IT業界はブラック企業ばかり?ITホワイト企業の特徴や探し方も紹介!

近年急激に成長しており、今後もその市場はどんどん広がっていくであろうと言われているIT業界。

就活生にも人気の業界となっている一方で、長時間残業や低賃金など過酷な労働を強いるブラック企業が特に多い業界としても知られています。

そのためIT業界を避けて就活をしている就活生も少なくはありません。

ではそんなIT業界にホワイト企業は存在するのでしょうか?

今回はIT業界にあるホワイト企業の特徴や見分け方について詳しく解説していきたいと思います。

IT業界にホワイト企業は存在する?

導入でも話した通りIT企業にはブラック企業が多く、「ITだけはやめておけ」という人も数多くいます。

ではIT業界にホワイト企業は存在するのでしょうか?

詳しく見ていきましょう。

IT業界はブラック企業ばかり?

全てのIT企業がそうだというわけではありませんが、IT業は他の業界に比べてもブラック企業が多いとう事が分かっています。

業界全体でブラック企業が多いというイメージは定着してしまっており、2017年に行われたあるアンケートでは「ブラック企業だというイメージがある業種ランキング」では「IT・メディア業界」が1位に輝いています。

また過去には過労死やパワハラが横行している実例も見られたりと、IT業界の闇の深さを感じるような事件が何件も発生しました。

IT企業では下請けに回ってしまうと、クライアントに振り回される、厳しい納期などが突きつけられてしまいかなり厳しい労働環境になりがちです。

そんな状況から離職率も高く、人員不足に陥り、負のスパイラルを巻き起こしている企業も少なくありません。

IT業界にもホワイト企業は存在する!

IT業界にブラック企業が多いというのは事実ですが、ホワイト企業が一つもないかと言われればそれは違います。

IT業界にもしっかりとホワイト企業が存在します。

大手企業なら安心というわけでもないので、IT業界のホワイト企業で働きたい場合は中小企業、大手企業関係なくしっかりと情報収集をする事が大切です。

IT業界で長く働くためにも、就職する会社は慎重に見極めましょう。

ITホワイト企業の特徴とは?

IT企業に就職するのであれば誰でも長く働けるホワイト企業が良いと思うでしょう。

ではIT業界のホワイト企業にはどのような特徴があるのでしょうか?

