも面接では、第一印象が重要です。

優秀な学生だと面接官にインパクトを与える方法について、伝授します。

第一印象を徹底的に磨く

人は見た目で9割が決まるとも言われます。

とにかく面接では、第一印象でどのように見られるかが成功のカギを握ると言えるでしょう。

第一印象を良くするためには、前にも述べたようにきちんとした身だしなみをすることは不可欠です。

事前に自分ができる学生に見えるような服装や髪型を考えて準備しておきたいものです。

そもそも当日の朝にバタバタと準備をしたがために、いろいろとミスが出てくるのです。

髪型までセットする時間がなくて、結局ボサボサの髪で会場に着いてしまったという失敗談も少なくはありません。

身だしなみで失敗しないためには、事前準備を怠ることなかれと言い聞かせておきましょう。

第一印象を磨くには、礼儀やマナー面も重要です。

面接室にノックして入ることや、着席するように言われてから座るなど、基本的なマナーを学んでおきたいものです。

面接室に入ったなら、笑顔での挨拶も忘れてはなりません。

最初にとびきりの笑顔を見せることができれば、後々気持ちが楽になります。

鏡の前で、笑顔の練習もしておくと良いでしょう。

元気で明るい表情で面接を受ける

優秀な学生は、ポジティブで明るいです。

面接では、いかに明るくて元気な人間であるかを面接官にアピールすることも大切と言えます。

まずはハキハキと大きな声で挨拶することが基本です。

小声でボソボソ話す人は、暗いイメージを植え付けてしまうので気をつけましょう。

元気良く初めの挨拶ができれば、その後の質疑応答も話しやすくなります。

明るいイメージを持ってもらうには、面接官の目を見て表情を豊かに話すことも重要です。

説明するときにはジェスチャーを加えるのも、良い方法ではないでしょうか。

無表情ではなく、笑顔を忘れないようにしたいものです。

とくに人見知りする人ほど、笑顔が大切です。

うまく話せなくても、明るい人間性をアピールできればいくらかカバーできるはずです。

明るい表情を作るためにも、面接の予行演習は必ず実施しておきましょう。

練習しておくことで緊張が薄れて、本番は硬くならずに済みます。

硬い表情ではなく柔らかい表情で面接に挑めれば、気持ちに余裕のある点も評価してもらえます。

面接対策をめちゃくちゃ行う

就職支援サイトでも、面接対策のサポートがあります。

とにかく面接対策をしっかりと行っておけば、面接当日にベストの自分を見せられます。

面接の下準備や練習は絶対にしておくべきと言えるでしょう。

やり方としては、質問されそうな問題は答えを考えて文章にまとめ、声に出して読んでおくことが大切です。

自己PRや志望動機、ガクチカなどは内容の濃い理論的な回答を考える必要があります。

さらに面接の予行演習として、会場に入室するときから退場するまでの一通りを何度も実践しておきます。

これは家族や友達に協力してもらうと良いでしょう。

お辞儀の仕方から回答するときの声のトーンや表情まで、本番と思ってやるようにします。

抜かりのない面接対策をすることで、自信を持てます。

自分は優秀な学生だと言い聞かせて、本番堂々とした態度で挑みたいものです。

優秀な学生全員が第一志望に就職できるとは限らない

面接で面接官に優秀だと高い評価を得たとしても、その学生がみんな第一志望の企業に入社できるわけではありません。

当然のことながら募集定員がありますし、最終面接まで行ったにも関わらず残念ながら内定をもらえない学生が出てくるのも現実です。

一生懸命自分磨きをして選考に挑んだものの、落ちることもあるのです。

そのときは、自分を責める必要も自信をなくすこともありません。

優秀な学生でも落ちてしまうのは仕方ないのですから、また前を向いて次へと挑みましょう。

優秀な学生全員が入社後活躍するとは限らない

いくら優秀な学生と評価されて内定をもらっても、みんなが活躍できるとは限りません。

入社してからの頑張りや努力も関係しますし、いざ入社してから会社と合わずに辞めてしまう人も見られます。

就職活動は、就職が決まってゴールではないのです。

内定をもらったときこそが、新しい人生のスタートとも言えます。

入社してからは、今度は優秀な社会人として会社に評価してもらえるように、生き生きと働くことが大切です。

そして就職活動中は、入社後に活躍できるだろう企業を焦らずに探さなくてはいけません。

まとめ

一言に「優秀な学生」と言えども、非常に奥が深いことがわかりました。

就活は、自分と向き合い成長するための良い機会でもあります。

優秀な学生になれるように日々努力を重ね、無事に内定をもらえるように頑張りましょう。

この自分磨きは、将来的にも決して無駄にはならないはずです。

入社後に生き生きと活躍している自分をイメージして、積極的に就活を進めたいものです。

自己分析から面接対策、入社準備まで、
1人1人に合ったアドバイスを​。​​

就活市場エージェント限定!
特別選考ルート、選考パス多数​​

60秒かんたん登録でライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