【21卒向け】就活スタート!?12月の過ごし方

就活が本格的にはじまる12月は、スタートダッシュで他に差をつける大事な時期です。 この時の過ごし方が後々あらゆる部分に影響してしまいます。

周囲に遅れを取らないために、12月の就活を成功させるおすすめの過ごし方をご紹介します。

就活イベントが本格的にはじまる12月

就活イベントが本格的にはじまる12月

就活関連のイベントが続々とはじまる12月は、参加するイベントの取捨選択が重要です。 みんな行っているから、なんとなく格好がつくから、と何も考えずに手当たり次第に参加していると、大事な時間を無意味に消費するだけに終わります。

12月頃からはじまる就活イベントは、次のようなものが挙げられます。

  • 企業説明会
  • セミナー
  • 合同説明会

すでに進みたい業界や企業を絞っているのであれば、企業説明会に積極的に参加しましょう。 自己分析方法や面接対策を学ぶことのできるセミナーもスケジュールに優先的に入れておきたいイベントです。

一方で、行かなくても良いのが合同説明会。 合同説明会は複数の企業が参加しており、進路をとくに絞っていない人にとっては有意義なものとなりますが、ある程度決めている人には大きな収穫の望めないものとなるでしょう。

あなたの目指していない業界も多く集まるイベントでは、目指す業界に関係する企業を見つけるだけでも一苦労です。 また、運良く気になる企業を見つけても、十分な説明を聞けないまま終わる可能性もあり、非効率的です。 それらしい進路を決めていないから、合同説明会であなたに合いそうな業界を見つけたい。 このような人にはおすすめですが、ただ会場を歩きまわるだけではなく、先にセミナーで自己分析を行うことを忘れずに。 ある程度「向いていそうなもの」「向いていないもの」を把握しておくだけで、会場内で説明を聞くべき企業と縁がなさそうな企業を大まかに分けることができます。

授業や卒論、卒業作品の製作など、就活と同時進行で行うべきものは山積みです。 有限の時間をムダなく活用するために、各イベントの趣旨や参加することのメリットとデメリットをしっかり考えてあなたに合ったものを選びましょう。

ただ、小規模な合同説明会というものも近年増えていており、1開催あたり3~5社と少ないのでより近い距離で企業の方と会うことができます。 そのため、就活をはじめたばかりの人は一度参加してみて雰囲気を味わってみるのもありだと思います。

企業やリクルート会社が主催するもの以外に、学校が開催する就活対策セミナーも役立ちます。先輩が実際に行った就活や企業の傾向も知ることができるため、あなたが何から手をつければ良いのかわからないと悩んでいる人は、就活の第一歩として参加してみてください。

外資系企業の選考ははじまっている

外資系企業の選考は始まっている

12月から就活をすることに違和感を覚えた人もいるかもしれません。 ニュースなどでは「大学3年生の3月に説明会を解禁する」と報道されているため、12月は時期ハズレのように感じてしまうでしょう。

この大学3年生の3月とは、日本経済団体連合会(経団連)が発したガイドラインであり、加盟していない企業にとっては守る必要のない取り決めです。 経団連に加盟しているのは、1,300企業程度であり、日本企業の多くが非加盟です。 そのため、これよりも早く就活を行うことはけしてムダではありません。

むしろ、大学3年生の10月~11月には選考に入る外資系企業などは、12月の就活開始ですら遅すぎるほどです。 経団連に非加盟の多くの国内企業よりも、外資系企業は早い段階で選考が行われます。 大手リクルート会社は経団連のスケジュールに合わせて専用サイトが開設されるため、見落としがちですが、外資系を目指すのであれば選考時期に注意してください。

特に外資系企業を考えていない場合も、就活の練習として体験してみる手もあります。

冬インターンのチャンスを利用!

冬インターンのチャンスを利用!

経団連のガイドラインに縛られないとはいえ、国内企業の多くが近年就活の開始時期を遅らせる傾向を見せています。 学生にとっては準備期間が長くなるメリットがありますが、それだけではありません。

企業の中には、遅れた分を活用しようと冬インターンを行っているところも増えてきました。 10月や11月にインターンが行われるため、応募は2~3ヶ月前から可能となる企業ばかりです。 面接やESの提出が求められる企業もあり、早めの行動が鍵となります。 インターンは企業について知る絶好のチャンス。

同じ業界を目指すライバルとの出会いが刺激になったり、「もしかしたら自分は別の業界が向いているかもしれない」と新しい気付きを得られたりします。 夏に参加しなかった人は、応募を検討してみてください。

しかし、時期的に学業との両立が難しい場合も珍しくありません。 募集締め切りの直前になって慌てずに済むよう、面接対策やES作成のための自己分析は済ませておきましょう。

ちなみに気になる冬のインターン内容ですが、夏に行われるものと変わらない企業が多いです。 夏に応募して落選した企業に再び挑戦するのも良いでしょう。 ただし、同じ内容で応募せず、必ずあなたなりに落選した前回の内容について分析と改善を試してから応募することが大切です。

まとめ

大学3年生の12月の過ごし方は、今後の就活を左右するかもしれない重要なポイントです。 早い人は10月や11月には冬インターンで企業研究を行い、自己分析もある程度済ませているでしょう。 3月の説明会解禁を目処に計画を立てている人は、場合によっては遅すぎると言えます。

あなたが目指す業界や企業の特徴を早めに調査し、企業に合った就活スケジュールを組みましょう。 12月だけではなく、人によっては外資系企業のように10月や11月など就活がさらに早い段階からはじまっている可能性もあるのです。

本記事に関連する記事

自己分析から面接対策、入社準備まで、
1人1人に合ったアドバイスを​。​​

就活市場エージェント限定!
特別選考ルート、選考パス多数​​

60秒かんたん登録でライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