インターンシップのオリエンテーションにはどんな服装で参加するべき?

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

リリース記念!今だけプレミアム会員としてご登録いただけます!
インターンシップのオリエンテーションに参加する場合、どのような服装で参加すると良いのでしょうか。オリエンテーションなので、まだインターンシップが開始したわけではないし、私服などの自由な服でも良いのだろうかと気になるという人が多いかもしれません。そこで、インターンシップのオリエンテーションにふさわしい服装や服装に関する注意をお伝えします。自信を持てる恰好でオリエンテーションに参加し、万全の体制でインターンシップをスタートさせましょう。

特に指示がないならスーツで参加

まだインターンシップの本番が始まるわけではないといっても、オリエンテーションで企業に訪問するわけですから、スーツを着用するのが基本です。スーツはリクルートスーツ、靴と鞄もリクルート用のものを用意しましょう。オリエンテーションでの服装について特に指示されていない場合は迷ってしまいそうですが、インターンシップに参加するということはその企業で社員の一員となり、仕事に携わるということになります。ビジネスの場での正式な服装はスーツですので、スーツを着ていけば間違いありません。髪型も清潔感があるように整え、女性は薄化粧をします。派手なネイルは避け、素のままかナチュラルな色のマニキュアを塗る程度にとどめましょう。

服装自由や私服となっていた場合

1709_1_53 (2) インターンシップのオリエンテーションの案内に服装は自由と表記されていると、余計に悩んでしまうという人が多いかもしれませんが、服装自由ということはスーツと覚えておくと良いでしょう。ビジネスの場にビジネスにふさわしい恰好で参加するということを前提に考えれば、自然とスーツが導き出されます。実際にインターンシップが始まったあとなら、周囲の様子やほかの学生の様子から判断していけば良いのですが、初回はスーツが無難です。また、私服と記載されていた場合はビジネスカジュアルを着用します。男女ともにジャケットを羽織って、なるべくフォーマルさを感じられるものを選びましょう。色もモノトーンや水色など、落ち着いた色・清潔感がある色を選択します。

業界によっては本当に私服の場合がある

インターンシップのオリエンテーションに着ていく服装ですが、基本はスーツ、私服と書かれていたらビジネスカジュアルで出かけます。しかし、アパレルやメディア関連企業の場合、採用担当者は服装からその人の個性を読み取ろうとしますので、もっとも自分らしい恰好、自分を表現できる私服を選びましょう。これらの業界では説明会や面接も私服で行われる場合があり、なぜその服を選択したのかと聞かれることもあります。オリエンテーションでもそのような質問を受ける可能性がありますので、はっきりと答えられる洋服を選び、組み合わせましょう。

インターンシップのオリエンテーションで好感を持たれるスーツの着こなし

インターンシップのオリエンテーションはスーツで参加することが多いのですが、このときにできるだけ企業の担当者から好感を持ってもらえるようなスーツの着こなしができるとベストです。シャツの色は男女ともに白を選び、シャツもスーツもシワがないように、外出前に全身をチェックしましょう。髪は顔にかからないようにまとめます。髪が短い人でもうつむいたときに顔を覆わないよう、整髪料で固めてしまうことをおすすめします。靴はしっかり磨いて汚れがないようにし、かかと部分が擦り減っている場合は靴屋さんで修繕してもらいましょう。女性の場合は肌色のストッキングを着用します。柄が入っているものは避けましょう。

インターンシップはオリエンテーションでもスーツで参加しよう

1709_1_53 (3) インターンシップが始まる前のオリエンテーションであっても、会社を訪問してビジネスの場に参加するわけですからスーツを着用します。スーツはリクルートスーツで問題ありません。清潔感を感じられる着こなしになるように注意しましょう。もし私服でという指定があったときは、ビジネスカジュアルで参加します。ただし、アパレルなどの業界においては、自分を表現できる服装が求められるため、ドレスコードに縛られずに自由に服を選びましょう。
就活市場公式LINEアカウント 友だち登録はこちらから

RECOMMEND おすすめ記事

内定にコミットする就活サービス ジョブコミット あなたの内定をしっかりとコミットします!