自己PRで思いやりがあることをアピールする5つの方法|例文や注意点も解説

自己PRで思いやりがあることをアピールする5つの方法|例文や注意点も解説

はじめに

「自己PRで思いやりのアピール方法を教えてほしい」 「企業は、自己PRで何を知りたいのだろうか?」 「思いやりをアピールするとき、何に注意すればいいの?」 自己PRで思いやりをアピールしたいけれど、どのような点に注意すればいいか悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

効果的な自己PRを作成するためには、自己分析だけではなく、企業の狙いも理解する必要があります。

本記事では、思いやりをアピールする方法、思いやりの言い換え例、アピールするときの注意点についてまとめました。併せて、思いやりを取り入れた自己PR例文も紹介しています。

本記事を読めば、思いやりを効果的にアピールした自己PRを作成できるでしょう。本記事を参考にして、就職活動を成功させてください。

企業が自己PRで注目しているポイントは?

人事はなぜ、面接で長所を尋ねるのでしょうか。

それには、いくつか目的があります。

社会で活きるスキルや能力を持っているか

まず1つ目としては、仕事に役立つ能力や強みを持ち合わせているかを確認するためです。

長所を活かして活躍できる仕事なら、あなたの成長スピードも速く、将来性も期待できます。

仕事に役立つ能力や強みを持ち合わせているかをチェックする際に、「思いやり」を長所として挙げた人がいたとしましょう。

思いやりは人間としてはとても重要なもので、誰もが持っていてほしいことの一つです。

ですが、仕事を遂行するうえでは、優先度が低くなるケースもあります。

たとえば、志望しているのがノルマが大きく、競争が激しい営業職であった場合、思いやりを長所に挙げられても、果たして仕事に役立つのかと疑問に思われ、そもそも続けていけるのだろうか、競争力がなく、仲間のパワーに圧倒されて、すぐに辞めてしまうのではと思われてしまうかもしれません。

これに対して、介護職やホテル職など顧客への親身なサービスが求められる職種や、連携したチームプレーが重視される業務や、部下に対する愛情が持てる人材がほしいと考えている企業などであれば、思いやりが長所の人に魅力を感じるかもしれません。

自社にマッチしているか

2つ目としては、長所が会社に役立つかもチェックしています。

会社にとってほしい人材と感じられるか、求める人物像にマッチしているか、職場の人材のバランスを整え、現在不足しているタイプの人材として役立つかを確認するために、長所を尋ねるわけです。

自己分析ができているか

3つ目としては、自分のことをしっかりと理解している人物かを見極めるためです。

長所を挙げるのは簡単なことですが、それに対する具体的なエピソードが伴っていない場合や、長所を活かしてどう仕事に役立てるのか、長所をどのように会社への貢献につなげるかを具体的に語れない人は、自己分析がしっかりできていないと評価されます。

そのため、ただ、自分の長所を挙げるだけでは足りません。

自分をより掘り下げて考え、この長所を企業の仕事でこう役立てることができると明確にできる人物を、企業としては評価し、採用したい人物の候補に挙げるというわけです。

人事が長所を聞いて、こうした判断の材料にするのはもちろんですが、そもそも自分の長所を活かせる仕事選びや会社選びをしてきた人かがわかります。

人事としては、求める人物像にマッチし、自社で活躍してくれる人がほしいので、自分の長所を的確に見極めて、それを活かそうと自社を選んだ人を得たいと考えます。

そのために、人事は面接で長所を聞いてくるのです。

自己PRで思いやりがあることをアピールする5つの方法

長所を伝える際には、ただ長所だけをアピールしてもダメですし、「思いやりがあるので介護の仕事にピッタリです。」と伝えるだけでも不十分です。

「思いやりがあるのでホテルマンに適してます。」、「思いやりがあるのでチームのメンバーをサポートできます。」、「思いやりがあるのでパワハラはしません。」とアピールしても足りません。

