強みと長所の違いとは?アピール方法や伝え方の注意点もあわせて紹介

強みと長所の違いとは?アピール方法や伝え方の注意点もあわせて紹介

「就活で聞かれる、強みと長所に違いはあるの?」 「就活で強みと長所を聞く意図とは?」 「強みと長所をより一層魅力的に伝える方法を知りたい!」 このように就活でよく聞かれる強みと長所の答え方について悩んでいるという方もいるでしょう。

本記事では、就活における強みと長所の違いについてや、それぞれのアピール方法についてご紹介をしています。また強みや長所の見つけ方もまとめているため、これから考えるという方は参考にすることもできます。

この記事を読むことで、強みと長所をより魅力的に伝えることができるようになり、採用担当者に好印象を与えることもできるでしょう。これから就活をスタートするという方はもちろんのこと、すでに就活を始めていて強みと長所の内容で悩んでいるという方はぜひご覧ください。

強みと長所の違いを理解する必要性

就活では強みや長所についての質問はよく聞かれる頻出の質問です。しかし、強みと長所は同じことを述べて良いのかどうか悩むという方もいるでしょう。

強みと長所はどちらも自分の優れているところについて述べるということは同じです。しかし、アピールする相手によって伝える内容を変えなければなりません。

また就活で、効果的に自分の魅力をアピールするためにはこの2つの違いや特徴をよく理解することが必要となります。まずは就活における強みと長所の違いについてご説明をしていきます。

就活における強みとは

就活における強みとは、一般的に自己PRでアピールする部分の内容で、自分のアピールポイントの中で相手にメリットを与えることができるものを考えると良いです。そしてこの際の相手とは、採用試験を受けている企業になります。

そのため企業がどんな人材を求めているかによって、就活時に述べる強みの内容は変わっていきます。また、強みは仕事に直結する内容が望ましいとも言われているため、入社後に活かせる自分の良い点や、知識・スキルなどを強みにすると良いでしょう。

就活における長所とは

就活における長所は一般的に自分の性格の中のアピールポイントのことを指します。そのため自分の人柄の良い部分を考えると良いでしょう。

また長所の場合は、強みとは違い相手側にメリットを与えない内容でも良いとされています。仕事には直結しないが、自分の魅力と思う部分について考えてみるのも良いでしょう。

企業が長所と強みを聞く意図とは?

前述したように、強みと長所は就活では良く聞かれる質問内容です。そしてこの質問でどう自分をアピールするかが、次のステップに進めるかどうかを決める可能性もあります。

強みまたは長所はそれぞれが聞かれる意図をよく理解し答えを事前に考えておき、面接に臨むようにしましょう。

企業側が強みを聞く意図

企業側が強みを聞く意図は、あなたがこの企業にふさわしい人材なのか、入社後にどんな働きをしてくれるのかを確認するために聞きます。つまり企業側はあなたが持っているスキルや、考え方、そしてどんな経験をしてきたのかについて知りたいのです。

そしてそれらが、企業の考え方や求めている人材にマッチするのかを確認しています。そのため強みを考える際は、まずはその企業がどんな人材に入社して欲しいのかを理解するところから始めると良いでしょう。

企業側が長所を質問する意図

企業側が長所を質問するのは、あなたがどんな人間なのかを知りたいからです。

どんな優れた人でも、一緒に働きたくないと思わせるような人は採用はされません。そのため、企業側はあなたが会社の社風に合った性格の持ち主なのかを聞くために、長所を質問するのです。また入社後の配属や職種を決めるために、聞いているとも言われています。

その他にも、自分を客観的に見られているか判断するために質問をしているとも言われています。そのため長所がわからないという方は、周りの親しい人に自分の良い点を聞いてみるのも良いでしょう。

強みと長所の評価のポイントとは?

