共感力を自己PRするには?共感力の高さをアピールする方法や例文を紹介!

共感力を自己PRするには?共感力の高さをアピールする方法や例文を紹介!

自己PRで共感力をアピールしたいという方もいるでしょう。

本記事では、自己PRで共感力をアピールする際のポイントを例文を交えて紹介します。

本記事を参考に、魅力的な自己PRを作成してくださいね。

この記事を読んでわかること
  • 企業が自己PRを聞く理由
  • 共感力はアピールできるのか
  • 自己PRの構成
  • 共感力の自己PRの例文
この記事がおすすめな人
  • 共感力をアピールしたい人
  • 例文を参考に例文を書きたい人
  • 自己PRをはじめて書く人

【共感力を自己PR】企業が自己PRを聞く理由

企業はなぜ履歴書やES(エントリーシート)で自己PRを聞くのでしょうか。

企業の質問の意図を押さえることで、企業に響く自己PRを作成することができるでしょう。

以下で企業が自己PRを聞く理由を確認しましょう。

ポテンシャルを見るため

企業はあなたが入社後に活躍できる人材かどうかを自己PRから知りたいと考えています。

自己PRからあなたの強みを聞き、あなたの強みをどう活かして活躍できるのかを想像しているのです。

人柄を見るため

企業は自己PRから、あなたの人柄を知りたいと考えています。

企業はあなたの人柄を知り、企業や組織の雰囲気に馴染めそうか、求める人物像に合っているかを見ています。

企業があなたの人柄を重視する理由は、長く働いてほしいからです。

企業に馴染めなかったり、なかなか成果が出せないと離職の原因になってしまいます。

自己PRではエピソードの部分にあなたの人柄がよく表れます。

自己PRを書く際は、企業の求める人物像にあった人柄をアピールすることを意識してみましょう。

【共感力を自己PR】「共感力」とは何か

共感力をアピールする前に、自身の強みについての理解を深めることが有効です。

「共感する」とは、「相手の立場に立ち、同じ気持ちになるまたは気持ちを理解する」ということを指します。

共感力とは具体的にどのようなスキルを指すのか、以下で確認しましょう。

共感力とは
  • 相手の声を真摯に聞く力
  • 相手の思いをくみ取れる力
  • くみ取った気持ちに配慮して行動できる力

これら3つ力は具体的にどのようなものなのか、以下で確認しましょう。

相手の声を真摯に聞く力

相手に共感するには、相手の話を丁寧に聞かなければ始まりません。

できるだけ詳しく相手の話を聞かなければ、そもそも同じ立場には立てませんし、同じ気持ちにもなれません。

しかし、質問攻めで話を聞き出すのは違います。

相手の話を聞く力というのは同時に、相手から話を引き出す力も必要なのです。

相手の話をできるだけ多く詳しく引き出すには、信頼関係がなければなりません。

信頼関係は、丁寧に相手の話へ耳を傾けることで築かれるのです。

相手の発言を否定せず、真摯に相手の声を聞くことで、良好な信頼関係を築くことができます。

相手の思いをくみ取る力

共感力は表面的な理解でなく、相手が本当に望んでいるものは何かを的確にとらえられる力です。

話を丁寧に聞き取ったうえで、本当のその人の気持ちを理解することが重要です。

言いたいことをうまく表現するのが苦手な人もいますし、言いたくないこともあるでしょう。

そうした人の気持ちをくみ取り、理解しようと自然に努力をできる力が共感力です。

相手の話に耳を傾けるには自分以外の人間に興味がないとできませんし、想像力が乏しい人には難しいことです。

また、自分と違う意見であっても、受け入れて認められる力ともいえます。

