【例文付き】企業から好印象を獲得できる魅力的な自己PRの作り方!ポイントや構成を解説

はじめに

面接でよく聞かれる質問の代表が、自己PRです。

しかしながら、頻度が高い質問とはわかっていても何をどうアピールすればよいのか悩む就活生も少なくはありません。

自分には自己PRすることがないと感じている人もいるようです。

けれども自己PRは面接で重要視されます。

企業が自己PRで何を知りたいのかを把握し、高い評価を得られる自己PR制作法を紹介します。

自己PRってそもそも何?

就活における自己PRとはどういったものなのかしっかりと理解していますか?

言葉の通り、自分をアピールするものであるのはもちろんですが、自己PRには必ず盛り込まなければいけない要素というものもあります。

・何をしたのか
・何ができるのか
・そのスキルをどう活かすのか

以上のことを伝えなければなりません。

これらは採用担当者が学生の話を聞くときに主に意識して聞いているポイントです。

これらを詳しく伝えるために様々な手法が存在するのです。

これからその自己PRを作る上で意識すべきポイントなどを解説していきます。

そもそも企業は自己PRで何が知りたいのか

企業が自己PRを聞くことによって最も知りたいことは、その人の人間性です。

自社にふさわしいかどうかを見極めるとともに、入社後に活躍できる人材かを判断しているのです。

何か人よりも特化したすごい能力や輝かしい成績などは、仕事をするうえではあまり関係ありません。

企業は、就活生にインパクトのある経験や特別な才能について話してほしいとは特に思っていないのです。

それよりも、平凡な学生時代であったとしてもその中での行動やプロセスについて知りたいはずです。

その人らしい行動や考え方、頑張り方を知ることで、仕事や社風とマッチするかどうかがだいたい見えてきます。

何か特別な体験や華やかな成績がなくとも、頑張った取り組みについて自分らしさをうまく伝えることが大切といえるでしょう。

エピソードを通して人柄をアピールしよう

会社にマッチする人間性であるかどうかが企業側が知りたいことだとわかれば、自己PRで何かすごい話をしなくてはいけないという思いはなくなるはずです。

その通り、自己PRは何も「すごい体験」や「すごい成果」について話す必要はありません。

何かすごいことを話さなければいけないと思うから、自己PRすることがないと思ってしまうのです。

大切なことは、「自分の人柄」を明確に伝えることです。

さらに、その会社にとって必要であるだろう部分について、自分の性格とリンクする面をアピールすればよいでしょう。

中には、学生時代に部活動やアルバイトをしていなかった人もいるかもしれません。

「私は何もしていなかったので、アピールできることがない」と考えるのはネガティブです。

そうではなく、たとえば、友人関係において誰にも言えない悩みを打ち明けられて自分のことのように考えてそれについて何とかしようと動いた経験などを話せば十分です。

思いやりや協調性、アイデアマンといった人柄はきっと評価されることでしょう。

日々の生活で、誰しもみんな何かしら自分らしい行動をしています。

面接では、それをうまくアピールすることが重要なのです。

自己PRを作成するための準備

なかなか自己PRを考えるのが難しいという人でも、その日のうちに自己PRを作ることができるやり方があります。

今までの人生を振り返りモチベーショングラフを書くことで、自分がどんなときに頑張れる人間なのかが見えてきます。

過去の自分と向き合い分析することは、就活するうえでいろいろなシーンで役に立つはずです。

モチベーショングラフによって、自分が気付かなかった強みや長所などを知ることができるでしょう。

そしてそれらをもとに、自己PR作成もスムーズにできます。

もしも自己分析が難しいと感じるなら、親しい間柄の人に客観的な意見を聞くのも一つです。

あなたの経験をすべて書き出す  

モチベーショングラフ作りは、自分の今までの経験をすべて書き出すことから始めます。

小学生くらいからの思い出せる範囲での出来事を書き出し、真剣に取り組んだことや頑張ったことについて挙げていきます。

そうすると、なぜ取り組んだのか、そしてどんな風に頑張ってどんな成果を出したのか経験を掘り出していくことで、自分のよさが見えてくるはずです。

モチベーショングラフでは、どんなときにモチベーションが上がるのかをチェックしましょう。

グラフが上がっているときが、自分の強みが発揮できているときといえます。

経験を掘り出す作業は、めんどうかもしれませんが徹底した自己分析につながります。

時には失敗とも思える経験に、自分のよさが隠れていることもあるので失敗談も書き出しましょう。

モチベーショングラフ作成についての詳しいやり方は、こちらのサイトに掲載されているので参考にしてください。

受ける会社の企業理念ともリンクさせながら自己PRを作るなど、より効果的なモチベーショングラフの活用方法がわかります。

経験から共通点や共通するキーワードを探す

自分のすべての経験を書き出していくと、行動や考え方において何かしらの共通点が見つかるはずです。

また、よく出てくるキーワードも見つかるのではないでしょうか。

たとえば、小学生時代の経験として「運動会のリレーで2等賞だったが1等賞になれなかったことが悔しくて負けまいと中学生から陸上部に入った」という内容を書き出すとします。

