新卒就活生の最大の関門!二次面接の特徴と対策とは?

新卒の就活における大きな山場ともいえる二次面接は、選考プロセスの中で大変重要な意味を持ちます。

現場の責任者など複数の面接官との長時間に渡る面接を通して、一次面接よりも深い内容を質問されるため、しっかりと事前準備して臨む必要があります。付け焼刃的な回答はすぐに見抜かれてしまうでしょう。

ここでは、二次面接とはどのような意義があるのか、二次面接で見られるポイント、よく聞かれる質問とその対策について説明します。

【二次面接の特徴と質問対策】そもそも二次面接とは?

1705_1_186(3)

新卒採用の二次面接は最大の難関といわれており、通過率も低いという特徴がありますが、逆にいうと二次面接を通過すれば内定へ大きく近づくといえます。

一次面接はほとんどの場合人事面接や若手社員の面接で、社会人としての一般的なマナー、熱意や性格が見られます。また、最終面接は最終チェックとしての役員面接であるため通過率が比較的高いと考えられます。

一方で、二次面接は、現場の中堅社員や人事部門の管理職が行うことが多く、ゆえに会社のことをしっかりと調べて的確な受け答えをしなければいけません。一次面接で質問した内容をより深く掘り下げて質問されることも多く、あえて同じ質問を違う角度から聞くなどして回答の信憑性を探るケースもあります。

【二次面接の特徴と質問対策】見られるポイントとは

二次面接で見られるポイントは、その学生が入社してから会社で活躍できるかという点につきます。

面接官は採用権限のある現場責任者であることが多いため、すぐに辞められたり意欲や素質がない新卒に入社されたりすると業務に支障をきたすという思いもあるでしょう。そのため、より具体的に入社後何がしたいか、どのように貢献できるかという点を確認するはずです。

また、面接前に学生のエントリーシートと一次面接のフィードバックを確認しているので、二次面接において学生の回答に矛盾点がないか、就活の面接対策ではなく本当にこの会社に入りたいという熱意があるかを見るでしょう。さらには、次の役員面接に通していいかどうかも判断されます。

社風や役員の考え方にある程度合う候補者でないと選考を通るのは難しいと考えられます。

【二次面接の特徴と質問対策】二次面接は人事の見方が変わる

書類選考を通じて、実際に会って話をしてみたいエントリー者を選んだのち、一次面接では、いわば、その確認作業が行われます。

エントリーシートに書かれていた内容や、エントリーシートから受けた印象と齟齬はないか、社会人としての常識やマナーが備わっているかを主に確認するのが、一次面接です。

第一印象だけでも落とされる方もいる厳しい審査ではありますが、より詳しく知りたいと思われれば、二次面接へと進めます。

二次面接は、より絞り込みを行う段階です。

新卒としての定員をはじめ、各部署や事業部門の人材ニーズに基づき、どの人物を採用していくかの重要な選考作業です。

しかも、内定を出しても実際に入社してもらえなくてはニーズが満たせないため、人事目線も厳しくなります。

なぜ人事目線が重要なのか?

二次面接を突破するには、人事目線を意識することが重要です。

人事目線とは、自分が人事担当者だとすれば、どのような人材を採用したいと思うかの視点です。

多くの就活生は主観でアプローチするため、「どうにか気に入ってもらいたい」とか、「自分をよく見せたい」と、自分のすごいところを並べたり、逆に本音を隠して、いわゆるお手本のような回答をしたりします。

ですが、人事目線から見ると、必ずしも採用したいと感じるアプローチではないため、注意が必要です。

人事目線では、あなたの本音を引き出し、あなたの本当の人柄や意欲を確認したいと思っています。

自分を誇張したり、飾ったりすることなく、真摯に自分をアピールし、自分を客観的に分析して紹介していくことがポイントです。

人事が二次面接で何を見るのか?

