面接で聞かれる長所と短所をスマートに答えるには

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

面接では、面接官からの質問にスムーズに答えられる方が好印象を与えることができます。その中でも、自分の長所や短所についての質問は代表的ともいえるでしょう。

そこで、長所や短所を効かれたときにスマートに答えられる方法をお伝えいたします。

面接前に整理しておこう!長所と短所を理解しておく理由とは

面接前に整理しておこう!長所と短所を理解しておく理由とは

鉄板の質問ともいえる自分の長所と短所、自分でしっかり理解していますか?実は、面接前にあらかじめ長所と短所を整理しておく方がよいと言われています。

面接前に長所と短所を整理しておくべき理由とは?

面接前に長所と短所を整理しておくべき理由とは、スムーズに面接を進められる点にあります。 面接官が志願者の長所と短所をきくのは、もはや当然のお決まり質問となっています。

就活において、自分を分析することは当たり前ですよね。その上で、自分の長所と短所を理解していないというのは、就活として準備不足と言えます。そのため、面接前にしっかりと自分の長所と短所を整理してスムーズに回答できるようにしておかなければなりません。

面接官が長所と短所を聞く理由とは?

それでは、どうして面接官は志願者の長所と短所を聞くのでしょうか。これにもれっきとした理由があります。

長所や短所を確認することで、入社後の活躍の可能性を調べ入社することがお互いにとって一番幸せか調べるのです。職務に適した長所があるのであれば、これを活かした部署に就かせると入社後の実力が飛躍していくでしょう。その反面、自らの短所をあらかじめ知っておくことで、入社後仕事に就いてつまづいたとしても、乗り越えていく方法を模索できます。

志願者の長所と短所が、自分たちの行う仕事と迎合するのか、面接官の意図はここに隠されています。

ありがちな内容よりも自分らしい表現を

長所と短所は一般的にきかれる質問の1つです。軽はずみに返答をしてしまうと、きちんと考えていないのだという目で見られてしまいます。 事前準備として、自分の長所や短所を振り返っておくことが肝心です。

あらかじめ自分の傾向を知っておくことで、面接のときに自分らしい表現で長所と短所を説明することができますよね。

突然聞かれてタジタジになってしまう前に、きちんと長所と短所を整理しておきましょう。

みんなが考える短所と思う部分一覧

みんなが考える短所と思う部分一覧

それでは、一般的に短所といわれる部分はどのようなものとなっているのでしょうか。

面接でよく考えられる短所とは?

面接官の問いに対してよく考えられる短所を見てみましょう。

 

その1

 

  1. 自己主張が激しい 他の人よりも自分が抜きんでないと気が済まない。
  2. 話し合いをしたときに、自分が発言しないと納得できない。
  3. 落ち着いて対処することができず、どうしても感情的になってしまう。

 

 

その2

 

  1. 頑固 自分の意見が最優先で、他人の意見が受け入れられない。
  2. 周りからアドバイスをいただいても、聞き入れることができず、周りと衝突してしまう。
  3. いい意味でリーダーシップを発揮できるが、自分と違うやり方が気に食わない。

 

 

その3

 

  1. 心配性 行動する際に、どうしても悲観的に物事を考えてしまう。
  2. 未だ起こっていない現実に対して、様々な心配をしてしまう。
  3. 人と話した後、嫌われていないかなど、ついつい顔色を伺ってしまう。
  4. 目上の人と話す時に失礼がないか、いつも気にしてしまう。

 

 

その4

 

  1. こだわりが強い 些細な違いにも敏感で、取り決めないと気が済まない。
  2. 細かな数量の差もあわせないと、納得できない。
  3. 物事を慎重に考えてしまう、失敗したらどうしようなどと考えて、行動するまでに時間がかかる。
  4. 物事を決断する際に、様々な資料を基に判断するので、決断が遅くなる。
  5. アクティブというよりも引き籠ることが多い。

