志望動機では「なぜこの会社なのか」を伝えるのが大事!深掘りするポイントを徹底解説!

志望動機では「なぜこの会社なのか」を伝えるのが大事!深掘りするポイントを徹底解説!

はじめに

就活をする中で、ほとんどの企業で聞かれることになるのが志望動機です。

その中でも「なぜこの会社なのか」という企業比較は、頻出であるのと同時に多くの人が頭を悩ませるポイントでもあります。

「その業界に興味がある」というだけで「同業他社と比較してなぜ、と問われると困る」という人もいるかもしれません。

そんな方へ向けて「なぜこの会社に入りたいのか」ということが伝わり「本当に第一志望なんだ」という印象を持たせられるコツについて、ここではご紹介していきます。

最後には例文なども記載しておきますので、参考にしてください。

志望動機ではどこを見られているのか

それでは、まず志望動機では、一体どんなことを見られているかから押さえていきましょう。

志望動機というのは「私は、こういう理由でこの会社に入りたい」ということを書く場所ですが、それと同時に「こういう理由で選んでくれたのであれば、ぜひ一緒に働きたい」と思ってもらうためのプレゼンでもあることを忘れないようにしましょう。

その際、どういう点が特に見られているかについて、大きく3つに分けてここから解説していきます。

熱意

まず第一に「この会社じゃなければいけないんだ」という熱量がはかられています。

たとえば特にこれといった熱意がない「なんとなく」で志望している学生の場合、同業他社に内定をもらったことで自社の内定を辞退されてしまったり、せっかくの新人教育にコストをかけて実施しても会社に定着することなく、すぐに離れてしまったりする事態になりやすい実情があるのです。

それは採用側として避けたいところであるため、企業としては自身の会社で定着して働いてくれる人を選ぶ必要が出てきます。

その判断の根拠として、ほかの企業ではなく「ここで働きたい」という熱意があるかどうかを志望動機では、重点的に見られることになるわけです。

人柄

会社とは人と人が共同で何かをする組織です。

したがって、志望者の人柄が企業にあっているかどうかも重要視されるポイントです。

その他の条件が合っていても、社内の雰囲気や人間関係が原因で早期離職しまうこともあります。

そのため、どういった部分に価値観を置いているかなどから人柄をはかられることも多々あるのです。

人柄が合うか合わないかも重要ですが、それ以前に自己を開示しないような内容だと、人柄が判断できないために入社後のミスマッチを懸念されてしまうことにもなります。

就活では自己開示をしっかりすることも、大切な要素です。

適性

企業が求めている人材像と、学生の描いているビジョンや、重要視しているポイントが合っているかどうかも見られています。

「自分は仕事を通してこうなりたいんだ」というビジョンや目的意識があいまいな人材を採用するのは、入社後にミスマッチを起こすリスクが高いため、そういった要素が不採用の要因になることも多くあります。

ただ「働いてみないとわからない」ということもあるのは事実です。

したがって、多少抽象的になってしまうかもしれませんが、企業研究を通して理念や成長戦略など企業が目指す先は、しっかり把握しておきましょう。

志望動機で「なぜこの会社なのか」を重視する理由

ほかの会社ではなく「なぜこの会社なのか」という部分は、志望動機を答えるうえで、非常に重視されるポイントです。

加えて、重視されるということ自体はイメージできる方も多いのではないでしょうか。

そして、その理由をきちんと具体的に理解できれば、より効果的な志望動機を考えられます。

一度、就活生として志望動機を書く側ではなく、採用する側の視点に立って「なぜこの会社なのか」を重視する理由について見ていきましょう。

志望度を見るため

採用活動は、企業にとっても大きなコストとリスクをともなうものです。

就活生のスキルなども重要な基準の1つですが、志望度が低い方に内定を出してしまうことで、就業後の取り組みに対する積極性が低くなってしまうことだけではなく、それ以前に内定辞退されたり早期退職されてしまったりすることも避けなければいけません。