そして「担任に理数科のレベル的に希望よりも1ランク下げた大学を受けるほうが無難だと言われたことが悔しくて、負けまいと早朝5時起きで毎日勉強して希望校に受かった」というのが高校時代の経験です。

この人の場合、この2つの経験に共通しているキーワードは、「悔しくて」と「負けまい」の2つだとわかります。

つまりこの人の性格は、「負けず嫌い」というわけです。

負けん気が強くて、それを励みに頑張って成果を出すタイプといえるでしょう。

これは仕事をしていくうえで必要な要素であり、面接で自己PRとして話せば内定につながる高い評価をもらえるはずです。

このように、人はみんなそれぞれ自分の行動パターンや考え方の共通点があります。

経験を書き出すことで、自分が持っている強みがはっきりするのです。

こうして見えてきた長所は、家族や友人など親しい人に確認してもらえばよりいっそう確信が持てます。

いろいろ書き出してもなかなか強みが見えてこないという人は、親しい人に自分について客観的な意見を聞いてみるのもよいでしょう。

自主的に行動したエピソードを探す

過去の経験を書き出して自分の強みが出てきたなら、それを面接で上手に伝えるためのエピソードを考えていく必要があります。

たとえば、上記のように「負けん気が強いところ」をアピールするには、小学生のリレーの話と高校時代の受験について、わかりやすくまとめることが大切です。

ただ単に、「わたしの自己PRは、負けず嫌いなところです」と言っても、抽象的で面接官にはぴんと来ません。

その強みや長所を裏付けるエピソードや事例を、話に組み込んでいきましょう。

エピソードを考える際の必須内容は「話の概要」と「行動の理由」、そしてその行動中の「取り組み方」や「工夫点」、最後に「結果」です。

これらを簡潔にまとめることができれば、内容が濃くわかりやすい自己PRになるといえます。

エピソードは自主的に行動したものを選ぶこともポイントです。

企業から好印象を獲得する自己PRの作成方法

企業から好印象を獲得するにはどのような自己PRを作成すると良いのでしょうか?

自己PRを作成する際に、企業がどこに注目しているかを理解していれば魅力的な自己PRを作成できます。

以下のポイントを意識して自己PRを作成しましょう。

企業の採用ターゲットを考える

同じ業界の企業や職種であっても、その企業ごとに求めている学生は違います。

そのため、選考で自分をアピールする際には一度作ったテンプレートを使用するよりも、その企業に合わせたアピールをした方が選考の通過率も高くなります。

採用ターゲットの考え方

基本的に企業は求める人物像として、どんな学生を採用したいのかを公開していることが多いです。

そのため、その求める人物像にマッチしているという印象を持ってもらうようなことを自己PRとしてアピールできるといいでしょう。

しかし、それは多くの学生もやっていることです。

他の学生と差別化したいのであれば、企業の求める人物像の他にも、企業理念などを参考にすることをオススメします。

企業理念とは、その企業の行動指針であり、その企業が目指しているものでもあります。

その企業で働いている社員は全員がその企業理念を達成するために働いているのです。

そのため、企業の求める人物像だけでなく、企業理念に共感できているという印象を持ってもらうようにアピールすれば他の学生よりも魅力的にうつることは間違いありません。

エピソードの結果より過程に焦点を当てる

企業は自己PRにおいて、結果よりも過程に注目しています。

というのも、結果や経歴はあくまで過去に過ぎません。

結果が成功しても失敗しても、それは過去のことなのです。

結果よりも、自分がどんな努力をしてきたのか、どんな風に気持ちを切り替えられるのかなど説明する方が有効なのです。

自分の人柄をより詳しくアピールすることを意識しましょう。

企業に貢献する意思を示そう

自己PRは、企業に入社後に活かせることをアピールして締めましょう。

就活の自己PRは自分がどんな人格で、企業にとっていかに魅力的な人材であるかをアピールします。

自分から企業に貢献できる人材であることをアピールして、企業側があなたと一緒に働く想像がしやすくしましょう。

自己PRを作る際の構成

自己PRがないという方も、自己分析やこれまでの経験を振り返り、志望してる企業や職種に即したアピール材料を見つけましょう。

見つけ出すことができたら、次の構成に従って自己PRを作成します。

ようやく見つけ出したアピールポイントを、面接官にあなたの魅力や強みとして説得力あるPRをするためには、アピール材料や内容はもちろん、構成も大切です。

どのような構成で伝えていくのかで、説得力や伝わり方が異なるためです。

結論:私の自己PRは〇〇があることです(アピールポイント)