二次面接では、あなたがその会社で仕事をしていくうえで、適性があるかや、仕事をこなしていける能力を備えているかをチェックします。

適性とは、職種や業務内容にマッチするかだけでなく、その会社の社風や職場の雰囲気、仕事のやり方などに合う人材かという、より具体的な目線から判断されます。

仕事をこなしていける能力とは、単に学歴の高さや学部や専攻した学科、資格だけでなく、会社ごとの仕事の流儀に合うかといった視点でもチェックが行われるのが基本です。

たとえば、ストレス耐性がありそうか、忍耐力があるかでや、自発的な行動力があるか、コミュニケーション力は高いかといった、企業ごとに求める人物像に基づき、チェックされています。

【二次面接の特徴と質問対策】二次面接を突破するためのポイント

書類選考に通り、一次面接をクリアしたら、難関の二次面接です。

どんどん応募者が絞られていきますので、ライバルたちに差をつけて、ほしい人材だと思わせなくてはなりません。

二次面接を突破して内定ゲットに近づくにはどうすればよいのか、大きく4つのポイントをご紹介します。

キャリアプランや将来のビジョンを明確化しておく

その企業に就職して何がしたいのか、どうなりたいのかキャリアプランや将来のビジョンを明確にしておきましょう。

どの企業でも通用するような、漠然としたスキルアップやキャリア形成をしたいという内容ではなく、その企業の業務内容や職種、キャリアシステムを踏まえて、具体的に描くことが大切です。

たとえば、店舗運営の職種なら入社後3年でチーフになり、5年目で店長を目指す、10年目にはエリアマネージャーになり、15年目には本部で店舗戦略に関わりたいなど年数などの目標を掲げながら、その企業での将来像を思い描くことがポイントです。

履歴書、一次面接で話した内容と一貫性を持たせて話す

自分の強みやその企業でやりたいことはそう短期間に変わるものではありません。

履歴書や一次面接で話した内容と大きく変われば、迷いがあると判断される場合や将来ビジョンやキャリアプランが描けていないと思われかねません。

営業職を希望していたのに、明確な理由もなく事務職を志望し、履歴書や一次面接では協調性が強みと語っていたのに、二次面接でいきなりリーダーシップ力に長けているなどとアピールすると面接官に懐疑心が芽生えてしまいます。

一貫性を持たせることで、その企業で活躍したい意欲がアピールでき、採用して安心と思わせる安定感ももたらせます。

自己PRは端的に1分程度で話せるように準備しておく

自分のよい部分を猛烈アピールしたいとばかりに、話が長くなる方、まとまりがなくなる方も少なくありません。

また、せっかくキッチリした構成の自己PRを文章で起こしたにもかかわらず、二次面接で緊張してしまい、思うように話せなくなってしまうケースも多いです。

二次面接でスムーズに、しっかりとした自己PRができるよう、1分程度でまとまった話ができるよう、原稿の準備とアウトプットの練習をしておきましょう。

レコーダーで録音し再生してみて、話す速度やメリハリ、わかりやすく伝えられているかセルフチェックをしながら練習するのがベストです。

細かなミスにも細心の注意を払う

ここまで来る過程では他社の二次面接に落ちた経験があるなど、ここで落ちるわけにはいかないという方もいるかもしれません。

残念な結果に終わった二次面接や一次面接も落ちてしまった企業での面接を振り返り、何がまずかったか検討しましょう。

敬語の使い方、文章の組み立て方、話す声のトーンや面接官の質問の受け方、質疑応答に至るまで、問題がなかったか細かなミスにも細心の注意を払うようにします。

【二次面接の特徴と質問対策】二次面接でよく聞かれる質問とは?

二次面接では一次面接と同じことをもう一度質問されることがありますが、より深く「なぜ」、「どのように」を質問されます。

例えば、「当社への志望動機を教えてください」という質問では、「なぜ他社ではなく当社なのか」、「他社とどのように違うのか」についても答えられるように準備しておく必要があります。同様に、「あなたの強みはなんですか」という質問に対しても、「その強みを活かしてどのような成果を出したか」と一歩踏み込んで聞かれることもあります。

「入社後にやりたいことは何ですか」という問いには、他社でも通用するような一般的な回答をするよりは、「○○部署でこのような働き方をしたい」というように、具体的かつ納得感のある回答が好ましいでしょう。人によっては圧迫面接と感じるような、あえてネガティブな質問をされることや、何度も「なぜ」と深堀り質問をされる、ということも考えられます。

