逆質問で印象アップ!インターンシップ面接を乗り越えるには?

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

リリース記念!今だけプレミアム会員としてご登録いただけます!
学生が企業などで実際に働く体験ができるインターンシップ。学生にとっては憧れの業界や企業のリアルなビジネスの現場を肌で感じることができ、企業側としては新卒採用の下見ができるwin-winなイベントです。ぜひ参加して就活への下準備をしたいところですが、そのためには採用面接をパスしなければなりません。面接では様々なことが聞かれますが、「何か質問はありますか」という“逆質問”も定番の質問です。ソツなく答え、面接突破の可能性を上げましょう。

なぜ聞いてくるの?

そもそも、企業はなぜこの質問をしてくるのでしょうか。「志望動機は」「自身の長所・短所は」といった内容の質問なら、志望度の高さや本人の性格を探ろうとしていることが容易にわかるでしょう。そういった質問に対して逆質問はテーマがあやふやで、単なる学生への気遣いにも思えるかもしれません。しかし実は、この質問によって企業は「どれだけ自社やその業務内容に興味を持っているのか」を見極めようとしています。本当に興味があるなら、気になることの1つや2つはあるでしょう。また、「絶対に入りたい!」と思っていれば少しでも自分をアピールしようと思うのは自然なことです。そういった学生の興味や熱意、やる気を計るためにこの質問を投げかけているのです。

こんな質問はNG!

そのため、逆質問に対し「特にありません」と言ってしまうのは避けるべきです。関心の低さを露呈しているようなもので、面接官からすれば「その程度か」と感じてしまう危険性があります。しかし、「とりあえず聞いとけばいいだろう」という態度もNGです。ホームページや資料を見ればわかるようなこと、例えば企業理念や従業員数などを聞いてしまうと、「調べればわかるのにやっていない=関心度が低い」と思われてしまうでしょう。また、福利厚生に関する質問もオススメできません。業務内容や企業のビジョンなどではなく制度に魅力を感じていると思われかねないからです。そうなれば、「別にウチじゃなくても…」と面接官が考えてしまってもおかしくはありません。

自分なりの狙いを持って

逆質問は単に疑問を解消するだけでなく、自己PRができるまたとないチャンスでもあります。自分なりの意図を持って質問をすることで、面接官に強い印象を残すことも可能です。例えば意欲をアピールしたいなら、具体的にその企業で働く姿を想像しながら質問するといいでしょう。「インターンまでに勉強しておいた方がいいことはありますか」と、あたかも既にインターンシップの参加が決まっているような一歩踏み込んだ質問ならやる気が伝わります。質問の中に自身の長所をさりげなく織り交ぜるのもアピールになります。「粘り強い性格ですが、御社で働くにはどのような資質・性格が向いていますか」などと聞けば、話が広がるだけでなく自分を知ってもらうことができます。

相手への配慮も忘れず

また、面接官は事前に答えが準備できるわけではありません。そのため話を盛り上げるためには「面接官が答えやすい質問」を考えるのも大事なポイントです。例えば「やりがいはありますか」などといった漠然とした質問をしてしまうと、面接官もあれこれ考えてなかなか話が広がらないかもしれません。少し聞き方を変えて、「仕事で一番嬉しかった瞬間はどんなときですか」と聞けば、具体的なエピソードを交えて話してくれるでしょう。コツとしては「5W1H」を意識しながら質問を考えると、答えの範囲が狭まって面接官も話しやすくなります。また、こういった内容の質問なら、その場しのぎではなく、しっかりと考えてきていることも伝わりますから、さりげなく意欲の高さをアピールすることにも繋がります。

アピールチャンスは逃さずに!

逆質問は内容次第で相手に好印象を与えることができます。その機会を逃さず、しっかりと的を絞った質問をして自分の意欲やガッツをアピールしましょう。質の高い質問を準備しておけば、面接官も思わず「おっ」となるのではないでしょうか。  
就活市場公式LINEアカウント 友だち登録はこちらから

RECOMMEND おすすめ記事

内定にコミットする就活サービス ジョブコミット