【例文付き】IT業界に応募する時の自己PRの書き方を徹底解説!

はじめに

IT業界への就職や転職を考えている人にとって、自己PRは大切な要素のひとつです。

自分が一番アピールできる強みが何なのかをしっかりと見極めて、論理的に説明できるようにしましょう。

IT業界は企業の種類が幅広いので、どのような業種や職種があるのかを調べる必要があります。

自分が将来やりたいことのビジョンに照らし合わせて志望企業を絞っていきましょう。

ここでは、IT企業応募の際の自己PRの書き方のコツや例文を紹介します。

IT業界の自己PRのポイント

まずはIT企業に応募する際の自己PRを書く上でのポイントをいくつか紹介します。

特にIT業界では業務内容が多岐にわたるため、業界について正しく理解することが重要です。

基本的なことからITならではのポイントまでしっかりと抑えるようにしましょう。

希望する職種を決める

IT業界の志望動機を考える場合には、はじめに自分がどの職種に就きたいかをイメージする必要があります。

入社後どのような働き方をしたいのかという、将来のビジョンを持っていることが大切です。

IT関連の職種は多岐に渡るので、業界経験がない人は特にしっかり調べておくといいでしょう。

システムエンジニア、プログラマー、クリエイター、セールスエンジニア、サポートエンジニア、ネットワークエンジニア、webデザイナー、サーバーエンジニアなど、それぞれ業務内容や得意分野が異なります。

自分の強みを活かせる職種は何かを見極めて、より効果的な自己PRを作れるようにしましょう。

新卒採用で職種を選ばない場合でも、やりたいことが明確であるほうが意欲は高いと見られます。

その職種を目指す理由を明確にする

具体的な業務内容を確認し自分が目指すべき職種が決まったら、次に自分の中でその職種を目指す理由を整理しましょう。

興味や関心を述べると同時に、学ぶ意欲や将来的に目指す自分像などを含めることで具体的な自己PRを作成できます。

その業種に興味を持ったきっかけや将来の期待を書き出してみると、自己PRを書く際に必要な業務に対する自分の考えを把握するのに役立ちます。

IT系の知識を活用してオリジナリティを出す

基本的な内容が書き出せたら最後にもう一度業種ごとの特徴を確認し、自分の中でその業界で武器になるものを探しましょう。

自分の中に関連するIT知識があれば積極的にアピールしましょう。

また業務内容に関係するような経験がある場合も自己PRに含めましょう。

自己PRには個性が必要です。

自分ならではの武器を見つけて周りとの差別化を図りましょう。

企業が求める人材像は?ITに向いている人のタイプ

同時に、その企業がその職種にどのような人材を求めているかを知っておくことも重要です。

企業の社風や職場の雰囲気もわかるとよりいいでしょう。

例えば、「若手社員が多くオープンな社風で、自分からどんどん提案する積極的なタイプの人材が合っている」という場合もあれば、「チームに経験者が不足しているので、新人に教えられる人のほうがいい」という場合もあります。

新卒の場合は説明会やOB訪問などで生の情報を集める、既卒経験者であれば面接時に質問したり、求人情報や転職エージェントを利用して配属先のプロジェクトの状況を聞いたりという方法が考えられます。

一般的に、IT業界またはエンジニアに向いている人は「論理的な考え方ができる」「チームで働くことができる」「コツコツと地道な作業ができる」などが考えられます。

自己PRではこれらの点も意識してみましょう。

 

IT業界への魅力的な自己PR作成のコツ

IT業界の志望動機で好印象を獲得するにはどのようなことを意識すればいいのでしょうか?

企業の印象に残るためにはいくつか意識すべきポイントがあります。

以下のポイントを意識して、志望動機を作成してみてください。

結論や要点は最初に明示

まず、志望動機における結論や要点は最初に明示しましょう。

つまり、志望動機でいうと、志望理由そのものを簡潔に最初に示しておくのです。

そうすることにより、初めてあなたの話を聞く企業側も、話を聞きやすくなります。

「これからこの話をします」と道筋を立てることで企業の印象にも残りやすくなるのです。

結論は最初に明示してください。

具体的なエピソード

志望動機には具体的なエピソードを用いましょう。

実は、エピソードは一つでいいのです。

エピソードは多いほうがいいのでは、と思われる方も多いかもしれません。

しかしそうではないです。

企業から求められているのは量よりも質なのです。

エピソードを掘り下げることで学生の人柄があらわれます。

企業は就活において一貫して学生の人柄を見極めています。

エピソードは一つ選んで具体的に説明することを意識してみてください。

数字を用いた説明はイメージしやすい

数字を用いてエピソードを説明すると、具体的にイメージしやすいのです。

数字を用いると、成果や苦労が伝わりやすくなります。

例えば、どのくらいの期間(日数や時間)でどの程度成果を上げたのか(順位など)説明しましょう。

エピソードによって数字を用いて説明できる項目は変わります。

自分のエピソードで数字を活用できる部分がないか考えてみてください。

企業に貢献できる意思をアピール

志望動機は、自分がどのように企業に貢献できる人材なのかをアピ―ルしましょう。

志望動機で取り扱ったエピソードや、人柄が企業にどのように役立つか自分からアピールしてみましょう。

企業は一緒に働く人材を探していますから、自ら企業の役に立つ人材であることをアピールする人材は魅力的です。

企業がどのような人材を求めているのかよく研究して、企業にあったアピールをしてください。

自己PRはPREP(プレップ)法で書く

文章を作成する際には、PREP法を意識してみましょう。

PREP法というのは、「Point ・ Reason ・ Example ・ Point」の略で、文章作成における「型」のようなものです。

例えば、「(私にはリーダーシップという強みがある=Point)(なぜなら、学生時代にリーダーとしてチーム全体をまとめていたからだ=Reason)(例えば、チーム全員の名前を覚え、日頃から声がけをするようにしていた= Example )(そうすることで、チーム全体からの信頼を蓄積し、結果的にチームをまとめることができた。私には信頼される存在になるためのリーダーシップがある= Point)」のように作成することができます。

