【例文でチェック】新卒採用面接で好印象を与える自己紹介!

面接の自己紹介が苦手…なんて人、いませんか?就職活動と言えば面接。そして面接で一番最初にいわれるのが「自己紹介をしてください」の一言ですから、なんとしても苦手を克服しておかなくてはなりません。自己紹介を乗り切るにはいくつかのポイントがあるものです。本文では例を挙げながら自己紹介のポイントについて解説していきたいと思います。自己紹介のNG例についてもご紹介していますので、そちらも併せて参考にしてみてください。

面接の自己紹介にはポイントがある!

就職活動で避けて通れないのが面接です。そして面接の一番最初に言われるのが「それでは自己紹介をしてください」というものです。皆さんが最初に喋ることですから、あなたの第一印象は自己紹介で決まるといっても過言ではありません。

大切な自己紹介ですから、しっかりと好印象を得ておきたいもの。自己紹介で好印象を得るにはいくつかのポイントがあります。今回はそんな「自己紹介のポイント」について例文を交えて解説してゆきますので、ぜひ最後までお付き合いください。

自己紹介の目的とは?

自己紹介は、初めて対面する面接官に、自分は誰か、どんな人物かの基本的な事項を知ってもらうことが目的です。

内容的には企業への猛烈なアピールをするものではなく、氏名と大学名や学部、学科と、自分の人物像や性格などを端的に示せる事柄を、一言程度で構成するのが基本です。

自己PRや長所を問う質問とは異なり、最初に振られるもので、長々と話す段階ではありません。

重要なのは、話し方や表情を通じた印象と、ひとつ盛り込みたい自分の特徴でインパクトを残すことです。

氏名や学部を伝えるのは基本事項であり、その内容自体が内定に影響を与えるわけではありません。

自己紹介は、最初にあなたが面接官と会話をするスタートになりますので、明るい声でハキハキと、笑顔で話して第一印象を好印象にすることが大切です。

自己紹介で伝えること

自己紹介は、あなたがどんな人物かの基本的事項を初対面の面接官に説明するとともに、第一印象で好印象を与えることが重要な目的となります。

では、どのような内容を、どのくらいの長さで紹介すればいいのでしょうか。

簡単なプロフィール

自己紹介では、まず、氏名や大学名、学部名、学科を伝えます。

大学で何を学んだかを伝えるために、専攻した学科まで紹介するのが基本です。

研究をしたり、ゼミに所属したりしている場合には、その内容も伝えるといいでしょう。

とくに研究内容やゼミの内容が、志望企業や志望している職種と関連がある場合には、一言触れておきます。

出身地などを伝えて、地域性を一言触れるのもありです。

ガクチカなどで学生時代に力を入れたことで紹介予定があれば、部活動や所属サークル、アルバイトなどを紹介してもかまいません。

あくまでも、「こんなことをしていました」という事柄から、あなたがどんな特徴の人物かを紹介するのが目的であり、長々と経験談を話す必要はありません。

学生時代に何をしてきたか

氏名や学部、出身地などの基本事項に加えて、学生時代に何をしてきたかに触れましょう。

ゼミや研究、部活やサークル、アルバイトやボランティア活動、留学や一人旅といったものです。

いくつか挙げた後、もっとも力を入れたことや、自分の性格や特徴をアピールできそうなものについて、一文程度にまとめて紹介します。

たとえば、「大学では〇〇ゼミに所属して○○を研究していました。

テニスサークルに所属し、100人をまとめるリーダーをしていました。」といった形です。

あくまで簡単に紹介する程度にとどめるのが、自己紹介の構成です。

サークルでのリーダーシップをアピールしたい場合、ガクチカや自分の強みをアピールする際のエピソードで詳しく述べるようにしましょう。

話す時間は3〜40秒

自己紹介は、あくまでも、あなたがどんな人物かを簡単な基本事項を元に紹介する時間です。

そのため、30秒〜40秒程度と極短時間で済ませます。

30秒と聞くと、とても短いように思え、そんな短時間でまとめられないと不安になるかもしれません。

ですが、実際に時間を測ってみると、案外、時間があるものです。

自己紹介として考えた内容を実際に口に出しながら、ストップウォッチなどを使って長くなりすぎていないか確認してみましょう。

一方、短時間で済ませなければならないと、早口になって何を言っているかわからなくならないように注意しましょう。

第一印象を与える最初の第一歩ですので、好印象が残せるよう、話し方にも配慮する必要があります。

自己紹介例文集

ここからは自己紹介のポイントを含めた例文を紹介します。

複数の例文を参考に、自己紹介を作成してみてください。

例文①:面接の自己紹介で必ず伝えなくてはならないこと

面接の自己紹介と言いますと、何をアピールしようかという部分にばかり目が行きがちですが、自己紹介で一番大切なのは、そもそも自分がどこの誰なのかをはっきりとさせることです。

