例文付き!不動産業界の志望動機はこのように書こう!

オリンピックなどの影響を受け、都心を中心にして地価が高騰している昨今、不動産業界も就活生が見逃すことのできない業界の一つとなっています。実際、不動産業界に興味を抱いている学生の割合は少なくありませんが、目当ての企業で内定を獲得するためには、完成度の高い志望動機が必要不可欠です。そして業界に対する理解も重要となってきます。

そこで今回は、不動産業界とはどのような業界なのかということと、志望動機の書き方のポイント実際の志望動機例をご紹介していきます。

【不動産業界の志望動機を書くコツ】不動産業界の概要を抑えよう

不動産業界とは、土地の売買賃貸住宅の契約仲介利用しなくなった土地の活用補助など、土地に関連する様々な事業を行う業界です。どういった事業を行うかは企業ごとに異なりますが、企業の経営規模が大きいほど様々な分野に手を伸ばしている傾向にあります。

不動産業を営むためには多種多様な資格が必要となり、それらは従業員単位でも求められることになるでしょう。資格を保有していなければ進めることができない手続きなども当然存在するので、入社前、あるいは入社後に受験を促されることになります。

古い物件を買い取った後、リノベーションフルリフォームをして売りに出すという手法も最近は流行っているので、物件売買だけではなく、そういった分野に対する理解も必要となってくるでしょう。

【不動産業界の志望動機を書くコツ】不動産業界の仕事を知ろう

今や不動産業界は、就活生に人気の業種です。

やりがいを感じながら業務に携われるだけでなく、給与が高いといったイメージを持つ方も多いようです。

不動産業界の志望動機を書く際には、ライバルと差をつけて自身の思いをアピールすることも重要と言えます。

まずは、業界研究を行い、自身の気持ちや思いを伝えられる濃い志望動機を書けるよう、仕事内容を知ることから始めてみましょう。

不動産仲介

不動産業界にはさまざまな業種がありますが、その中の1つとして注目を集めているのが不動産仲介業です。

こちらは、売買や賃貸の仲介にあたる業務となり、売却する物件を広告や営業などを通して顧客にアピールします。

また、宣伝するだけが大きな業務ではなく、書類の作成にも携わることもあります。

不動産仲介業は、売買や賃貸の契約がスムーズに行われるよう、適切な方法で仲介をサポートし、手配することも大切な業務の1つです。

不動産販売

不動産販売業は、その名のとおり、土地や建物などの不動産を販売する業務に携わります。

近年では、不動産の販売だけにとどまらず、仲介を行うことも多いです。

ディベロッパーが開発した不動産を建設会社の下請けが建設し、その後に不動産販売が行われるという流れです。

不動産販売に関わる者は、買主を見つけるだけでなく、手続きのサポートも行わなければいけません。

そのため、人と話すことが好きという方やコミュニケーション能力が高い人に向いている業種と言えます。

ディベロッパー

不動産業界のディベロッパーは、リゾート開発や都市開発などの整備を行います。

さまざまな系列があるのも特徴となっており、近年では財閥系や金融系のほかにも独立系などもあります。

大規模開発事業を担うこともあるため、コーディネート能力が優れている人物が求められています。

不動産コンサルタント

不動産コンサルタントは、今注目を集めている不動産業界の業種の1つです。

不動産のコンサルティングを行うプロとして活躍でき、財団法人不動産流通近代化センターの試験の合格し、さらに不動産コンサルティング技能登録証を交付された後に業務に携われます。

不動産の利用や処分、投資などを検討している方のサポーターのような存在です。

専門的な不動産の知識を多数持ち合わせているため、顧客に適切なアドバイスができるなど、難しい知識が必要とされる不動産業界で強い味方になってくれる存在であるとも言えるでしょう。

【不動産業界の志望動機を書くコツ】不動産会社は増え続けている

不動産コンサルティング賃貸仲介管理不動産開発など種類は色々ありますが、不動産関連の企業は増加傾向にあります。そのため、志望動機を記入する際には、自分が数ある企業の中から、なぜその企業を志望したのかということを具体的に説明しなければいけません。

また、不動産業界の魅力の一つはインセンティブですが、その額も扱う不動産物件の価格帯などによって変わってくることになります。

あなたが不動産に関連するどういった仕事をしたいのか、そしてどれだけ稼ぎたいのかといったこととも擦り合わせつつ、入念に企業研究を行うようにしてください。

【不動産業界の志望動機を書くコツ】志望動機の構成

不動産業界は金額も大きな取引を動かしたり、大規模な建設を行ったりしていく業界ですから、しっかりとした判断力や決断力、忍耐力なども必要です。

営業職を中心に流出入も多い業界であるため、企業としては、ストレス耐性があり、企業の社風や仕事をしっかりと理解して業績を上げ、長く定着してくれる人材を求めています。