強みと長所は、自分の優れている部分です。そして強みや長所の内容や伝え方次第で、採用担当者があなたを評価するかどうかが決まるとも言われています。

では、どのように伝えると採用担当者に評価してもらえるでしょうか。次は、強みと長所の評価のポイントについてです。

採用したい人物像に合っているか

強みや長所は誰もが持っているものです。そのため、自己分析をしっかり行えば内容自体はすぐに考えることもできるでしょう。

しかし大切なのは、その考えた内容が採用試験を受けている企業が求めている人材に当てはまるかどうかです。そしてそのような内容を考えるためにも、その企業の特性や考えは企業分析を行い知っておかなければなりません。

どちらの質問をされても、企業側にあなたのことをもっと知りたい、自社に合っている人材だと思わせる内容を考えると評価される可能性は高くなるでしょう。

伝える力の有無

長所や強みを考える際には、その企業が求めている人材を深堀りしていくことが大切です。どのような人材を求めているのか、そして自分に当てはまる部分はないのかを考えていくのです。

中には、希望する企業の求めている人材に自分が全く当てはまらないと嘆く方もいるでしょう。しかし、ポイントは伝え方です。

またあなたの良さは、1つではないでしょう。企業に合わせた内容を考え、あなたの魅力をアピールすると良いでしょう。

強みと長所のアピール方法

強みと長所は、どちらもあなたの優れた部分です。そしてそれらを魅力的に伝えるにはポイントがいくつかあります。

また、強みと長所、内容や質問の意図に違いはあっても伝える際のポイントは同じです。次は、強みと長所のアピール方法についてご紹介をしていきます。

テーマは1つに絞る

あなたのアピールポイントはいくつもあるでしょう。そして自分の魅力をたくさん伝えたいという方もいるでしょう。

しかし、就活で伝える際はまずはそのアピールポイントの中から1つ選び、それについて内容を膨らませていくと良いです。そのためにはまずは自分の長所や強みを列挙し、その中から企業に合った内容のものを選ぶようにしましょう。

結論から伝える

就活では面接でも書類選考でも、PREP法を意識して自分の考えや思いを伝えると良いとされています。PREP法とは、結論、具体例、理由、そして結論で物事を伝える方法です。

結論から伝えることで、相手側もこれから何を話すのかをイメージしやすくなり、その後の話も理解しやすくなります。そのため、強みや長所について伝える際もこのPREP法を意識して伝えると話が整理され、より説得力のある内容となるでしょう。

具体的なエピソードを入れる

どの質問でも同様ですが、就活では聞き手に自分が伝えたいことを理解してもらう必要があります。そしてそのためにも具体的なエピソードは強みや長所を伝える際も、入れた方が良いでしょう。

具体的なエピソードを入れることで、聞き手もあなたが言いたいことをイメージしやすくなります。またエピソードの中で自分のアピールポイントだけでなく、そこから学んだことや自分が成長したと感じることも加えると、さらに良い内容となります。

仕事での活かし方を伝える

強みと長所は、採用試験を受ける企業によって内容を変えると良いです。そしてその際に仕事での活かし方も伝えるようにしましょう。

企業側は自社にメリットがある人材のみ採用したいと考えています。そのため、あなたという人間がどのようにその企業に貢献できるのかを述べると、好印象を与える内容になる可能性があるでしょう。

強みと長所を伝える際の注意点

強みと長所は、伝え方次第であなたを何倍も魅力的な人にすることができます。そのため、前述したアピール方法を踏まえ、あなたの魅力をどう伝えるかをよく考えると良いでしょう。

またその際に、気を付けておきたい注意点がいくつかあります。次は、強みと長所を伝える際の注意点についてご紹介をしていきます。

企業にあった内容にする

強みと長所を伝える際は、内容が企業にあったものになるよう気を付けて作成します。企業が求めている人材や社風に合った内容になっているか、できあがったら一度確認をすると良いでしょう。

強みや長所が、企業にあった内容にすることで、採用担当者側も入社後あなたがこの企業で働いている姿をイメージしやすくなります。また、しっかり企業研究もしていると見なされ好印象を与えることもできるでしょう。