なぜ、足りないのかといえば、それだけの話なら、思いやりを持ち合わせていない人でも口先だけで言えることだからです。

介護職として採用されたいと思えば、思いやりがあっていい人アピールをすればいいだろうと短絡的に考えて、思いやりもないのに長所だとアピールすることも可能です。

仕事を通じて長く接していけば、その人の本心もわかりますが、人事としては、初対面の就活生を短時間で、本当に思いやりを持っている人なのかを見極めなくてはなりません。

そのためにどうするかというと、思いやりという長所があることを証明できる具体的なエピソードの有無で見極めようとします。

思いやりが本当にある方なら、これまでの人生において、思いやりがあるなと他人からも感じられる具体的な行動を取り、そのエピソードが語れるはずです。

一方、口先だけの人には思いやりが感じられるエピソードがなく、作り話をしても内容が濃くないので、すぐにばれてしまうでしょう。

1:思いやりがある人とはどんな人か考えてみる

そもそも、「思いやりがある人」とはどのような人でしょうか。

正確に定義するのは難しいですが、「どんなときでも相手の立場になって考えられる人」「相手の気持ちを考え、気配りができる人」ではないでしょうか。

そのためには、細かな変化に気づける洞察力も重要なポイントです。

相手の気持ちを正しく理解できないままでは、相手が喜ぶ行動はできないからです。

相手を思いやる心は多くの人が持っていても、それを行動に起こすのはなかなか難しいものです。

就職活動では、少しでもライバルに差をつけたいからと、つい自分を大きく見せてしまいがちですが、自分に当てはまらないことを無理して自己PRしても、結局はうまくいかないもの。

まずは、自分の長所が「思いやり」にあるのかどうか、じっくり考えてみましょう。

2:思いやりがあることを自分らしく言い換える

思いやりをさらに詳細に言い換えると人柄が伝わりやすくなります。

自分が定義する思いやりとは具体的にどのような性格を指しますか?

否定せず人の話を聞くことや、困っている人を手伝えることも思いやりといえます。

自分なりにどのような面に思いやりを感じるのかを考えてみてください。

知人に聞いてみるのもいいです。

3:説明は具体的なエピソードを交える

「思いやり」が自分の長所であると気づいたきっかけは何でしょうか?

例えば、友達が体調悪いときはすぐに気づいて気遣う、バイトではいつもお客様の笑顔を第一に考えている、時間があるときはボランティアに参加するなど、きっと具体的なエピソードが思い浮かぶはずです。

長々と説明する必要はありませんが、「私の長所は思いやりがあります」「細かな気配りができます」だけより、エピソードを交えると印象はグッと強くなります。

長所を伝えるときのポイントの一つとして、長所を明確化する具体的なエピソードを語ることが大切です。

4:思いやりがあることを客観的な評価で示す

思いやりをアピールするときは、他人からの評価を織り交ぜると、より説得力がでます。

例えば、本人が「私は思いやりがあります」と言うのと、友人が「彼は思いやりがありますよ」と言うのでは、印象が全く違いますよね。

これは、「思いやり」が他人本位の評価だからです。

例えば、食事に行くと料理をすぐに取り分ける人がいますよね。

それを嬉しいと感じる人もいれば、自分のペースで食べたいのに、と少しおせっかいに感じる人もいます。

自分は善意のつもりでした行動も、一方通行では「余計やお世話」になりかねません。

他人からの感謝や評価をもらって、はじめて「思いやり」として成立します。

そのため、エピソードをまとめるときには、「自分の行動」だけでなく「それによって感謝された」など、相手や周囲からどのような評価をもらったのかまで伝えるようにしましょう。

5:思いやりがある性格を仕事でどう活かせるかを伝える

長所を入社後の仕事にどう活かしていくのか、自分の成長に役立てられるのかといった点を具体的に伝えることです。

いかに思いやりがある人で、過去に思いやりの深いエピソードがあっても、それが仕事に活かせないのでは、企業としては採用する意味がありません。

企業は思いやりのある心優しい人を採用しようとしているわけではなく、自社で活躍してくれ、自社に貢献して利益をもたらしてくれる人を求めています。

それゆえに、思いやりを活かしてどんな仕事ができるのか、どう会社に貢献できるのかを具体的に伝えられないと、思いやりがある、ただのいい学生で終わってしまいかねません。