そのため、どれだけ自社にマッチする人材かを、志望動機を通じて厳しくチェックしています。

選考に通るために、どのように志望動機を構成すべきか確認していきましょう。

結論:私は〇〇という点で貴社を志望しました

最初に述べるべきは結論です。

その企業を志望した一番のポイントを明確にしましょう。

結論からスタートすることに慣れていない方、抵抗を感じる方もいるかもしれません。

ですが、企業にとっては一番知りたいのが、自社のどんなところに魅力を感じて志望したのかです。

これにより、どれだけ自社を理解しているかや、その人の熱意や入社意欲の強さが伝わってきます。

企業の担当者としては、就活生が他社にもエントリーしていることは了解済みですから、自社が本命なのか否かを、志望したポイントから見極めようとしています。

他社と差別化が図れるようなポイントを最初に挙げることで、選考者が興味を持ち、あなたに注目して話を聞いてくれるようになるのです。

理由:なぜならば、〇〇という経験で〇〇と考えたためです

次に、結論で挙げた志望動機に至った理由を述べましょう。

どのような経験から、エントリーした企業で仕事をしたいと思ったかを具体的に述べます。

「大手だから。」、「有名だから。」、「収入が高いから。」といった表面的な理由や単純な理由は避けてください。

自分の過去の経験などに基づき、こんな仕事がしたいと思った、この企業で働く目的を見出したといった理由を挙げることがポイントになります。

ご自身の経験が企業を志望する動機に結び付いたとアピールすることで、自社が本命かもしれないという入社意欲の高さや熱意を伝えやすくなります。

エピソード:私は〇〇で〇〇ということをしていました

結論、理由を述べたら、入社後の活躍に結び付くエピソードを紹介しましょう。

エピソードで紹介した経験をもとに、入社後にどう貢献できるかをアピールできる経験を選ぶことがポイントです。

不動産業界をはじめ、その企業で活躍するにはどのような能力が求められるか、業界研究や企業研究をしっかり行って理解しましょう。

企業が求める人物像にマッチする自分の能力や強みがあるかを検討し、それに合ったエピソードがないか、過去の経験の棚卸しを行います。

その中から1つだけエピソードを選び、どのような経験だったかを簡潔に説明してください。

問題:その経験で〇〇という問題に直面しました

過去の経験から1つを選ぶ際に押さえておきたいポイントがあります。

それは自分が何らかの問題に直面し、それを乗り越えたり、解決したりするために自ら行動を起こし解決したエピソードであることが、アピール材料として大切だということです。

過去の経験談をただ話しても、昔話や思い出話になってしまいます。

面接官はあなたの昔語りや美談を聞きたいと思っているわけではありません。

あなたがどんな人物であり、入社後にどんな活躍をしてくれそうな人物なのかをエピソードから知りたいと思っています。

そのためには、何らかの問題に直面し、それを自らの行動で乗り越えたといった成果が見える内容であることが必要となるのです。

行動:そのため、私は〇〇を行いました

経験の概要を説明し、直面した問題についてわかりやすく状況説明をしたら、それに対して、あなたがどのような行動に出たのかを説明しましょう。

行動は入社後の活躍につながるような、不動産業界の仕事をしていくうえで必要となるような行動であることがベストです。

直面した問題に対して自ら考え、自ら能動的に取った行動であることが求められます。

誰かが考えて、誰かの指示で行った受動的な行動や、誰かに行ってもらったという行動ではなく、自らが動いた積極的な行動をアピールしましょう。

動ける人材であること、決断力があること、根性があることなど、自分の強みが発揮できた行動を示せるエピソードを紹介してください。

結果:その結果、〇〇になりました

行動に出たところまでを話したところで安心してしまい、その結果を伝え忘れる方も少なくありません。

ビジネスをしていくうえでは、結果が求められます。

とくに不動産業界は大きな取引がなされるため、営業活動や顧客から相談を受けた段階から実際に取引が成立するまで長い時間がかかることもあるほか、結果として契約に至らない場合も少なくありません。

