面接で「最後に一言」と聞かれたときの理想的な対処方法とは?

面接もそろそろ終盤。

志望動機もしっかりと伝えられたし、自己PRも大丈夫。

このまま終われば問題なし!というときに突如として問われる「最後に一言なにかありますか?」という質問。

とりあえず言いたい事は言えたはずだし、特に喋りたい事も無いし…、いったい何を答えればよいの?と悩んでしまいますよね。

そもそもなぜ面接では「最後に一言」と聞かれるのでしょう?そこには明確な理由があります。

そしてその理由をしっかりと抑えておけば、しかるべ回答ができますし、それは内定をグッと近づけてくれます。

「最後に一言」で何を答えるべきか悩んでいる皆様はぜひ本記事をチェックしてみてください。

皆様ならではの「最後に一言」がきっと見つかるはずです。

採用面接では「最後に一言」と言われる事が多い

一度でも採用面接を受けた事があるのなら「最後に一言なにかありますか?」と言われた事がありますよね。

この「最後に何か一言」というのは面接の中でも良く出る質問の一つです。

ですから事前に対策をしておいた方がベターです。

面接は最後まで気を抜かず「最後に一言」まできっちりと答えれられてこそ、内定を手にできます。

採用面接で「最後に一言」と言われる理由とは

そもそもなぜ面接の締めに「何か最後に一言ありますか?」と聞かれるのでしょう?その3つの理由についてご紹介してゆきたいと思います。

理由を知ればなるほど納得。

何を答えるべきなのかが見えてくるはずです。

昔からの諺にある通り、「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」です。

応募者に同じ質問をする事で対応力をチェックする

面接は個人個人の絶対的な評価も大切ですが、応募者同士の相対的な評価も気になる部分です。

そして応募者同士を比較する最も簡単な方法が候補者へ向けた同じ質問です。

面接の最後で「では最後に一言何かありますか?」と質問する事によってどんな反応をするのか対応力をチェックする事ができるというわけです。

人によっては会社への熱い想いを再び伝えるかもしれませんし、伝えそびれた資格についてアピールするのかもしれません。

そのため「いや…特にはないですね…」といった答えは厳禁。

これでは対応力がアピールできません。

せっかくの喋るチャンスですから何かしらの思いを伝えた方が内定に繋がる可能性はアップします。

面接の最後には「最後に一言」と言われる事が多いので、答えをいくつか用意してから面接にのぞむ事をおすすめします。

それだけでも印象アップにつながるものです。

いい足りないことを補足するチャンスを与える

面接中には「あっ、アレをい言わすれた!」という事が往々にして起こります。

仕事の上でで役に立つであろう資格であったり、入社したいという思いであったり。

面接する側は「様々な側面から応募者を見たい」と考えています。

せっかく考えてきた事があるのであれば、それについても余すところなく聞きたいものです。

そこで使われるのが「最後に一言」です。

ここでの質問から思いがけない回答を得て、それが内定を決める理由になったなんて事も少なくありません。

「最後に一言」は何を言ってもOKです。

「アレを言い忘れた…」なんて事があったのであれば、思い残す事なく伝えておきましょう。

それが面接通過を引き寄せてくれるかもしれません。

なお、言い忘れていた事を伝える際には「自己PRの時にお伝えするべきだったのかもしれませんが…」といった事も伝えておきましょう。

それによって面接官の心に響きやすくなるからです。

「最後に一言」と言われて、いきなり「実はTOEICが900点です!」という返事をしたとすれば「コミュニケーション能力に難アリ」と思われてしまいます。

それでは面接通過は望めません。

最後に一言も会話の一部です。

投げっぱなしになってはNGです。

応募者についてもう少しチェックしたいと考えている

応募者についてもう少し知りたいという場合にも「最後に一言」が使われます。

採用面接は会社の将来に関わる重要なイベントです。

応募する皆様も緊張しているはずですが、面接官側も緊張しているものです。

「この学生、悪くはないけれど、すごく良いという部分は特に見つけられなかったな…。

次に呼ぶか呼ばないかどうしよう…。

実はすごく良いかもしれないし…。

」といったときに、自分の判断に自信が無くなってしまいます。

そんな時には「何か最後に一言ありますか?」という質問が飛び出します。

次に進めるか、ここで止めるかその判断を「最後に一言」の答えから探ろうとしているのです。

この場合には「最後の一言」で面接官の心をつかめるかどうかが、次の面接に繋がるかどうかを左右しているという事です。

ではいったい何を言うべきなのか、続いてはそのポイントについて探ってゆきたいと思います。

例文でチェック:採用面接の「最後に一言」は何を言うべき?

