インターンシップで交通費を節約!交通費支給のあるインターンシップについて

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

就活で発生する費用は、ほとんどが就活生の自腹です。とりわけ地方から都市部の企業へ遠征にくる就活生にとって、交通費や宿泊代は大きな出費にもなってしまい、こうした出費が原因になって志望の企業を断念しなければならないこともあり得ます。

ただ、インターンシップに関しては、交通費の支給をしてくれることもあり、就活にかかる費用を抑えたいという就活生にとってはありがたいところです。そのため、インターンシップの交通費支給は大いに活用したいですが、いろいろと就活生の思惑通りにはいかない点もあります。

ここでは、そんなインターンシップの交通費に関するアレコレについてご紹介します。

交通費支給のインターンシップで就活費用を節約する

そもそも就活には、交通費を中心に15万円から50万円ほどの出費がかかるともいわれています。そのため、就活を本格的に始める前に、しっかりと蓄財をして就活に臨みたいところです。

しかしながら、学生生活などを続けながらこれだけのお金を稼ぐのは、やはり簡単なことではありません。そのため、蓄財をしておくだけでなく、就活にかかる費用を節約する方法もしっかり身に着けておきたいところです。

インターンシップなどには、交通費支給をしてくれるものもあり、就活を有利に進める上ではこうした類いのインターンシップに積極的に参加するのも一つの手です。

インターンシップの中には交通費支給だけでなく、給料が発生するものもあるため、就活しながら蓄財するには適した就活イベントでもあるのです。

インターンシップの交通費支給の違いについて+

1705_2_81 (2)

インターンシップの交通費支給は、全額支給されることがある一方、支給の上限が設定されているなど、それぞれのインターンシップで違いがあります。

全額支給されるインターンシップであれば、参加者としても文句はないでしょうが、上限が設定されている場合や、一律○○円までという決まりがある場合は、特に遠方から来る就活生にとっては不利になってしまいます。

もし、インターンシップに参加している会社から支給された交通費が、実際にかかった交通費を大きく下回っていたような場合、交通費申請のタイミングで会社側に相談してみるというのも一つの手です。もちろん、会社によっては請け合ってくれないこともありますが、あまりにも実際にかかった交通費と支給された交通費の差額が大きい場合は、対応してくれる場合もあります。

そういうときに、きちんと対応してくれるかどうかは、会社の良し悪しを判断する良い材料になります。

交通費が支給されやすいインターンシップとは

なかには、交通費支給をしてくれないインターンシップもあります。サマーインターンシップや冬のインターンシップなどの短期インターンシップは、交通費支給をしてくれないことが多い一方で、長期インターンシップは交通費を支給してくれることが多い傾向にあります。加えて、長期インターンシップは給料が発生することも多く、遠方からの通勤でも安心して参加することができるようになっています。

もし、交通費支給のあるインターンシップを探しているなら、短期ではなく長期インターンシップを中心に探してみても良いかもしれません。

長期インターンシップは交通費や給料が支給されるだけでなく、志望する企業に対して自分をアピールする格好の場にもなります。就活を有利に進めるためには、こうした長期のインターンシップを中心に参加してみるのも一つの手でしょう。

インターンシップの交通費支給で注意したいこと

インターンシップなどの交通費は、基本的に公共の交通機関を使用した場合のみ支給されます。

公共の交通機関というのは、バスや電車、新幹線、また航空機などを指します。したがって、自家用車などで移動する場合は、ガソリン代がかかったとしても、その分の交通費は支給してくれないのが一般的です。

一方、公共交通機関を用いて移動する場合、どのような移動手段を使っても基本的に問題はないと考えて良いでしょう。

たとえば、交通費を全額支給してくれるインターンシップの場合、バスを利用すれば交通費を安価に節約することもできますが、夜行バスなどで夜通し移動しなければならないなど、移動の負担は増大してしまいがちです。そういう場合、より高額な新幹線を使って移動したとしても、その移動にかかった交通費は全額支給してもらえるはずです。

もし交通費支給でわからないことがあったら、遠慮せずに担当者に相談してみると良いでしょう。

安易な交通費の節約はしないようにしよう

1705_2_81 (3)

交通費支給は就活生にとって大きな費用の節約にもなります。それだけに、実際にかかった交通費よりも多めの金額を申請するなど、ルールに反した行動を取る人も中にはいるかもしれません。

しかし、ネットなどで簡単に自宅からの交通費を調べることができる時代にあって、そのような行為が判明したら印象を大きく悪くしてしまうこともあるので、交通費の申請は正直にすることが大切です。

就活市場でしか手に入らない
マル秘お役立ちブック!
  • 就活市場が教える様々な業界の"リアル"
  • 例文付きの正しいエントリーシートの書き方

などなど、ここでしか手に入らない就活市場限定のオリジナルブックを今すぐダウンロードしよう!

今すぐ無料ダウンロード

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CATEGORY RANKING 「インターンシップ」人気記事ランキング

POST RANKING 人気記事ランキング

広告掲載をご検討の企業さまへ