就活での面接、質問や回答時間はどれくらいが適当?

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

就活での面接は、質問をされて回答するという行為の繰り返しです。

回答する内容について、

  • 事前にしっかり準備する
  • 内容を練っている

という人がほとんどだと思いますが、どれくらいの時間を使って回答すれば良いのかという点まであなたは考えていますか?

あまり長い時間をかけると面接官の迷惑になってしまいそうですが、短すぎても印象に残らないのでは、と不安を感じると思います。。

それでは、実際に就活の面接において質問や回答にかける適当な時間はどれくらいなのかを探ってみましょう。

本記事のポイント
  1. 面接の回答は目安は1分
  2. 個別面接、集団面接によって目安の回答時間は変わる
 
面接で回答していると、時間を気にせずに話している就活生が多いです。

しかし、この回答時間こそあなたの内定率を上げる要因になるため、どのくらい回答に時間を使っていいのかを予め確認しておきましょう。

回答時間は質問内容で変わる

就活で面接官からの質問に対して回答時間はどれくらいが良いかというのは質問の内容によって異なります。。

短い言葉で回答できる内容であればそれでかまいませんが、きちんと説明しなければ伝わらない内容なら、無理に短くせず丁寧に説明をしなければ、言葉が足りない人だと思われてしまいます。

面接での回答時間について、

  • 短い方が良いというアドバイス
  • 30秒程度が良いというアドバイス
  • 1分くらいだというアドバイス

など、さまざまなアドバイスを見聞きしているでしょう。ですが、最適な回答時間は面接時の質問内容によって変わると覚えておきましょう。

時間を気にしてしまうと、自由な回答がしにくくなってしまいますし、自分の感じたことをしっかり伝えられなくなってしまいます。質問内容に応じて臨機応変に対応することが大切です。

article057

▶ダウンロードする

適切な回答時間は約1分

1706_1_78(2)

就活での面接で、質問されたときの回答時間は質問内容で変わります。しかし時間の制限がないからといって、いつまでも長々話してしまっては印象が悪くなります。もちろん話しているうちに長くなってしまう質問や回答もありますが、あまり長くなりすぎないようにという注意はしておいたほうが良いでしょう。

あえて目安を作るとするなら、説明が必要な質問にかける回答時間は約1分程度と覚えておきましょう。1分あれば大抵の質問に対し、簡単な説明を添えて回答することができます。ただし全ての質問に1分で回答するというわけではなく、15秒で答えられる質問であれば短い時間で簡潔に回答することも大切です。

  1. 相手が何を聞きたいのか
  2. どのような回答を望んでいるのか

という点まで気を配れるとさらに良いでしょう。

「長い回答」「短い回答」のデメリット

回答時間が長い場合、短い場合それぞれにデメリットがありますので、あなたも適切な回答時間を心がけるために予めデメリットを把握しておきましょう。

長すぎる回答のデメリット

1分をはるかに超える「長すぎる回答」のデメリットは、面接官を退屈させることです。

どんな人間でも初対面の人から一方的にまくしたてられると集中力が持ちません。また、回答が長引くほど「過剰に押しが強い人」というイメージを持たれます。協調性がなく目立ちたがり屋の人間だと思われたら、就活生にとってマイナスでしょう。

短すぎる回答のデメリット

逆に「はい」「いいえ」だけで終わる回答も得策ではありません。短い回答には面接官が追及するだけの要素がなく、すぐに会話が途切れます。

面接官は「会話が盛り上がらない」「コミュニケーション能力が低い」と考えかねません。また、自己PRも十分にできないので、ライバルに差をつけられてしまうでしょう。

このように、回答時間が長い場合でも短い場合でもデメリットが多くなっております。そのため、適切な時間配分を理解しておき、その回答時間内で話せるように話す内容を考えておきましょう。

集合面接と個人面接で回答時間は変わる

就活では、複数で受ける集合面接と、1対1の個人面接があります。

多くの場合、一次選考は集合面接であることが多く、選考が進むにしたがって2名から3名の少人数での面接1対1の面接に変化します。

また、面接で必ずといっていいほど聞かれる「志望動機や自己PR」の回答時間も個別面接集団面接によって変えることをおすすめします。

例えば集合面接なら1分以内で簡潔に説明しましょう。1対1の個人面接なら2分程度かけて回答すると、自分の言いたいことアピールをしっかり伝えることができます。2分というのは意外に長く、たくさん話すことができます。志望動機自己PR1分の内容2分の内容の原稿を作り、音読して時間を計ってみると良いでしょう。

時間の間隔を身につけてみよう

就活の面接で、質問に対する回答時間の目安はだいたい1分だとお伝えしましたが、

  • 1分がどれくらいの長さなのか
  • 1分でどれくらいの内容を話すことができるのか

というのは実感として分からない人が多いのではないでしょうか。

1分間で話すことができるのは、約300文字だといわれています。まずは300文字で志望動機や自己アピールの原稿を作り、声に出して読んでみる練習をしてみましょう。

人前で話すことに慣れていないと、緊張して早口になってしまう場合が多いです。照れくさいかもしれませんが、自分が話す声を録音して、

  1. 早すぎないか
  2. 聞き取りやすく話せているか

という点もチェックしてみると良いでしょう。

客観的に聞いてみると、改善すべき点がとてもよく分かります。

回答時間は1分が目安だが、質問内容や状況で変える

1706_1_78(3)

就活の面接で質問されたら、質問内容によって回答時間が変わるため、時間に縛られずに臨機応変に対応する必要があります。志望動機や自己PRなど説明が必要な内容は約1分を目安に回答すると良いでしょう。

面接の回答時間は?
  1. 目安は1分~1分半
  2. 個別面接は2分、集団面接は1分ぐらいをめどに話をしよう
  3. 回答時間をイメージするために、必ず練習はするようにすること

ただし必ず1分というわけではなく、個人面接ならもう少し長い時間をかけても大丈夫です。

質問内容、ほかに何人の就活生が面接を受けているのかなど状況を見ながらその場に応じた対応を行うようにしましょう。

面接の回答時間の目安は理解したのですが、面接自体が苦手な方はこちらも参考にしてください。
面接はこれで完璧!面接テンプレート集


 
以上、就活での面接、質問や回答時間はどれくらいが適当?…でした。

最後までお読みいただきありがとうございました。
内定が欲しい人以外は見ないでください
  • 就職活動の攻略本「就活ハウツー本」
  • 先輩の体験談も盛りだくさん「就活ストーリー」
  • 内定率は驚異の92%!「就活アドバイザー」
  • 5分で作れる「かんたん履歴書メーカー」
  • あッという間に内定GET「就活市場エントリー」
  • イベント参加で有利に就活「就活市場イベント」
  • あとで読み返したい記事は「お気に入り登録!」

今すぐ確認する!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