いかに交渉に時間をかけたり、顧客のコンサルティングを丁寧に行ったりしても、成約につながらなければ、企業の業績に貢献できません。

そのため、エピソードの紹介においても、行動を出たところまでで終えるのではなく、その結果、どうなったのかを具体的に説明するようにしましょう。

結論:その経験を活かして貴社では〇〇で貢献していきたいと考えております

エピソードの結果を述べたら、最後の総括としての結論を述べます。

これはあなたを売り込む最後のメッセージとなります。

エピソードで紹介した経験をもとに、入社後にどのような貢献ができるかを具体的に述べてください。

ただ単に「経験を活かして頑張ります。」はNGです。

これでは、どの企業でも使い回しができるので、本当に自社が本命なのかと疑われてしまう可能性があります。

最後まで気を抜かず、手を抜かず、その企業への入社意欲の高さと熱意をアピールし切りましょう。

そのためには、その企業の他社との差別化ポイントや、企業が求める人物像、その企業の仕事のスタイルなどに照らし合わせ、〇〇という点で貢献をしたいと具体的に伝えることが大切です。

【不動産業界の志望動機を書くコツ】不動産業界の志望動機で取り入れるべき4つのポイント

不動産業界を志望する場合の志望動機を書くにあたり、取り入れていきたいポイントを4つご紹介します。

なぜ不動産業界なのか

まず、一つ目はなぜ不動産業界なのかです。

不動産業界を志望するのだから、わざわざ触れなくても、当たり前ではないかと思われるかもしれません。

ですが、多彩な業界がある中で、なぜ不動産業界を選んだかを明確にすることで、入社意欲を示すことができます。

たとえば、営業職を志望する場合、不動産業界でなくても営業の仕事は山ほどあります。

にもかかわらず、なぜ、不動産業界の営業職を選ぶのか、具体的なエピソードなどを添えて明確に伝えましょう。

不動産業界でどんな仕事をしたいのか

不動産業界といっても、さまざまな仕事があります。

不動産のディベロッパーや都市開発、売買や賃貸の仲介、賃貸管理など業態もさまざまです。

その中でそれぞれ、営業や販売、仕入れや保全、営業事務から管理部門での経理や法務、人事などもあります。

どの仕事を志望し、なぜその仕事をしたいのかを明確にしましょう。

今までの経験を仕事にどう活かすのか

学生時代に学んだことやアルバイトやボランティアの経験など、今までの経験をどう仕事に活かせるかも伝えましょう。

たとえば、部活動で毎日辛い練習を頑張ってきて体力や忍耐力を営業の仕事に活かしたいなど、これまで頑張ってきたこと、努力してきたことと仕事に結び付けてアピールします。

不動産業界に入社後どうなっていきたいのか

不動産業界に入ったあとの将来ビジョンや成長のプロセスなどを明確にして、語れるようにしましょう。

ただ、営業マンとして頑張りますといっても、それでは他の応募者と差をつけられません。

何億円プレイヤーになりたい、マンション販売からスタートしてマンションの企画に携わりたい、大型都市開発のプロジェクトマネージャーを目指したいなどその企業で実現できる将来ビジョンやキャリアプランを具体的に伝えるのがポイントです。

【不動産業界の志望動機を書くコツ】不動産業界の志望動機例

では、実際に不動産業界の志望動機を取り入れるべき4つのポイントを押さえた書いた例を見ていきましょう。

不動産賃貸の志望動機

私は、利用者の物件契約に対する不安を解消したくて、御社に志望いたしました。

田舎の秋田を出て、東京で初めてアパートを借りた学生時代、私はとても心配でした。

変な物件をあてがわれないか、不当な契約を締結させられないかなどがその一例ですが、その理由は不動産業者の不親切な説明でした。

そんな中で「借り手は常に不安である」ということを前提とした御社の理念は深く共感できるもので、私もそういう視点から、お客様がわかりやすく、安心して物件探しができるお手伝いをしたいと考えています。