【二次面接の特徴と質問対策】突破するテクニック

一次面接を突破して喜ぶのもつかの間、次の二次面接を突破しないことには最終面接へと進めません。

一次面接が人事担当者や若手社員などが中心になって、社会人としての適性や会社が求める人物像にマッチしているかを総合的な観点から人材のチェックを行うのに対し、二次面接では各部門の長など現場のリーダー的な社員が面接官となり、仕事や職種の適性や現場で欲しい人材かを見極めるのが特徴です。

一次面接とは面接官の立場や見るべき観点の特徴が異なる二次面接をいかにして突破するか、テクニックについてご紹介します。

一次面接で話した内容を振り返る

二次面接だから特徴が異なると言っても、一次面接の内容をまったく無視して新しく対策をとるという話ではありません。

二次面接でも、基本的にはエントリーシートなどで回答を求めた質問をベースに、質問が行われます。

一次面接では尋ねられなかった項目や同じ質問をより掘り下げて回答を求めてくることが多いです。

そのため、まずは一次面接で話した内容を振り返ることが大切です。

どんな質問をされて、どんな答えをしたかを思い返してください。

話した内容や聞かれた質問をノートに書き出す

頭の中で思い出しても、何となくのイメージになってしまうことが多いので、面倒に思えても、聞かれた質問と話した内容をノートに書き出してみましょう。

聞かれた質問を1つずつ書き出し、エントリーシートや履歴書などすでに企業に提出している書類で尋ねられた質問や内容と照らし合わせてみます。

その中で一次面接では問われなかった項目があれば、二次面接で問われる可能性もあるので、回答を用意するようにします。

また、すでに問われた質問も再び問われる可能性が大きいです。

そのため、一次面接でどのような答えをしたのか、しっかりと思い返して、書き出してください。

深堀りを想定して補足説明を考える

一次面接で問われた質問でも、志望動機や自己PRなど再び質問されるケースが多いのが二次面接の特徴です。

もっとも、別の角度から問われたり、より深く追求されたりする可能性が高いです。

たとえば、一次面接では「あなたの強みを教えてください。」という質問だったのが、「あなたの強みは〇〇ということですが、それを我が社でどう活かせますか。」といった質問が投げかけられることがあります。

