就活に有利なポイント!クレーム対応の経験を自己PRしよう

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

リリース記念!今だけプレミアム会員としてご登録いただけます!

接客業やコールセンターでアルバイトしていた人は、クレーム対応した経験もあるでしょう。当人はなんとも思っていない記憶でも、実は就職活動において有利な自己PRになるケースがあります。

クレーム対応は精神的に大きく成長させ、社会でも役立てられる可能性があるからです。履歴書や面接では積極的にアピールし、面接官に関心を持ってもらいましょう。

ここでは、就活で上手にクレーム対応の経験を伝える方法を説明していきます。

クレーム対応が就活で役に立つ理由

クレーム対応の経験が就活で有利に働くのは、クレーム対応の過程で社会人に求められる資質が身についていくからです。

たとえば、クレーム対応では顧客の話に集中して、問題点を正しく理解します。これは、営業や接客業に欠かせないヒアリング能力と直結します。

また、クレーム対応では最終的に事態を収拾させるため、改善点を顧客に提示しなければいけません。これは、あらゆる仕事で「顧客の満足度を高める」姿勢へとつながっていきます。

クレーム対応を行ってきた就活生は、厳しい物言いにも耐えられる根気強さがあるとも予想できます。困難も投げ出さず、仕事を成し遂げてくれると期待されるでしょう。クレーム対応には自己PRできる要素が満載なのです。

クレーム対応経験をさらに魅力的に伝えるコツ

1707_2_89 (2)

クレーム対応の経験を、さらに魅力的に思わせるコツは「成果」をしっかりと説明することです。

「私はクレーム対応の経験があります」と主張するだけでは事実を述べているだけであり、自己PRとはいえません。そこで、「クレーム対応を行った結果として顧客はどう満足し、アルバイト先にどんなメリットがもたらされたか」まで伝えましょう。以下、例文です。

私は服屋でアルバイトしているとき、「洗濯したら服が縮んだ」というクレーム対応を行いました。

そのとき、お客さんには誠心誠意をこめて「相性の悪い洗剤を使ったこと」「タグに注意書きがあったこと」を説明し、理解してもらえました。

結果として、アルバイト先の常連客を失わずに済み、店長からも感謝を受けました。

クレーム対応の経験では「相手の立場」も考慮する

クレーム対応の経験は、確かに魅力的な自己PRポイントですが、伝え方を間違えると面接官の評価を落としてしまうリスクもあります。たとえば、「相手の立場」を考えていない伝え方をした場合です。

まるで、クレームの相手を悪者のように扱い、「自分の能力によって撃退しました」と結論付ける自己PRをしてしまうと、面接官は「この人はお客さんの立場になれない人だ」と捉えるでしょう。クレームが起こったからには、店や企業側にも落ち度があった可能性が大きいのです。

まずはお客さんの立場になって考え、親身になって対応できたかを面接官は気にかけています。クレーム対応経験を自己PRするときには、お客さんの存在を無視しないように客観的なエピソードを語りましょう。

クレーム対応経験をどう企業に活かすのか

自己PRで重要なのは、「面接官が聞きたいこと」を話す点です。

どんなに興味深いエピソードを語ったとしても、企業の仕事内容や理念から外れていれば、面接官の印象には残らないでしょう。クレーム対応の経験には、人間が成長できるさまざまな教訓が含まれています。就活生は志望する職種に合わせて、活かせる教訓を面接官に伝える必要があります。

営業であれば「コミュニケーションの大切さ」が教訓になりますし、企画系であれば「顧客の声を反映させる必要性」が教訓になるでしょう。

販売系なら「ミスを犯した後にフォローする重要性」というように、企業で活かせる教訓を学んだとしっかりアピールしましょう。そうすれば面接官の心に深く残る自己PRが完成します。

クレーム対応のエピソードは企業を惹きつける

 1707_2_89 (3)

クレーム対応のエピソードは、企業を惹きつけるエピソードになりえます。ただし、どのように記憶をエピソードにまとめればいいのか分からない場合は、就活応援サイトを参考にしてもいいでしょう。ジョブコミットなどのサイトでは、充実した面接対策が行えますよ。

就活市場公式LINEアカウント 友だち登録はこちらから

RECOMMEND おすすめ記事

内定にコミットする就活サービス ジョブコミット