面接に受かる人と受からない人との決定的な違いは準備の差

面接を受けるときに大切なのは、事前に準備した受け答えをしっかりできるかどうかという単純なことばかりではありません。

面接中の態度はもちろん、事前準備の少しの差が、就活生の将来を分けているといってもいいでしょう。

実際に面接に受かる人と受からない人の特徴を見てみると、意外な部分で違いが出ていることがわかりました。

今回は、面接当日にチェックしておきたい面接官の動きと、面接に受かる人と受からない人の違いについて紹介します。

面接に受かる人・受からない人は、面接官の合図を見逃さない!

面接中に面接官が見せる受かる合図とは?

面接に受かったかどうか、内定通知が来る前に知る方法があります。

それは「面接中の面接官の態度」です。

面接官が次のような動きをしたときには、面接に受かっている可能性が高いでしょう。

具体的な仕事内容に触れる

面接官があなたに好印象を持っているとき、面接の時点で具体的な仕事内容に触れることがあります。

これは、「この人にはこの部署であの業務をしてもらおう」ということが面接官の中でほぼ決定していることを意味します。

「朝の早い部署でも大丈夫ですか?」「こういった業務についての知識はありますか?」といった軽めのものから、「この部署でこういった業務をしてもらう予定です」などのように具体的な話をされることもあるでしょう。

日程を確認される

次の面接についての日程に触れ、「この日は大丈夫ですか?」など聞かれることがあれば、受かっていると考えていいでしょう。

面接の時点で迷いがある、落としたいという気持ちがあれば、その場ではなく後日合否の通知が郵送で届くはずです。

終始穏やかな空気で世間話がはじまる

面接時間がほかの人よりも長かった、終始穏やかな空気で面接官が世間話をはじめた。

こんなときは「比較的受かりやすい状態」であるといえます。

面接とは関係ない話で盛り上がったときには、内定濃厚と考えていいでしょう。

これらとは逆に、受からない可能性が高い特徴もあります。

例えば面接中にメモを取らない、面接時間が極端に短い、興味を示していない様子で淡々としている、といったときには受からない可能性が高いと考えてください。

また、不合格にしようと考えている面接官は、最後に「アピールしたいことはありますか?」といった言葉をこちらに投げかけてくることがあります。

これには「最後のチャンス」の意味が込められていますので、印象を挽回させたいときには精一杯自分をアピールしてください。

面接に受かる人と受からない人は違いがある?

面接に受かる人と受からない人は違いがある?

面接官が面接中に合否を決めてしまうのは、「この人材が欲しい」と面接中に思ったか、逆に「この人材はいらない」と即断させてしまったときです。

とはいえ、面接中に印象が残らない「可もなく不可もなく」タイプでも良くありません。

ここからは、面接に受かる人と受からない人の違いを紹介します。

それぞれの特徴をよく知り、面接当日に生かしましょう。

面接に受かる人の特徴

面接に受かりやすい人は、面接に際し事前準備を怠りません。

面接を受ける企業の事業内容、企業理念、業績などをきちんとインプットしています。

さらに「この企業なら自分はこの分野で貢献できる」という部分まで想定するため、面接時によどみなく「自分の強み」をアピールできるのです。

コミュニケーション能力の高さも必要です。

しゃべるのが苦手という方も、「笑顔を絶やさない」ことで付き合いやすさを演出することができるでしょう。

企業に属すれば必ず人間関係がついて回ります。

企業風土や企業イメージに合っているかどうか、社内で円滑にコミュニケーションが取れるのか、面接官は面接中にこういった部分についても詳しくみています。

面接に受からない人の特徴

面接に受からない人の特徴を端的にいうと、「事前準備が足りない」の一言に尽きます。

面接の回数をこなしておらず、その場の雰囲気にのまれてしまうということであったり、受け答えがテンプレートのままで全くオリジナリティが無かったり、という場合、面接官はあなたに魅力を感じることができません。

