【受かる志望動機】志望動機は書き出しが命!受かるための書き方のコツを紹介

はじめに

就活生のみなさん、志望動機が上手く書けずに悩んでいませんか?

それなりにまともなことを書いているはずなのに、なぜか選考を通らないなんて人も多いのではないでしょうか。

志望動機はその企業を選んだ理由をアピールするものです。

その意味で履歴書やエントリーシート、面接の場でも志望動機はなにより重要なポイントになってきます。

数ある企業の中で、なぜその企業を選んだかの理由で、その人の本気度や入社意欲、入社してからの活躍や成長への期待が左右されるからです。

実は、そんな志望動機で一番重要なのは「書き出し」だということをご存知ですか?

この記事では、なぜ書き出しが最も重要なのか、そして、どのように書けばいいのかをご紹介します。

【受かる志望動機】なぜ書き出しが命なのか?

pixta_63183225_M

数百文字ある志望動機の中でも、なぜ書き出し部分が命といえるのでしょうか?

そもそもの前提として、新卒の一括採用の場面では企業には多くのエントリー書類が届きます。

忙しい業務の中で担当者がエントリー書類のすべてに目を通し、次のステップへと進む人を選考しなくてはなりません。

書き出しに魅力がなかったり、興味を惹かれないと、正直なところ、読む気さえ失せてしまうこともあります。

多くのエントリー書類に一つ一つ目を通していくわけですから、すべて目を通しても書き出しにインパクトがないと印象に残りません。

つまり、志望動機を充実させたとしても、最初のインパクトがないと結果的に印象に残らず、選考から漏れてしまうこともあるのです。

志望動機で書き出しが重要になる理由を知り、それに見合った志望動機の書き出しを意識して書くようにしましょう。

志望動機の印象は書き出しのインパクトで決まる

みなさんが小説や漫画を手に取ったときや、ネットニュースや雑誌記事を読もうとする際、見出しや最初の一文で判断をしているのではないでしょうか。

小説が好きという方なら、試し読みをして、最初の一文で面白そうか、面白くないかを判断する方も多いはずです。

学生さんに馴染みがあるネットニュースにしても、最初の書き出しで続きが気になったり、逆に読む気にならずに読み飛ばしてしまうこともあるかもしれません。志望動機の書き出しが重要なのは、それと同じ原理です。

たくさんの応募書類がある中で、選考に残るためには他の人とは違うと感じてもらったり、実際に会って話をしてみたいと思わせなくてはなりません。

志望動機のキッカケが、たとえば、社風や経営理念など同じ内容である人が何人かいたとしても、最初の書き出しで印象に残るかに影響が出ます。

読みたくなるネットニュースや小説は、一通り読んだ後も印象に残るはずです。

一方で、最初の段階であまり興味を持てなかったものを一通り読んでも、内容があまり頭に入ってこなかったり、印象に残りません。

企業の担当者がどのように選考するかにもよりますが、多くは1通ずつ目を通して印象に残ったものを別にしていく方法や、一通り目を通した後で印象に残ったものを選び出すケースが多いです.

だからこそ、印象に残るための書き出しができるかが、とても重要になるのです。

書き出しは読み手の道標になる

書き出しには、その企業をなぜ志望したのかの結論を書くのが基本です。

それによって、なぜこの人は自社に興味を持ったのだろうという一番のキーポイントがわかり、採用担当者に「これから自分はこんな話をする」という道筋を示すことができます。

最初の段階で何が結論なのかわからない文章は、たいがい、最後まで読んでも、言いたいことがわからないまま終わってしまうことも少なくありません。

そのため、書き出しで、自分は社風が気に入ったことや、経営理念に共感したなど、その人が何をキッカケに志望したのかの前提を持ってもらうことが大切です。

読み手に道標を示すことで、志望動機が明確に印象に残り、その人のイメージが湧いてきます。

その後をもっと読みたいと思わせ、その後の文章の流れに自然と入り込んでもらうことができるのです。

書き出しで話ができる人かを判断される

採用担当者は、書き出しでその学生が話のできる人かをだいたい判断できるといいます。

それは、書き出しで質問にきちんと答えられる人間かがわかるからです。

志望動機を問われたことに対する回答ですから、「なぜ志望したのか」をまず述べるのが基本ですよね。

最初に結論がくると、読み手としては安心感を抱くとともに、なぜその結論に至ったかに興味を抱きます。結論に至った理由が知りたくて、読み進めてもらうことができます。

この「なぜ志望したのか」に答えていない人が意外に多いのです。

忙しくて読む気が起きない、応募書類が大量にありすぎて、サッと目を通すだけという採用担当者の目線に立って考えてみましょう。

書き出しに結論が簡潔に書かれていない志望動機は、それだけでアウトだと思いませんか?