仕事に関係しない内容は避ける

前述したように、強みや長所は企業に合った内容でかつ仕事に関係する内容を含めると良いです。つまり仕事に関係のない、またはその企業で働く上でメリットがない強みや長所は避けるようにしましょう。

また強みや長所を伝える際には最後に、自分の強みや長所を使いどのように仕事をしていきたいのかも述べると良いです。強みと長所を伝えながら、その企業で働きたいという熱意も一緒に伝えましょう。

客観性を持たせる

強みや長所は言葉だけでは説得力がない場合もあります。そのため、客観性を持たせるためにも強みや長所に結び付く具体的なエピソードも一緒に伝えるようにしましょう。

そしてこの際なんらかの実績につながったものや、数値で表せるエピソードがあればなお良いでしょう。たとえば、「サークル活動で何かしらの行動をしたおかげで部員が20人増えた」などです。実績や数値があると、イメージもしやすくさらに説得力がある内容となるでしょう。

自分の強みと長所がわからないときの対処法

就活をするまで自分の強みや長所について考えたことがなく、自分のどこが強みで長所かわからないという方もいるでしょう。強みと長所を見つけるためにはまず自己分析をしっかりと行う必要があります。

しかしそれでも強みや長所がわからないという場合は、自己分析が不十分な可能性が高いです。もっと時間をかけてゆっくり自分について考える必要があるでしょう。

しかしそうは言っても就活はやることも多く、時間があっても足りないという場合もあります。その場合は、周りに頼ってみるのも1つの手です。次は、自分の強みと長所がわからないときの対処法についてまとめました。

短所を言い換える

あなたの弱みや短所は、言い方を換えればあなたの強みや長所になることもできます。そのため、強みや長所がわからない場合は反対に自分の弱みや短所から考えてみるのも良いです。

たとえば、優柔不断があなたの弱みだとします。優柔不断は、何事も決めるのに時間がかかるような人を言いますが、逆にそれは何においても慎重であるということにもなります。

就活では言い方次第で、採用担当者に好印象を与えるかどうかを決めることができます。行き詰った場合は、視点を変えて自分自身を見てみるのも良いでしょう。

周囲に聞く

本当に行き詰ってしまった場合は、周りの人に協力してもらいましょう。あなたのことを良く理解してくれている家族や友人などに、自分の強みや長所がどこにあるか尋ねてみるのです。

そして周りに聞くことで、あなたは家族や友人からの客観的視点で自分の特徴と向き合うことができ、さらに自己分析が深まる可能性もあります。

この時、聞く相手を間違えるとうわべだけの答えしか返ってこない場合があります。聞く相手をよく吟味し、真面目に答えてくれる相手を探しましょう。

またこの際、具体的なエピソードなども話してくれるとその内容もそのまま使えるため、そこまで話してくれる相手はなお良いでしょう。

自己分析する

強みや長所を考える際、自分の性格についてのみ考えていないでしょうか。それでは説得力がある強みや長所は思いつかない可能性もあります。

強みや長所を考える際の自己分析では、自分の過去を振り返るところから始めると良いです。就職活動用の「自己分析ツール」を利用してみるのもおすすめです。

過去の自分を振り返り、自分も気づかないうちに発揮していた自分の強みや長所を見つけましょう。

強みと長所の違いを理解して就活に生かそう

強みと長所は、就活ではよく聞かれる質問内容です。そのため強みと長所の違いをよく理解した上で、どう答えるかを考えておくと良いでしょう。

また、伝え方次第で採用担当者の心に残るかそうでないかが決まるとも言われています。強みと長所を考える際は、まずは下準備である自己分析と企業研究をよく行い、その上で内容を考えるようにしましょう。

強みと長所の内容で行き詰っているという方は、この記事を参考にその違いを理解し、自分の魅力と熱意を存分にアピールできる内容を考えてみてはいかがでしょうか。

そんな自己PRでほんとに大丈夫?
1人でわからない事はプロと2人で​。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