インターンを無断欠席したらどうなる?その後の対処法や謝罪例文について紹介

「忘れてた!インターンは今日だった…どうしよう」 「起きたら体調が悪い…今日のインターン行けるかな」 「もしインターン当日に行けなくなったらどうなるのかな」 インターン当日に欠席しなくてはいけないトラブルが起こったら、どのように対処すればいいか悩む方もいるのではないでしょうか。

この記事ではインターンを無断欠席したらどうなるのか、無断欠席してしまった際の対処法や、無断欠席しないためにどうすればいいのかを紹介します。

この記事を読むことでインターン当日へ向けての心の準備ができ、万が一無断欠席してしまった際でも冷静に対処ができるでしょう。

今後の就職にかかわる大切なインターンをしっかり終わらせられるように、欠勤する際の対応について知りたい方は、ぜひこの記事をチェックしてみてください。

インターンの無断欠席は避けましょう

基本的に、インターンの無断欠席はしてはいけません。常識がないと判断されたり選考に進むつもりがないと企業に受け取られたりして、その後に影響を及ぼす可能性があります。また、大学の印象まで悪くなることも考えられるでしょう。

企業や大学にも迷惑がかかることを考え、どうしても仕方のない場合以外、インターンの無断欠席は避けた方がいいでしょう。

インターンを無断欠席したらどうなる?

当日に何らかのトラブルが起こったとしても、無断欠席することは企業からの印象を悪くする可能性があります。今後就職活動をするのであれば、それがどんな影響を与えるのか想像してみてください。

ここからは、無断欠席したらどうなるのかの例を3つ挙げて紹介します。

採用のチャンスがなくなる可能性がある

無断欠席をすると責任感のない人物だと判断されて評価が下がり、採用のチャンスがなくなってしまうことが考えられます。インターン先企業に就職するつもりがない場合でも、系列企業へ無断欠席の情報が流れる可能性も少なからずあるでしょう。

今後の面接や選考のことを考え、自分の評価を落とさないように行動する必要があるといえます。

個人のみならず大学の印象も悪くなる

社会人になると、プライベートで何らかの問題が起こった場合に会社にまで責任が及ぶ可能性が出てきます。同様に、在学中に学生が問題を起こすと大学のイメージを落としかねません。

大学と企業が連携して実施しているインターンで無断欠席した場合は、なおさら大学側への影響が考えられるでしょう。

社会人になってインターン先の社員と会う可能性がある

就職した企業の取引先として、インターンを無断欠席した企業の担当者とかかわる可能性がないとはいえません。

相手先の担当者とかかわることによって業務に支障が出るとは限りませんが、印象が悪いよりはいい方が円滑に進められるでしょう。

インターンを無断欠席してしまった際の対処法は?

無断欠席してしまった場合、電話連絡がいいのか、担当者が忙しいだろうからメール連絡の方がいいのかなど、対処方法に迷う方もいるのではないでしょうか。

そういった方のために、社会人としてのおすすめの対処方法を紹介します。

連絡は基本的に電話がおすすめ

インターンの対応で企業の担当者は忙しくしていることが考えられ、メールをすぐに確認してもらえない可能性があるでしょう。インターンを無断欠席しなければいけなくなった場合は、基本的に電話での連絡をおすすめします。

またできるだけ早く欠席することを伝えるためにも、電話で連絡するようにしましょう。

電話が繋がらない場合はメールで連絡

前述したようにまずは電話で連絡しますが、担当の方が電話に出られなかった場合は電話に出た方に伝言を頼みましょう。

電話をした後に、メールでも伝言を残したことを伝え謝罪しましょう。

インターンを無断欠席してしまった時の謝罪例文

謝罪する際に、どんなことを伝えるべきか悩んでしまう方もいるでしょう。無断欠席すると、焦りからなかなか言葉が出てこないことも考えられます。

ここからは、電話で謝罪する場合とメールで謝罪する場合の例文を紹介します。悩んだ際は、参考にしてみてください。

電話で謝罪する場合の例文

電話が繋がったら大学名と氏名、簡単に要件を伝え、担当者に繋いでもらいます。電話をかける時間帯は、休憩に入っていることも考えてお昼は避けた方がいいでしょう。電話の場合は声で感情が伝わるため、誠意を持って謝罪することが大切だといえます。