ほかの人に自分のことを理解してほしいと思うのは、人間の本質ではないでしょうか。

相手が、自分のことを理解してくれていると感じて、はじめて共感したことになります。

くみ取った気持ちに配慮して行動できる力

共感力を持つ人は、同時に相手の気持ちを真摯に聞く力、相手の思いをくみ取れる力も備わっています。

共感力を活かすことで、相手との信頼関係を築くことができます。

しかし、就職活動の際に共感力をアピールしようとする場合には、もう一歩踏み込んで、相手の要求に応えられる力が必要です。

相手が求めているものが何かを理解できたら、それに応じて自分の行動を変えられる力も求められます。

就職活動でアピールする場合は、その力を使って、企業へどのように貢献するかをアピールしなければなりません。

企業が共感力の高い人物に何を求めているかを知り、企業の求める行動ができることもアピールする必要があります。

【共感力を自己PR】共感力はアピールになるのか

共感力は自己PRでアピールする強みとして有効なのでしょうか。

結論から言うと、共感力のアピールは効果的と言えます。

共感力は相手の意見を受け入れる力を指しますが、信頼関係の構築に大変有効です。

社内外の人々と円滑な人間関係を築くことができ、入社後に活躍できるでしょう。

共感力は、さまざまな業種で必要とされる能力です。

以下では、企業で具体的にどのように共感力を活かすことができるのかを解説します。

お客様のニーズを捉えられる

共感力は、営業職や接客業で活かすことができます。

例えば営業の仕事では、顧客のニーズを的確につかみ、ニーズに応える商品やサービスを提案する力が重要です。

そのため、じっくりと顧客の話に耳を傾け、顧客のニーズを引き出す際に共感力を発揮できるでしょう。

そして、お客様が納得し満足できる商品やサービスを提案することで、企業の売り上げに貢献できるでしょう。

チームワークを上げられる

チームで仕事をするような職種の場合には、円滑な人間関係を築き、チームワークを上げることに貢献できるでしょう。

共感力が高い人は、一人ひとりに目を配り配慮して行動できるため、チーム内の良好な人間関係の構築に貢献します。

そして、チームワークを高めることは、チーム全体のパフォーマンスを上げ、企業の利益につながります。

業務の円滑化に繋がる

共感力の高い人は、ほかの社員の気持ちをくみ取って動くことができるため、社内業務の円滑化に貢献することができます。

具体的には、社員に目を配り、困っているときや忙しくしている状況に気がつき、的確な助け舟を出すことができるでしょう。

また、それにより良好な信頼関係を築くことができ、自分が困っているときにも助けてもらえるでしょう。

このように社内の円滑な人間関係の構築が、業務の効率化に繋がり、ひいては社内全体の利益につなげることができるでしょう。

企業の求める人物像と照らし合わせてみよう

自分の考えている共感力は、志望する企業の求める人材像にマッチしているのかを検討する必要があります。

一般的に、共感力の優れている人物は、どの企業に入社しても役立つ強みとなって活躍できるでしょう。

しかし、面接などの採用時には、企業によって求める強みやスキルの優先度が異なってくるものです。

仮に、地域密着型で顧客に寄り添うことを軸にしている企業の場合なら、共感力のある人材は評価されやすいでしょう。

もし、成長することや革新を目指しているベンチャー企業のような会社では、共感力よりも主体性、行動力、創造力といった他の強みを持つ人材を評価するはずです。

これから志望する企業が求める人物像、社風、経営理念、企業ビジョンなどを必ず事前に調べておきましょう。

その中に、共感力について謳っている箇所が印象に残れば、自己PRで共感力をアピールする価値があると考えられます。

