「あなたの働く意味はなんですか?」面接での働く意味対策

皆さんは働く意味について考えたことはありますか?「生きるため」「お金が欲しいから」「仕事のやりがいを求めて」「老後のために」人に話せる表向きな理由から、自分の内に秘めているものまで、働く理由に関しては様々な動機があると思います。

 

しかし就活面接で「あなたの働く理由はなんですか?」と聞かれたら、どう答えるか困ってしまいますよね。まさか「お金が大好きだからです!」とストレートに伝える人もいないでしょうし、自分なりに深みのある理由を探したいところです。そこで今回は、面接で聞かれる「働く理由」について考察していきます。

就活生が考える「働く意味」

就活生が考える「働く意味」でよく聞くのが以下のものです。

  • スキルの向上
  • やりがい
  • 豊かになるから
  • 誰かの役に立ちたい

上記のようなものがよく見られます。こうして見ると分かりますが、働く意味でもあり、働くモチベーションのようにも考えられます。では次に、企業側が「働く意味」という質問を通して、学生のどのような部分を観察しているのかを考察していきます。

企業は働く意味を聞くことで何を見ている?

企業はこの質問を通して、学生の就業観を見ています。働く理由が軽薄な学生であれば「この人は働いても長く続かないだろうな」と判断したり、企業の社風や理念と比較したりしている場合もあります。いずれにせよ、働く意味を聞いてくる企業にはそれなりの意図がある、ということを理解しておきましょう。

 

働く意味と志望する企業の特徴にギャップが生じるのを防ぐためには、企業研究が不可欠です。その企業がどういった理念で経営をしているのか。その企業はどういった社風を重んじているのか。そういったことの先に企業が求めている人材というものが見えてきます。それが分かれば、働く意味を聞かれても大きく的外れな回答をしてしまうことは避けられるはずです。

働く意味を知るには就活の軸が重要

次に、働く意味が見つけられないという人は、どのように探せば良いのかをご紹介します。当たり前ですが、働く意味を突き詰めれば、働く理由が見えてくるものです。それが発展すると、働く意味から想起して自分に向いている業種が見えてくることもあるでしょう。

 

働く意味を探すのはある種の自己分析のようなものです。お金であったりやりがいであったり、将来であったり。自分が人生の中で、何を大切にしていて、勤労というものに何を期待しているのか、ということを徹底的に考えてみてください。それを深掘りした先にある答えというのが、あなたの働く意味です。

 

それらは自分の就活の軸にも類似しているものです。軸と同じように、働く意味も1つではなく、複数あったほうが安定します。紙などに書き出しながら、自分の就活の軸や、働く意味、意義について真剣に向き合ってみてはどうでしょう。

働く意味を問われた際の答え方例文

私が就業ということを考える際、最も重要視するのは社会的に意義があるかどうか、ということです。

例えば御社のサービスは幅広い業界をターゲットとしており、人々が生活する上で、社会が円滑に回る上で必要不可欠なものとなっています。

当然社会的に意義があるかどうかということを考えると、その答えは口にするまでもありません。私が働く意味を考えたとき、私が力を発揮したいと思える企業は御社だけです。

終わりに

今回は例文なども交えて、働く意味についてご紹介してきました。学生生活からいきなり就職活動に入り、その1年後には社会に出て行く。そういっためまぐるしい変化が生じる中で、働く意味について真剣に考えるというのは、中々難しい事かもしれません。しかしだからこそ、入社後に後悔しないために、単純な面接の質疑応答対策ではなく、真剣にこの質問の答えを探してみるのも良いかもしれません。

面接が不安?面接に受からない?ウカル面接対策、教えます。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