自己PRの最後は、あなたの「思いやり」がその企業にとってどのようなメリットになるのか、簡潔に述べるようにしましょう。

例えば、接客業であれば

「細かな変化に気づくことで、お客様が求める接客へと柔軟に対応できる」

オフィスワークであれば、

「チームで働く仕事では、それぞれの立場や意見を考慮し、うまく調整する自信がある」

など、自分のエピソードと関連させて考えてみましょう。

企業が採用したいのは、「思いやりがある人物」ではなく、「思いやりを仕事に生かせる人物」です。

自分が入社したら、どのようなメリットがあるのかを提示することで、人事や面接官も「この子を採用したら…」とイメージが描きやすくなります。

思いやりがあることをアピールした際に企業が持つ印象とは?

一般的に考えて、思いやりのある人とは「人に優しく気遣いができる人」と思われることが多いはずです。

思いやりがある人は空気を読むのが得意なため、場の雰囲気を良い方向に持っていったり、こじれた人間関係をも円滑にしたりできるでしょう。

思いやりがあるという長所を自己PRでうまく伝えることができれば、会社側はあなたに好感を持つようになるでしょう。

集団行動に適していると思ってもらえる

集団行動などのチームプレイでは、それぞれが自分のことだけを考えたのではその場は成り立ちません。

他人を思いやる意識を持ち、周りを見て行動していくことが必要です。

多く会社は複数人から大人数の社員で成り立っています。

ですので仕事をするときには、集団行動ができることは最低限のスキルとも言えます。

とくにチームワークが必要な会社の場合は、必須の要素としているでしょう。

長所が思いやりならば、会社側はあなたを集団行動に対し抵抗がなく、空気を読んで周りのために行動できる人間だととらえるはずです。

会社に尽くしてくれると思ってもらえる

思いやりのある人は、時に自己犠牲的に相手に尽くします。

それは恋愛の場合にもよく現れることがあります。

好きな相手に奉仕し、全力をかけて相手を愛し抜くというような、自分よりも相手を大切にする恋愛を経験する人が多いでしょう。

仕事に対してもそれは似ていて、会社のために全力で仕事に打ち込む傾向があります。

会社に入るということは、その会社からお給料をもらうかわりに、自分からも会社に労力を提供するということです。

そんな関係を結んでいる会社がもしピンチになった場合、本当に思いやりがある人ならば、逃げ出さずに会社を支えるはずではないでしょうか。

思いやりがあると自己PRすれば、面接官は、会社のためになることを一生懸命にこなしてくれる人材だろうと思ってくれるでしょう。

部下に慕われる人だと思われる

あなたに部下ができたとき、その人たちに思いやりのある対応ができれば、頼れる先輩として慕われるでしょう。

わからないことを丁寧に教えたり、相談に乗ってあげたり、先輩が部下にできることはいろいろあります。

同じ仕事をする仲間として部下を大切にすることは、思いやりのある人だからこそできるもの。

しかし、思いやりがある先輩と言っても、いつも優しく接するとは限りません。

時に厳しく部下を指導しなくてはならないときもあります。

そんな厳しさを持つことで、はじめて部下に真の意味で慕われる先輩になれるのです。

思いやりがあることを自己PRするメリットとして、部下に慕われるような指導ができる先輩像は、忘れてはいけないポイントでしょう。

細部まで気配りができると思われる

思いやりがある人は、細かな部分まで気配りできる人が多いようです。

さまざまな人と協力しながら仕事を進めるためには、些細なことにも気配りできる人が求められます。

悩んでいる人がいれば、すぐに気づいて、どのように対応すればいいか判断できる気遣いができます。

細かな部分まで気配りができれば、社内や社外の人と良好な人間関係が築けるでしょう。

上司や顧客の立場に立って物事を進められると思われる

仕事をする際、相手の立場に立って物事を考えられるスキルは重要です。

相手から求められる前に、物事を前に進められるからです。

思いやりのある人は、相手の立場に立って物事を考え、進められる人が多いようです。

