【学歴フィルターって何?】学歴フィルターを実施する企業やフィルターにかかる大学を偏差値別に詳しく解説

はじめに

学歴フィルターについては、多くの大学生が聞いたことがあるのではないでしょうか。

この学歴フィルターを知らずに、就活に望むというのは自殺行為に等しいかもしれません。

今回はそういった学歴フィルターについて紹介していきますので、ぜひ確認してみてください。

また、学歴フィルターというものは、すべての企業に設定されているものではありませんので、使っている企業と使っていない企業の区別をすることも重要になってきます。

さらに目に見えないものなので、ある程度は予測して行動するしかありません。

学歴フィルターについてマスターして、有利に就活を進めるようにしたいものです。

学歴フィルターとは

学歴フィルターについては、就活生は必ず把握しておきたいポイントでしょう。

学歴フィルターとは主に大学名などの学歴を基準に選考し、一定以上の基準に満たない大学の生徒などは大学名だけで足切りをするものです。

学歴フィルターを採用している企業は大手企業や有名企業などといった学生から人気の高い企業であることが多くなります。

そして、最も大きなポイントなのですが、この学歴フィルターというのは、目に見えない存在というものになります。

選考基準に、この学校はダメ、この学校は良いなどとは書いておらず、内部の機密情報と言っても過言ではないでしょう。

そのため、学歴フィルターについては、就活生が事前に予測しなければならないものになります。

たとえば、学歴フィルターで落ちるとわかっているのに、試験を受けるのは、時間の無駄と言っても過言ではないでしょう。

学歴フィルターの基準

学歴フィルターとして基準になることが多いのが「MARCH」や「関関同立」と呼ばれる大学になっています。

これらの大学以上をスタートラインとして、学歴フィルターをかけている企業が非常に多いです。

そのため、これらの学校に通っているような人たちは、学歴フィルターで嫌な思いをすることもあるかもしれません。

逆に明らかにレベルの低い学校の場合や明らかにレベルの高い学校の場合は、それほど学歴フィルターを気にする必要はありません。

逆に上記の学校の場合は、学歴フィルターを睨んで、緻密な就活をしなければなりませんので、なかなか面倒なものがあります。

企業が学歴フィルターを設定する理由

ここでは、企業がなぜ就活生に対して学歴によってフィルターをかけるのか解説していきます。

学歴フィルターを使用する企業には事情があって、多くの人が参加するので、効率的に選考しなければならないという部分もありますし、最低限の学力を求めている場合もあるのです。

