大手内定者は意識している!受かる自己PRの書き方のポイント

【自己PRの書き方】はじめに

履歴書を作成する際に最も頭を悩ます項目の一つが「自己PR」の欄ではないでしょうか。

学歴や資格といった項目は事実を書くだけですが自己PRは抽象的な部分も多く、何を書いたら良いのかわからないという方も多いようです。

そこで、ここでは履歴書においてどんなことをPRしたら良いのか、どうしたら採用担当者にアピールすることができるのかについて、詳しく説明していきます。

【自己PRの書き方】自己PRを作成する前の準備

面接官に高く評価される自己PRを作成するためには、いくつかの下準備が必要です。

例文やテンプレートをそのまま真似した自己PRでは、本当の自分の良さをアピールできません。

内容の濃い自己PRにするためには、自己分析と企業研究が欠かせないのです。

具体的に、どういった準備を行えば良いのかを紹介します。

自己分析を行う

就活生の中には、自身の性格や能力について把握していない人も意外と多いです。

自分のことがわかっていなければ、履歴書やエントリーシートの自己PR欄もうまく書けません。

就活を進めるにあたって、自己分析をして自分を知ることは不可欠と言えるでしょう。

自己分析のやり方はいくつかありますが、その一つがハローワークなどで行われている適性検査です。

インターネットでも適性検査を受けることができるサイトがあるので調べてみましょう。

いくつかの質問に答えていくことで、自分自身の長所短所などが見えてきます。

隠されていた能力に気付くこともできますので、自己PR作成に活かせるはずです。

また、過去の出来事について思い返して書き出していく作業でも自己分析が可能です。

幼少期から現在に至るまでの思い出深いエピソードを箇条書きにします。

その中で、よく使うキーワードや頻度の高い体験に、自分の性格の特徴が表れていることが多いです。

たとえば、子ども時代から何か悩み事が生じた時に、毎回誰にも相談せずに自分で解決して乗り越えたというエピソードが目立つとします。

その場合、その人は「自己解決能力」が優れていると言えます。

「自立心」も旺盛で、「孤独にも強い」性格だと読み取れるはずです。

その他にも、恩師や家族や友人に自分の性格について聞いてみるという方法もあります。

付き合いの長い人は、自分の長所短所についてよく理解してくれているものです。

客観的に見てくれる人にお願いしてみましょう。

企業の求める人物を把握する

採用担当者は、自己PRによってその人材が自社の求める人物像とマッチしているかを確認しています。

採用するからには、長く活躍し続けてほしいものです。

入社したものの、合わないと言ってすぐに辞められたのでは困ります。

就活生にとっても企業にとっても、お互いミスマッチを防ぐことが大切なのです。

希望する会社に内定をもらうためには、その会社が求める能力と重なる点を自己PRすることがポイントです。

そのためにも、企業研究をしてその会社が何を求めているのかを知ることが不可欠です。

どんな社風で何を重視する仕事なのかを把握しておけば、それにマッチする自己PRができるでしょう。

企業研究の仕方としては、合同説明会やOB・OG会に参加して直接職場の人と話してみるのが良い方法です。

その他にも企業のパンフレットやホームページを見れば、会社概要や理念、業務内容などが理解できます。

企業研究ノートを作り、重要な事項をまとめておくと見やすいです。

【自己PRの書き方】企業が自己PRで知りたいこと

「履歴書の自己PR欄に何を書いたら良いかわからない・・・」、そんな就活生も多いかもしれませんが、それを理解するには企業の側に立って考えてみるのが近道です。

そもそもなぜ企業は学生に自己PRを書かせるのか、その理由を知ることができれば何を書けば良いのか、どんなことをアピールするべきなのかといったことがわかってくるでしょう。