たとえば、顧客の立場に立って課題やニーズを考えられれば、より適切な商品やサービスを提案できるでしょう。

また、上司の立場に立って物事を客観的に捉えられれば、より良い仕事ができる可能性があります。

思いやりがあることの言い換え例

自己PRで思いやりを長所に述べるとき、そのまま書くというよりは、もっと自分の中で「思いやり」を掘り下げておく必要があります。

面接で思いやりについて質問されたとき、あなたなりの考えを説明できなければ、面接官にあなたの長所がうまく届かない場合もあるでしょう。

思いやりがあることを言い換えた例をいくつかご紹介するので、あなた自身でも考えてみてほしいと思います。

他人に厳しく自分に厳しい

思いやりがある人は、よく他人に優しく自分に厳しいと思われがちです。

しかし、本当に思いやりがある人は、他者にもあえて厳しく接することで、相手のためになるようにする人でもあります。

優しい言葉を相手に言うのは簡単です。

ですが、厳しいことを言うとなると、嫌われやすかったり、相手を傷付けたりするだけになる可能性もあります。

しかし、それは相手を良い方向に向かわせるために必要なもの。

言う本人は勇気がいりますが、適度な厳しさは、結果的に相手に優しくすることにもつながるのです。

ただ、それは自分に厳しい人に言われるからこそ説得力があるというもの。

他人に厳しく接するには、他人以上に自分に厳しくなくてはなりません。

傾聴力がある

会社に入ると必須なのは、コミュニケーション力。

相手の言いたいことを理解し、仕事につなげていく行為は、どんな職場でも大切な要素です。

思いやりがある人は、そんな傾聴力に長けている場合が多いです。

顧客のニーズを的確に聞き出したり、チームワークを円滑に進めるために周りの意見をしっかり聞いたりするなどのさまざまな場面で、傾聴力がある人は重宝されます。

相手の立場になって、その要望に応えられるという能力は強みなので、その傾聴力をアピールするのは良い方法です。

お客さまの求めることを提供できる

思いやりがある人は、相手の立場に立って物事を考えられる能力に長けています。

ですので、「お客さまの要望をしっかりと理解し、それに合った対応ができる」と言い換えられるでしょう。

顧客のニーズに応えたり、接客業だとお客さまの質問や相談に対応したりなど、多くの職業ではお客さまと良い関係を築く必要があります。

思いやりがある人は、お客さまの求めることを的確に把握して提供できます。

なので会社側は、お客さまとの関係を円滑にする要員として、あなたを好意的に評価するはずです。

思いやりがあることをアピールする例文

これまでの注意点を踏まえて、思いやりをテーマにESの自己PRを書きましょう。

ポイントは具体性です。

思いやりについて抽象的ではない、より具体的な言葉を選んでアピールしましょう。

部活の経験を活かす場合

私の強みは相手の要望にも応えるために、自発的に動けることです。

私は準体育会バスケットボール部のマネージャーをやっていました。

厳しい練習もあり、地区内でも強豪になりつつある中で、選手の雑務が多いと感じていた私は、選手の潜在的な要望を感じ取り自発的に業務をマネージャーで引き受けることにしました。

業務量が増えましたが、作業の効率化を図ることで乗り切りました。

さらに練習が厳しさを増す中で選手ケアの必要性を感じたため、知識をマネージャー全員で勉強して共有することにしました。

知識は選手の疲労が蓄積してくるリーグ後半に生きる形となりました。

結果的に、選手たちはプレーに集中することが可能になり、チームは地区制覇を果たすことができました。

‌要望をくみ取り自発的に動く私の強みは、社内の業務を円滑に進めることにより、クライアントの課題解決にも生かせるはずです。‌‌

アルバイトの経験を活かす場合

私は、人一倍思いやりがある人間だと思っています。

人を思いやれる気持ちから、「気が利くね」とよく褒められます。

私は大学1年生の時、飲食店でアルバイトをしていました。

ホールスタッフとして、「お客様を満足させたい」と奮闘していましたが、はじめは輝いたスタッフを書いてもらうお客様アンケートに私の名前が書かれたことはありませんでした。