さまざまな事情の結果、今日における学歴フィルターのようなものが設けられています。

もちろん、一人ひとりの学生を確認すれば、どこの学校にも東大生に負けないような学生がいるかもしれません。

しかし、すべての生徒を比べてみると、やはり学力の高い大学ほど、優秀な生徒の全体数は多くなってきます。

就活生から人気な企業なので、多くの就活生を効率よく選別しなければならないから

学歴フィルターを設ける一つの理由というのが、その企業が人気なので、多くの就活生が集まってくるからだと言えるでしょう。

就活生が多くなればなるほど、それを効率的にさばけるような試験が必要になってきます。

しかし、一つひとつ確認している時間はありませんので、学歴フィルターを設けることによって、大雑把にふるい落としてしまうのです。

こうすることによって、ある程度の数は絞ることができますので、そこからより集中して選考をすると言えるでしょう。

全体で見れば、どう考えても学歴の優秀な学校のほうが優秀な生徒は多いので、企業からすれば、学歴フィルターを設けることによって、効率的に人を選別することができます。

仕事内容が高度であり、最低限の学力が求められるから

学歴フィルターを設ける理由として、その企業でする仕事が、非常に高度であり、最低限の学力が求められるという部分もあるでしょう。

どうしてもある程度の学力がなければ学べない仕事というものもありますので、基礎学力や基礎能力を満たした人材を求めるために学歴フィルターを設けているのです。

学力が高ければ高いほど、いろいろな仕事をすることができますので、そういった意味でもまっとうなフィルターと言えるのではないでしょうか。

そのため、高度な仕事を必要とするような仕事に応募しようとしているのならば、より学歴フィルターを意識したほうが良いかもしれません。

もう少し詳しく説明すると、複数の技術を高いレベルで駆使しなければできないような仕事は、より高度な仕事と言っても過言ではないでしょう。

一例を出せば、総合商社のような仕事は、ハイレベルな知識が複数の分野にわたって求められる高度な仕事だと言えるのではないでしょうか。

ほかにも、こういった業界はいくつかあります。

採用するコストを下げたいから

学歴フィルターというのは、とても効率的な採用方法だと言えるでしょう。

これ以上の学校は残して、これ以上の学校は落とすというものなので、最初の段階でかなりの大別をすることができるのです。

その結果、面接をする学生の数を絞ることができ、採用にかかる時間も大幅にカットすることができます。

そうすれば人件費カットにつながりますので、企業にとってメリットは大きいでしょう。

企業側もビジネスでやっていますので、効率というのは非常に重要になってきて、いくら採用が重要であっても、無尽蔵にお金を使うわけにはいかないのです。

学歴フィルターを設定する企業とは

学歴フィルターは、就活において重要な要素です。

特に大企業のような場所に就活をしかけようとしている人たちにとっては、死活問題にもなるでしょう。

ただし、学歴フィルターを設定する企業は全部の企業ではないことは把握しておきたいところです。

実際に、それほど学力が高くない学校から、大企業に就職しているケースも目立ちます。

そのため、大企業かつ難しい仕事をしているような企業であっても、必ず学歴フィルターを設けているというわけではありません。

この点は、しっかりと把握しておきたいところでしょう。

倍率が高い人気企業

大量の応募がある企業が採用ターゲットを絞るためには学歴フィルターは非常に合理的です。

すべての応募者を慎重に精査するとなると、かなりの労力が必要になってきます。

しかし、学歴フィルターがあれば、大幅にその手間をカットすることができるのです。

人気企業の具体例を紹介

人気が高い企業は、ある意味で学歴フィルターを採用せざるを得ない部分もあるかもしれません。

中には2000倍を超える明治のような企業も存在しますので、こういった企業が参加者全員を精査するというのはあり得ない部分です。

また、森永乳業も高倍率で有名になっていますし、ヤクルトやカゴメといった企業も高倍率になっています。

ほかにも、帝人なども高倍率として有名です。

ここで紹介した企業は、どれも100倍以上の倍率を誇っている企業になりますので、このような企業は学歴フィルターを採用している可能性も高くなってくるのではないでしょうか。

仕事内容が高度な企業

仕事の内容が高度な企業なので、学歴フィルターを設定しなければならないところの代表格は総合商社です。

三菱商事や丸紅、三井物産といった企業は、非常にハイレベルな仕事を求められることで知られています。

そのため、これらの企業が学歴フィルターを設けていてもなんら不思議ではないでしょう。

また、大手コンサルティングも同様です。

アクセンチュアなどが該当しますが、激務かつ高度なレベルの仕事を求められるでしょう。

さらに、ゴールドマン・サックスなどに代表する投資銀行系の企業も学歴フィルターを求められることが多いです。

今回紹介したようなジャンルの企業の社員を確認してみると、低学歴の大学を出ているというケースがほぼないので、こういった部分からも学歴フィルターがあるのが自然と考えるのが普通ではないでしょうか。

学歴フィルターが発生する段階は?

残念ながら学歴フィルターというものは、存在することがわかりましたが、目に見えないものなので、どの段階で学歴フィルターが発動しているのかわからないこともあるでしょう。

ここでは、学歴フィルターはどの段階で足切りが起こるのか紹介していきます。

企業によっていろいろなタイミングを設けていますので、それを知っておくことで、学歴フィルターに気づくことができるかもしれません。

会社説明会の受付の段階でふるいをかける

学歴フィルターの発動のタイミングとして有名なのが、会社説明会などです。

具体例を挙げると、企業説明会などにおいても一定以上の偏差値の学校で登録すると空席が表示されるのに、基準を満たしていないと満席に表示されるなどといったことが起こるのです。

これは考えてもおかしいので、選考のタイミング以前に学歴フィルターが設けられていることがわかるでしょう。

ただし、もっと選考が進んでから発動されるよりは、良心的と言えるかもしれません。

選考が進むと時間がかかってしまいますので、将来のある就活生の可能性を奪ってしまうことになりかねません。

書類選考でふるいをかける

書類選考でふるいにかけるというのは、学歴フィルターの王道と言っても過言ではありません。

提出された書類で出身大学を確認し、機械的に振り分けたり、ほかの要素を合わせて点数化したりして学生を選り分けます。

機械的に振り分けられる場合は、問答無用になってしまいますが、点数化する場合には、その他の要素によっては合格できる可能性もあります。

優秀な生徒ならば、学歴問わず確保したいという企業もありますので、そういった意味で点数化する方式の場合は、とても合理的だと言えるのではないでしょうか。

学歴フィルターを乗り越えるためには? 

学歴フィルターを乗り越えるための方法を学歴別に紹介していきます。

大学の学歴によって、学歴フィルターを乗り越えるための就活戦略は異なります。

それぞれの大学群別の就活戦略の解説記事も用意していますので、そちらもぜひ確認してみてください。

大東亜帝国

大東亜帝国は、よく学歴フィルターについて議論される大学になっています。

そのため、大東亜帝国に関する学歴フィルターについて、しっかりと確認しておきたいところでしょう。

専門の記事を用意しましたので、ぜひ確認してみてください。

日東駒専

日東駒専も学歴フィルターがかなり関係する大学群だと言えるでしょう。

学歴フィルターで悔しい思いをする生徒も非常に多く、逆に学歴フィルターを逆手にとって、大企業に就職したりするケースもあります。

こちらの日東駒専についても、専門の記事を用意していますので、ぜひ確認してみてください。

MARCH

MARCHも学歴フィルターが非常に関係してくるでしょう。

学歴フィルターの影響が強い大学群は、時にはあきらめるという選択肢も必要になってきますので、それを踏まえたうえで、確認してみると良いでしょう。

ただいま、MARCHの専門の就職や学歴フィルターに関する記事を作成中です。

もうしばらくお待ちください。

まとめ

学歴フィルターについてずいぶん詳しくなったのではないでしょうか。

学歴フィルターに嘆く学生は多いです。

特に学歴フィルターが関係してくる大学群に通っている学生などは特にそうでしょう。

しかし、学歴フィルターを気にしてばかりいても、何も始まらないと言えるでしょう。

学歴フィルターを採用しているところと、していないところがありますので、学歴フィルターも万能ではないのです。

そういった隙間をうまくぬって、就活を成功させることも重要になってくるでしょう。

知らないということは、大きな損失になってしまいますので、まずは学歴フィルターを中心に、企業研究を進めてみると良いでしょう。

就活準備、順調ですか?
1人でわからない事はプロと2人で​。

就活のプロがあなたの内定を
完全無料で徹底サポート!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

RANKING人気記事ランキング

  • 【満足度90%以上!!】【即日内定もアリ!!】日本で唯一の『内定にコミット』する就活サービス ジョブコミット
  • 営業就活ドットコム
  • HR Community

広告掲載をご検討の企業さまへ