面接での「最後に一言」、いったい何を言うべきなのでしょうか?まずは例文にてその要点をチェックしてみてください。

例文①

「本日は面接の機会を頂きありがとうございます。

志望理由でもお伝えした通りなのですが、御社工場のゼロエミッション達成という偉業に心の底から感動しています。

環境にやさしい製造現場と消費者の満足を両立するお手伝いをしたいと考えています。

よろしくお願いします。」

この例では、志望動機をサポートしています。

志望動機の際に伝えた事をもう一度伝えているのですが、それでも情熱は伝わるものです。

「是非とも御社に入りたい!」という気持ちは多めにアピールして損はありません。

例文②

「資格の欄にも記載しているのですが、英語力には自信があります。

TOEICは880点です。

アメリカ人留学生、フィリピン人留学生、インド人留学生と英語で交流を持っており、実践的な会話力を磨いています。

御社は海外進出も視野に入れているとお聞きしました。

そこでも何かしらのお手伝いが出来るものと考えています。

よろしくお願いします。」

これは伝えそびれた事を伝えておくパターンです。

TOEIC880点であればおそらく資格の欄にそれを書いているはずですが、面接でそれに触れられないと不安になりますよね。

実際に「資格の欄に目を通していなかった」という事はありがちです。

口頭で伝えておいた方が間違いありません。

例文③

「お伝えしたい事はここまでで全部伝えられたと思っております。

けれどせっかく最後に一言お話するチャンスですから、もう一度「とにかく御社で仕事をしたい」という気持ちをお伝えしておきます。

よろしくお願いいたします。」

このパターンは特に言うべきことは無いけれど…という時に使えます。

「最後に一言」というのですからストレートに「御社に入りたいです!」と伝えてください。

採用担当者としてはそう言われて嫌な気はしないものです。

なおここまでの例で見てきた通り、「最後に一言」はあくまでも「一言」です。

ここでダラダラと喋りはじめますと「コミュニケーション能力に難アリ」との判断をされてしまいます。

思いをシンプルに・端的に伝える事が大切です。

内容例

面接で聞かれる最後の一言は、応募者発信のコメントになるためとくに何を言わなければならないと決められているものではありません。

そのため、どのような一言を伝えるかは伝えやすく、アピールしやすい方法で伝えるのが良いでしょう。

あくまで最後での一言は、とても良い人材だけど何か決め手にまだ欠けるかなと言った場合に使われることが多いです。

ではどのような内容を伝えると良いアピールへとつながるのでしょうか。

いくつかご紹介していきましょう。

企業への熱意を込めたメッセージを!

面接の最後の一言はまさに企業への最後のアピールタイムでもあります。

面接の時間というものは非常に限られた数十分の時間ですのでなかなか自分の思いやアピールを伝えられていない方も多いことでしょう。

最後の一言でよく使われているのが企業への熱意をアピールする方が多いです。

企業側としても自社への興味や仕事に対する意欲が強い人ほどその熱意を買ってくれることが多いです。

面接の序盤は志望度が高いほど緊張をしてしまうので、うまく自分を出し切れなかったりアピールをしそびれたりすることもあります。

そのため、最後の一言と言う貴重な時間を使って再度ここだけは伝えたいという熱意を伝えることで自分自身も達成感を得られるでしょうし、企業側からもプラスイメージにつながることでしょう。

聞きそびれた質問

質問と言ってもどのような質問をしても良いわけではありません。

自身のイメージがプラスになるような質問を最後に行うと効果的です。

最後の一言はいわゆる逆質問として利用し、あらかじめ考えておくのも1つです。

逆質問する内容についてですが、できれば企業に対する意欲を感じる質問が望ましいです。

ただ1度説明をされたことを再度質問をすることはタブーですので要注意です。

さらに待遇や労働条件などのような内容もできれば避けておいた方が良いでしょう。

質問=仕事への意欲につながるような質問が好印象を与えられます。

「仕事について社員同士が自発的に教え合ったり、情報を共有し合えたりするような環境はありますか?」や「具体的にどのような研修制度があるのでしょうか」などといった入社後のイメージをつかむための質問などをすると良いです。

