新卒向け|IT業界の逆質問は何を聞くべき?ポイントについて大特集!

面接の最後で聞かれる「何か質問はありますか?」という一言。何を答えればよいのか…と悩んでいる人も多いですよね。本記事ではIT業界に特化して、使える逆質問5選をお届けしていきます。好印象を残すためのポイントについても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。逆質問で何を聞けばよいのか、その答えがきっと見つかるはずです。

内定ゲットのためには逆質問が大切!

就活と言えば面接は欠かせません。そして面接には逆質問がつきものです。面接も終盤となり「では最後に何か聞いておきたいことはありますか?」と逆質問が出されます。内定をゲットするためには逆質問の対策も重要です。何せ面接の一番最後ですから、逆質問でしくじると、その悪い印象だけが強烈に残ってしまいます。それでは面接通過は難しいですよね。

逆に言えば、面接の最後である逆質問を上手くこなせば好印象を与えて面接を修了できるということ。それまでがイマイチだったとしても、最後に好印象を残せれば一発逆転のチャンスです。このように、内定ゲットのためには逆質問が大切なんです。

そもそも逆質問ってなんのためにあるの?

そもそもなぜ面接の最後になって「何か質問はありますか?」と聞かれるのでしょう。もちろん適当に聞いているワケではなく、そこには当然ながら思惑があります。その理由をチェックしておきましょう。諺にある通り「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」です。

学生の志望度をチェック

一つ目の理由は「学生の志望度をチェックしている」ということです。どうしても入りたいという企業であれば、自ずと聞きたいことが出てくるはずです。一方でとりあえず受けているという企業であれば特に聞きたいことはないでしょう。

つまり逆質問に対して「特にありません」ということは、それほど志望度が高くないと思われてしまうということです。本命でも滑り止めだとしても、そう思われるのは避けたいですよね。志望度をアピールするためにも、逆質問はしっかりと用意しておきましょう。

学生の質問力をチェック

逆質問には学生の質問力をチェックしているという側面もあります。社会人になりますと、知らないことも沢山出てきます。知らないことを知らないままにしておくと、成長できません。然るべきタイミングで然るべき質問をするということは非常に大切なことです。

一方で質問が下手な場合、「はて?何を言ってるんだろう…?」と対応することが困難です。新人の面倒を見るのは先輩社員の大切な役割ですが、新人の面倒ばかり見ていたのでは自分の仕事が進みません。的を得た質問ができるというのは重要な要素というワケです。

また、それなりの経験を積みますと、お客さんと話をする機会も出てきます。そんな時に素っ頓狂な質問をしてしまいますと会社としての信用に関わってきます。そんなことの無いように、質問力をしっかりとチェックしています。そういった意味でも「質問は特にありませんは」避けたい回答の一つです。

どんな逆質問だと好印象?

どうしてもその会社に入りたいんだという思いがあれば、自ずと前のめりな質問が出てくるはずです。「何か勉強しておくことはありませんか?」であったり「御社で仕事をする上で大切なことはなんですか?」といった具合です。そういった前のめりな質問をされて嫌だと思う面接官は居ないもの。それこそが逆質問を考える上でのポイントです。

なお質問が下手と思われないように、回りくどい質問の仕方は避けましょう。質問内容が伝わりやすいよう、端的に聞くことも重要です。質問を考えた背景などは不要です。

IT業界、おすすめの逆質問5選

続いてはIT業界を目指すうえでおすすめの逆質問5選についてチェックしていきたいと思います。いずれの質問も前のめり。入りたいという気持ちが伝わるものです。ぜひ参考にしてみてください。

あらかじめ勉強しておくべきことはありますか?

IT業界に限らずどんなシーンでも使いやすいのが「あらかじめ勉強しておくべきことはありますか?」です。この質問は「心はもう入社する気で一杯です!」というアピールに繋がります。また、少しでも早く活躍できるように、あらかじめ勉強しておきたいんですということも伝えられます。

好印象を残すポイント

この質問で好印象を残すためには答えに対して「ぜひ勉強したいと思います!」というアピールをすることです。例えば「資料を読むのに時々英語をやっぱり使うから勉強しておいた方が良いよ」というのであれば、「ありがとうございます。もし入社できるのであれば英語力を高めた自分をお見せします!」といった返事をしておきましょう。

〇〇アプリの開発に興味があります。新人も携わることはできますか?

御社についてしっかりと調べてきましたというアピールができるのが「〇〇アプリの開発に興味があります。新人も携わることはできますか?」という質問です。そして、そのサービスについて興味を持っているというアピールも可能となります。

好印象を残すポイント

好印象を残すポイントとしては、〇〇アプリのことをちゃんと調べておくことです。例えばサービスの提供期間は限定的だったとします。この場合「〇〇サービスについて本当に調べたの?」と疑問に思われてしまいます。

逆に「〇〇アプリの××という機能が大変便利で特に感動しました」といったことを伝えられると、本当に愛用している様子が伝わります。このように質問に具体的なポイントを入れるのはおすすめです。ただしクドクドと質問してはNGですので、あくまでも簡潔に質問しましょう。

主にどんな言語や開発環境を使用していますか?