【共感力を自己PR】共感力を言い換えてみよう

共感力と聞かされて、悪い意味に捉える人は少ないでしょう。

しかし、それだけ汎用性が高くてあいまいな表現でもあり、抽象的なのでつまらない自己PRになりがちです。

そこで、具体的に自分らしい強みとして言い換えることで、アピール度が向上します。

オリジナリティのある表現を用いながら、採用担当者へ印象付ける方法を心得ておくことが大切です。

以下の内容を参考にしながら、共感力の言い換え方を考えてみましょう。

相手の意見を尊重できる

共感力は、相手の意見を尊重する力とも考えられるでしょう。

社会に出れば、学生時代よりも多種多様な人々との交流や接点が待っています。

中には、自分の意見と相反する場面が訪れることも知っておかなければなりません。

顧客の中には、思いも寄らない話をしだす人もいますし、同じ会社内でも、方向性や考え方が異なった上司や先輩、同輩も存在します。

もし相手の意見が自分と違っていたとしても、最初から否定せずにまずは理解に務めてみることをアピールするのに、おすすめの言い換え表現です。

相手の正しさが何かを判断して、自分の正しさと比べてみることで、大きな発見ができるかもしれません。

それを提案できるようになれば、より円滑な人間関係を築くのに役立ってくれるはずです。

相手の意見を尊重できることをアピールするポイントはこちら

傾聴力がある

傾聴力とは、相手の声に耳を傾けるスキルのことです。

共感力の優れている人は、それ以前に他者の話をしっかりと聴いて、自分に落とし込むことができています。

つまり、共感するためには、必ず相手の話に耳を傾けることが不可欠なのです。

人の話を聞こうとせず、一方的に自分の意見を発言する人物は、どこへ行っても煙たがられてしまうでしょう。

相手の話に耳を傾けつつ、その人の潜在的なニーズや心情を察する能力があるというのなら、共感力の代替としておすすめできる表現です。

傾聴力がある人は、相手の悩みや不満などを理解するので、適切なアドバイスができる場合もあります。

カウンセラーやコンサルタントなどの仕事を目指す人は、とくに傾聴力のスキルを問われるでしょう。

傾聴力をアピールするポイントはこちら

相手の立場に立って考えられる

共感力が高ければ、相手の立場になってものごとが考えられます。

相手の今の状況を考慮しながら、もし自分だったらどう思うかを想像する豊かさを備えている人物です。

誰かへ親身に寄り添うことに喜びを感じるのであれば、この表現がベターな言い換え方でしょう。

その際は、相手の考えと自分の考えに差が生じていたとしても、まずは納得できるポイントを探り当てて、うなずいてあげる姿勢が大切です。

自分のことを理解してくれる立場の人物へ初めて心を開くのが、順番として先ではないでしょうか。

相手の立場に立って考えられることをアピールするポイントはこちら

観察力がある

共感力があるということは、観察力があって鋭いともいえるでしょう。

相手の顔色や様子を伺いながら、どのような気持ちを抱いているのかが想像できるからです。

些細な動きや雰囲気から察して、寄り添うなどの適切な対応へと行動が移せます。

また、周囲への配慮ができて、適切なタイミングで相手をサポートできるはずです。

共感力があれば観察力も優れていて、優しい気持ちのままホスピタリティを発揮できます。

相手が何を言おうとしていて、どのような結果を得たいのかを、観察しながら見極められるのであれば、おすすめできる言い換えです。

観察力をアピールするポイントはこちら

相手を気遣うことができる

共感力がある人は、相手への気遣いが得意であるともいえます。