自己PRをする際の構成のスタートは、自分のアピールポイントを端的に述べることです。

結論から始まることで、あなたのアピールポイントがすぐに明確になり、面接官が興味を持ち、その後のPRを聞く体制が整います。

まだアピールポイントを選びあぐねている方は、志望する職種ややりたい仕事に合わせて適性がないか検討してみましょう。

たとえば、営業や販売部門を志望するなら、どんな能力があれば良いでしょうか。

新製品をはじめ、自社で取り扱う商品を卸売業者や小売業者などで取り扱ってもらうよう営業を行い、消費者への販売に向けてキャンペーンなどの企画を打ち出す部門です。

販売する商品や自社ブランドへの思い入れを持てる情熱を持てることやコミュニケーション力の高さや交渉力、プレゼン力などがアピール材料になります。

これに対して事務的な業務を主に担う総務部門や経理・財務部門、人事部門のほか、法務部門や広報部門、資材の管理部門や購買部門など重要なコストの管理を担う部門といった管理部門を志望する場合はどうでしょうか。

部門や業務によっては法律や会計などの知識が必要となり、大学の学部などで学んだ経験などをアピールすることが一つのポイントです。

企画や開発・製造など現場の仕事ではなく、管理部門を志望するからこその経験談があるアピールポイントを探してみましょう。

理由:なぜならば、〇〇で〇〇ということがあったからです

結論を最初に述べたら、次に理由を説明します。

なぜ、自分のアピールポイントが最初の結論で述べたものであるかを、具体的な経験がきっかけとなったことを伝えます。

エピソード:私は〇〇で〇〇をしていました

結論、理由の次はアピールポイントにまつわるエピソードを紹介するのが、説得力を増す構成の流れです。

自己PRがないとお悩みの方は、エピソードを探し出すのも苦労されるかもしれません。

一方で、先にエピソードの候補をいくつか思い浮かべ、その経験談の中から自分にはこんな強みがあったと気づくこともあるはずです。

エピソードを選ぶ際にも、重要なポイントがあります。

自己PRの構成においてエピソードを紹介する際には、概要を伝え、そこで生じた問題を紹介し、問題に対して起こした行動、その結果を伝えることがコツです。

そのため、自分のアピールポイントをただ押し出すだけのエピソードではなく、直面した問題に対してあなたのアピールポイントを発揮したことで解決ができた、成果が出せたというエピソードである必要があるのです。

問題:その経験で〇〇という問題に直面しました

エピソードを紹介する際には単にアピールポイントの自慢話にするのではなく、なんらかの問題に直面し、それを乗り越え、解決するために自分のアピールポイントを発揮したという内容であることがポイントになります。

たとえば、アイディア力があることをアピールポイントにする場合、「私はアイディア力があるので、画期的なアイディアを出して学園祭が盛り上がりました」という流れではなく、「学園祭の盛り上がりに欠けるという問題に直面していましたが、アイディア力を発揮して〇〇という初めての企画を行ったことで、来場者が前年比1.5倍になりました」という流れのエピソードが必要なのです。