その中で、しっかり企業研究や業界研究をしてあることが示せれば「なぜこの会社なのかを具体的に話せる就活生は志望度が高い」といったように採用側からは判断できます。

あなたの価値観を知るため

あなたがどのような価値観をもっているかや、自社の理念や方針のどういった部分に共感しているのかといった角度から人物像を知ることで、自社の理念や社風などとの相性をはかりたいと採用側は考えています。

価値観の違いは、ときとして交渉やお互いの我慢では埋めきれない食い違いを産んでしまったり、本人だけではなく周囲のモチベーション低下やストレスとして顕在化したりすることもあります。

ほかでもなく「なぜこの会社にしたのか」という部分には、その人の重視している物事が色濃く反映されていると考えられるので、あなたの価値観をはかるために重視されるという側面があるのです。

「なぜこの会社なのか」を深掘りするポイント

「なぜこの会社なのか」が重視されている理由はおわかりいただけたでしょうか。

採用する企業側としては、同業他社と競合した場合の内定辞退や入社後のミスマッチを避けるためにも、志望度や価値観などをはかることで、企業にとって良い人材を採用したいと考えているわけです。

しかし、実際に書こうと思うとありきたりな動機になってしまったり、同業他社と区別をつけて書くことが難しかったりするものです。

ここからは実際に答えるにあたって自分にとっての「なぜこの会社なのか」を深掘りしていくためのポイントを解説していきます。

企業選びの軸を考える

就職活動において、企業選びの際に特に譲れない部分にあたるものを、企業選びの軸と呼びます。

この軸とは、企業を選ぶ際の基準になるので効率良く就活を進める際も役に立ち、企業側も重要視する傾向にあるのです。

軸について考える際は自己分析が前提になるため志望動機を書く前段階としても非常に重要であり「なぜこの会社なのか」という問いに対しても一貫した回答ができるようになります。

「すでに就活を始めているがまだ軸について意識していなかった」という人も、これまでどのように自身が企業を選んできたかを振り返ることで、逆算的に分析できるはずです。

そのほか、具体的にどうやって決めていくかがわからない方は、このページを参考に考えることをおすすめします。

https://shukatsu-ichiba.com/article/12362#link4

さまざまな業界を見てみる

早いうちから1つの業界に絞るのではなく、さまざまな業界のことについて調べてみることも必要です。

その業界がやっていることやそこの業界に行くとできること、それと自分のやりたいことを一つひとつ照らし合わせていくことで、それぞれの特徴が浮き彫りになってきます。

そうやって多くの業界を見たうえで志望度が高いところを絞っていき、そのあとで企業をチェックするようにしましょう。

まずは広く知るところから始めるのをおすすめします。

https://shukatsu-ichiba.com/article/13003#link4

その会社の特長をつかむ

いきなり自分の志望動機を考えるところから入らず、まずはその会社の特徴をつかむところからスタートしてみましょう。

会社のHPなどに掲載されている基本的な公開報はもちろんですが、インターンやOB/OG訪問で得た情報も整理し、その会社の強みや社風といった強みになるであろう部分を押さえていきます。

そういった情報をもとにして、自信がしたいことやできることが、実際にその会社で成せるのかを整理する必要があります。

競合との比較がおすすめ

1つの企業そのものだけを見て情報をまとめても、他社と比較した際の特色や強みを見つけることは非常に難しいです。

競合する他社と比較をしていくことで、それぞれの違いや共通点が始めてわかってきます。

その過程を経て、その企業が業界内においてどのような特色や強みを持っているのかがはっきりとしてきます。

そうすることでより具体的にその企業の特徴をつかむことができ「なぜこの会社なのか」について言及した際、説得力が出てくるでしょう。

キャリアプランを考える

実際にその会社に入社したあと、自分がどのようなキャリアを歩んでいきたいかを考えることも必要です。

前提として企業研究や自己分析は必須であり、入社後のことを具体的にシミュレーションをしていることで、志望度の高さを印象づけられます。

実際にどのようなキャリアを歩むことができるかについては、会社のHPやナビサイトを活用してどう成長していけるのかを調べたり、OB/OG訪問でキャリアについて直接質問してみたりするのも良いでしょう。