相手の立場や状況を察し、適切に振る舞い、行動することができます。

会社では、社内外さまざまな人と協力して仕事に取り組む場面が多くあります。

それぞれ持っている知識や置かれている環境などが異なる中で、相手に共感し、一人ひとりに合わせた気遣いができる力は、人と協力する上で大きな強みとなるでしょう。

また、接客やサービス業など、顧客への細やかな気遣いが重要な仕事を志望している場合も、この言い換え表現はおすすめです。

より詳しく知りたい方は、以下の記事もご参考ください。

信頼関係の構築が得意

共感力があることは、信頼関係の構築にも繋がります。

共感力が高い人は、相手の話に対して適切に相槌や声掛けができます。

適切な相槌や声掛けがあると、ちゃんと話を聞いてくれている、という安心感が生まれます。

加えて、自分に興味を持ってくれていると相手に思わせることもでき、親しみを感じてもらいやすくなります。

安心感や親しみは信頼に直結し、人との信頼関係は多くの仕事で重要な要素なので、おすすめの言い換え表現です。

こちらの言い換え表現に関しては、以下の記事もご参考ください。

周りを観察できている

共感力が高い人は、周りの人々に好意的な興味や関心を持ち、行動を観察することが得意、という言い換えも検討できるでしょう。

周りを観察する力があると、細かな気配りや先回りした行動など、柔軟に動くことができます。

また、周りへの関心が高い人は、相手の些細な話を覚えていたり、小さな変化を汲み取ったりすることができます。

相手との距離を縮めるきっかけとなり、信頼関係の構築に繋がることもあるでしょう。

この言い換え表現については、以下の記事も参考にしてみてください。

挑戦意欲が高い

人に共感するには、その分自分も様々な挑戦をしていることが大切です。

例えば、あなたに高い目標を目指したが挫折したという経験があった場合、同様の経験をした人に共感を示し、適切なコミュニケーションが図りやすくなるでしょう。

このように、挑戦意欲が高く様々な経験をした人は、過去の自分と相手を照らし合わせて、相手を気遣う対応を行うことができます。

共感力とは少しニュアンスが異なる表現ですが、企業の求める人物像とマッチする場合など、こちらの言い換え表現も検討してみるとよいでしょう。

より詳しく知りたい方は、以下の記事もご覧ください。

【共感力を自己PR】自己PRを作成する際の準備

自己PRを作成する前に、アピールする内容をある程度整理しておくことで、スムーズに作成することができます。

自己PRを作成する前には以下の事柄を整理しておくことをお勧めします。

  • あなたの持つ共感力とは何か
  • 強みを発揮した具体的なエピソード
  • 入社後にどう活かせそうか

自分の持つ共感力について整理する

共感力という表現からは様々なイメージを連想することができます。

人により、同じ強みでも発揮の仕方は異なるのです。

例えば、「相手の立場によりそうこと」が得意な人もいるでしょうし、「自分と違う意見でも、相手の立場に立って考え、共感することができる」人もいるでしょう。

自分が持つ共感力とは具体的にどのような強みを指すのかを整理してみましょう。

強みを発揮した具体的なエピソードを整理する

エピソードはあなたが強みを発揮した根拠になります。

また、あなたの人柄をアピールできる部分でもあります。

あなたが強みを発揮したエピソードを細かく整理し、どの部分をアピールすれば効果的かを考えてみましょう。

「強みを発揮するきっかけは何か」「どのようなことを意識して強みを発揮したか」「挫折や失敗はなかったか」「最終的にどのような結果・成果になったか」など、当時を思い出し、細かく整理することがおすすめです。

