「一言」に集約させる自己PRのポイント

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

面接やインターンシップで必ずといっていいほど質問されるものとして、「自己PR」が挙げられるでしょう。

ただ、少しでも企業側に良い印象を持ってもらいたいと思って、前のめりになってしまってはいけません。

「企業は自分のことは知らない」という視点に立って、落ち着いた姿勢で自己PRをしていくことが大切です。

自己PRを質問されたときに慌ててしまわないためにも、自分の特徴や経歴などを一言で言い表す方法を見ていきましょう。

本記事のポイント
  1. 一言にするポイントはあなたがどんな人間なのか」を知ること
  2. 経歴ではなく、何を学んだのかが重要
 
あなたは自己PRを一言でアピールできますか?

実際にやってみると難しいので、あなたもこの記事を参考に一言自己PRをかんがえてみt

端的な「自己PR」が採用に近づく一歩

いざ「自己PR」を考えようとしても、自分のことほど意外とわかっていなかったりするものです。

とはいっても、それは考えがよく整理されていないだけで、順序を追って考えていけばオリジナリティーに富んだ面白い自己PRを練り上げていくことはできます。

「他人に誇るような経歴はない」といったことを考えてしまいがちですが、ほかの応募者をそれほど意識することはありません。その理由は、企業側が「どういった人間なのか」ということを知るためにする質問であるからです。

事務職営業職などの職種にとらわれず、また他の人と自分を比べてしまうのではなく、自分の長所や経験したことを伝える努力をしてみましょう。

自分の特徴をたった一言で言い表せるようになれば、どんな場面でも落ち着いて行動していけます。

うまくやろうとせずにシンプルでわかりやすく

1705_2_177 (2)

面接応募書類を書く段階では、新卒生は未経験であるため特に緊張してしまいがちです。その根底にあるのは「うまく自己PRできるだろうか」といったことを意識してしまうからでしょう。

応募をする側が緊張をしているということは、受け手の企業側も「どんな人物が来るのか」と不安な面もあるのです。緊張をしているのは自分だけではなく、企業他のライバル同じく緊張しているということを忘れないでください。

そのことを踏まえたうえで自己PRを考えていくなら、やはり大事なことは「あなたがどんな人物なのか」といった点を強調することです。

  • 私は○○な性格です。
  • 周囲からは、〇〇が長所だと言われています。

といったように、一言で人となりを表す言葉を見つけてみましょう。大切なことは、誰にでもわかるように真面目に伝える姿勢や書き方を身につけることです。

「一言」の印象は意外と残りやすい!?

自分のことを印象付けようとして「あれこれ言葉を並べてしまう」のは、ついやってしまいがちなミスです。

面接の時間は限られていますし、応募書類に書ける文章量にも限りがあります。あれもこれもと欲張ってしまっては、聞く側からすれば結局どういった人物だったのかわからないといった印象しか残らなかったりするものです。

一度きりの場面でそうした振る舞いをしてしまっては、とてももったないといえるでしょう。まずは、自己PRの柱となる自分の長所や経験をひとつにし、動機付けとなるエピソードなどの話を展開していき、無理のないアピールをできるように対策をとりましょう。

さらに、「私の長所は強みは負けず嫌いなところで、弱みは頑固であるところです。」といったように自分の長所や強みだけではなく、自分の欠点や弱みもあえてアピールしてみましょう。自己分析がしっかりできている人物だと印象づけるきっかけにもなります。

人事の視点で物事を考えてみる

1705_2_177 (3)

自己PRというと、つい自分視点でばかり物事を考えてしまいがちです。しかし一歩引いて、人事の視点で考えてみることも有効です。あなたが採用担当者だと想定して、「これから一緒に仕事をしていく仲間」として自分を客観視してみる作業も行ってみましょう。

自己PRというものは、あなた一人だけで成立するものではありません。聞く相手がいて初めて成り立つものです。ですので、自己PRの内容も単に経歴部活動大学での実績などの略歴を並べるのではなく、その経験を通じて「どんなことを学んだか」といった話の展開を重視して改善してみましょう。

そして、自己紹介だけに終始してしまわずに、

  • これまでの経験を活かして、入社したら〇〇に取り組み、御社に貢献したい
  • 自分自身を成長させるために、貴社を志望した

という熱意をアピールしましょう。

自己紹介は自己PRを話す前に面接では聞かれるところなので、こちらも一緒に確認しておきましょう。
自己紹介の印象を良くするポイントとは?

自分という人間を売り込むことが「自己PR」

 就職・転職活動は相手がいて初めて成立することですから、自分をよく分析することを前提として、企業と接触していく必要があります。

「自己PR」を端的に一言で表すと、どんな場面でも落ち着いて振る舞うことができます。「伝えたいこと」をしっかりと言葉にしていくことを意識して、多くの例文に触れてみるのも良いでしょう。

あなたの自己PRをもっと良くするために、30項目以上のアピールしたい項目別の自己PR集も一緒に確認しておきましょう!
アピールする項目別!自己PR例

 

 
以上、「一言」に集約させる自己PRのポイント …でした。

最後までお読みいただきありがとうございました。
内定が欲しい人以外は見ないでください
  • 就職活動の攻略本「就活ハウツー本」
  • 先輩の体験談も盛りだくさん「就活ストーリー」
  • 利用者内定率は驚異の92%!「就活アドバイザー」
  • 勝てる履歴書をサクッと「かんたん履歴書メーカー」
  • あッという間に内定をゲット「就活市場エントリー」
  • イベント参加で就活を有利に「就活市場イベント」
  • あとで読み返したい記事は「お気に入り登録!」

今すぐ確認する!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