【例文付き】面接で「最後に一言」と聞かれたときの理想的な対処方法とは?

【最後に一言】はじめに

面接もそろそろ終盤。

志望動機もしっかりと伝えられたし、自己PRも大丈夫。

このまま終われば問題なし!というときに突如として問われる「最後に一言なにかありますか?」という質問。

とりあえず言いたい事は言えたはずだし、特に喋りたい事も無いし…、いったい何を答えればいいの?と悩んでしまいますよね。

そもそもなぜ面接では「最後に一言」と聞かれるのでしょう?そこには明確な理由があります。

理由をしっかりと抑えておけば、しかるべき回答ができ、内定がグッと近くなります

「最後に一言」で何を答えるべきか悩んでいる皆様はぜひ本記事をチェックしてみてください。

皆様ならではの「最後に一言」がきっと見つかるはずです。

【最後に一言】採用面接では「最後に一言」と言われる事が多い

一度でも採用面接を受けた事があるのなら「最後に一言なにかありますか?」と言われた事がありますよね。

この「最後に何か一言」というのは面接の中でも良く出る質問の一つです。

ですから事前に対策をしておいた方がベターです。

面接は最後まで気を抜かず「最後に一言」まできっちりと答えれられてこそ、内定を手にできます。

【最後に一言】採用面接で「最後に一言」と言われる3つの理由

そもそもなぜ面接の締めに「何か最後に一言ありますか?」と聞かれるのでしょう?

その3つの理由についてご紹介していきたいと思います。

理由を知ればなるほど納得。何を答えるべきなのかが見えてくるはずです。

対応力をチェックするため

面接は個人個人の絶対的な評価も大切ですが、応募者同士の相対的な評価も気になる部分です。

そして応募者同士を比較する最も簡単な方法が候補者へ向けた同じ質問です。

面接の最後で「では最後に一言何かありますか?」と質問する事によってどんな反応をするかで対応力をチェックする事ができるというわけです。

人によっては会社への熱い想いを再び伝えるかもしれませんし、伝えそびれた資格についてアピールするのかもしれません。

そのため「いや…特にはないですね…」といった答えは厳禁。

これでは対応力がアピールできません。

せっかくの喋るチャンスですから何かしらの思いを伝えた方が内定に繋がる可能性はアップします。

面接の最後には「最後に一言」と言われる事が多いので、答えをいくつか用意してから面接にのぞむ事をおすすめします。

それだけでも印象アップにつながるものです。

いい足りないことを補足するチャンスを与えるため

面接する側は「様々な側面から応募者を見たい」と考えています。

しかし、面接中には「あっ、アレを言いわすれた!」という事が往々にして起こります。

それは仕事の上で役に立つであろう資格であったり、入社したいという思いであったり様々でしょう。

せっかく考えてきた事があるのであれば、それについても余すところなく聞きたいものです。

応募者が応募先に自己PRできる最後の機会が「最後に一言」です。

ここでの質問から思いがけない回答を得て、それが内定を決める理由になったなんて事も少なくありません。

「アレを言い忘れた…」なんて事があれば、思い残す事なく伝えておきましょう。

なお、言い忘れていた事を伝える際は「自己PRの時にお伝えするべきだったのかもしれませんが…」といった事を一言付け加えてから話始めましょう。

また、いきなり「実はTOEICが900点です!」というアピールをしたとすれば「コミュニケーション能力に難アリ」と思われてしまい、それでは面接通過は望めません。

最後に一言も会話の一部ですので、投げっぱなしになってはNGです。

応募者についてもう少しチェックしたいと考えている

応募者についてもう少し知りたいという場合にも「最後に一言」が使われます。

採用面接は会社の将来に関わる重要なイベントであり、応募する皆様も緊張しているはずですが、面接官側も緊張しているものです。

「この学生、悪くはないけれど、すごく良いという部分は特に見つけられなかったな…。

次に呼ぶか呼ばないかどうしよう…。実はすごく良いかもしれないし…。」

といったときに、自分の判断に自信が無くなってしまいます。

そんな時「何か最後に一言ありますか?」という質問をすることで、次に進めるか、ここで止めるかの判断を探ろうとしているのです。

この場合には「最後の一言」の答えが面接の結果を大きく左右する重要な役割を果たすと言えます。

【最後に一言】例文でチェック:採用面接の「最後に一言」は何を言うべき?