 

 

その5

 

  1. 単純 みんなが良く考えて行動するところを、自分は行動ありきで進んでしまう。
  2. 判断にあたって、深く考えずに動く。
  3. 人から言われたことをそのまま受け取ってしまう。

 

 

その6

 

  1. 周りを優先させてしまう。
  2. 自分の意見が求められているときでも、つい周囲の意見に同調させ、自分の意見を言えない。
  3. 人の仕事を手伝って、自分のことは後回しということが多い。
  4. 自分の意見より他人の意見がよいと思ってしまう。

 

 

その7

 

  1. 八方美人 周りに対して、ついいい顔をしてしまう。
  2. ひとつのことに集中するのではなく、様々なところに手を出す。
  3. 物事に対してじっくりと取り組むのが苦手。

 

 

その8

 

  1. 公私を混同しやすい 仕事とプライベートとの切り替えをしにくい。
  2. 仕事にのめり込むと、プライベートの時間まで持ち込んでしまう。

 

 

その9

 

  1. 想定外のことに対してショックが大きい 自分が予想していた結果であれば対処できるが、予想外のことが起きてしまうと、どうしていいか分からずパニックになってしまう。
  2. 不測の事態に対する管理能力がない。

 

短所のよりよい伝え方

面接官に短所を伝えることは、ともすれば採用にとって致命的な印象を与えてしまいます。企業側は短所を聞いたうえで、入社後仕事をするにあたって致命的な問題がないのかも判断しなければなりません。そのため、短所を伝える方法にも工夫が必要となります。では、どのような工夫を加えるとよいのでしょうか。

 

例文1

 

単純にネガティブな内容を伝えないようにする 短所と長所は裏表と言いますが、ネガティブな内容は裏を返すとよい側面を含んでいます。

 

例えば、物事を慎重に考えてしまう人は、反対にいうと物事を落ち着いて考えられると言えます。

 

短所でもメリットになるように言い換えることで、面接官に対してネガティブな印象を与えないようにできます。

 

 

例文2

 

心配性や優柔不断などの性格的な面で回答する 短所を伝えるときは性格的な面からアプローチするのも効果的です。

 

例えば心配性や優柔不断であれば、努力次第で改善することができます。

 

就活にあたり自分と向き合うことでもこれら性格的な短所は改善できますし、改善方法を示すこともできます。

 

面接官にとっても、きちんと人生設計を考えている人だと印象付けられますよ。

 

ストーリー形式で語る

端的に、優柔不断です。とだけ、答えるのではなく、

例文

 

自分の意見だけでなく、周りの意見も尊重したいと常々考えています。

 

例えば、サークルの合宿の行先を考えるときに自分の意見だけでなく、周りの意見も聞いて判断します。

 

その際に、他の意見にも魅力を感じてしまい結果として優柔不断となります。

 

というように、具体的なストーリーを提示しましょう。

短所に対する対処法を述べる

単に短所を伝えるだけでは、面接官に悪印象となってしまいます。つまり、自分の欠点が分かっているにも関わらず、それを放置する人間は、仕事においてもミスを放置しがちだと捉えてしまうのです。

そこで、短所を質問された場合には、「自分は〇〇をして、短所を克服しようとしています。」というように、対処法を述べます。対処法を述べることで、説得力がまし、面接官にも好印象が伝わるでしょう。

面接の際に答えやすい長所例まとめ

面接を受ける際に短所とともに聞かれる長所ですが、その例を挙げてみました

答えやすい長所とは?