ここでは企業が自己PR欄を通じて学生のどんなことを知りたがっているのかについてまとめていますので、自己PRを書く際の参考にしてみてください。

人柄や熱意を知るため

企業が自己PRを通じて知りたいことの一つは、学生の「人柄」や会社に対する「熱意」です。

実際、就職情報サイトが企業の採用担当者に対して行ったアンケートを見ても、企業側が学生を採用する際に重視している項目のトップは圧倒的に人柄と熱意となっています。

特に正社員の場合は今後数十年と一緒に働いていくことになるわけですから、力を合わせて一緒に仕事をすることのできる人柄の良さや、会社の業績アップに貢献したいという熱意がなによりも重視されるのは当然のことでしょう。

自己PRの欄では自分の生い立ちや経験から現在の自分というものがどのように形成されてきたのか、それによってどんな能力や強みを得ることができたのかなどをアピールするのが有効です。

また、仕事に対する熱意がどのような経験から生まれたのか、入社したらどんなことを成し遂げたいのかについてもできるだけ具体的に記載するように心がけると良いでしょう。

実績ではなく、将来性を知るため

企業が自己PR欄を通じで知りたい学生の情報の2つ目は、将来性です。

学生の自己PRではアルバイトやサークル活動、部活動の実績ばかりが記載されていることが多いですが、これはあまり意味がありません。

企業にとってはこれまでどんなことをしてきたのかという実績よりも、実際に入社してから会社に対してどのような貢献をしてくれるのか、どのような可能性を持っているのかということのほうがずっと重要です。

ですから、自己PR欄ではこれまでやってきたことを単に羅列して実績を自慢するのではなく、その実績を将来企業にどのように活かすことができるのか、自分にはどんなポテンシャルがあるのかということをしっかり説明することが内定を勝ち取るための大きなポイントになります。

エピソードのすごさではなく、どんな行動をしたのかを知るため

自己PR欄では学生時代にどのようなエピソードがあったのかを書くのではなく、そのエピソードの中での自分の役割や実際に取った行動を具体的に書くことも大切なポイントです。

先程も言いましたが、学生の自己PRはどうしても実績自慢になってしまうことが多く、「私は部活動でこんなすごい実績を残しました」とか「アルバイト先でこんな経験をしました」となってしまいがちです。

しかし、これだけでは採用担当者に対して自分がどんな人物なのか、どのような能力があるのかを十分にアピールすることはできません。

たとえば資格について記載する場合でも、単に「○○という資格を取得しました」というアピールではなく、「どんな理由で資格取得を目指し、そのためにどのような学習をし、その結果がどうだったのか」ということを書いてはじめて自分のアピールになるのです。

活動に取り組んだキッカケや具体的な行動、さらにその結果としてどのような成果が出たのかということをしっかりとわかりやすく説明するように心がけましょう。

【自己PRの書き方】受かる自己PRの書き方のポイント

自己PRで最も大切なことは採用担当者に対して自分の人柄が企業に合っていると知ってもらうこと、そして自分の長所をアピールすることで会社にとって有益な人物であり面接で直接話をしてみたいと思わせることです。

ここでは内定につながる自己PRの書き方のポイントについて紹介してきます。

箇条書きを利用して、言いたいことをわかりやすくする

自己PRはどうしても文章が長くなりがちですが、あまりに長すぎる文章は内容がわかりにくくなってしまいますし、アピールポイントもぼやけてしまいます。

採用担当者は1日に何十枚・何百枚という履歴書に目を通すわけですから、短い言葉で端的にアピールすることが重要になります。

自己PRを記入するときにはできる限り接続詞などを減らすようにして、箇条書きを利用するのがコツです。

一文をなるべく短く、内容を簡潔にまとめるように心がけましょう。

文字数は記入欄の7~8割程度にする

自己PRを記入するとき、少しでも自分の良いところを採用担当者にアピールしたいという想いから、小さい文字で自己PR欄いっぱいに文章を埋めている人も少なくありません。

