就活面接の自己PR、チャレンジ精神はアピール材料になる?

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

何かに挑戦していく姿勢、というのは働く中で非常に重要なものになります。それは誰にでもできることではなく、またチャレンジした人にしか見えない景色、というのも存在するのです。そんな気持ちや考え方を武器にしていて、面接でチャレンジ精神をPRしたい学生も多いことでしょう。

では、チャレンジ精神を企業の採用担当者にPRする際には、どういった部分を工夫すれば良いのでしょうか。また、反対に注意点などはあるのでしょうか。

今回は「チャレンジ精神」という要素を就職活動の面接でPRする際のポイントをご紹介します。実際の例文も記載しているので、このポイントのアピールを検討している人は参考にしてみてください。

大前提に、チャレンジ精神という言葉は使うべきではない

就活の面接では、様々な長所や個性を多くの学生がPRします。中には珍しいものもあるでしょうが、何千人もの学生の面接をこなしてきた採用担当者からすれば、一度は聞いたことがあるようなPRばかり、というのが正直なところです。

それは台本だけではなく、PRするテーマに関しても言えることですが、中でもチャレンジ精神や忍耐力、行動力といった要素はありがちなテーマと言えます。

学生側としても話を広げやすいテーマですし、気軽に企業側の人間に好印象をもってもらえそうなワードなので、好んで使われるのでしょう。チャレンジ精神をアピールすること自体は悪いことではないですし、むしろ有効なテーマではあるのですが、話す際には別の言葉に言い換えるようにしましょう。

連想ゲームのように、チャレンジ精神を別の言葉に言い換え、なるべく自分しか思いつかないような切り口で語れるよう意識しましょう。

具体的なエピソードも交えて話そう

チャレンジ精神に限った話ではないのですが、自分が相手に伝えたい長所を語る際には、できる限り実際に体験したエピソードも盛り込むようにしましょう。単純にチャレンジ精神があります、と口で言うよりも、相手の共感を得られやすいです。

また、エピソードをただ語るだけではなく、どういった過程でチャレンジしたのか、どういう部分を難しく感じ、そこに対してどういった工夫をしたのか、という部分まで話せると良いです。

それ以外にも、チャレンジをした動機についても話せるようにしておきましょう。実際に挑戦した話も魅力的ではありますが、企業の人間側が最も気にしているのは「どうして挑戦しようと思えたのか」といったきっかけに関する部分です。自分の話にはしっかりとその部分が語られているか、入念に確認しておきましょう。

チャレンジ精神を関連づけた自己PR例文

私は何事にも恐れずに飛び込んでいきます。

私がまだ高校生の頃、東北を中心に日本各地に甚大な被害をもたらした東日本大震災が起こりました。

今でも被災地の人々は助けを必要としており、毎年3月11日がきて、テレビなどで特番が組まれたり、新聞で報道されたりする度に私は胸を痛めていました。

高校生の頃とは違い、大学生になってからはバイト代を貯めたり、春や夏には比較的長い休みを貰えたりするようになりました。

この時間を無駄にしてはいけない、この時間だからできることをやらなければと強く思い、大学三年生の春休みに私は福島県でボランティア活動を行いました。

結果的にそこでの経験はかけがえのないものとなり、私の人生観や考え方に多大なる影響を与えました。

何よりも思ったことは、大学生のうちしかない長期休みを有意義に使えたことの満足感です。

この満足感、行動したことによる達成感があるからこそ、私は新しいことにどんどん挑戦していこうと思えるのだと思います。

貴社に入社した場合も、毎日がワクワクするような、そして過ぎた日々を後悔しないような毎日を送るために、常に物事に挑戦し続けていきたいと考えております。

そしてその姿勢は、私だけではなく、会社にとっても良い影響となるものと考えております。

内定が欲しい方へ
就活市場会員限定の特典
  1. 1.大手企業内定者推薦、就活の攻略資料プレゼント
  2. 2.内定率92%の、就活アドバイザーが徹底サポート
  3. 3.特別選考ルートのイベント情報を提供!その他多数

会員登録で内定に近づく
(無料)

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