【損害保険業界】損害保険業界の仕事内容って?

要約

pixta_32596089_M

損害保険業界に就職を考えている人に向けて、損害保険業界がどのような業界で、仕事内容がどのようなものかを紹介します。

損害保険はトラブルやリスクに備えることが目的であり、自動車保険や火災保険、地震保険など、さまざまな保険商品を取り扱う仕事です。

万が一被害を受けた加入者がいる場合、査定をおこない保険金を支払う手続きまで一連の業務がありますので、内定を勝ち取るためには、業界の詳しい情報が必須です。

例年就活生には人気が高い業界のため、ライバルに勝てる具体的な志望動機を作成するため、業界部門ごとの仕事内容についてもまとめます。

また、損害保険業界に向く人はどのようなタイプなのか、適正についても解説します。

はじめに

収入が高い企業が多いことから、例年就活生に人気が高いのが、損害保険業界です。

ただし近年は業界内で合併や吸収なども続いており、少子化の懸念される国内では、若い世代の顧客を取り込むための企業合戦も激化しています。

各社とも新規市場開拓と新規顧客開拓に力を入れていますので、業界への就職を考えるのであれば、そうした社会情勢も理解しておくことが大切です。

損害保険業界には、損害保険会社のほか保険代理店もありますので、間接営業の仕組みも含め、企業構成をしっかり研究しておきましょう。

ここでは業界の詳しい仕事内容や、従事する人に必要とされるポテンシャルなどについて解説します。

【損害保険業界の仕事内容】損害保険業界とは?

損害保険業界は、生活の中で起こりうるあらゆるトラブルに対する備えを保険商品として企画開発し、販売することをビジネスとしています。

トラブルの内容は交通事故や火災など実にさまざまですが、損害保険はとくに生活と深い関わりをもつ業界であるため、比較的身近な商材といえます。

また、特有の業界内構造としては、損害保険会社と保険代理店が業務委託契約を結び、保険代理店が顧客に損害保険を販売するという形になっています。

損害保険会社は保険代理店の販売をサポートしたり、時には経営をサポートしたりする仕事が主業務となり、このあたりが特徴といえるでしょう。

保険代理店にも種類があり、保険販売専門の専業代理店と、別に保険も取り扱っている副業代理店とに大別できます。

副業代理店には自動車販売会社や旅行代理店、不動産会社など、保険に深く関係する業界の企業が多く存在しますので、そちらもしっかり覚えておく必要があります。

【損害保険業界の仕事内容】損害保険業界の仕事内容は?

損害保険業界の仕事内容は、リテール営業法人営業の2つの部門に大別して理解するとよいでしょう。

大前提として、保険代理店の営業職損害保険会社の提案を受けながら保険を販売する仕事、対して損害保険会社の代理店営業は、保険代理店の売上アップにつなげる支援が仕事です。

また、保険代理店の営業職を育成したり、保険代理店自体を新規開拓したりすることも損害保険会社の代理店営業の仕事ですので、同じ「営業」といっても大きな違いがあります。

ここでは、損害保険会社の代理店営業の仕事について、どのようなものかを解説します。

リテール営業

リテール営業というのは、一般的には個人顧客に対しておこなう営業活動を指しますが、損害保険会社の場合は少々違った特徴があります。

損害保険会社の代理店営業の場合、個人のほかに中小企業向けの取引などもおこない、個別に保険代理店を担当し、自分が担当するエリアやマーケットを抱えることになります。

実際の業務は担当エリアや範囲で保険代理店を開拓することや、売上を上げるための営業指導や経営マネジメントなどを実施するのが主な仕事です。

個人顧客という扱いにはなりますが、自分のエリアで保険代理店自体を新規開拓したり、担当店舗を営業指導したりすることになりますので、そこが特徴的といえるでしょう。

法人営業

法人営業の仕事では、保険代理店業務をおこなう企業内の部門やグループ会社などに営業を行います。

企業にダイレクトに損害保険を販売し、顧客はメーカーやサービス業、小売業など実にさまざまな業界、業種の企業となるのが特徴です。

比較的規模の大きな取引先が多くなりますが、企業規模が大きければ大きくなるほど抱えるリスクが増えるため、需要と供給がマッチするのがその理由です。

それだけに、法人営業の仕事ではリスクマネジメントなど経営に関する知識も必要となり、経営の中枢に携わることも多い部門といえます。

また、最適な損害保険を提案するのと同時に、リスクを回避するための提案や指導なども実施します。

どうすれば事故や災害を避けられるのか、経営を安定的に継続するための施策も仕事の範疇となるのが特徴です。

【損害保険業界の仕事内容】損害保険業界のやりがいとは?