問題を解決したという成果が出せたことをPRすることで、ただ、こんな能力があると伝えるより説得力が増します

行動:私は〇〇と考え、〇〇を行いました

自己PRのエピソードを紹介する際には簡単に概要を説明した後、そこで直面した問題を簡潔かつわかりやすく紹介します。

次のステップとして、その問題に対してあなたがどう考えて、どういう行動に出たのかを紹介します。

その行動こそあなたが最初に結論で述べたアピールポイントを発揮した行動であることが大切です。

結果:その結果、〇〇となり、〇〇に大きく貢献しました

行動に出ただけでは美談で終わってしまうので、あなたが行動に出た結果どうなったかまでしっかり伝えましょう。

問題が解決したとさらりと述べるのではなく、より具体的に結果を説明します。

問題が生じていた時点とあなたがアピールポイントを発揮して行動に出た後の違いを具体的にPRしましょう。

結論:その経験を活かして貴社では〇〇で貢献していきたいと考えております

エピソードの結果まで伝えたら、最後に自己PRの締めをして結論を述べます。

最後の結論は、エントリーした企業に対して自分を売り込む場です。

あなたのアピールポイントを発揮できた経験を踏まえ、入社後にどのような活躍ができるのか、どのように貢献できるかを伝えます。

単にアイディア力があるから企画職で頑張りますというような、どの企業でも通用するような汎用性のあるPRでは足りません。

その企業独自の仕事のスタイルやこだわり、求めている人物像や社風などを踏まえ、それにマッチした形であなたのアピールポイントを活かして貢献できることを伝えましょう。

自分を売り込むプロモーションの機会として、結論から最後の締めまで一貫性を持った構成のステップを踏んでいくことが大切です。

作成した自己PRをさらによくする3つの工夫

自己PRがないと悩みながらも、どうにか作成できた自己PR、何だかインパクトが薄い、何が強みなのかわからないと感じたときのブラッシュアップ法をお教えいたします。

主なポイントは次の3つです。

エピソードの中に数字を入れる

まずは、エピソードの中に実績の残った数字などが入れられないか検討してみましょう。

たとえば、語学力をアピールするために留学した経験や成績を残してきたことを話す場合、ただ、アメリカ留学をして実践的な英語を学びました、スピーチコンテストに出場しましたでは、実際にどのくらいの英語力があるのか伝わってきません。

3ヶ月のアメリカ留学に行きました、全国学生スピーチコンテストで2位に入賞しました、中学校3年で英検1級に合格しましたなど、数字を入れると、より具体的になり、実績を残してきたことや能力の高さをアピールできます。