【受かる志望動機】志望動機の書き出しで使える3つの方法

pixta_36914816_M

一言で「志望動機」といっても、いろいろな書き出しの方法があります。

志望動機は人によって見方やアプローチの仕方が変わってくるからです。

自分が貢献できそうだという軸でも書けますし、興味をもったきっかけを軸に志望理由を説明することもできます。

今回は、志望動機で使える書き出しの方法を3つご紹介するので、参考にしてみてください。

①自分の経験や能力から書く

なぜそれが志望動機になるのかをアピールする際に、「自分の経験や強みがこんな形で活かせるから!」と書くことで説得力が生まれます。

いかに自分の能力が役立つかをしっかりとアピールして、自分に興味を持ってもらうのです。

たくさんの就活生を面接する中で、企業にとって良き即戦力となりそうな人材は放ってはおけません。

志望動機の欄を見て、この人材は活躍しそうだと思わせることができれば内定への道が一気に近づくでしょう。

経験や能力をアピールした志望動機の書き方例を紹介します。

私の志望動機は、次の2点です。
①留学経験により身に付いた英語力やコミュニケーション能力を、海外客の多い売り場にて活かすことができる。
②学生時代のウエイターのアルバイトで学んだ接客力やマナーを、貴社の接客販売の仕事に活かしたい。

このように、簡潔に要点をまとめて箇条書きに志望動機を挙げることで、採用担当者もわかりやすく印象が残ります。

さらにしっかりと自分の強みをPRできており、求める人材につながる志望動機の書き出しになっています。

②企業に興味をもったきっかけから書く

その企業になぜ興味を持ったのかを、志望動機の書き出しに書くこともオススメの書き方です。

その人にしか体験できない出来事をきっかけにできると、よりオリジナリティのある志望動機になりますね。

この際に、長々と志望の理由を書くのはNGです。 あくまでも前置きは短くして、短く企業に納得してもらえそうな理由を書くのがコツです。

興味をもったきっかけから書く書き方の例を紹介しておきます。

父が認知症で介護が必要となった時に、我が国の介護業界の未熟な点を知りました。
貴社はそうした介護問題やバリアフリー化について先進的に取り組んでおられるので、尊敬するとともに興味を持ち、自分もその力になりたいと強く思いました。

こうした固有の体験を理由とした志望動機は、企業側にもインパクトを与え、仕事への高い意欲も感じてもらえることでしょう。

③志望動機のタイトルから書く

少し変わり種ですが、いきなり文章に入らずにタイトルを付けてしまうのもおすすめです。

タイトルや見出しにつられて、思わずネットニュースを開いたり、雑誌を手に取った経験がある方は多いことでしょう。

それと同じ要領で、思わず読みたくなる、読み進めたくなるタイトルを志望動機につけてしまうというのも、採用担当者の目を引く一つの手です。

担当者にインパクトを与える意外にも、タイトルをつけることには、自分が志望動機で一番言いたいことは何なのかを考えることができるというメリットがあります。

タイトルが上手くつけられないとなったら、それは志望動機で伝えたいことをまとめられていないことがわかるからです。

実際にタイトルを書くのははばかられるという人でも、「もし自分の志望動機にタイトルをつけるとしたら…」と考えてみるのは良い機会になるでしょう。

【就活生と企業とのミスマッチを防ぎたい】
私が貴社を志望しましたのは、自身の〇〇な経験から、「就活生と企業のミスマッチを防ぐ」という理念を掲げる貴社の事業に貢献したいと思ったからです。

【受かる志望動機】志望動機の構成を知ろう

ここまで目を通してくれた就活生のみなさんは、志望動機の書き出しについて、もうかなりの腕をもっているはずです。

しかし、いくらいい書き出しで採用担当者の目を引けたとしても、そのあとの内容が支離滅裂ではもったいないですよね。

そうならないために、伝わりやすい志望動機の構成を知っておくことも大切です。

内定獲得につながる、伝わりやすい志望動機を書くうえでは、「PREP法」が基本となります。

PREP法とは、「「POINT(結論)→REASON(理由)→EXAMPLE(具体例)→POINT(まとめの結論)」のステップで構成されるものです。 ビジネスをしていくうえで、プレゼンや営業トークなどの基本ともなる手法なので、就活の段階から慣れていきましょう。

結論:私は〇〇という点で貴社を志望しました

志望動機の書き出しで印象をアップするには、企業を褒めたたえ、自分がいかにその企業を好きかからはじめればいいと思い込んでいませんか?