不動産販売の志望動機

私は私たちの暮らしに欠かせない衣食住の中でも、家族を守り、生活の拠点となる住の部分を担う仕事をしたいと思い、不動産業界を志望しました。

家族が安心して快適な生活を送る住宅の販売を通じて、憧れのマイホームの夢を叶えるお手伝いをしたいと考えています。

〇×の台風被害の折り、家の中を片付ける災害ボランティアに参加した経験があります。

同じ地域でも流された家や壊れた家がある一方、問題なく残されている家もあったのが印象的でした。

立地や構造などに違いがあったことに気付き、どこにどんな家を建てるかは、家族を守り、財産を守るうえで大変重要であると気付きました。

御社では災害に強い××工法の家に力を入れています。

土地販売による立地の提案をはじめ、災害に強い住宅販売を通じて、人々が安心して暮らしてけるよう貢献したいです。

ディベロッパーの志望動機

私が不動産業界を志望したのは、少子高齢化が進む日本で、土地の再開発と地域のニーズに応える施設の建設を通じて地域を活性化させたいと考えたからです。

私の実家は○○という地方にありますが、年間1,000人あまりの人口が減少し、消滅都市になると懸念されている状態でした。

ですが、文化施設や商業施設、住宅棟などを備えた大型複合施設ができたことで、若い子育て世帯を中心に移住者が増え、地元に戻ってくる人が増え、地域が活性化したのです。

建物一つで地域の流れが変わることを実際に目撃し、不動産ディベロッパーの仕事に大きな興味を抱きました。

大学ではマーケティング理論を専攻するゼミを選び、市場のニーズをリサーチして分析するノウハウなどを磨いてきました。

綿密な市場リサーチに基づき、地域ごとに異なるニーズや潜在需要を明確化し、地域に根差し、地域の将来の流れを変える建物建設をしたいと考え、大型複合施設の建設と運営で実績ある御社を志望いたします。

不動産コンサルタントの志望動機

私が不動産業界を志望したのは、少子化で空き家が増え社会問題化している中、不動産の有効活用を通じて、既存不動産の有効活用や地域の活性化に役立ちたいと考えたからです。

空き家になった親族の家は長く放置されていましたが、コンサルタントに相談したところ、リノベーションを提案されました。

長らく買い手がつかなかったのに、リノベーションをしたらすぐに買い手がつき、古民家カフェに生まれ変わりました。

今では地域の人が集い、市外からも来店者が訪れるなど地域経済の活性化にも役立っています。

提案一つで、不動産が息を吹き返し、地域の環境まで変えることを知り、不動産コンサルタントに興味を抱きました。

大学時代には宅地建物取引士やファイナンシャルプランナーの資格を取得し、不動産コンサルティングに役立つ知識を身に付けることに努力しました。

リノベーションやアパート経営のコンサルティングで豊富な実績がある御社で、自分が実体験した経験からくる思いや身に付けた知識を活かし、コンサルタントとして成長を遂げたいです。

【不動産業界の志望動機を書くコツ】不動産業界のNG志望動機例

不動産業界の内定を勝ち取るためには、ただ闇雲に志望動機を書くことはオススメできません。

ここでは、不動産業界のNG志望動機をご紹介しますので、改善点はどこなのかを把握し、企業に自身の魅力を知ってもらえるよう正しい志望動機の作成法をチェックしてみましょう。

NG例①

私は、学生時代にボランティア活動に力を入れました。

ボランティアサークルを立ち上げ、これまで被災地に何度も足を運んだ経験があります。

被災者の気持ちに寄り添いサポートすることを心がけ、少しでも早く快適な日常生活を取り戻してもらえるよう努力しました。

また、被災地の方だけでなく、共にボランティア活動を行う仲間とコミュニケーションを多く取ることも大切だと考えました。

この経験を通してコミュニケーション能力が高まったと感じています。

御社に入社した際にも仲間とのコミュニケーションを大切にし、活躍できるよう努力いたします。

私は、人と接することが好きなので、顧客とのコミュニケーションを図り営業として活躍したいと思い、御社を志望いたしました。

この例文では、不動産業界でなぜ働きたいのかという明確な志望動機が書かれていません。

営業として活躍したいという思いやその資質を兼ね備えているという気持ちは伝わりますが、企業側が知りたいのは不動産業界で働きたいという明確な志望動機であるため、企業が求める人物像とマッチするかを見極めながら志望した理由を述べるといいでしょう。

NG例②

私は、小さい頃からインテリアに興味がありました。

住まいの外観を眺めるのも好きですが、おしゃれなインテリアにも目が奪われます。

都市開発の業務に興味を持っていますが、御社では賃貸や売却の仲介に力を入れているとお聞きしました。

今後は、まずお客さまとのコミュニケーションを大切にし、理想の住まいを手に入れていただけるようサポートしながら、都市開発についての勉強も進めたいと考えております。

この例文では、企業が求める人物像とはマッチしていると言えません。

企業の強みは、賃貸や売却の仲介を行う営業職であり、都市開発に関わることではありません。

不動産業者の志望動機を書く際には、まずは企業が求めている人物像はどのような人なのかを把握することが大切です。

自身が志望している動機が企業に入社後に活躍できるものであるのかをしっかりと見極め、志望動機を丁寧に作成していきましょう。

終わりに:不動産業界の志望動機を書くコツ

不動産業界の注目度は今後益々上がっていくことが予想されます。直前になって準備をするのではなく、今回ご紹介したポイントを意識しながら、志望動機の作成など、早め早めに行うように心がけてください。

そんな志望動機でほんとに大丈夫?
1人でわからない事はプロと2人で​。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