IT業界にプログラムは欠かせません。そしてプログラムには色々な言語があります。「主にどんな言語や開発環境を使用していますか?」という質問からは、あらかじめ勉強しておきたいという気持ちが伝わってきます。またITに関する知識もアピール可能です。

好印象を残すポイント

この質問をする場合、プログラミング言語や開発環境についてある程度の知識を持っている必要があります。「主な使用言語はRubyで基本的にはEclipseを使っています。ただしクライアントからの要望があれば、それに従います。」なんて回答が返ってきたとして「キョトン」とした顔をしていたらどうでしょう?

面接官としては「この学生本当にわかって質問してるのかな…」と不安になってしまいますよね。そんなことの無いように、ある程度の知識を持っておきましょう。そして「なるほど納得」という顔をしながら話を聞くようにしてください。場合によっては「RubyMineではなくEclipseなんですね?」と質問しかえすのもアリです。この場合、しっかりと理解してますよというアピールができます。

平均的な一日の流れを教えていただけますか?

実際に働く姿が知りたいという姿勢をアピールできるのが「平均的な一日の流れを教えていただけますか?」という質問です。メールのチェックや会議など、仕事には様々な付帯作業がつきものですが、それらについて知ることが可能となります。

好印象を残すポイント

この質問をしますと「午前中はメールのチェックをして、作業。午後はお客さんとの打ち合わせか、自社での作業が多いかな。」といった回答が得られるはずです。それに対し、興味を持っていますという雰囲気を出すことが大切です。この場合ですと「もし入社できれば、一刻も早く打ち合わせに同行できるよう頑張ります」といったことを伝えられれば、興味を持っていることに加え、前向きな姿勢のアピールにもなります。

ITの知識や技術の他に大切なものはありますか?

IT業界といえばプログラミングというイメージもありますが、そこで働くためにはプログラムだけ書ければよいというワケではありません。むしろプログラミング自体は作業量としてそれほど多くありませんし、それほど重要視もされていません。

むしろ、クライアントと間違いなくやり取りできるコミュニケーション能力や、誰が読んでも分かりやすいドキュメントを作れる能力などが重要です。この「ITの知識や技術の他に大切なものはありますか?」という質問からは業界研究をしっかりと行い、IT業界の事情をある程度理解しているという感じを演出できます。

好印象を残すポイント

この質問で好印象を残すためには、「とにかく御社のことについて知りたいんだ!」という雰囲気を出すことです。面接官は何かしらの答えをくれるはずですから「一言も聞き漏らすまい」といったアクションが必要となります。目をじっとみて、時々うなずいてみる。そういったボディランゲージも欠かせません。

コレはNGな逆質問とは?

おすすめの逆質問があるということはおすすめできない逆質問もあるということです。コレはNGとなってしまう一つ目のポイントはネガティブな質問です。

例えば「残業ってどれくらいありますか?」という質問をされたら面接官はどう思うでしょう。いやがうえにも「残業が多いって答えたら断るつもりなのかな…?」なんてことを考えてしまいます。これでは好印象を与えることは不可能です。そこまでの面接がうまくいっていたとしても、この一言ですべては帳消しになってしまいます。

ネガティブさを感じさせてしまう質問としては「若手の離職率はどれくらいですか?」であったり「ノルマなどはありますか?」なども挙げられます。いずれにしても「会社に入りたい」という気持ちが伝わってこないですよね。

これはNGな二つ目のポイントは調べればわかるようなことを質問してしまうということ。例えば「御社の主要な商品はなんですか?」なんて質問を考えてみましょう。それはきっと企業のホームページで公開されていますよね。しかも「そんなことも知らずに応募してきたの?」と思われてしまいます。会社に入りたいという気持ちは全く持って伝わってきません。当然ですがNGです。

また、最初に書いた通り「質問は特にありません」もNGな回答の一つです。「あっ…そうですか…」と面接官は拍子抜けしてしまいます。それでは面接通過は難しいですよね。

まとめ:これぞという逆質問でIT業界の内定をゲットしよう!

面接には欠かせない逆質問、IT業界に絞っておすすめの質問をご紹介してきましたが、気になる情報は見つかりましたか?結局のところ、面接で大切なことは「なにがなんでも御社に入りたいんです!」という雰囲気を出すことです。その情熱を上手く伝えることができたなら結果は自ずとついてくるものです。今回ご紹介した例を参考に、自分なりの逆質問を考えてみてください。

面接が不安?面接に受からない?ウカル面接対策、教えます。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