面接では長所を聞かれることが多いのですが、長所の中でも答えやすい例を紹介します。

 

答えやすい例その1

 

  1. 真面目 学生生活は遊びよりも、勉強を優先に行っていた。
  2. 早寝早起きを心がけている。
  3. 食生活にも気を使っている。

 

 

答えやすい例その2

 

  1. コツコツと取り組む 勉強などは日々コツコツと取り組んでいる。
  2. 物事を継続するのが好き。

 

 

答えやすい例その3

 

  1. 清潔 髪型を整える、爪を綺麗に切るなど、細かなところも清潔に保っている。
  2. 衣類など身だしなみに気を使っている。

 

 

答えやすい例その4

 

  1. 整理整頓ができる 身の回りは常に綺麗に整っている方がいいので、整理整頓が好き。
  2. 書類などが散らかるのが苦手で、机の上はいつも整っている。

 

 

答えやすい例その5

 

  1. 文武両道 幼いころから武道をたしなんできた。
  2. 学生時代の部活動では、スポーツを行っており、学業とともに頑張ることができた。

 

 

答えやすい例その6

 

  1. 努力家である 手を抜くのが苦手で、しっかりと物事をこなす。
  2. 目標ができたら、一心不乱に突き進んでいく。
  3. 目標達成のために、様々な努力をする。

 

 

答えやすい例その7

 

  1. 人脈が広い 学生生活を通じていろんな友人関係が広がった。
  2. 学外にも友人ができるなど、人脈の広さに自信がある。
  3. 同年代だけでなく、年下や目上の人にも適切に対応できる。

 

 

答えやすい例その8

 

  1. リーダーシップがある グループの中にいると、リーダーシップを発揮する。
  2. 誰かを導くのが得意だ。

 

 

答えやすい例その9

 

  1. 好奇心が旺盛 自分が体験したことがないことに対して興味をもつ。
  2. いろんなことにチャレンジをして、経験をふやすのが好き。

 

長所をうまく伝える例文とは?

ここから例文で長所をうまく伝える方法を紹介します。3種類の例文を準備しましたので、あなたの長所に合った例文を参考に答えられるように準備しておきましょう。

性格面での長所の伝え方

 

自分にとっての長所は明るい性格です。

 

多少落ち込むことがあっても、自前の明るさで、すぐに立ち直ります。

 

明るい性格が幸いして、幸運にも友達が多く、人脈にも恵まれています。

 

 

知識面での長所の伝え方

 

私は学生生活を通じて、日々の授業を熱心に聞き入り、様々な知識を身に着けてきました。

 

その成果の一つとしてお伝えできるのが、〇〇の資格です。

 

専門的な知識を身に着けていることから、業務にあたっても、適切な対応を取ることができると考えています。

 

 

行動力があるという長所の伝え方

 

自分は、好奇心が旺盛で、学生生活においても、様々なことに挑戦してきました。

 

日本縦断の自転車旅行や、留学など、社会人になると経験できないようなこともチャレンジしてきました。

 

入社後、仕事をこなすうえでもアクティブに活動していきたいと考えています。

 

自分の長所をストーリーとして語ることで、具体性を持たせ、面接官に対しても理解しやすく伝えることができるでしょう。

長所と短所が浮かばない!面接前に役立つウェブ診断

長所と短所が浮かばない!面接前に役立つウェブ診断

自分の長所と短所を知っておくことで、面接で適切な回答ができるだけでなく、日々の生活にも自信を持つことができます。また、就活にあたって、企業選びをする際の指針としても有効活用できるでしょう。

長所や短所の判断にはウェブ診断がおすすめ

しかし、長所と短所は、自分では案外思い浮かばないものです。そこで活用できるのがウェブ診断です。インターネットを通じて検索すると、簡単に長所や短所を見つけることができるウェブ診断ができます。

以前は、専門機関のアンケートに答えて長所や短所を見つけることが多かったのですが、今や、簡単なツールを無料で診断することができるようになりました。

気になるウェブ診断の内容とは?