「お忙しいところ失礼いたします。私、○○大学の○○と申します。本日のインターンシップ欠席の件でご連絡させていただきました。インターンご担当の○○様はいらっしゃいますでしょうか。」

「いつもお世話になっております。○○大学の○○と申します。本日、体調が優れないため欠席させていただきました。事後のご連絡となってしまい、大変申し訳ございません。」

「この度はご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございませんでした。今後このようなことがないよう自己管理を徹底いたします。それでは、失礼いたします。」

最後に、社会人のマナーとして相手が切ってから電話を切るように気を付けましょう。

メールで謝罪する場合の例文

担当の方は大勢の人とメールのやり取りをしている可能性があるため、メールを送る際は、件名で要件が伝わるようにしておきましょう。

謝罪と、機会があれば参加したいという熱意を担当者に伝えておくとなおいいです。また、電話をしたことをメールに入れると丁寧だといえます。

【件名】 〇月〇日インターンシップ欠席のお詫び/○○大学〇〇(氏名)

【本文】 株式会社〇〇 インターン担当 ○○様

いつもお世話になっております。 お忙しいところ、突然のメールにて失礼いたします。

○月○日の貴社のインターンに参加予定の○○大学の○○と申します。 本日、体調不良のためインターンを欠席させていただきました。 事後のご連絡とご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。

今後、このようなことがないよう自己管理を徹底いたします。 またインターンの機会がございましたら、参加させていただければと存じます。 その折は何卒よろしくお願い申し上げます。

○○大学○○学部 ○○(氏名) 連絡先:000-0000-0000

インターンを無断欠席しないためには?

ここまでは、無断欠席した場合の対処方法と無断欠席したらどうなるのかをお伝えしてきましたが、無断欠席しないためにはどうしたらいいのでしょうか。

ここからは、無断欠席しないために必要なことを紹介します。

スケジュール帳にしっかり書き込む

普段、決まった予定はどのように管理されていますか。社会人になると、他社にアポイントを取ることや打ち合わせなどのスケジュール管理は、必須といえます。大事な予定を忘れないためにもスケジュールツールを使い、ポップアップやアラーム設定するのも1つの方法です。

大事な予定を忘れることがないように、学生のうちからスケジュール帳に書き込む習慣をつけておきましょう。

また、スケジュール帳を持っていれば、インターン中に担当者からスケジュールを聞かれた際に、すぐに答えられるといったメリットもあります。

インターンの詳細を確認する

予定を忘れる以外にも、インターンに必要なものを準備できないことで参加をやめる人もいるのではないでしょうか。インターンを無断欠席したらどうなるのか、しっかり考えて行動する必要があるといえます。

インターンの内容や添付されている書類に見逃しがないかを確認し、持ち物を前日までに準備しておきましょう。

参加できなくなった時点ですぐに連絡する

インターンを辞退する場合、直前であればあるほど企業に迷惑がかかってしまいます。急用ができたり他の大事な予定と被ることが分かったりした時点で、すぐに担当者へ連絡しましょう。

無断欠席してしまった時と同様に、事前に連絡する場合もまずは電話をし、繋がらなかったらメールも送っておきましょう。

インターンを無断欠席しないように心がけよう

インターンを無断欠席すると、インターン先企業での評価が下がるだけでなく、就職活動や就職後の仕事に何らかの影響が出ることが考えられるでしょう。

何の連絡もなくインターンに来ないと企業側も心配するでしょうし、迷惑をかけることになります。また、大学のイメージも落としかねません。

無断欠席することがないよう、インターンのスケジュール管理、体調管理は徹底しましょう。

担当エージェントがインターンシップを紹介!
インターンシップ参加まで個別でサポートします。

インターンであなたのビジョンを実現まで
サポートを実施

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

RANKING人気記事ランキング

  • 【満足度90%以上!!】【即日内定もアリ!!】日本で唯一の『内定にコミット』する就活サービス ジョブコミット
  • 営業就活ドットコム
  • HR Community

広告掲載をご検討の企業さまへ