それからは、どうしたら満足してもらえるのか、店長や先輩に聞き接客の仕方を改善しました。

例えば、お子様連れのお客様は喫煙者から遠い席に通すなど、お客様を第一に考え接客するようにしました。

そのおかげで、アルバイトを辞めるまでの5か月間、お客様アンケートで1位を取ることができました。

貴社でもお客様を満足させる営業をするために、まずはお客様ごとのニーズを研究したいと思っています。

ボランティアの経験を活かす場合

私は、思いやりがあります。

私の高校は、1週間老人ホームにボランティアに行く機会がありました。

初めは介護という仕事に興味がなかったのですが、このボランティアを経験したことで次第に興味を持ちました。

介護に興味を持てたのは、私の長所である思いやりがあるからです。

私は1週間のボランティアが終わっても、週末だけお手伝いをするようになりました。

老人ホームでお手伝いをすることで、改めて思いやりの大切さを知りました。

もし貴社に入社致しましたら、どんな状況でも思いやりの気持ちを忘れず仕事をこなしていきたいと思います。

思いやりがあることをアピールする際の5つの注意点

思いやりがあることをアピールするとき、どのような点に注意すればいいのでしょうか。

本章では、注意点を5つ取り上げました。

思いやりそのものは企業から高く評価される長所です。

しかし、アピールの仕方やエピソードによっては、単なるお節介や自己満足と思われる可能性があります。

思いやりをアピールするときは、マイナスイメージを持たれないよう気をつけてください。

1:お節介だと思われないように伝える

思いやりのエピソードを紹介するとき、お節介と思われないように注意しましょう。

もし、お節介な印象を企業に与えてしまうと、低く評価される可能性があります。

就職希望者は、思いやりとお節介の違いを理解した上でエピソードを選び、効果的な自己PRを作成してください。

そもそも、思いやりとは相手が喜ぶことや望んでいることを理解した上で行動する力です。

一方、お節介とは、相手の気持ちを考えずに自分本位で行動してしまうことを指します。

結果的に、自己満足な行動になってしまい、相手から迷惑と思われてしまいます。

自己PRを作成するときは、あなたが思いやりある行動をした後の相手の反応を強調してみましょう。

2:当たり前のことと思われない伝え方をする

思いやりのエピソードとして取り上げた内容が、一般的に見て「当たり前なこと」ではないか、確認しておきましょう。

思いやりのエピソードを作成するためには、あなたの行動が相手にどう役立ったのか具体的に書く必要があります。

もし「気づいて当たり前」なエピソードならば、説得力のない自己PRになるでしょう。

エピソードの内容に自信がない人は、周囲の人にたずねてください。

3:短所と捉えられないように伝える

思いやりのエピソードを伝えているつもりが、「気弱な性格」「相手の言いなりになる性格」といった印象を与えないよう注意してください。

自分では困っている人を助けているつもりでも、相手の言いなりになっているエピソードだと、採用担当者から「気弱な性格」と思われる可能性があります。

就職希望者は「思いやり」と「相手の言いなりになること」の違いをよく理解した上で、自己PRを作成しください。

4:思いやりが重視される職種かを確認しておく

志望している企業や職種が、思いやりを重視しているかどうか確認しておきましょう。

思いやりは働く上で大切なスキルの1つですが、業界や職種によっては優先度が低いケースがあります。

たとえば、競争が厳しい営業職の場合、思いやりよりも積極性や行動力が高く評価される可能性があるでしょう。

もし、そのような業界や職種を志望しているにもかかわらず、思いやりをアピールした場合、「仕事を続けられないのでは」と思われるでしょう。

個人主義や実力主義が求められる企業の場合、思いやりの優先度が低くなる可能性があるので、注意してください。

5:面接の態度にも注意する

「思いやり」を自己PRのポイントにするなら、面接中の態度でも矛盾の無いよう気をつけましょう。

エレベーターでの移動中や、ほかの就活生との会話など、面接官は意外と細かいところまで見ているものです。

普段はできている気遣いも、緊張しているとつい忘れてしまうもの。

あなたらしさを失わずに、面接に臨んでくださいね。

自己PRで思いやりがあることをアピールしよう

自己PRで思いやりをアピールするために、自己分析をしっかり行いましょう。

併せて、思いやりの意味についても深く理解する必要があります。

あなたの思いやりを企業でどう活かすかを明確にして、効果的な自己PRを作成してください。

そんな自己PRでほんとに大丈夫?
1人でわからない事はプロと2人で​。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