答える内容としては想定内かもしれませんが、最初に答えるべき結論が自分の強みではなく、強みの活かし方になるので、答え方も注意しなくてはなりません。

また、ほぼ同じ質問をされたときも、一次面接で答えた内容をそのまま話せばいいわけではありません。

より具体的により深みを加えて話せるように、肉付けをしておきましょう。

すでにある志望動機や自己PRを見直す

志望動機や自己PRは一次面接で尋ねられても、二次面接でももう一度問われることが多い質問です。

エントリーシートなどに記載した内容と一次面接で実際に話した志望動機や自己PRを見直しましょう。

その上で、よりその内容をわかりやすく明確に伝え、入社への熱意や自分のアピールポイントがより魅力的に伝わるよう、肉付けや構成のし直しをするのがおすすめです。

あくまでも一次面接で答えた内容がベースとなり、まったく違う内容の答えを準備するものではありません。

とくに志望動機などがまったく違う考えになってしまうと、ブレが生じてしまいます。

ブレが生じると入社意欲や仕事に対する熱意などに迷いや揺れが生じているようにとられることもあるので、軸がブレることがないように深みを持たせることがポイントです。

志望動機はその会社でなければいけない理由を再度確認する

一次面接でも二次面接でも問われるケースが多い志望動機については、その会社でなければいけない理由を今一度確認し直しましょう。

一次面接を受けたことで、その会社への入社意欲がより高まれば、それを踏まえて深みを持たせることがおすすめです。

もちろん、一次面接で話した内容とブレが生じるような話にならないことが大切です。

一次面接を受けたことで気付いたことがあったり、考えが変わったりしたなら別ですが、そうでない限り、軸足をずらさないようにしましょう。

志望動機については詳しくは以下の記事も参考にしてください。

自己PRは入社後にどう活かせるのかを考える

二次面接ではより現場に近い人や、採用の決定権を持つ経営幹部などが面接官になるのが一般的です。

自己PRにおいては、自分の強みやエピソードを披露するより、入社後の活かし方について重点を置いて話せるようにしましょう。

自己PRについては詳しくは以下の記事も参考にしてください。

選考企業の事業や業務内容について確認する

二次面接を受ける企業の事業や業務内容について今一度確認し、想定される質問への回答を準備しておきましょう。

多くの就活生が複数の企業を受けるため、就活している間に別の企業の事業内容と混ざり合ってしまうことがあります。

他社の話をしないよう、よく見直しましょう。

詳しくは以下の記事も参考にしてください。

自分自身の将来のビジョンについて確認する

二次面接では将来どうなりたいのかが重視されやすいです。

その企業において、どう成長していきたいのか、明確なビジョンを描いて、具体的に語れるようにしておきましょう。

詳しくは以下の記事も参考にしてください。

【二次面接の特徴と質問対策】志望度の高さと論理的な説明力がポイント

1705_1_73 (2)

就活の難関である新卒採用の二次面接を突破するためには、高い志望度と熱意を持っていることと、その意志を明確に伝えられるかがポイントになります。

企業研究を十分にし、入社後活躍するイメージを面接官に抱いてもらえるようなアピールをする必要があるでしょう。

【二次面接の特徴と質問対策】二次面接前に準備すべきこと

二次面接では、採用のための絞り込みを行う段階として、より自社にマッチする人材であるかを厳しい目線でチェックされます。

では、二次面接に向けた対策として、どのようなことをしておけばいいのでしょうか。

問われる質問を想定しながら、人事目線のチェックを突破できる回答を準備しておくことが求められます。

どのような点に留意すればいいか、確認していきましょう。

経験を洗い出す

二次面接では、一次面接より、より踏み込んで、自社にマッチする人材であるか、自社に貢献できる人物であるかが見られます。

入社後に活躍できるかの確認は学歴や取得した技術などの表面的な点ではなく、実際に動けるのか、実際に技術を使いこなせるのかです。

それを知るために、面接の場で実際に仕事をさせたり、実践させたりするわけにはいきません。

ではどうするかといえば、過去の経験談を通じて、活躍できる人材かをチェックするのです。

そのため、面接官を納得させるだけの経験を、紹介できるようにしておかなくてはなりません。

学生時代の部活動やアルバイト経験、ボランティア活動など幅広く、自分の強みを証明できるような経験がないか、検討し直しましょう。

自分の経験と新たな企業でできることの確認

いくら輝かしい経験が見いだされても、それが志望する企業で活かせなくては、アピール材料にはなりません。

たとえば、部活動で県大会一位になった、ピアノコンテストで優勝した、災害ボランティアで社会貢献をしたなど、経験としてはとても素晴らしいことです。

それが、企業で仕事をしていくことにどう結びつけられるか、よく検討しましょう。

部活動やピアノ、ボランティアが志望する職種や業務内容と直接結びつく必要はありません。

経験を通じて得られたことや、備わった能力を活かせればいいのです。

たとえば、部活動で培われた忍耐力、ピアノで訓練された精神統一力、ボランティアで培った人を助ける精神などを、その企業にどう活かせるか考えましょう。

とにかく素直で即戦力

二次面接では、想定外の質問も来るかもしれません。

また、あなたが回答したことに対して、鋭い突っ込みや直球の質問、変化球の質問が寄せられることもあります。

それに対して、冷静、かつ素直に、自分の考えを伝えることが大切です。

答えに詰まってしまっても、それで即落とされるわけではありません。

真摯に考え、答えがまとまらないときや出てこないときは、そう素直に答えればいいわけです。

うやむやな回答をしないという姿勢を、きちんとチェックしてくれます。

一方で、企業分析をしっかり行い、その企業に自分がどう貢献できるかを考え、自分の強みや意欲を積極的に伝えましょう。

新卒であっても、即戦力として企業の一翼を担うという意欲を見せることが大切です。

まとめ

二次面接は、自社に適した人材であるか、入社意欲が強いかを厳しい目線でチェックされる段階です。

採用されたいとばかりに主観的にアプローチをするのではなく、人事目線で、面接官に、「採用したい人物」と思わせるアピールをすることが大切です。

学歴や表面的な能力をひけらかすのではなく、実際の経験を踏まえて、企業に即戦力として貢献できる実践的な力があることをアピールしましょう。

面接が不安?面接に受からない?ウカル面接対策、教えます。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