「□□大学、××学部、〇〇学科4年の〇山×彦です。」というイントロが無いと、「この人誰?」となってしまいます。

このイントロをよどみなく言えれば、自己紹介の果たすべき最低限の役割は終了と言えます。

自分の所属と名前ですから、言い間違えたりしないよう、何度も口に出して練習しておきましょう。

なお、どれだけ練習しても、失敗してしまう事があるもの。自己紹介のイントロで「□□だいがっくぅ…」などと、言い間違えてしまった場合のリカバー方法についてもご紹介しておきます。

まずは面接官の顔を見てニッコリ笑って一呼吸「すいません、やり直します、□□大学、××学部…」と言い直せばOKです。

面接官も学生が緊張していることを知っていますし、緊張しているからダメなんて事は思っていません。

この場合であれば、緊張からのリカバーを冷静にこなしたという事で、むしろちょっとした好印象を与えることにもつながります。

例文②:面接の自己紹介では具体的で一般的な話を盛りこむ

大学名、学部名、学科名、氏名を伝えれて自己紹介を終了にしても良いのですが、自分が大学でどんなことをしている・してきたのかを伝えるのもおすすめです。

それによって、自分がどういうタイプなのかを相手に伝えることが可能となります。そこでは具体的な話を盛りこんでいきましょう。

例えば運動部に所属しているのであれば「野球部に所属しており、3年の夏には全国大会に出場しました。体力には自信があります。」といったことを自己紹介に盛り込むのも良いでしょう。

すでに研究を始めているのであれば「気象学を専攻しており熱帯低気圧が台風に変わるメカニズムについて研究しています」といってことを伝えるのもおすすめです。

ここで注意すべきポイントは、相手にわかるように伝えるという事です。例えばマイナーな競技を頑張っていたとして「○○(マイナー競技名)でキャプテンを務めました」と言っても相手には伝わりません。

それではあなたについての理解には繋がりませnし、わざわざ自己紹介で言う意味がありません。

この場合であれば、「マイナーな競技ですが、○○という球技をやっています。障碍者の人も楽しめるスポーツで、そこから多くの交流が生まれました。」などと言えば、印象は大きく変わるものです。

研究について伝える際も同様で、研究と関係が無い人にも伝わるようにすることが肝心です。

「RSVの変性についてPPVの観点から研究しています」なんて専門用語満載な事を言われても、「はぁそうですか…」となってしまいます。

そして「説明が下手な人」という最悪な印象を与えてしまう事になるのです。

自己紹介ですから、相手に自分をわかってもらうという事が肝心です。

相手に伝わりやすいよう「具体的で一般的な話題を盛り込む」という事を心がけて考えてみてください。

例文③:面接の自己紹介では感謝の言葉を述べる

自己紹介の最後には「本日は面接の機会を頂きありがとうございます。よろしくお願いいたします。」などと感謝の言葉を述べるのもおすすめです。感謝の言葉を述べられて嫌な気分になるという人はいないのです。

口が上手く回らないという人は「本日はよろしくお願いいたします。」だけでもOKです。

これを言えば、面接官側としても「自己紹介終わったのね」とわかりますし、次の質問にスムーズに移行できます。

面接はキャッチボールです。相手にきちんとボールを返すという事をお忘れなく。

自己紹介例文

□□大学、××学部、〇〇学科4年の〇山×彦です。電磁気学を専攻していますが、具体的な研究にはまだこれからです。
学業以外では海岸清掃のボランティア活動を続けています。
最初は友人と2人で始めた活動ですが、SNSなどで宣伝をした結果、今では多くの人に参加してもらえるようになりました。
今ではボランティアチームのリーダーとして活動しています。
本日は面接の機会を頂きありがとうございます。よろしくお願いいたします。

NGな自己紹介例

良い自己紹介があるという事はダメな自己紹介もあるという事です。

これはNGという自己紹介例についてご紹介してゆきたいと思います。

ダラダラと長すぎる自己紹介

まずNGなのがダラダラと長すぎる自己紹介です。

そもそも「自己紹介」とは「自分についてざっくりと説明する」という事です。

ここを「自己PR」と勘違いしてしまう人がいます。

例としては以下のようなものです。

□□大学、××学部、〇〇学科4年の〇山×彦です。
大学では海岸清掃のボランティア活動をしてきました。
友人と二人で始めた活動ですが、SNSをきっかけとして、今では多くの人に参加してもらえるようになりました。
多くの人が集まってくれるようになった結果、チームをまとめ上げる必要がるという事で、私がリーダー役を務めています。
年上のメンバーも多く、はじめは戸惑う事も多くありましたが、リーダーとしての責任を果たすべく、日々努力しています。
ボランティアを続けていますとトラブル的な事も起こるもので…