エピソードで実際に話した内容を自己PR内に盛り込み

エピソードを話す際には、その経験に出て来る登場人物との会話を盛り込んだり、先生や友達、家族などからこう言われたなどの会話表現を採り入れてみましょう。

エピソードがよりイキイキとリアルに聞こえてきて、面接官にも伝わりやすくなります。

感情の変化や価値観などとも結び付けよう

エピソードを語る際には、淡々と経験してきたことや、事実を時系列で並べるだけでなく、その時々の感情も盛り込みましょう。

最初の段階ではこう感じていたのに、経験を積んだことでこう感じるようになったなど、自分の成長の過程をアピールできるとベストです。

もし自己PRが他の学生とかぶっていても、感情の変化や価値観は人それぞれ違います。

自己PRを作成する際は具体的に、且つ自分らしい説明を心がけましょう。

自己PR例文

それでは具体的に、自己PRの例文を見ていきましょう。

よき自己PRは、強みが明確に伝わる内容であることが重要です。

そしていくつかPR内容ができたなら、できるだけ受ける会社が求めている人材に沿った内容のものを選ぶようにします。

そのためには企業研究をしておくことも欠かせません。

文章構成はPREP法で

自己PR作成をする際には、PREP法という文章構成を基本にしてみましょう。

PREP法とは、POINT(ポイント・結論)、REASON(理由)、EXAMPLE(事例)、POINT(ポイント・結論)の4つの単語の頭文字を取っています。

つまり、まず結論を話し、次に理由や事例を述べて、最後に再度言いたいことを主張するという方法です。

PREP法で自己PRすることで、ダラダラと長いだけの内容にならず面接官にもわかりやすい説明になります。

例文1

私は何事にもコツコツと地道に努力して、目標をやり遂げることができる人間です。

高校受験も大学受験も、毎朝5時起きで勉強することに決めてコツコツと頑張りました。

インフルエンザのとき以外は、5時起きでの早朝勉強を欠かしたことはありません。

その結果、無事に希望校に入ることができました。

大学時代の吹奏楽部の活動も、肺活量に自信がなかったので毎日腹筋を30回必ずやると決めて続けました。

おかげでだんだんと力強い演奏ができるようになり、3回生のときには難しいソロパートを任せられてうれしかったです。

やると決めたらコツコツと必ずやり遂げる性格を、仕事にもつなげたいです。

例文2

私の強みは、成果が必要なときに創意工夫をしてよきアイディアを考え出し実行できる点です。

学生時代に新しくオープンしたカフェでアルバイトをしていましたが、立地がよい場所とは言えませんでした。

来客を増やすための方法として、私は店長に可愛い手書きのチラシを作るので学校で配ってもよいかと聞いたのです。

私は絵を描くのが好きでしたし、大学は女子大なのでカフェ好きな人もたくさんいます。

店長は、私のアイディアを受け入れてくださって、さっそくチラシを作りました。

手作り感のある可愛いデザインのチラシが出来上がり、大学で撒いたところたくさんの女子学生が来てくれたのです。

あっという間に口コミで広がり、他校の友達や彼氏と一緒に来てくれた人も大勢いました。

店はどんどん有名になり、穴場の人気店になりました。

こうしたアイディア豊富で実行力もあるところを、御社でも活かして働きたいです。

例文3

私は、責任感やリーダーシップがあると自負しております。

学生時代はコーラス部の部長を務めておりました。

コーラスはみんなで作るものであり、部長として部員それぞれの性格や体調面を把握する必要があります。

コーラス部は40名ほどでしたが、毎日みんなの練習風景をチェックして、不調なメンバーはマンツーマンで特別練習に付き合うこともありました。

モチベーションが下がっているメンバーには、やる気が出るように時には気分転換でランチに誘いました。

みんなが頑張れる環境を作るのは私の責任だと考え、どんなときも笑顔でやり切りました。

あのときのおかげで、責任感やリーダーシップ能力が磨かれたと思います。

御社ではチーム営業職を希望しておりますので、チームの中でいつしかリーダーとしてみんなを引っ張っていくことができるように頑張りたいです。

人事ウケする自己PR例文

自己PRを人事ウケするように作るためには、まず人事がどのような点を見ているかを知る必要があります。

それには人事目線に立つのが一番ですが、企業の人事は応募者が自社とミスマッチしないことをとても重視しています。

事実、多くの人事担当者が就活生の「人柄」を重視していますが、これもミスマッチを起こさないためと言えるでしょう。

この人が入社して長く活躍してくれるかどうかを知りたいと考えています。

つまり、人事ウケする内容=その会社にマッチすることです。

マッチさせられるポイントは複数ありますので、自分のどの点がマッチするかをよく考えたうえでまとめましょう。

ここではマッチするポイント別に例文を紹介します。

人事ウケ×継続力

私は、これと決めたことに対して継続して努力できます。

大学2年生のときに半年間アメリカに留学しましたが、そこでクラスメイトとディスカッションになったとき、言いたいことの半分も言えない体験をしました。

矢継ぎ早に言いたいことを言われ続け、何も言い返せないことに涙が出るほど悔しい思いをしたため、英語を猛勉強することを固く決意して帰国しました。

目標を2年以内のTOEIC800点獲得と定め、1か月ごとに模擬テストの目標点数をクリアする努力を重ね、結果的に1年半で目標を達成することに成功しました。

御社に入社後も常に高い目標を定め、クリアするための努力を継続し、業績アップに貢献できればと考えています。

伝えるコツ

継続力はどんな企業でも歓迎される強みです。

もちろん人事ウケも良いですし、好意的に受け入れてもらえるでしょう。

とくにミスマッチによる早期退職が恐れられている昨今、困難にも継続して立ち向かってくれる人材は重宝されます。

伝えるコツは、何を継続したかの内容ではなく、継続できる理由や裏付けです。

例では負けず嫌いの性格や計画性などがうかがえますが、自分がどのように感じ、どのように考えたかをしっかり伝えるのが良いでしょう。

悔しい思いをした、絶対に乗り越えたいと強く思ったなど、モチベーションや原動力を明示すると説得力が生まれますし、人事が知りたい人柄をアピールできます。

ただし感情に任せて書くのではなく、論理的にまとめることも意識しましょう。

人事ウケ×協調性

私はチームをまとめて1つの目標に向かって物事を進める、旗振り役が得意です。

大学の文化祭では毎年実行委員を務め、大学全体のイベントの仕切りを実施していました。

当大学はサークル数が非常に多く、毎回それぞれがバラバラの主張をしてくるため、意見のとりまとめは非常に骨の折れる仕事です。

私は各サークルの代表との折衝役を務めましたが、毎日できる限り顔を合わせ、週1回全員が集まってその都度課題を解消し、全員が同じ情報を共有することで心を1つにすることを心掛けました。