PREP法を意識することで、読み手にとってわかりやすい文章作成ができるので、是非参考にしてみてください。

IT業界の自己PR例文

それでは実際にIT業界に応募する際の自己PRの例文を紹介します。

今回はIT企業での業務経験のある転職の場合と、IT経験のない転職もしくは新卒の場合の2パターンに分けて紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

IT経験者の転職の場合

「前職ではSierのプリセールスとして、業界を代表する企業に対し提案を行ってきました。

しかし、今後は最新の技術を有する自社プロダクトを顧客に提案し市場をリードする仕事をしたいと考え、貴社に応募しました。

現職では、10年間の大手企業を対象としたプリセールスの経験と実績があります。

また、新サービスの立ち上げも経験したことで、AIのような新しいプロダクトをどのように市場に浸透させていくかについてのポイントを学ぶことができました。

貴社の技術領域であるAIは、革新的な技術進歩が期待される分野として以前から強い関心があり、1年前からAIの勉強を始め、ジェネラリスト検定を取得し、技術系のウェビナーにも定期的に参加しています。」

ポイント

経験者の転職の場合は、自己PRにてスキルと経験、成果についてをアピールすることが重要でしょう。

前職でどのようなプロジェクトに関わったか、どのような業務を任されたか、どのITスキルを活かせるかなどです。

自分が携わったことでどんな成果が得られたか、客観的に業務改善の前と後について数字で示すとより良いとされます。

ただし、高い経歴やエンジニアとしてのスキルを持っていても、就労意欲が低かったりコミュニケーションに難があったりするようでは採用には結びつきません。

ITの仕事はパソコンに向かっているだけではなく、プロジェクトや部署のメンバーとの打ち合わせがあり、ときに顧客や外部業者とコミュニケーションを取ることもあります。

自己PRの内容としてビジネスマナーはもちろん、チームワーク良く仕事ができるという点をアピールする書き方をする必要があるでしょう。

前職での仕事のエピソードを交えて、説明ができると説得力が増します。

業界未経験者・新卒の場合

「私の強みは計画性です。

現在私は就職活動をしていく中で、分単位でのスケジュール管理を徹底しています。

例えば、「15時10分〜16時50分まで授業で、16時50分〜17時10分まで休憩…」といった感じです。

スケジュール管理を意識するようになったのは、「大学の授業とバイトとサークルを両立する為には、分単位での管理が必須」ということに気づいたからです。

大学時代を精一杯充実させる為にも、一つ一つの事柄を分単位で管理することで無駄なく効率的にこなしています。

私のこの強みは、貴社の多忙な業務の中で、複数のタスクを納期内に効率的にこなすという形で発揮することができます。」

ポイント

IT業界未経験者や学生の場合は前職の経験を活かすことはできませんが、未経験歓迎の企業も多くあるので人柄やポテンシャルを評価されるような自己PRを作りましょう。

「私の強みは○○です」と結論から入り「前職は別の業界でしたが…」「学生時代には…」という具合に、今まで力を入れてきたことのなかで、自分の強みや長所を説明できる要素になるエピソードを話すといいでしょう。

「自分の強み・長所がわからない」という方は、前職やアルバイトなどの職務経歴から、自分にはどんな仕事が得意で評価を受けたことがあるかなど振り返ってみると良いでしょう。

また、自分の考える弱みや短所を例挙し、その要素をポジティブな表現に言い換えることで、自分の弱みや短所から強みや長所を導き出すという方法もあります。

例えば「優柔不断」は、「柔軟性」や「臨機応変な対応力」に言い換えることができ、「心配性」は「計画性」、「神経質」は「几帳面」など、真面目な性格ゆえの弱みや短所もポジティブな表現をすることによって強みや長所に変えることができます。

また、「現在独学でPL/SQLとPealの勉強をしています」「大学ではJava、XML、C++を習得しました」のように、就業経験がない代わりに自分なりに学習していることをアピールすると意欲が伝わりやすいので効果的でしょう。

まとめ

このように、IT業界への自己PRは具体的かつ論理的に自分の強みをアピールすることが重要です。

志望企業に入社後、どのような職種に就いて、どのような働き方をしたいのかが明確であるほど、採用担当者の目に留まる魅力的な自己PRといえます。

そんな自己PRでほんとに大丈夫?
1人でわからない事はプロと2人で​。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

RANKING人気記事ランキング

  • 【満足度90%以上!!】【即日内定もアリ!!】日本で唯一の『内定にコミット』する就活サービス ジョブコミット
  • 営業就活ドットコム
  • HR Community

広告掲載をご検討の企業さまへ