面接で聞かれる最後の一言は、何を言わなければならないと答えが決められているものではありません

そのため、どのようなことを伝えるかは伝わりやすく、アピールしやすい方法で伝えるのが良いでしょう。

質問すべき内容を例文と共に確認していきましょう。

熱意をアピールする

最後の一言でよく使われているのが企業への熱意をアピールするという内容です。

特に言うべきことは無いけれど…という時に使えます。

熱意をアピールすることで、応募先の企業への興味や仕事に対する意欲が強い人という印象を持たせることができ、企業側からもプラスイメージに繋がることでしょう。

ここでのポイントはシンプルに、端的に話すことです。

ダラダラと喋ってしまうと「コミュニケーション能力に難アリ」との判断をされてしまいます。

【熱意をアピールする際の例文】

「お伝えしたい事はここまでで全部伝えられたと思っております。

けれどせっかく最後に一言お話するチャンスですから、もう一度「とにかく御社で仕事をしたい」という気持ちをお伝えしておきます。

よろしくお願いいたします。」

聞きそびれたことを質問をする

質問と言ってもどのような質問をしても良いわけではありません。

自身のイメージがプラスになるような質問をしましょう。

ただ、1度説明をされたことを再度質問をすることはタブーですので要注意です。

待遇や労働条件などを聞くことも避けましょう。

また、逆質問として利用するのも1つです。

逆質問をすることで、入社したいという意欲を伝えることが出来ます

また、自分が気になっていることを聞くことで入社後のミスマッチを減らすこともできるためオススメです

逆質問の内容は、企業に対する意欲を感じる質問が望ましいです。

その会社の社風であったり、面接官個人に関することでもいいでしょう。

しかし、あまり選考と関係のないものを聞いたり、それを聞いて何になるの?というようなことを聞いてしまっては逆に印象が悪くなってしまいます。

本当にこの面接の場で時間をとって聞くべき質問なのか、事前にしっかりと考えておきましょう。

【逆質問をする際の例】

・「仕事について社員同士が自発的に教え合ったり、情報を共有し合えたりするような環境はありますか?」

・「具体的にどのような研修制度があるのでしょうか」

もう1度自己PRをする

強調したいことをもう一度アピールするのもよいでしょう。

例えば、面接の中で自分の長期インターンでの経験をアピールしたとします。

最後に一言でもその長期インターンで得られた経験や学びを述べることで、面接官に対してそのアピールが最も伝えたいことだと伝わり、また、そのアピールが印象に残るでしょう。

これによって、面接官に響いていたアピールならさらに好印象に、もしも響いていなかったアピールだとしても再度伝えることでまた別の印象を持ってもらうことができるかもしれません。

また、自己PRでは伝え切らなかった内容を話しても良いでしょう。

例えば、資格欄に難易度の高い資格を書いたとします。しかし、面接官が資格欄を見逃してしまっている場合もあり、面接で触れていないと資格をアピール出来ていない可能性もあります。