ですが、企業が自社を持ち上げられたり、高く評価されたりすることで内定を与えるなら、就活で多くの学生が苦労するはずがありません。

企業は、内部で活躍して企業が収益を上げるために貢献してくれる人材を求めているのであって、ヨイショしてくれる人や、自社のファンの消費者を求めているわけではありません。

書き出しはPREP法に基づき、結論からはじめることが選考を通るためのカギを握ります。

なぜ、その企業を選んだのか、一番のポイントを1つ挙げましょう。 これにより、入社意欲の高さや、仕事への熱意をアピールします。

理由:なぜならば、〇〇という経験で〇〇と考えたためです

書き出しで志望動機のポイントを明確にしたら、次に、その結論に至った理由を述べます。

なぜ、そのポイントに注目したのか、その企業を志望するに至ったのかという理由です。

理由として、「業界トップの企業だから」や「多くの人に知られている有名な企業だから」などの抽象的な理由や、他人の評価に基づく理由を挙げるのは避けましょう。

自分の経験に基づき、志望するに至ったことを具体的にアピールすることが大切です。

自分の経験から、その企業で仕事をしたいと思ったということは、それだけ企業についてしっかりと理解し、ぜひとも働きたいという意欲が強いことを意味します。

これに対して、他人が評価しているといった理由は、その企業でなくても当てはまり、説得力がありません。

エピソード:私は〇〇で〇〇ということをしていました

3ステップ目として、過去に経験したエピソードを紹介し、自分の強みや企業においていかに活躍できる人物かをアピールします。

エントリーシートのさまざまな項目でエピソードを紹介すべきと指南されているので、「考えるのが面倒」「思いつかない」と悩む方もいるかもしれません。

志望動機くらい、その企業をいかに自分が評価しているか、情熱を語ったほうがいいのではと思う方もいることでしょう。

ですが、採用担当者は、あなたが志望した企業のことをどう評価しているかを知りたいのではなく、あなたがどんな人物なのかを知りたいのです。

自社が求めている人物像にマッチしているのか、活躍が期待できる人材かを知りたいので、これまでの経験から、あなたがどんな人物か見極めたいと考えています。

問題:その経験で〇〇という問題に直面しました

企業がエピソードに注目するのは、単にあなたの過去を知りたいのではありません。

単なる昔話や思い出話に興味があるのではなく、どんな行動がとれ、どんな活躍ができる人物かを、エピソードから見極めたいと考えています。

そのため、エピソードを選ぶ際は、過去の栄光をひけらかすだけの美談ではなく、なんらかの問題に直面し、それを自分の行動によって乗り越えた経験を見つけ出すことがポイントになります。その行動が、入社後の活躍に結びつくようなエピソードを選びましょう。

志望動機の構成として、エピソードの概要を説明した後、どんな問題に直面したのか、わかりやすく状況説明を行います。

行動:そのため、私は〇〇を行いました

次に、直面した問題に対して、どのような行動をとったのかを具体的に説明しましょう。

入社後の活躍に役立つ、あなたの強みが発揮できた行動であることがポイントです。

仕事をしていくうえでは、さまざまな問題や壁に直面するものです。 その際に、どのような行動をとれる人かを企業ではチェックし、入社後に貢献してくれる人材であるかや、壁にぶちあたっても、自ら乗り越えて成長していける人物かを見極める材料としています。

いかに印象のいい志望動機で書き出しをスタートしても、壁にぶちあたったときに挫折したり、すぐに離職したりしてしまうおそれのある人材では、企業にとっては魅力がありません。

自分の強みをアピールすることで、志望動機に説得力を持たせましょう。

結果:その結果、〇〇になりました

エピソードで行動に出たところまで書いて、安心してしまう人がいます。行動を示して、自分のいいところをアピールできたと思い込んでしまう方が少なくありません。

ですが、仕事をしていくうえでは、行動というプロセスだけでなく、結果を出すことが求められます。

いかにプロセスがよくても、結果が出せなければ、企業業績には結びつかず、貢献ができないからです。

そのため、行動に出た話で終わらせるのではなく、直面していた問題がどうなったのかという結果まで、しっかり説明します。

結果を述べる際は「問題が解決しました」と単純に述べるのではなく、どのように解決されたのかを、具体的なデータなどを挙げて、説得力を持たせるのがベストです。

結論:その経験を活かして貴社では〇〇で貢献していきたいと考えております

志望動機の最後は、まとめの結論として、自己アピールをする場面となります。

紹介したエピソードに基づき、どのような貢献ができるのかを具体的にアピールしましょう。

その企業のために「〇〇したい」と、具体的に述べることがポイントです。

単に「経験を活かして頑張ります」では、どの企業でも通用するので、入社意欲の高さや企業への熱意が伝わりません。

業界研究や企業研究をしっかり行って、他社との差別化ポイントを知り、企業が求める人物像を理解したうえで、自分がそれにマッチする人材であることをアピールすることが大切です。

【受かる志望動機】志望動機を例文を見てみよう!

