観光業界のインターンシップ希望者必見!志望動機の書き方

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

2019年卒限定 早期マッチングイベント

観光業界は大変幅広く、旅行代理店などの旅行業、鉄道や飛行機などの運輸業、飲食業、ホテルなどの宿泊業などのほか、お土産の製造や観光施設の運営なども含まれます。一般的には旅行業界を指すこともあれば、サービス業として区分されることもあるでしょう。観光に関わるインターンシップを探している学生の志望動機はどのようなものが考えられるでしょうか。ここでは、選考突破につながる観光業界のインターンシップ志望動機について紹介します。

観光業界を取り巻く環境

観光業界は、日本の産業の中でも最も変化が激しい業界のひとつといえます。景気や海外の経済動向にも大きく影響されます。消費者が求めるサービスも多様化し、業界内の競争も激化しています。海外からの観光客の数も増え、日本の観光業界は国際化の波を多いに受けています。観光というキーワードでインターンシップを探す場合には、単純に「旅行が好きだから」という気持ちでは選考を通ることは難しいでしょう。志望する企業に入社してどのような夢を叶えたいのか、どのように企業に貢献できるのかを明確にすることで、企業への志望度の高さを示すことができます。インターンシップとはいえ、観光業界は旅行業界をはじめとして学生に人気が高い業界です。他の学生では言えない自分らしさのある志望動機を説明できるようにしましょう。

どのようなプログラムがあるか調べよう

Business colleagues working and analyzing financial figures on a digital tablet

まず、どのような企業でインターンシップの募集をしているか調べましょう。企業名で選ぶ場合も業界で選ぶ場合も、インターンシップのプログラムについて必ず調べましょう。さらには、その企業のインターンシップの目的は何かを見極める必要があります。大手企業の場合、優秀な学生を囲い込んで、プログラム終了後に内定を決めることもあります。その場合、インターンシップの選考も厳しいものになるので、入念な準備が必要でしょう。また、多くの学生を参加させて企業ブランドを高めたり、応募数を増やしたりすることを目的にしている企業もあります。闇雲に選ぶのではなく、インターンシップで何が学べるかを事前に調べることが重要と言えます。

なぜ興味を持ったのか考えてみる

次に、なぜその業界に興味を持ったのか考えてみましょう。そもそも、なぜ観光業界なのでしょうか。「子供のころからの夢」「両親や家族の影響」「学校で専攻したこと」「自分の旅行や留学の体験」「ニュースや書籍で学んだこと」など、さまざまな要素から観光や旅行の業界でインターンシップがしたいと思ったはずです。その個人的なエピソードを深掘りして、志望動機につなげましょう。また、自分がインターンシップに求めることは何かも考えてみることが大切です。就業体験がしたいのか、その特定の企業の職場の雰囲気が見たいのか、インターンシップで何を学びたいのかを紙に書き出してみるといいでしょう。

その企業でなければならない理由は?

Student Computer Learning Education Insight Concept

最後に、なぜ競合他社ではなくそのインターンシップに惹かれたのかを考えてみましょう。もし大手旅行代理店のA社とB社が同様のインターンシッププログラムを提供していたらどちらがいいでしょうか。選考過程で質問されるかもしれないので、考えておいたほうがいいでしょう。例えば、「観光業を通して地域の活性化を目指したい」というだけでは、具体性に欠けます。「その夢を叶えるために、業界で最も○○に力を入れている貴社が主催するインターンシップで○○の知識を深めたい」というように、なぜその企業でなければいけないか、そして何を学びたいのかを説明するとより説得力のある志望動機になります。

志望動機は具体的かつ明確に!

観光をキーワードにインターンシップを探している方は、幅広い企業の選択肢があります。志望動機を作る際には、なぜその企業のインターンシップでなければいけないのかを明確にし、自分ならではのエピソードを交えて納得感のある説明をしましょう。

就活市場公式LINEアカウント 友だち登録はこちらから

RECOMMEND おすすめ記事

リリース記念!今だけプレミアム会員としてご登録いただけます!