毎年周りじゅうから「お前は旗を振ってるだけで何もしてない」と笑いながら言われますが、私はそれが一番良い形だと考えています。

御社においても自分が現場の良い緩衝材となり、チームがまとまる役に立てればと考えています。

伝えるコツ

協調性はチームで業務を行う職種の場合、とくに大切なスキルの1つです。

マッチする企業であれば非常に人事ウケする強みですし、魅力的な自己PRになるでしょう。

いずれにせよ企業は組織ですから、協調できることは大切な要素です。

ただ協調性が歓迎されないことはありませんが、より尖ったスタンドプレーの姿勢を前面売りにしている企業だと、物足りないと受け止められてしまう恐れはあるでしょう。

伝えるコツは、単に誰とでも仲良くなるという方向ではなく、自分がクッションになってでも全体をうまくまとめる、物事を進行できるという方向性にアピールすることです。

説得力を持たせるためには第三者の声などを入れ、具体性を入れることもポイントでしょう。

人事ウケ×能動的行動

私は自分が能動的に動くことで周囲を巻き込み、目標達成を目指す力があります。

大学ではバスケット部に所属し、昨年は目標としていたインターハイ出場を達成しました。

ただ私自身はスターティングメンバーではなく、ベンチで檄を飛ばす側です。

地区大会予選で強いチームと当たることがわかり全員が意気消沈したとき、私はその場でスターティングメンバー入りを宣言し、全員を鼓舞しました。

その日から私はメニューを改良して能動的にトレーニングを開始し、メンバーはポジションを取られまいとして部内が活気づきました。

その結果、全員のモチベーションがアップし、強豪を破りインターハイ出場を果たすことができました。

メンバー入りを目指したのはもちろん本気ですが、同時にチームが強くなればそれが一番だと考えます。

御社においても自分が能動的に動くことで組織力を強め、会社に貢献したいと思います。

伝えるコツ

人事ウケする能動的行動力を持つ人は、周囲にもその熱を伝えられる人です。

与えられるのを待つのではなく自分から取りに行く行動力は大切ですが、その姿に周りが感化され、良い方向へ向かうことが一番のメリットです。

伝えるコツは、主体性があること、自分本位や自分勝手ではないことがわかることです。

場合によってはかき回すだけのマイナス要因と捉えられてしまうこともあるので、そこは十分に注意しましょう。

また、起こした行動そのものを伝えるのではなく、何を目指し、どう考えてその行動に移ったかがわかるように伝えることもポイントです。

例では自分のためだけでなくチームを鼓舞することを考えて行動している点が人事ウケするポイントであり、結果的に個人の目標より組織の成果を歓迎していることが評価できる点でしょう。

人事ウケ×パッション

私は与えられた業務だけに甘んじることなく、常に意欲的に仕事にあたるパッションがあります。

大学では2年間パン屋でアルバイトをしていましたが、全国チェーンの中でその店舗は常に売り上げが思わしくなく、いつも成績は下の方でした。

あるとき新作アイディアの社内コンペがあると店長から聞き、店舗の名を上げる絶好のチャンスだと考え参加を表明しました。

それからは毎日寝る間も惜しんでアイディアを練り、大学の友人たちにも頼んで校内からたくさんの意見を集め、自信作を応募しました。

結果は入選できませんでしたが、協力してくれた人たちがこれをきっかけに店に来てくれるようになり、売り上げが1.5倍になったことはうれしい成果です。

御社でもこの前向きなパッションを活かし、常に意欲的に仕事に取り組みたいです。

伝えるコツ

パッションは仕事を続けるうえでとても大切な要素であり、人事ウケしやすいポイントです。

採用の評価ポイントに熱意や意欲を挙げる企業は多いですし、パッションを感じる人物には好印象を得られるでしょう。

この人物が入社すれば、社内が活性化するだろうと思ってもらえればアピール成功です。

パッションはモチベーションの高さにもつながり、将来に向かって前進する強さにもつながります。

本当にパッションがある人物は高みを目指していますので、キャリアビジョンやキャリアパスなども語れるようにしておくことが伝えるときのコツです。

言葉を置き換えた方が有効な場合もありますので、「前向き」「向上心」「積極性」など自分を表現できる言葉も持っておきましょう。

力技でなんでも解決しようとする粗暴な人物だと思われないように、ロジカルシンキングを意識することも重要です。

自己PRを作成する際はまず自己分析をしよう

就活を始めてから、自己分析という言葉を何度も聞いていると思います。

もしも自分のアピールポイントや、選考で使えるエピソードが思いついていないなら、もう一度自己分析を見直してみることをオススメします。

なぜ自己分析が大切だと言われるのか?

自己分析というと何やら難しそうでめんどくさそうだという印象を持たれがちですが、自己分析とは言い換えれば自分についてよく知るということです。

企業の採用担当者も、就活生が本当に自己分析ができているのかは非常に気にしていると言われています。

自己分析ができていなければ、企業に入社した後に、自分の思っていたことと違うと言ってすぐに退社されてしまう危険性があるからです。

そのため、選考段階で自己分析ができていないという理由で落とされることのないように自己分析はしっかりと行っておきましょう

自己分析ができると何ができるのか

自分について知ることができれば、自分が何をしたいのか、どんなことに向いているのか、何が得意で、どんな強みがあるのか、どんなエピソードがあってそれが強みだと感じたのかについて知ることができます。