では、志望動機の書き出しについて例文で確認してみましょう。NG例と参考例を挙げますので、参考にしてください。

参考例はあくまで参考ですので、内容よりも書き出しや構成の部分に注意してみてみてください!

落ちる志望動機(NG例)

NG例は書き出しが結論から始まっていない志望動機です。

志望動機は一般的な流れとして、結論、具体的なエピソード、会社にどう貢献できるかで構成されます。

この流れの順番が入れ替わっていたり、まったく基本構成に沿わない構成である場合はNG例となります。

NG例は読みにくい、印象に残りにくい、言いたいことが伝わらないといった問題がありますので注意しましょう。

これからの時代はIoTに将来性があると考えます。
我が家でもネットと家電製品を繋いでいますが、とても便利だと感じました。
私はIoTの開発に取り組んでいる御社に将来性を感じて志望しました。

ポイント

結論が最後に来ており、最初の書き出しは一見、志望動機とは無関係の内容になってしまっています。

その企業に入りたいと企業に魅力を感じたことを語るのではなく、IoTの技術についての魅力を語っているからです。

IoTの技術なら、他の企業でも開発や製造に取り組んでおり、その企業でないといけない理由にはなりません。

エピソードについても、いったい何をどう使い、どこが便利だと感じたのかも伝わってこず、具体性にやや欠けます。

最後に結論が来てしまっているのも、何を伝えたいのかがわかりにくくなる大きな原因になります。

さらに具体的なエピソードや自分の経験や能力を踏まえた、その企業で貢献できることについても触れられていないのがNGポイントです。

受かる志望動機(参考例)

では、わかりやすくするために同等のケースで、参考例を見てみましょう。

志望動機を印象に残すための書き出しや、基本の構成になっていることが求められます。

【〇〇技術の開発と発展に携わりたい】
私が御社を志望したのは、御社が開発した〇〇技術の利便性に感銘し、更なる技術開発と製品化に貢献したいと考えたからです。
御社の〇〇技術を使ったIoTサービスを、離れて住む祖母に使ってもらっています。
ポットのお湯の量の変化を察知して安否確認を行ったり、異常を離れて暮らす家族や管理センターに知らせるアイディアと技術は、ライフスタイルに根差し、高齢者にも使いこなせ、実効性が高いものです。
社会に役立つ技術の開発に大学で学んだ電気工学の技術を活かしたいと考え、IoTサービスのパイオニアである御社を志望しました。

ポイント

何を言いたいかをタイトルとして掲げるとともに、結論からスタートしています。

タイトルや最初の書き出しを通じて、自社の何に魅力を感じたのかがわかります。

最新の技術に魅力を感じて志望してくれたのだとわかり、それに力を入れている企業としては、その人がなぜその技術に興味を持ったのかや、その技術にどう貢献してくれるのかが気になるはずです。

興味を持った理由や魅力を感じた理由は実際に祖母と家族との間で、〇〇技術を使ったIoTサービスを使ったことだとわかります。

しかも、どのように役立ったのかが書かれているので具体性もあります。そのうえで、自分が大学で学んだ技術を活かしたいと結びました。

その人の技術と会社に貢献できることの関連性も高いと判断ができ、適性が高い人だということが印象に残せる内容となっています。

志望動機は誰かに見てもらおう!

書類選考を通過できないという方、もしかして志望動機を書いたらすぐに企業に提出していませんか?

志望動機が書けたと思ったら、一度誰かに見てもらうことをおすすめします。

自分では完璧に書けたと思える志望動機でも、他の人からみるとわかりにくかったり伝わりづらいものになっていることがあるからです。

自分の文章がわかりやすいのは当たり前ですから、第三者からみてもわかりやすい文章を心がけましょう。

見てもらう第三者は友だちや先輩でもいいですが、多くの就活生の志望動機を見てきている人たちの方が良いでしょう。

具体的には、

・大学のキャリアセンター
・OBOG訪問の社員さん
・就活エージェント

に見てもらうのが効果的です。

就活市場でも、就活市場エージェントがみなさんの就活をサポートしています!

Center1032

まとめ

志望動機は全体の構成や内容が大切なのはもちろんですが、なによりも重要なのは書き出しです。

多くのエントリー者がいる中で、書き出しに魅力がなかったり、興味を惹かれないと読む気が失せてしまったり、読んでも印象に残りません.

実際に会ってみたいと思わせる、内定へ近づくための志望動機の書き出しをマスターし、相手が読みたくなる、魅力的な志望動機を構成しましょう。

そんな志望動機でほんとに大丈夫?
1人でわからない事はプロと2人で​。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

RANKING人気記事ランキング

  • 【満足度90%以上!!】【即日内定もアリ!!】日本で唯一の『内定にコミット』する就活サービス ジョブコミット
  • 営業就活ドットコム
  • HR Community

広告掲載をご検討の企業さまへ