就活の自己PRで伝えよう!几帳面な人材を企業は求めている

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

2019年卒限定 早期マッチングイベント

就活の自己PRでは、何を書くべきか迷っている人もいるでしょう。企業が魅力を感じる性格のひとつが「几帳面さ」です。几帳面な人材は、入社後もさまざまな場面で活躍してくれると期待されます。

インパクトのある経歴や資格がなくても几帳面な印象を与えられたら、選考過程で残される可能性も大きいのです。そのためには、的確な文章で自己PRすることが大切です。

ここでは、几帳面さをアピールできる履歴書の文章について考えていきます。

几帳面さはどう仕事に活かせるのか

自己PRポイントとして几帳面さがおすすめなのは、入社後も仕事に役立てられる資質だからです。

たとえば、新入社員がまず求められるのは「言われた指示をきっちりこなすこと」です。基礎的な業務ができなければ、応用には進めません。几帳面な人ほど先輩の説明を吸収し、わからない部分はその場で質問して仕事を行う傾向があります。

つまり、几帳面な人は学習能力が高く、飲み込みが早いといえるのです。入社してからも一定の成長スピードで即戦力になってくれると採用担当者は期待してくれるでしょう。

また、企業にはある程度「ズボラな人」が存在します。そうした人たちにも長所があるから仕事を続けられるのですが、几帳面な人が入社すればフォローに回せるので社内のバランスがよくなります。

エピソードで几帳面さを証明しよう

1707_2_83 (2)

自己PRで、ただ「私は几帳面な人間です」と押し通すだけでは、採用担当者の心はつかめません。そこで、説得力のある自己PRにできるよう工夫しましょう。

効率的な方法としては、具体的なエピソードで「几帳面さ」を裏付けることです。たとえば、学校生活や友達との関係性のなかで、几帳面さが役に立った経験がなかったかを振り返ってみましょう。

何かクラスで大きな役割を演じたり、旅行やイベントの計画を立てたりしていたら、自己PRのチャンスです。

記憶を分析しながら、どのように几帳面さが発揮されたかを文章にしていきます。自分で気づいていないだけで、几帳面さによって成果を挙げた瞬間があったかもしれません。友人や家族の話を聞いて自己分析してみるのもいいでしょう。

几帳面さを強調するための自己PR例文

以下に、几帳面さを強調できる自己PRの例文を載せます。字数は200字前後、結論は最初に配置し、残りの文章で根拠を述べていく構成がおすすめです。また、一文はシンプルに短く書いていきましょう。

私の長所は几帳面な性格です。

私の几帳面さは、これまで関わってきた人々のために役立ってきました。

たとえば、大学時代のサークル活動です。テニスサークルの会計係として、私は文化祭や合宿の経費を管理してきました。

その結果、サークルが設立されてから過去最高の予算残額を次年度の後輩たちに引き継げました。

私の几帳面さは数字やデータを扱う御社のような仕事に適しています。

必ず、戦力になれるものと自負しているので、どうぞよろしくお願いいたします。

履歴書の細部から伝わる几帳面さとは?

几帳面さを自己PRする際の注意点としては、文章と行動が矛盾しないことです。

自己PR欄では「几帳面」「真面目」と書かれていても、履歴書全体を見渡したときに雑な印象を与えてしまっては、採用担当者からの評価を落としてしまいます。

たとえば、基本的な事項ではありますが、文字は丁寧に書きましょう。また、インクの汚れなどが履歴書についているのも減点対象です。履歴書の角が折れているのもズボラな印象を与えます。履歴書全体で英数字や漢数字、カタカナやアルファベットなどの表記統一がなされていないのも、几帳面さからかけ離れた傾向です。

几帳面さをPRするのは、自分に厳しく態度で示すことでもあります。ボロが出ないように履歴書の推敲は欠かさず行いましょう。

几帳面な自己PRを研究しよう

 1707_2_83 (3)

几帳面な自己PRは採用担当者の心を引きつけます。どんな文章が望ましいのかわからない場合は、ジョブコミットなどの就活応援サイトを気軽にのぞいてみましょう。

履歴書の例文や成功事例を知れば、自身の就活に役立ちます。

就活市場公式LINEアカウント 友だち登録はこちらから

RECOMMEND おすすめ記事

リリース記念!今だけプレミアム会員としてご登録いただけます!