「なぜこの会社なのか」のNG解答例

志望動機において「なぜこの会社なのか」は特に重要視される部分です。

しかし、必ずしも自分視点での動機を書けばそれで良いわけではありません。

企業にとって、望ましい人材であるという印象を与えられるかどうかが大事になってきます。

どういったことに注意を払うかや、より良い志望動機の考え方について前項までは解説してきました。

それに加えて、ここでは逆に悪い印象を与えてしまうであろう、NG解答例の紹介をしていきましょう。

給与が高い・福利厚生が充実している

その企業の業務や理念などではなく、待遇を中心にした解答は避けるべきです。

仕事内容に興味がない、また積極性や熱意も低いと捉えられることにつながり、非常に悪い印象を与えます。

また、給与や待遇のより良い競合他社があった場合内、定辞退や早期退職も考えられるため、そのリスクを避けるために採用を見送られることもあります。

実際に給与や待遇が良く、それが自身にとって大きな動機であったとしても、それを伝えることは採用の動機にはなり得ないため気をつけましょう。

その企業でできないことを話す

これは致命的なミスであり、意識していないとやってしまいがちなポイントでもあります。

たとえば、海外進出はまったく視野に入れず、地域密着型で事業をこれからも進めていこうとしている会社に対して「語学力を活かした海外への商品展開をしたい」というアピールしてしまった場合のことを考えてみましょう。

現在の会社が行っている事業への熱意の低さや、企業研究をまったくできていないことが相手へ明確に伝わります。

一見、どの企業においても強みになりそうだという理由で語学力のアピールをしても、このように大きなミスマッチを産んでしまう場合があるため気をつけましょう。

志望動機で「なぜこの会社なのか」を答えるときの構成

ここでは「なぜこの会社なのか」について述べるときに、押さえておくべき構成についてお話しします。

仮にあなたには熱意があり、企業研究もしっかりしておりきちんとした「ここで働きたい」という意志があったとしても、それを伝えられなければ意味がありません。

「なぜこの会社なのか」を伝えるために、どういう構成で話したら良いのか、また各セクションにはどのような内容が適しているのかを3つに分けて解説していきましょう。

結論

まず端的に結論を述べましょう。

それによって以降の話はすべてその結論へ向かって進むことになり、わかりやすく、また説得力があるように感じます。

端的に、という部分もとても大切です。

結論部分にさまざまな説明や補足事項が含まれてしまうと「何が言いたいのか」があいまいになり、採用側は結論部分を探しながら話を追う必要が出てきます。

その結果、こちらの意図した内容が伝わらない可能性があるため、冒頭は端的にまとめるよう心がけましょう。

根拠

なぜ前項の結論に至ったのかという経緯をここで説明していきましょう。

自身の経験や持っているスキルについてや、その会社がもっている他社にない強みや社風について触れながら、結論に対して補足する形で「なぜこの会社なのか」という理由を肉付けしていきます。

ここで大切なのは、ただ事実を並べるだけではなく、結論に結びつくような根拠を示すことです。

ロジックにゆがみがないかどうかをしっかり確認しながら、このセクションを固めていきましょう。

どう貢献できるか

最後には必ず、入社後はあなたがどう会社に貢献できるのかについて述べましょう。

会社にとって自身を採用するとメリットになることがアピールできれば、採用に間違いなく近づけます。

「なぜこの会社なのか」という問いかけに対して考えるとき、この項目が抜け落ちてしまうことは多々あります。

就活の軸や最初に述べた結論と関連付けながら「この会社に入社したら自分はこのように貢献できる」という角度からの志望動機を用意し「会社が自分を選ぶ理由」をしっかり作っていきましょう。