緊張して笑顔が消えてしまう、こちらの質問ターンに全く質問ができないという方も注意してください。

どちらも面接を何度も経験することで自然とできるようになるはずです。

面接に受かる人と受からない人の違い

面接に受かる人

面接に受からない人

企業研究をしている

セリフのように返答を覚えている

コミュニケーションが上手

場慣れしていない

積極的に質問できる

企業イメージや職場環境に合わない

テンプレートの返答をしない

年齢相応の常識を持っていない

自分がどう貢献できるか的確に述べられる

面接に消極的

面接を受ける前には、必ず企業研究をしておきましょう。

これは入社後にも役立つ知識ですから、インプットしておいて損はありません。

「自分は会社で何ができるのか」、それを考えたことがある人とない人では面接にも違いが出てきます。

面接で受かる人の特徴を真似し、上手に内定をとりましょう。

面接に受からない時の改善法

何度面接を受けても採用されないという人には、実は様々な理由があります。

自分でその理由に気づき、改善することによって志望している企業への合格の道が開けるはずです。

セリフのように内容を覚えている場合

面接の回答を予想して事前に回答を考えておき、それをセリフのように覚えておく人がいます。

回答を覚えるのは大切なことなのですが、セリフのように回答を覚えるのではなく単語で覚えるようにしましょう。

セリフで覚えると、実際に回答するときにあなたの本心が伝わりにくくなります。

しかも、もし回答を忘れてしまうと思い出しにくくなります。

単語で覚えることで、忘れてしまっても思い出す材料が増えることで思い出しやすいのです。

場慣れしていない

面接に場慣れしていない人も、実際に本番を迎えて緊張してしまい、本領を発揮できず不合格になってしまうことが多いです。

しかし、面接の機会なんてさほど多くはありません。

ですので、大学のキャリアセンターや地域のハローワークに出向いて面接の対策を行うことで、面接本番を迎えても、緊張せず本来の自分の力を見せることができるはずです。

企業のイメージや職場環境に合わない

採用担当者が、面接を受ける企業や職場環境が合わないと判断すると、不合格になることもあります。

もしそのような判断で採用してしまうと、入社してもらったのに早期退職してしまう恐れがあるため、あなたを不採用にするのです。

ですので、このような場合は自己分析をもう一度行い、志望先を見直すことをおすすめします。

年齢相応の常識を持っていない

面接中に世間の常識や時事問題、話題になっているニュースなどがわからない場合、採用担当者には年齢相応の常識を持っていないと判断されてしまいます。

日常からニュースを見たり、新聞をしっかり読むなどして時事問題に敏感になるようにしましょう。

また社会人の人とコミュニケーションを積極的に取ることもおすすめします。

面接に消極的

面接に受からない原因として、あなた自身が面接に対して消極的になってしまっているからかもしれません。

なぜ、自分が面接に対して消極的になっているのかをもう一度考え直す必要があります。

もし一人で考えても答えが見つからないときには、当サイト「就活市場」がサポートします。

項目別!面接に受からない場合の対処法

面接に受からない方の良くあるパターンは、コミュニケーション能力が足りないこと、性格や人間性になんらかの問題があること、単純に準備不足であることが原因です。

それぞれの原因別に、どのような対策を取れば、面接に受かり、先のステップへと進み、内定に結びつくのかをご紹介します。

まずは、自分が面接に受からない理由が、どの項目にあるのかを考えましょう。

複数該当する場合は、すべての対処法をまんべんなく網羅することが大切です。

コミュニケーション能力不足

コミュニケーション能力の不足は、面接官との対人でのやりとりがかみ合っていない場合や相手の質問に対してすぐに反応できない、言葉がうまく出てこない、相手が話しているときに目を見ていない、相槌が打てないなどの状態にあることです。

自分がコミュニケーション能力が不足しているとの認識がある方なら、すぐに対策ができますが、中には自分はコミュニケーション力があると思い込んでいる方もいるのが、面接になかなか受からない原因の1つです。

一方通行になっている方、面接官の反応もよく見ずに、ひたすら話し続けているといった傾向がないか振り返ってみましょう。

コミュニケーション力の不足を補うには、練習あるのみです。

ゼミ仲間や教授、家族に面接官役になってもらい、おかしいところがないかアドバイスをもらうのも1つの対処法になります。

また、就職課の模擬面接に参加することや就職エージェントで面接対策をしてもらうのもおすすめです。

性格や人間性に問題がある

性格や人間性に問題があると自分でとらえるのは、少し難しいかもしれません。

性格が悪い、人間的に問題があるといっても、たとえば、ビジネス上の問題です。

ビジネスパーソンとして人前に出すのは難しい、独りよがりすぎる、表情に乏しく、何を考えているかわからない、そんなところはありませんか。

積極的な方であっても、たとえば、敬語などが使えず、ため口になりやすいといった傾向の方なども該当します。

海外生活が長く、日本の企業文化やビジネスマナーを知らない人や馴染めないという方も気を付けましょう。

対処法としては、自分の性格を抑える努力をする、伝え方を工夫するといったところです。

性格や人間性に本当は問題がないのに、話し方が悪く聞こえてしまうと損をします。

たとえば、日常の経験で、怖そうとか悪そうに思えた人が、親しくなってみると優しくて良い人だった経験はないでしょうか。

あなたも見た目の印象や話し方の印象で損をしているかもしれません。

面接対策などを受けて、良い印象に見せるノウハウを身につけましょう。

準備不足

面接では何を問われるかわからないし、その場で答えるしかないと思っている方はいないでしょうか。

将来やりたいことを考えたうえで、企業の情報をちょっと知っておけば何とかなる、などと甘く見てはいけません。

どんな風に質問を投げかけられるか、その場にならないとわからないではなく、一般的な就活生は、どんな質問が来るかを想定したうえで、答えを準備して臨んでいます。

そもそも、志望動機や自己PRなど必ずと言っても良いほど問われる質問もありますから、どうやって答えるべきかを考え、シナリオを準備しておかなくてはなりません。

しかも、そのシナリオには盛り込むべきポイントや望ましい構成もあります。

それを無視して、なんとなく志望動機を答えている、自己流で自己PRをしているなら、今すぐ就活に望ましい回答法を学ぶところから始めましょう。

そのうえで、想定される質問ごとにポイントを抑えたシナリオを考え、話し方のアウトプット練習も行うことが大切です。

まとめ:面接に受かる人・受からない人の違いとは

面接に受かるか受からないか、就活生にとっては大変重要なことですが、企業側にとっても大切なことです。

この先長期間その企業で働く人材を見極めなければいけないわけですから、面接官が慎重に面接を行うのも無理はありません。

面接の事前準備は自分が「完璧」と思えるまでに行い、面接中には面接官の動きをしっかりチェックしてください。

就活市場でも情報を収集しておきましょう。

「面接で緊張してしまう」という方は、とにかく数をこなし、面接の雰囲気にのまれないようにしましょう。

面接が不安?面接に受からない?ウカル面接対策、教えます。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