損害保険会社は忙しく、なかなかハードだという声を聞くこともあるでしょう。

それだけに大きなやりがいがあり、依然として就活生からは高い人気を誇る業界です。

就活の目的は、自分の適性を活かし、大きく活躍できる職場を探すことです。

単に働き口を探すことではありませんので、志望先を選ぶ際に、やりがいはとても大切だといえます。

もちろん待遇がよいことは大事ですが、損害保険会社には保険の契約数を伸ばすという数値目標があり、その成果を得られた時に、やりがいとともに対価を得ることになります。

はたしてどのようなやりがいがあるのか、自分がそれに納得できるのかしっかり向き合って考えてみましょう。

無形商材を扱う

損害保険に限らず、保険業界では、無形商材を取り扱うといわれることはご存じでしょう。

無形商材とは読んで字のごとく、実際に形がない商品を販売する仕事を意味します。

日用品はもちろんのこと、不動産であっても形があるため有形商材となりますが、保険は一切形がなく、目には見えない商材です。

視覚に一切頼れない販売方法はとても難しいといわれますが、それだけに損害保険の営業では、難易度の高い営業力を身につけられるのがメリットです。

働くことで間違いのない営業力が身につけば、まさに一流の営業として、他の業界でも認められる実力者となれるでしょう。

実際にスキルを活かして、コンサルタントとして活躍している人も少なくありません。

また、顧客に信頼してもらわなければ商品は売れませんので、顧客の人生に深く寄り添うことができる人間性で勝負できる魅力的な職業といえます。

専門知識を自分の人生に活かせる

損害保険は動く額も大きく、顧客には大手企業も多いため、仕事を通じて身につく知識量が非常に多いです。

経営者にとって、損害保険や資産運用の知識は普遍的に必要とされますので、そうした専門知識をしっかり身につければ、市場価値の高い人材になることができます。

また、そうした専門知識は自分の人生にも活かせますので、よりよいライフスタイルを構築することもできるでしょう。

顧客を豊かにする知識で、自分や家族などの人生を豊かにできるのは嬉しい限りです。

成果を出す社員にはインセンティブ(歩合給)をつける会社が多いため、成果を上げるために勉強し、スキルも高収入も同時に手にできる業界でもあります。

もちろん努力は必須ですが、努力に見合った報酬を得たいという成果主義の人には、大きなやりがいを感じられるでしょう。

【損害保険業界の仕事内容】損害保険業界に向いている人の特徴

どんな仕事にも向き不向きがありますが、損害保険業界に向いている人というのはどのような人でしょうか。

学生はまだ社会人として働いたことがありませんので、実際に自分がその仕事に向くかどうかは、判断が難しいケースも少なくありません。

ただ、自己分析などで自分の強みや弱みを知ることができれば、より働きやすい職場を見つけやすくなるでしょう。

自己分析は単なる性格診断ではありませんので、自分にはどのようなスキルやポテンシャルがあり、磨けば光る可能性があるかをしっかり考えてみてください。

その上で損害保険業界が自分に向くと感じられるなら、そこで自分の天職を見つけられる期待があります。

もちろんさまざまな要素があり、たくさんの強みがあればあるだけ有利ですが、ここではとくに損害保険業界になくてはならない能力を2つ紹介しましょう。

ヒアリング能力が優れている人

顧客の不満や不安を引き出す力が求められる業界ですので、ヒアリング能力が優れていることは、大きなアドバンテージになります。

とにかく相手のサポートがメイン業務ですので、どんな時にも相手の気持ちに寄り添うことができる人は、とても向く性質です。

相手がどのようなサービスを必要としているか、こちらからどのような声がかかるのを期待しているかが察知できれば、相手から深く信頼してもらえるでしょう。

 また、契約を取るだけでなく、万が一の際に払い出しが必要になった場合の手続きも仕事ですので、人を助けるために努力できる人は適性があるといえます。

代理店を指導したり、法人を指導したりする立場であるため、相手の課題を引き出すためにも、ヒアリング能力は欠かせません。

プレッシャーに強い人

先にも何度が触れましたが、損害保険業界の仕事は、常に数字を追い続けるというプレッシャーがかかることは事実です。

損害保険を取り扱う以上、社員には保険の契約数を伸ばす命題があります。

営業担当が一人で努力する必要もありますし、チーム単位で成果を上げるため協力する必要もあります。

成果が出た時にはインセンティブがつくため、結果がそのまま報酬に結びつくことが喜びと感じられるか、プレッシャーと感じられるかには、個人差があるでしょう。

適性のある人は同世代の人よりかなり高い年収を狙うこともできますし、やりがいと背中合わせのプレッシャーとどううまく付き合うかは、本人次第といえるでしょう。

うまくいけば天職だと感じられるほどマッチする人もいますので、自分の強みと向き合ってみてください。

まとめ

損害保険業界は、生活の中で起こりうるトラブルに備える損害保険商品を企画開発し、個人や法人の顧客へ販売するのが仕事です。

リスクはあらゆるところに存在しますので、取り扱う商材は非常に多岐にわたりますが、その多くは生活と密接に関係していますので、より身近に感じられる保険商品といえます。

また、万が一の場合には実際に支払いを実行する手続き処理までをおこないますので、いざというときに人を助ける仕事ともいえます。

常に数値目標のある仕事のためプレッシャーはありますが、成果にはインセンティブがつく会社も多く、大きなやりがいを感じられる職業といえるでしょう。

損害保険業界に向くのは、相手に寄り添えるヒアリング能力のある人プレッシャーにも負けない強さのある人です。

自己分析で自分に適性があると感じるなら、高い競争率を勝ち抜いて、損害保険会社の内定を勝ち取ってください。

その業界のこと、ちゃんと知ってますか?
1人でわからない事はプロと2人で​。​

就活市場エージェント限定!
特別選考ルート、選考パス多数​

60秒かんたん登録でライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