その内容とは、一体どのようなものでしょうか。一般的な例を挙げてみましょう。基本的なウェブ診断は、無料での利用となり、サイトによっては会員登録が必要となる場合もあり、メールアドレスを登録すると、診断結果が送られてくるところもあります。

診断の内容は主に質問がメインとなっています。サイトにもよりますが、100問から200問程度の質問に答えることで、より厳密な性格診断を行えます。ただし、問題数があることから15分から長くて30分程度解答にかかってしまうケースもあります。

時間に余裕をもって診断を行いましょう。

ウェブ診断でわかる長所、短所の結果とは?

自分の性格の特徴や長所、短所、強みなど

ウェブ診断の質問に回答すると、自分の性格の特徴や長所、短所、強みなどが表示されます。こちらもサイトに寄りますが、一般的な結果を紹介します。

 

  • 挑戦心
  • 思考力
  • 慎重性
  • 自己信頼度
  • 行動力
  • 社交性
  • 感受性
  • 親密性
  • 継続性
  • 決断力
  • 受容力
  • 柔軟性

これらはあくまで一例ですが、このような分類にもとづいて、「行動力がある」「継続性に優れている」というような結果が表示されます。

ウェブ診断を利用する際に注意すべきこと

ウェブ診断は、あくまでネット上の診断であるため、事実と異なっている場合があります。そのため、自己分析が難しい場合は、周囲の方に自分の長所や短所について確認してみるのもよいでしょう。

また、ウェブ診断で出た結果をそのまま面接で伝えることはNGです。出てきた結果を、自分の言葉にしてから伝えるようにしましょう。

専門企業への面接の際に使える!長所・短所の答え方

専門企業への面接の際に使える!長所・短所の答え方

面接を受ける企業によっても長所や短所の伝え方が異なってきます。それぞれのジャンルでの効果的な伝え方を身につけましょう。

 

営業向けの答え方

 

私の長所は、積極性です。

 

営業職に求められるのは、人当たりの良さと、積極的に仕事を進めていけるかにかかっていると考えています。私は挑戦心が強く、様々なことに前向きに進んでいけるため、営業職に向いていると感じています。

 

私の短所は、おとなしいことです。

 

昔から控えめなところがあるのですが、その分、相手のお話をしっかりと聴き、親身になって接することができます。職務についてからは、お客様の意見に受け答えできる社員として働きたいと考えています。

 

 

クリエーター向けの答え方

 

私の長所は、発想力が豊かなところです。

 

クリエイティブ業にあたっては、様々なアイデアが求められます。私は思いついたアイデアを行動に移すことが得意なので、業務でも長所をいかんなく発揮できると思います。

 

私の短所は、落ち着きのなさです。

 

自らのアイデアが浮かぶとすぐに実行するよう働きかけます。そのため、グループでの作業が不得意ともいえるのですが、他のメンバーに迷惑をかけないように、落ち着いた行動を心がけていきます。

 

 

医療系向けの答え方

 

私の長所は、行動力が高いことです。

 

とっさの出来事でも機敏に反応できます。そのため、患者さんの急変に対しても冷静に判断して適切な処理を行うことができます。

 

私の短所は、遠慮深いことです。

 

いつも周りの意見を優先的にとらえて行動してしまいます。現在、自分の意見を表に出すよう努力しておりますので、就職してからの作業についても積極的に行動できるよう努めます。

 

 

事務職向けの答え方

 

私の長所は、協調性が高いことです。

 

同じグループの方ともすぐに仲良くなることがっでき、連携を取って作業を行うことができます。

 

私の短所は、物事を落ち着いて考えられないことです。

 

冷静な判断が求められる事務職に辺り、自分自身落ち着いて考えることを身に着けられるよう、一呼吸おいて考えるようになりました。

 

プロが監修した面接対策BOOK!

記事内面接ハウツー

長所や短所を明確にした上で面接対策を行うことで、本番でもスラスラと言葉が出てくるようになるでしょう。

文章に書き起こしてから、しっかりと言葉に発して練習する事が最も重要です。

本番で焦ることのないよう、準備を怠らず頑張りましょうね。

面接が不安?面接に受からない?ウカル面接対策、教えます。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