この章ではIT業界に存在するホワイト企業の特徴を紹介していきたいと思います。

IT業界に就職しようと思っている方はぜひ参考にしてみてください。

ITホワイト企業の特徴①離職率が低い

3年間勤められる人は少ないとも言われているIT業界ですが、ホワイト企業では離職率が低い傾向が見られます。

多くのITブラック企業では激務に耐える事が出来なかったり、過労で体を壊したりと言った理由で短期間で多くの人が辞めていきます。

それに対してホワイト企業は社員を大切にし、労働環境がきちんと整備されているので、離職率が低いのです。

離職率を調べたいときは書店で販売している「就職四季報」を購入して調べるようにしましょう。

就職四季報の中には離職率を明記していない企業もありますが、このような企業は離職率を隠している可能性があるためオススメしません。

また会社の公式サイトに離職率を掲載している企業もありますが、このような企業はホワイト企業である可能性が高いです。

様々な情報源を駆使して総合的に判断しましょう。

ITホワイト企業の特徴②求人票に細かく詳細が記載されている

ホワイト企業の特徴として求人票の内容に抽象的な内容がないという事が挙げられます。

ホワイト企業には就活生に知られて不都合な待遇などはなく、全て具体的に説明できるので、抽象的な表現を使う必要が無いのです。

それに対してブラック企業は、全て正直に書いてしまうと誰も応募してこないため抽象的な表現を使い、事実をぼかす事が多いです。

・アットホームな職場

・やる気次第で稼げる

・やる気を応援する

ブラック企業には上記のような表現が求人票に書かれている事が多く、このような表現を見つけたら少し疑った方が良いかもしれません。

ITホワイト企業の特徴③研修制度がしっかりしている

ホワイト企業にはしっかりと研修制度を整備している企業が多いです。

IT業界は未経験の人もかなり多いので、しっかり研修を行わないと満足に業務を行う事ができず、すぐに辞めていってしまいます。

ブラック企業の離職率が多い理由としても研修をしっかり行わなかったせいで、右も左もわからない新入社員に多大な業務を任せてしまうという事が考えられます。

研修制度については企業の公式サイトなどでしっかり公表されていますので志望する企業の公式サイトはしっかり見るようにしましょう。

研修内容を詳細に書いている企業ほど信頼できます。

ITホワイト企業の特徴④福利厚生が多い

ブラック企業では福利厚生がしっかり整備されていない企業も多く、社員を使い潰して捨てるような働き方をさせているところも中にはあります。

ホワイト企業の特徴として福利厚生がしっかり完備されていて、尚且つその種類が多いという特徴があります。

福利厚生には以下のようなものがあります。

・社会保険制度

・退職金制度

・社宅、住宅手当

・保養施設

福利厚生を完備させるためには多額の費用がかかり、福利厚生をしっかり完備している企業はそれだけの余裕があるという事が伺えます。

福利厚生については企業の公式サイトや説明会などで知る事ができますので、注目してみてください。

ITホワイト企業の特徴⑤すぐに内定を出さない

ホワイト企業は希望者も多く、選考に時間をかけているのですぐに内定が出ないという特徴があります。

ホワイト企業にエントリーすると適性検査や面接などが数回にわたって行われ、就活生のことをしっかりと評価してくれます。

それに対してブラック企業は慢性的に人員が不足していることも多いので、すぐに採用されます。

これは不人気で応募者が少なかったり、誰でもいいから採用して人員を補充したいと考えているからです。

もし選考フローが極端に短かったり、面接の最中に内定を出されたりというような事があれば疑った方が良いでしょう。

ITホワイト企業の特徴⑥平均年齢が若すぎない

ホワイト企業では良好な労働環境が整備されているため、長く働く社員が多いです。

そのため社内の平均年齢も必然的に高齢化します。

逆にブラック企業では、ほとんどの人がすぐ辞めてしまうため平均年齢がかなり若いという特徴が見られます

その企業の平均年齢は就職四季報や企業の公式サイトなどで確認する事ができますので、志望する企業の平均年齢は一度確認しておきましょう。

ITホワイト企業の見つけ方とは?

ここまでホワイト企業の特徴について解説してきました。

では実際にホワイト企業を見つけるにはどのような方法で探せば良いのでしょうか?

この章ではITホワイト企業を探すときの注意点について詳しく説明していきます。

ITホワイト企業の見つけ方①企業についてしっかり調べる

IT業界でブラック企業に就職しないためにも、志望する企業のことは念入りに調べましょう。

多くの企業では自社の活動をPRする公式サイトを開設しており、求人票などと併せて見ればその企業がどのような企業なのかは大体分かります。

この他にも先程説明した通り、就職四季報で離職率や社員の平均年齢を調べる、OB訪問などを行なってよりリアルな話を聞くなどすれば完璧でしょう。

企業についてしっかり調べるということはホワイト企業を探し出すのに有効な手段であると同時に、企業研究をしていることにもなりますので、今後その企業の採用面接を受けるなら一石二鳥です。

ITホワイト企業の見つけ方②第三者の意見を参考にする

基本的に企業は自社の良いところを積極的にPRしたいと考えているので、課題点や不都合なことはぼかしたり、消極的に話したりする場合もあります。

また就活生側でも志望順位が高ければ高いほど、その企業の悪いところをついつい見逃してしまったり、軽視してしまったりと言った可能性も考えられます。

そのため自分一人で考えて判断するのではなく、第三者の意見も取り入れる方がより客観的物事を判断する事ができるのでオススメです。

この第三者は誰でもいいというわけではなく、自分のことをよく知っていて親身になって考えてくれる人という事が前提になります。

相談するのであれば友人や両親、実際にIT企業に勤めている先輩が良いでしょう。

採用面接を受ける前に周りの人に相談してみる事も重要です。

ITホワイト企業の見つけ方③名前だけで選ばない

「名前を聞いた事があるから」「大手企業だから」という安易な理由だけで志望企業を決めるのはオススメしません。

確かに大手IT企業はホワイト企業が多く、働きやすい環境であるのは想像できるかと思いますが、全ての有名企業がホワイトだというわけではありません。

IT業界のベンチャー企業や大手企業は人気のある傾向にありますが、総業して間もない企業だと、会社を安定させるために日々激務を強いられる可能性もあります。

どんなに有名・人気な企業でもエントリーの前にその企業のことをよくよく調べましょう。

待遇や環境が良くても自分のやりたいこととマッチしない可能性もありますので企業選びは身長に行うのが重要です。

まとめ

ここまでIT業界のホワイト企業の特徴や見つけ方などについて解説してきました。

IT業界は近年急激に成長しており、今後も成長が見込める業界として志望している就活生もかなり多いです。

しかしIT業界は他の業界に比べてもブラック企業が多いことで有名で、3年以内の離職率がかなり高いといった問題点から「ITはやめておけ」と忠告する人もいます。

ブラック企業が多いIT業界ですが中にはホワイト企業も多く存在していますので、IT業界で長く働きたいという人は事前にしっかりと企業について調査し、少しでも自分に合いそうな企業を見つけ出しましょう!

自己分析から面接対策、入社準備まで、
1人1人に合ったアドバイスを​。​​

就活市場エージェント限定!
特別選考ルート、選考パス多数​​

60秒かんたん登録でライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