しかし、小さな文字や欄を埋め尽くすほどの文字数は採用担当者にとっては非常に読みづらいものです。

自己PRを記入するときは読みやすいレイアウトを意識するように心がけましょう。

具体的な書き方として、文字数は一般的に150~200文字程度、目安としては自己PR欄の7~8割程度に納めるのがポイントです。

文字については詰め込みすぎや小さな文字は避けるようにし、適切な間隔と大きさで読みやすさに配慮すると良いでしょう。

また、自己PRの欄は文字しか書いてはいけないということはありません。

絵やグラフを用いることでよりわかりやすい工夫をするのもおすすめです。

誤字脱字、日本語の間違いは何度目チェックする

最近はパソコンで作成した履歴書を提出する機会も増えてきましたが、まだまだ手書きで履歴書を書く機会も多くあります。

手書きの履歴書で注意しなければならないのが誤字脱字や日本語の間違いです。

履歴書に書き損じがあると、採用担当者から「この応募者は注意力散漫で集中力にかける」という評価を下されたり、「履歴書も正確に記入できない人間に大切な仕事は任せられない」と思われてしまったりすることがあります。

提出前には誤字脱字や文法的におかしい部分がないかしっかりとチェックを行いましょう。

また、チェックによって間違いが見つかった場合は最初から書き直すのが原則です。

中には修正ペンや修正テープ、砂消しゴムなどを使って間違えた部分を修正する人や間違っても消すことのできるボールペンで履歴書を記入する人がいますが、これはNGです。

履歴書は公式な文書ですのでやむを得ず修正する場合には本人が修正したことを証明するために二重線と訂正印を使わなければなりません。

修正ペンや砂消しゴム、消せるボールペンなどを使った修正は履歴書はもちろん、ビジネス文書では通用しませんので社会人としての常識を疑われてしまいます。

冒頭で結論を述べる

自己PR欄はまず結論を書き、その後で結論に至るまでの経緯や論拠、アピールを行うようにしましょう。

自己PR欄にはそれほどたくさんの文字を記入できるわけではないので、内容を短くまとめることが大切になります。

結論を冒頭に持ってくることでアピール力が強くなりますし、わかりやすさも増します。

採用担当者を最初の一文で惹きつけるためにも、構成に気を配りましょう。

努力の過程がわかるエピソードを書く

自己PRは内容に具体性を持たせることがなによりも重要になります。

単に「私はリーダーシップがあります」とだけ書いてもなんの信憑性もありませんし、アピールにもなりません。

自己PRに具体性を持たせるためには努力の過程が手に取るようにわかるエピソードを記載するのがポイントです。

時には数字を用いることやキャッチコピーを工夫してみると良いでしょう。

また、成功体験だけでなく失敗体験を記載するのもおすすめです。

失敗の中から学んだことや改善の努力などを記載することで説得力が増します。

入社後、何に活かせるのかを書く

自己PRしたいことがたくさんあって欄内に書き切れないと困っている人もいるかもしれません。

そのような場合は、どんな能力が会社で活かせるのかということに着目して記載する内容に優先順位を付けるようにしましょう。

そのためには、しっかりとした企業研究や業界研究が大切になります。

志望する会社や業界がどのような人材を求めているのか、激変する市場環境の中でどの方向に進んでいこうとしているのかを把握し、企業が欲しいと思う人材や能力を最大限にアピールすることが内定を勝ち取るためのポイントになります。

【自己PRの書き方】自己PRを作成するための4つのステップ

就職活動や転職活動において自己PRは採用担当者に自分の存在をアピールするための大切や要素です。

書類選考を通過して面接を受けることになれば、自己PRに関する質問も必ず受けることになるでしょう。

ここでは効率的かつアピール度の高い自己PRを作成する方法を4つのステップに分けて詳しく説明します。

過去の経験や実績を洗い出す

自己PRを書く前に、まずは自分がこれまでに経験したことや残した実績について徹底的な洗い出しを行い、書くための素材集めをしましょう。

時系列に沿って仕事内容と実績を書き出していくのです。

このとき、「新規顧客を○%獲得した」、「売上げを△%アップさせた」といったように数字で表現するとわかりやすいですし、採用担当者へのアピール度も高まります。

志望する企業で求められる能力やスキルをイメージし、過去の経験を厳選する

過去の経験や実績の洗い出しによる素材集めが終わったら、次のステップとして志望する企業や職種を考慮して集めた素材の中からよりアピール度の高いものを選ぶ作業へと移ります。