もう読むのもつかれてきましたよね。

前半はまだ自己紹介的な部分もありますが、後半は完全に自己PRになってしまっています。

これならば大学と名前だけ伝えた方がまだ自己紹介として成立しています。

あまりに長い自己紹介をしていますと、「自己紹介はその辺で大丈夫です」という突っ込みが入ることも。

これを直訳すると「ダラダラ話すのは時間の無駄なのでやめてください」という事です。

当然ながら次の面接には繋がりません。

具体的でない自己紹介

具体的でない自己紹介もNGなもの。

例えば

□□大学の○○です。
我慢強い性格です。
本日はよろしくお願いいたします。

と自己紹介したとします。

初対面の人に「我慢強い」といきなり言われても、「はぁ、そうですか…」としかならないですよね。

我慢強さが相手に伝わらない理由は具体的でないからです。

これが
陸上部に所属しており、トレーニングとして毎日10kmのジョギングを欠かしません。
体力、気力、我慢強さには自信があります。
本日はよろしくお願いいたします。

というのであれば、「この子は確かに我慢強そう」と思われるものです。

面接は限られた時間です。

その時間の中で自分の良さを理解してもらわなくてはなりません。

具体的でない話をして、面接官を混乱させる暇はないのです。

自己紹介のポイント

自己紹介はどのようなポイントを意識すると好印象を獲得できるのでしょうか?

ポイントに分けて具体的に説明していきます。

面接官が求める内容を選択する

自己紹介で何を話せばいいのかわからない場合、まずは面接官が何を求めているのか考えてみましょう。

企業によって自己紹介に求めている内容が異なります。

ここが自己紹介の難しいポイントです。

人柄を知りたいのか、経歴を知りたいのか、仕事に対するやる気を見たいのか、企業によって異なるのです。

自己紹介は企業のニーズに合わせて内容を変更しましょう。

簡潔な内容で分かりやすさを重視

自己紹介に使える時間は多くありません。

多くても1分程度にまとめる必要があるでしょう。

限られた時間の中で自分のことを知ってもらうためには要点を簡潔に伝えることが大事です。

自分が伝えたいポイントを整理して、内容を選定してみましょう。

考えた自己紹介は声に出してみよう

自己紹介を考えた後は、実際に声にだして読んでみましょう。

黙読ではダメです。実際に口に出してみるという事が肝心です。

なぜ口に出すか、まず、実際口に出して読んでみると、自己紹介の時間がわかります。

自己紹介にかけるべき時間は長くても1分程度それよりも長くなってしまったのなら、余計なことを書いている可能性が大です。

また、口に出して読むことで、喋りに慣れも生まれてくるもの。

面接の現場では多かれ少なかれ緊張するものですが、そこで口が慣れていないと大切なことを言い洩らしたり、余計なことを言ってしまったりするものです。

思っていたことと違う事を喋ってしまい緊張はMAX、自己紹介以降何をしゃべったのか良く覚えていない…なんて事になりかねません。

自己紹介は基本的にすべての面接で行うものです。練習しておいて損はありません。

自己紹介で好印象を得るには目線や表情も大切!

自己紹介は面接の一番最初に行うもの。

そこでの印象は面接の出来を左右しますので、できる限りしっかりと行いたいものです。

喋る内容をきちんとすることはもちろんなのですが、それ以外の部分でも好印象を得るのに越したことはありません。

好印象を得るにはどうすれば良いか?それは目線と表情です。

面接官の目をしっかりと見て、できるだけ明るい表情を心がけましょう。

面接官が2人以上いる場合もありますが、その場合には一番偉そうな人をメインに据えて、定期的に隣の人にも目を向けるといった対応をしてください。目を見ずに話すというのはNGです。

まとめ:面接は第一印象がカギ、自己紹介で好印象をゲット!

自己紹介のポイントについてご紹介してきましたが、ポイントはつかめましたか?

自分について相手に分かりやすく伝えるというのが自己紹介のカギとなります。

明るい表情とハキハキした口調で好印象をゲットしてください。スタートをうまく切れれば、面接はスムーズに進んで行くはずです。

そんな自己PRでほんとに大丈夫?
1人でわからない事はプロと2人で​。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

RANKING人気記事ランキング

  • 【満足度90%以上!!】【即日内定もアリ!!】日本で唯一の『内定にコミット』する就活サービス ジョブコミット
  • 営業就活ドットコム
  • HR Community

広告掲載をご検討の企業さまへ