自己PRで「吸収力」を効果的にアピールするためのコツ!

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

2019年卒限定 早期マッチングイベント

就活をするうえで自分の強みをアピールする効果的な自己PRを作ることは大変重要です。

今までの経験の棚卸しと自己分析を行いながら、自分の人柄が十分に伝わるような自己PRを作る必要があるでしょう。また、自己PRでは説得力のあるエピソードを盛り込むことも大切です。

今回は、数ある自己PRのキーワードの中でも「吸収力がある」という強みに注目し、具体的なエピソード例や文章を作る際の注意点について説明していきます。

吸収力とは?

就活の自己PRは、自分の長所や強みについてアピールできる場です。これまでの学生時代や就業先での経験を通して自分らしさが伝わる内容にする必要があります。

「吸収力がある」という強みは、特に学生や若手社員にとって魅力的な長所のひとつです。

吸収力があるということは、業務への順応性が高い、飲み込みが早いという意味に捉えられます。先入観や固定概念を持たずに、素直に先輩社員や上司の教えを吸収できるということは、その人自身の成長を早めると考えられます。

また、新しい職場にすぐに溶け込めるという印象も与えるため、部署異動や配置転換などにもスムーズに対応できるというイメージにつながる可能性もあるでしょう。

素直であるだけではだめなことも

1707_2_84 (2)

一方で、「素直である」ことだけを全面に出しすぎてしまうと、ただ言われたことしかできない受け身の人間という不安を与えかねません。重要なのは、吸収力があることにとどまらず、知識を吸収したうえでどのように行動したかというアウトプットまで出したエピソードを披露することです。

ビジネスの場ではいくら知識が豊富な人であっても、結果を出さなければ評価されません。単に新しいことを吸収する、学ぶということだけでは効果的な自己PRとは言えないでしょう。

さらには、言われたことを実行するだけでは誰でもできると思われがちです。自分なりに工夫したり、周囲を巻き込んで成果を上げたりというエピソードがあるとより目立つ自己PRになります。

具体的なエピソード例

吸収力をアピールする自己PRには以下のような例が考えられます。

  • アルバイト先で異動が多かった経験をもとに、わからないことを質問してメモする、自分なりに工夫して顧客ノートを作ることで、人より早く業務に慣れ、結果的に店舗の売り上げ向上に貢献した

  • 接客業のアルバイトを初めて経験した際に、忙しい職場で研修等がない中、先輩の動きを見ながら業務を覚え、業界雑誌を読むなどして専門用語の知識を増やして業務に活かした。接客スタイルが認められ、いまでは新人教育を担当している。

  • インターン先で知識不足でくやしい思いをした経験をバネに、就業後セミナーや勉強会に通い新しい知識を吸収した。その結果、上司に資料の作り方を褒められた。

伝え方が大事!

吸収力をアピールする際には、その伝え方も大切です。

エピソードを伝える際にはなるべく数値や店舗名などを用い、より具体的で説得力のある文章にしましょう。誤字脱字がないことはもちろん、敬語の使い方や句読点の位置にも注意して読みやすい文章を心がけることも大切です。

また、吸収力をアピールしているのに、意欲や素直さが伝わらなければ納得感が激減してしまいます。面接では、相手の目を見てハキハキと話し、自己PRを応募先企業への志望動機や入社後の意気込みにつなげるといいでしょう。

服装や髪型などの清潔感も印象を左右する重要な要素です。だらしない格好は避け、社会人としてのマナーを守りましょう。

より効果的にアピールするには

1707_2_84 (3)

このように、吸収力は企業が学生に求める素質のひとつでもあります。

成果を発揮した例もエピソードに盛り込むことで、より効果的なアピールになります。文章の組み立て方や面接での伝え方にも工夫を加え、説得力のある自己PRにしましょう。

就活市場公式LINEアカウント 友だち登録はこちらから

RECOMMEND おすすめ記事

リリース記念!今だけプレミアム会員としてご登録いただけます!