そのため、選考が始まってから自己PRがわからない・・と言ったような不安が解消されることにつながります。

また、面接の場で採用担当者から何か質問をされた際に言葉に詰まってしまうといったこともほぼ無くなるでしょう。

就活で不利にならないように自己分析をしよう

自己分析をすることで就活が有利になることはあまりないかもしれませんが、自己分析ができていなければ不利になってしまう場面は多くあります。

そのため、選考で不利にならないためにも自己分析はしっかりと行いましょう。

自己分析のやり方がわからないという方はこちらの記事も参考にしてください。

自己分析のやりかた

就活をしていると自己分析が大切だと何度も聞くと思いますが、自己分析の方法をしっかりと理解している学生は意外と少ないです。

ここでは、自己分析をするためのおすすめの方法を3つ紹介します。

どれも簡単にできるものなので、一度やってみることをおすすめします。

自分史

最初に紹介する自己分析の方法は自分史です。

自分史とはそのままの通り、自分の歴史について作成するというものです。

自分史を作るには、小学生時代から大学生時代まで学校やイベントごとにひとつずつ自分が頑張った経験や思い出に残ってることを書き出していきます。

その時には、以下にあるようなものをピックアップして考えていきます。

・何をしたのか
・なぜしたのか
・どう感じたのか
・何を得たのか

それぞれについて考えたら、今度はそれぞれを深堀していくことになります。

それぞれの事柄について、なぜ?と深堀することで自分が頑張れた理由や行動の根本的な理由について考えることができます。

それらを交えてアピールすることで人事もより具体的にあなたを知ることができるため、選考に通過しやすくなるでしょう。

モチベーショングラフ

モチベーショングラフとは、自分の今までの人生を小学生くらいから振り返ってそれぞれのモチベーションをグラフに表すというものです。

モチベーションとはあなたの気分の上がり下がりを表現するもので、あなたが嬉しかったこと、落ち込んだことなどを表現していきます。

これを作成することで自分はどんな時に嬉しいと感じるのか、どんな時に心が折れそうになるのかという細かいところを把握することができます。

また、今までの人生を振り返るとその時々のエピソードを一緒に思い出すことができるため、今まで気づいていなかった自分の強みなどを発見することもできます。

他己分析

他己分析とは、他人に自分の強みや印象を見つけてもらうことをいいます。

親しい友達や親、または全くの他人に自分の強みや第一印象などを聞くことで、自己分析と組み合わせて行うことで客観的な視点も入った最強の自己分析をすることができます。

また、これで初めて気づいた自分の長所や短所は改善することもできるし新しく長所としてアピールすることもできます。

おすすめは、親しい関係の友達や親と面識のない人にそれぞれ他己分析をしてもらうことです。

あなたをよく知る人からの他己分析はもしかしたらあなたでも気づいていない部分が見つかるかもしれませんが、第一印象などについては聞くことができません。

逆に、面識のない人はあなたについてよく知らない反面第一印象などについて客観的に教えてもらうことができます。

面識のない人は大学のキャリアセンターや就活エージェントを利用することでアドバイスをもらうことができます。

自己PRで嘘をついてもいい?

自己PRに限らず、就職活動の場で嘘をつきたくなる気持ちはとてもわかります

自分をよく見せたいという気持ちから嘘をつきたくなってしまいがちですが、正直あまりオススメできません

採用担当者の7割は嘘に気づいている

採用担当者は何人もの就活生と面接を通じて会話をしています。

そのため、就活生の表情や質問の答え方で就活生の話しているエピソードが本当の話なのかを判断しています。

ただ、面接官によっては就活生の嘘をプラスに捉える人もいます。

入社する意思が強いと判断されたり、営業であればトークスキルがあると判断される場合もあります。

多少盛る程度に留めよう

どちらにせよ、採用担当者に悪い印象を与えてしまう可能性があるため嘘をつくのではなく、話を多少盛る程度に留めた方が無難です。

ただ、就活において重要なのはすごい話をすることではなく、本人のマインドやポテンシャルなのであまり話を作り込みすぎないようにしましょう。

評価されない自己PRのNGパターン

自己PRを作成する際に評価されないものもいくつかあります。

意外と多くの就活生がやってしまうようなNGポイントを紹介するので、ここをしっかりと理解した上でアピールするだけで他の就活生と差別化をすることができます。

抽象的な自己PR

抽象的なアピールは自己PRに限らず企業からは評価されません。

なぜなら、抽象的な話でよければ嘘ででっち上げることもできるし、深堀しようにもどんな質問をすればいいのかすらわからないということが多いからです。

例えば、「私の強みはリーダーシップです。バイト先ではバイトリーダーとして売り上げに大きく貢献しました。」とアピールされても、どのように貢献したのか、どうしてリーダーシップがあると考えているのかという部分がわかりません。