当然のことですが、企業や職種によって求める人柄や能力には違いがあります。

研究職を希望しているにも関わらず、前職での新規顧客の開拓についてアピールしても意味がありません。

大切なのは志望先の企業や職種が求める能力をアピールすることであり、的はずれなポイントをアピールすることがないように気を付けましょう。

経験やスキルがどんな能力になるのかを考える

過去の経験を厳選したら、次はその経験からどのような能力・スキルを得ることができたのか、よりアピール度の高い言葉で表現してみましょう。

このとき、できるだけ短い言葉で、具体的なイメージができるような言葉を選ぶのがポイントです。

文字数が限られているので、ぼんやりと抽象的な言葉を使うのは避けましょう。

フレームワークに当てはめて、自己PRにしていく

使用する言葉が決まったら、最後にフレームワークに当てはめて自己PR分を完成させます。

フレームワークとは話の枠組み、起承転結のことで、自己PRの書き方にはある程度のパターンがあります。

具体的には冒頭に結論を書き、その次に結論に至った経験の概要、さらにその経験の中での課題やその課題を克服するために取った行動とその結果となります。

このフレームワークに当てはめることで完成形をイメージすることができるでしょう。

自己PR例

リーダーシップ

「私は、共に頑張るリーダーシップ力があると自負しております。

水泳部で副キャプテンを務めており、常に部員みんなに目を配るようにしていました。

思うように成果が出ない部員や練習方法に悩んでいる部員がいれば、明るく声をかけて励まして、一緒に解決策を考えて実践していきました。

共に頑張ることで、落ち込んでいた部員も元気になれて良い結果を出せたのです。

私は口先で引率するのではなく、みんなと同じ立場に立ち身を持って共に頑張ろうと率いるタイプです。

このリーダーシップ力は、御社のチーム営業でも活かせると思います。」

行動力

「私は、悩むよりも行動するように心がけてきました。

吹奏楽部で思うように演奏できなかった時も、自分に向いていないと退部するのではなく、自分に必要な練習方法を考えて休みの日もずっと練習しました。

ポジティブな行動力のおかげで、重要なソロパートも任されるようになり、大会でも優勝できました。

悩む時間はもったいないですし、御社の営業職においてもどんな時も前向きに行動していきたいです。」

忍耐力

「私は陸上部でしたが、練習してもなかなか良いタイムが出せず駅伝大会でもメンバーに入れてもらえない時期が続きました。

こんなにつらいなら辞めたほうがいいかなと落ち込んだこともありましたが、今はとにかく練習して自分を磨いて耐える時期だと考えたのです。

部活では朝の練習がありましたが、私はその前に近所の神社の階段ダッシュを毎朝行うことに決めました。

忍耐強く継続した結果、とうとう3年生の春に駅伝メンバーに入ることができたのです。

開花は遅かったですが、自身の粘りが実ったのだと思いました。

こうした粘り強さと継続力を入社後も活かし、どんな厳しい状況でも耐えて頑張っていきたいです」

アピールしたいポイントは見つかったけれど上手に表現することができない場合や、文章がうまく構成できないときは就職情報サイトの例文を参考にしてみるのも良い方法です。

アピールポイントに応じた例文が数多く掲載されているので、きっと自分に合ったものが見つかるでしょう。

自己PRの例文はコチラを参考にしてみてください。

まとめ

内定を勝ち取るうえで採用担当者へ人柄や熱意を知ってもらう自己PRはとても大切ですが、少ない文字数で自分の長所をアピールするのはとても難しいことです。

上手にアピールするためには経験や実績をただ書き連ねるのではなく、企業が求めている人材や能力を把握し、アピールポイントを厳選することがポイントになります。

また、記入の際には見やすさ・わかりやすさを重視し文字数や誤字脱字などに注意しましょう。

もし書き損じたときは修正せずに書き直すのが鉄則です。

どうしてもうまく書けない場合はフレームワークに当てはめることや例文を参考にしてみるのもおすすめです。

そんな自己PRでほんとに大丈夫?
1人でわからない事はプロと2人で​。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