もしも受かったらと仮定して何を身につけておくべきかきく

もし採用頂けたら、入社するまでに何を身につけて置けば良いか、どのようなことを勉強しておけば良いでしょうか、などと言ったやる気をアピールする質問もわかりやすく意欲を伝えられます。

入社までの時間は数か月~十数か月あります。

就活生のうちから社会人になるための準備期間に充てる人材は、真面目な人物であることを伝えられるうえに企業へ良い印象を与えることができます。

そこで実際にどのようなことをしたり、準備したりしておくと良いかなどといったアドバイスがあることもあります。

入社に対して前向きな質問であれば、まず誰からも悪い印象を受けることはありません。

もちろん受かる前提での話ではおこがましいので、採用頂けた場合に伝えておくと、よりへりくだって伝えられるので丁寧です。

お礼を述べる

面接を通して言い残したことなどがどうしても見つからないときもあることでしょう。

自分を面接の時間の間に十分にアピールできる人が仲にはいらっしゃいます。

もちろん、最後の一言はアピールのチャンスになるのですが、無理にそこで考え込む必要はありません。

どうしても見つからなければ面接に対するお礼を述べるだけでも良いでしょう。

面接の時間を割いていただいたことに感謝の思いを伝えることで、面接官も気遣いや礼儀正しい人物であるという好印象を与えることもできます。

どうしても思いつかなかったとしても、とくにありませんだけはマイナス評価につながりますので、お礼を丁寧に述べたり、面接で来社したことによる感想などを伝えたりしておくとなお良いでしょう。

不採用フラグ?面接の「最後に一言」を聞かれない時は?

インターネット上には「最後に一言」を聞かれないと不採用フラグという情報も溢れていますが、そうではありません。

面接する側としては、面接は効率的に済ませたいと考えています。

そのため「この学生は次に進める」と決めた時点で面接は終了です。

次に進めると決めた時点で、それ以上質問するメリットがないからです。

この場合には「最後に一言?」と質問する事はありません。

この場合には「では面接はこれにて終了です。

1週間以内にメールで結果をお伝えしますのでお待ちください」といって帰されるのみです。

「最後に一言」を聞かれなかった!不採用フラグが立ったかも!?と不安になるかもしれませんが、実情はこんな感じです。

では逆に「この学生は不採用!」と決めたときの対応はどういったものになるのでしょう?実は不採用と決めた時ほど面接の対応が丁寧だったりします。

というのも面接でぞんざいに扱った挙句に不採用では「要らぬ恨み」を買うからです。

特に一般消費者向けに商品やサービスを提供している会社ではその傾向が顕著です。

というのも応募者やその家族は消費者になる可能性を持っているからです。

面接の結果、「あの会社は感じ悪い!」なんてイメージを抱かれてしまっては仕事になりません。

特にSNSで個人の発信力が強まっている現代においてはなおさらです。

不採用の学生も気持ちよく帰ってもらって、イヤな気持ちを残させない。

採用面接ではそんな工夫がなされています。

このように「最後に一言」を聞かれなかったから不採用とは限りませんし、逆に聞かれたから不採用とも言い切れません。

面接の合否を「最後に一言」だけで判断することはできません。

そこで一喜一憂するよりもむしろ、目の前にある面接に全力で取り組むべきです。

まとめ:理想の「最後に一言」で内定をゲット!

面接でありがちな「最後の一言」について解説してきましたが、気になる情報は見つかりましたか?ここまでご紹介してきた通り「最後に一言」という質問にはいくつかの意図が隠されています。

その意図に沿った回答をできてこそ評価を得る事につながりますし、それが内定を引き寄せてくれるものです。

資格など伝え忘れた事を伝えなおすのも良いですし、シンプルに「入社したい」という思いを再度伝えても良いでしょう。

本文を参考に理想的な「最後に一言」を見つけ出してみてください。

面接で聞かれがちな質問の一つですから、いくつかのパターンを用意しておくのもおすすめです。

面接で喋った内容と照らし合わせてしっかりと「最後に一言」を伝えましょう。

面接が不安?面接に受からない?ウカル面接対策、教えます。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