成果よりも過程をアピールする

エピソードを整理する際は、成果ではなく過程に焦点を当てましょう。

企業は成果よりも過程に注目しています。

なぜなら、学生時代に華々しい成果を収められていても、入社後にも華々しい成果を収められなければ意味がないからです。

入社後も同様に成果を収められるかというポテンシャルの有無は、過程を聞くことで判断することができます。

そのため、成果そのものではなく、自分で考えて行動したり、試行錯誤したりした「過程」をアピールしましょう。

入社後にどう生かすかを考える

自己PRは、自分の強みを伝えて終わりではありません。

あなたが入社後に強みを生かしてどう活躍できるかを示すことで、ポテンシャルをアピールすることができます。

入社後に強みをどう活かすかを考える際は、企業研究や職種理解が重要です。

あなたの強みが業務にどう役立つか、どう企業の利益に繋げられるかを考えてみましょう。

また、あなたの目指すキャリアプランから、強みをキャリアアップにどう活かすことができるかを考えることも有効です。

ただし、具体的で実現が可能なビジョンを示すことが重要です。

抽象的で、実現可能性が低いビジョンだと、「いい加減」「口だけなのでは」というネガティブな印象を与えてしまいますので注意しましょう。

【共感力を自己PR】自己PRの構成

自己PRでは、わかりやすく自分の強みを伝えなければなりません。

どれほどないようがすばらしくても、相手に伝わらなければ意味がないのです。

そこで重要なのが構成です。

以下では、自己PRをわかりやすく伝えるための構成について解説します。

結論 

自己PRは、結論から伝えましょう。

自己PRにおいては「自分の強みは何か」という部分が結論になります。

「自分の強みは共感力の高さです」と簡潔に伝えましょう。

主題をはじめに提示することで、相手に話の軸を伝えることができ、文章全体の理解がしやすくなります。

根拠 

次に、なぜ自分の強みが共感力と言えるのか、具体的な根拠を示しましょう。

あなたが強みを発揮したエピソードが根拠となります。

エピソードを伝える際は「強みを発揮するに至ったきっかけ(当時の課題や目標)」「施策」「結果・成果」の順に書くとスムーズです。

簡潔で説得力のある内容に仕上げましょう。

入社後のビジョン

最後は、強みを入社後にどう生かすかを伝えましょう。

企業に強みをどう活かすかを伝えることでポテンシャルをアピールできるほか、熱意や意欲をアピールすることができます。

企業研究や職種理解、キャリアプランなどをもとに、強みをどう活かして企業に貢献できるかを伝えましょう。

【共感力を自己PR】共感力の自己PR例文

以下では共感力をアピールする自己PRの例文を紹介します。

内容や構成に注目し、自己PRを書く際の参考にしてくださいね。

例文1:部活 

例文

私の強みは共感力の高さです。

私は学生時代に吹奏楽部で部長を務めていました。

コンクールを間近に控えていた際に、焦りからかメンバー間の雰囲気が悪いと感じたので、声かけを行ったところ、「問題を指摘したのに治らない」「真面目に練習してくれない」などの不満が出てきました。

これらの意見にたいし、否定せず一人ひとりに耳を傾けたところ「話を聞いてくれてよかった」「話に共感してくれてうれしい」などと言ってもらうことができました。

私は全員の意見を整理した結果、考え方は違ってもコンクールに対する気持ちは皆同じであるとわかりました。

そして、次の練習日に全体に激励を行ったところ、チーム全体の雰囲気を改善することができ、練習に打ちこむことができました。

そして、その年のコンクールでは金賞をいただくことができました。

私は、入社後もこの共感力を活かし、人に信頼される人材として組織をまとめる縁の下の力持ちとして貢献したいです。

例文2:アルバイト

例文

私の強みは相手のに真摯に対応する力です。

学生時代にしていたスーパーマーケットでのアルバイトにおいて、クレーム対応の際にこの強みが役に立ちました。

クレームの内容は、商品棚が高すぎるというものでした。

私はそのクレームに対し、商品は手を少し伸ばせば届く場所にあると考えていましたが、お客様に耳を傾けると、これから車椅子で生活することになる奥様が、商品に手が届かないことを心配されてのいるということがわかりました。

また、当時、店員が対応した際、商品を手渡したあと、逃げるようにその場を離れてしまったことが怒りの原因でした。

私は速やかに謝罪をし、店長に共有しました。

そして、奥様がご来店された際には、遠慮なくお声がけいただきたいことと、車椅子でも困らないよう通路を整理することを折り返しお電話で伝えたところ、後日そのお客様からお褒めの言葉をいただくことができました。

入社後もこの強みを活かしてお客様に真摯に対応し、より地域に愛される企業にしたいです。

【共感力を自己PR】まとめ

共感力は自己PRで効果的な強みの1鵜です。

本記事で紹介した自己PRのポイントや構成、例文を参考に、魅力的な自己PRを作成してくださいね。

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