なるべく数字を使うなどで説得力を持たせて自己PRをすることをおすすめします。

企業で活かせるかわからない自己PR

自己PRは自分はどういった人間でどんな能力があるかをアピールするチャンスです。

そこで企業に対して活かせるかわからないような自己PRをしてしまっては企業は魅力を感じづらいです。

例えば、地方の町工場で英語力をアピールしてもなかなかその魅力が伝わることはないでしょう。

逆に、外資系企業で工場での勤務経験をアピールしても英語力をアピールした方が評価されやすいでしょう。

もちろん自己PRは伝え方次第ですが、どんな内容でも企業に入社後にも活かせるということがわかるような自己PRにすることが大切です。

再現性のない自己PR

企業は再現性のある成果を求めているものです。

再現性とは、同じようなことをすれば同じような利益が出るというようなものです。

偶然うまくいったようなものは再現することができないため評価することはできないのです。

極端な例で言えば、宝くじで1億円儲けた人よりも、自分の能力で10万円稼いだ人の方が評価されるのです。

どうしても自己PRが作れない場合は頼ることも重要

自分の強みや魅力は誰にもあるはずですが、中には自分をアピールするのが苦手な方や自分に自信を持てない方もいます。

アイドルが自己アピールをしている様子を見て、何でそんなに自信が持てるのかと感じたり、アスリートが自信満々に話すのを見て、自分にはとても真似できないと思っている方もいるかもしれません。

そんな方はいざ就活のために自己PRを作ろうとしても、まったく思いつかないことやうまく作れないことが多いです。

ですが、誰にもよいところはありますし、自分らしいところがあるはずです。

自分で気付けないのであれば、思い切って周囲の第三者や専門的な立場の方に尋ねてみましょう。

友人や家族に頼る

あなたの身近にいて、あなたの性格や人柄をよく知っているのは友人や家族です。

よい面も悪い面も熟知しているはずです。

自分の強みやよいところは何だと思うか、思い切って聞いてみましょう。

友人はいつも仲良くしている仲間をはじめ、ゼミやサークルのメンバー、アルバイトの職場の人なども対象になります。

それぞれ立場や関係性が異なるので、違った角度からあなたの魅力やよい点などを伝えてくれるに違いありません。

いつもの友人なら思いやりがある、よく気づく人などと性格面を中心に話してくれるかもしれません。

ゼミならディスカッションでフォローをしてくれる、サークルならみんながやらない細かい作業を買って出てくれるなどと、それぞれの集まりの目的やシチュエーションに応じた内容が出てくるはずです。

アルバイト仲間なら仕事が正確、お客様に親身に対応しているなど仕事面でのよいところを教えてくれるのではないでしょうか。

家族なら幼い頃から自分がどんなことに興味を持ち、どんな風に取り組む子どもであったかなどを詳しく尋ねてみると、自己PRや志望動機、自分の強みや長所などの回答につながるヒントも得られます。

こうした情報を集めて、志望する企業や業種、職種に、どの面をアピールするのが一番よいかを検討し、内容を深めていきましょう。

キャリアセンターに頼る

友人や家族など身近な人に自分のよいところなどを聞くのは恥ずかしいという方は、大学のキャリアセンターに相談に行ってみましょう。

面談を通じてあなたのやる気を引き出してくれることや自己PRの検討に役立つ自己分析のやり方などをアドバイスしてくれるはずです。

また、中には卒業生の実際に書いた自己PRや就活生向けの自己PRの回答例などが資料として用意されていることもあります。

自分のものではなくても、資料を読んでいくうちに、こんなことも自己PRになるのかとか、こんな風に書けばよいのかというヒントが閃き、自分のケースに合わせて思いつけるようになります。

就活アドバイザーに頼る

就活サイトやサービス事業者などの就活アドバイザーに相談するのも一つの方法です。

就活アドバイザーはその道のプロであり、自らの経験や多くの就活生を内定に導いてきたノウハウを活かして、アドバイスをくれたり、あなたの強みを見つけるお手伝いをしてくれます。

自己分析のやり方を一緒に実践してくれ、あなたの強みなどを会話の中でうまく引き出しながら、それを自己PRに落とし込みましょうと提案などをしてくれます。

就活市場では実際にプロのエージェントと一緒に学生の悩みを解決するサービスを展開しています。

自分では自己PRが思いつかない・・という方はぜひ利用してみてください。

【自己PRの作り方】まとめ

こうして見てみると、自己PRを作ることがそんなに難しくなく感じませんか?

企業は、社会人として自己分析ができる人間も求めています。

この機会に自分を客観的に見つめ直すことができるはずです。

自分の強みに自信を持って面接に挑みましょう。

自分らしい自己PRで、内定を勝ち取りたいものです。

そんな自己PRでほんとに大丈夫?
1人でわからない事はプロと2人で​。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

RANKING人気記事ランキング

  • 【満足度90%以上!!】【即日内定もアリ!!】日本で唯一の『内定にコミット』する就活サービス ジョブコミット
  • 営業就活ドットコム
  • HR Community

広告掲載をご検討の企業さまへ