最後に一言の場を生かし、自分の強みを最大限に生かしましょう

【伝えそびれた内容をアピールする際の例文】

「資格の欄にも記載しているのですが、英語力には自信があります。TOEICは880点です。

アメリカ人留学生、フィリピン人留学生、インド人留学生と英語で交流を持っており、実践的な会話力を磨いています。

御社は海外進出も視野に入れているとお聞きしました。

そこでも何かしらのお手伝いが出来るものと考えています。よろしくお願いします。」

受かった場合に何を身につけておくべきかきく

入社するまでに何を身につけて置けば良いかどのようなことを勉強しておけば良いかなど、やる気をアピールする質問もわかりやすく意欲を伝えられます。

入社までの時間は数か月~十数か月あります。

就活生のうちから会社に入る準備をしようとする姿勢からは、真面目な人物であることをアピールできるうえに、企業に良い印象を与えることができます。

そこで実際にどのようなことをしたり、準備したりしておくと良いかなどといった具体的なアドバイスがあることもあります。

入社に対して前向きな質問であれば、誰からも悪い印象を受けることはありません。

もちろん受かる前提での話ではおこがましいので、採用頂けた場合にと伝えておくと、よりへりくだって伝えられるので丁寧です。

【受かった場合に何を身につけておくべきか聞く際の例】

・「もし採用頂けたら、入社するまでに何を身につけて置けば良いでしょうか。」

・「もし採用頂けたら、どのようなことを勉強しておけば良いでしょうか。」

お礼を述べる

面接の時間の間に自己PRが十分にできた場合など、特に言うべきことは無くて困っているという時に使えます

最後の一言はアピールのチャンスになりますが、無理に考え込む必要はありません。

どうしても見つからなければ面接に対するお礼を述べるだけでも良いでしょう。

面接の時間を割いていただいたことに感謝の思いを伝えることで、気遣いや礼儀正しい人物であるという好印象を与えることもできます。

その際に面接で来社したことによる感想なども伝えるなお良いでしょう。

【お礼を述べる際の例文】

「御社のご説明を聞かせていただく中で、企業方針に強く共感し、より一層入社したいという思いが強くなりました。

今まで培ってきた〇〇という経験を生かし、そしてこれから多くを学び、御社に貢献できる人間になりたいと考えています。

本日は貴重なお時間を頂き、誠に有難うございました。」‌

【最後に一言】面接の「最後に一言」を聞かれない時は?

インターネット上には「最後に一言」を聞かれないと不採用フラグという情報も溢れていますが、そうではありません。

面接する側は、面接を効率的に済ませたいと考えており、次に進めると決めた時点で、それ以上質問するメリットがないからです

そのため「この学生は次に進める」と決めた時点で面接は終了です。

では逆に「この学生は不採用!」と決めたときの対応はどういったものになるのでしょうか?

実は不採用と決めた時ほど面接の対応が丁寧だったりします。

特に一般消費者向けに商品やサービスを提供している会社ではその傾向が顕著です。

その理由は、要らぬ恨みを買ってしまうことを防ぐためです。

応募者やその家族が消費者になる可能性があり、面接の結果、「あの会社は感じ悪い!」なんてイメージを抱かれてしまっては仕事になりません。

特にSNSで個人の発信力が強まっている現代においてはなおさらです。

自分から話すのもアリ

どうしても不安な場合は、「最後に少しだけお時間をいただいてもよろしいでしょうか」と一言断った後に、自分から伝えておきたいことを話しても良いでしょう。

ただし、最後の一言があえて設けられていない点から、面接に効率を求めている点に注意しましょう。

時間を貰うことが許可された場合は、なるべく手短に30秒程度でどうしても伝えたかったことを述べましょう。

【最後に一言】面接対策で内定獲得に近づこう

内定を獲得するためには最後の質問の対策だけでは足りません。

面接では想定外の質問をされたり、自分では気づかなかったところを見られていたりしています。

そうした問題は自分では気づけないため、第三者の目線でフィードバックをもらえることが大切です。

友達や先輩と面接対策をすることもいいですが、オススメは大学のキャリアセンターや就活エージェントなどです。

一般の人とは違って人事とも交流を深めており、企業ごとに人事がどんなことをチェックしているのか知り尽くしているためです。

就活市場でも就活を知り尽くした就活のプロが無料で面接対策を行なっています

志望企業から確実に内定を獲得するために無料相談を受け付けています。

希望する方は下のボタンから是非参加してみてください。

【最後に一言】まとめ:理想の「最後に一言」で内定をゲット!

面接でありがちな「最後の一言」について解説してきましたが、気になる情報は見つかりましたか?ここまでご紹介してきた通り「最後に一言」という質問にはいくつかの意図が隠されています

意図に沿った回答をできることで評価を得る事に繋がり、内定を引き寄せてくれます。

資格など伝え忘れた事を伝えなおすのも良いですし、シンプルに「入社したい」という思いを再度伝えても良いでしょう。

本文を参考にあなたの理想的な「最後に一言」を見つけ出してみてください。

いくつかのパターンを用意しておくのもおすすめです。

面接で喋った内容と照らし合わせてしっかりと「最後に一言」を伝えましょう。

面接が不安?面接に受からない?ウカル面接対策、教えます。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

RANKING人気記事ランキング

  • 【満足度90%以上!!】【即日内定もアリ!!】日本で唯一の『内定にコミット』する就活サービス ジョブコミット
  • 営業就活ドットコム
  • HR Community

広告掲載をご検討の企業さまへ