「なぜこの会社なのか」の志望動機の例文

「考え方はわかったから実際に書こうと思ったけれど、いざやってみるとどう書いたら良いかわからない」という方もいるのではないでしょうか。

そういった方のために、2つのケースについて想定した例文を用意いたしました。

就活の軸や自身がまとめた企業研究の情報などをまとめたうえで、この例文を活用しながらまずは書いてみると良いでしょう。

また、例文の要素を抜き出してここまでに記載したポイントなどと照らし合わせながら、ぜひ復習にもご活用ください。

例文①:社風に惹かれた

貴社の「仕事自体を楽しみながらやる」という社風に惹かれて志望いたしました。

私はお客様となる方一人ひとりと向き合いながら、その笑顔が増やせるようなイベントを企画していく仕事がしたいと常々考えていました。

貴社の説明会でうかがった「まずは自分が仕事を楽しみ、それを伝播させる形でファンを巻き込んでいく」という考え方の中であれば、そういったイベントを通じて、世の中に笑顔を増やしていけると考え、第一志望としております。

仮に入社できた際は学生時代にライブハウスでアルバイトしていた経験を活かし、お客様の視点に寄り添いながら生の声を拾い上げ、よりファンの需要にフィットしたイベントの企画や演出を担当し、満足度を上げていけると考えております。

例文②:技術に惹かれた

貴社がARの分野で開発したPerceptual superpowersという技術に惹かれて志望いたしました。

Perceptual superpowersは拡張現実ヘッドセットを開発していく中で産まれ、視覚情報をもとに音情報の分析からノイズを軽減し、音声を再構成して装着者に伝えるという技術です。

これは、人間の耳と脳が持っている音情報の指向性を拡張現実の技術で再現する唯一の技術であり、AIを活用したウェアラブルデバイスによって聴覚を拡張できるという画期的なものだと思います。

この技術のリアルタイムに柔軟な調整を行うことができるという特徴は、難聴で苦しむ方一人ひとりに合わせ状況に合わせた補正ができるという、従来の補聴器にはない特性です。

この技術をより発展して実用化に近づければ、多くの方の日常生活を改善できると考えております。

VRアトラクションの開発に携わっていた経験と、難聴に悩む家族と生活してきた知見を活かし、より実際の現場に即した観点から開発に貢献できると感じ、第一志望とさせていただいております。

就活エージェントを活用しよう

さまざまなポイントやコツを押さえていても、実際に取り組んでみると意外と深掘りできていなかったり、違う企業を想定して書いた志望動機が似通ってしまっていたりするため、自分1人で内容を詰め切るのは難しいこともあります。

また、面接に臨んだときには思いがけない質問が飛んできて、慌ててしまうことも多くあります。

周りの就活生や先輩などに話を聞いてみても、やはり1人が体験したことだけにもとづいた話だけでは、自分にマッチした教訓にならないこともあるかもしれません。

そんなときは、志望動機のブラッシュアップや面接対策もしてくれる就活エージェントの活用がおすすめです。

特に、登録者の内定率が95%で年間1000人以上の就活生をサポートしている実績のある「就活市場エージェント」がおすすめです。

無料でアカウント登録できるので、ぜひご活用ください。

まとめ

志望動機の中でも特に重要性が高い「なぜこの会社なのか」を伝える方法について解説いたしました。

自分の就活の軸をしっかりとふまえ、しっかりと深掘りしていくことで、一貫した志望動機は誰でも書けるようになります。

この記事を参考にしながらぜひじっくりと取り組んでみてください。 もし1人で取り組むのに詰まってしまったときは、就活市場エージェントなどを上手に活用して、自分の志望する企業の内定を獲得していきましょう。

そんな志望動機でほんとに大丈夫?
1人でわからない事はプロと2人で​。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