実際に文系の方に聞いてみた!文系でもIT業界に就職できるのか?

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

近年、IT人材の不足が理由で、文系や未経験者を採用するIT企業が増えてきております。

ただ、実際にITに関わったことがないため、あなたがIT企業に就職するのはかなりハードルが高いと思っていませんか?
しかし、実際は経験者よりも未経験の方が活躍していることは多々あります。

今回は、実際に文系でIT企業に就職した方にもご協力していただきお話を聞かせていただきました。
ぜひあなたもこの記事を参考に、IT企業の就職を目指してみてはいかがでしょうか?

柴田 貴司
就活市場編集長
柴田 貴司

元理系大学院卒で今は就活市場編集長になります。

大学在学中、プログラムばかりしていた元エンジニアが文系でもIT業界に就職できる理由を今までの経験からまとめました。

 

最後には、文系でIT企業に就職した方との対談も行っておりますので、ぜひあなたも参考にしていただければと思います。

竹中 美穂
株式会社サプライ
竹中 美穂

前職の金融業界から未経験でもいろいろな挑戦ができるサプライへ中途入社。

 

人事の面からエンジニアの皆さんを支えています。

 

未経験からのエンジニア職に不安を持つみなさんに少しでも寄り添える情報を提供していきます。

なぜ文系でも大丈夫なのか

まずは、文系・未経験でもなぜIT企業に就職できるのか、その理由をお話していきます。

数学にそこまで詳しくなくてもいい

ITは理系の仕事で数学ができなくてはいけない

と考えているそこのあなた。

実際にIT企業に就職するのに数学の知識はそこまでなくても問題ありません。
プログラムを作るのに簡単な計算などは必要ですが、高校や大学で学ぶような数学を使用することはあまりありません。

数学よりも重要なのが、パズルが得意かどうかになります。

例えば、数独というパズルがあると思いますが、こちらプログラムを作成するのとかなり似ています。

数独とは、9×9のマスを1~9で埋めるパズルになります。
各太枠の3×3のマスの中では、同じ数字を使ってはいけないというルールがあるため、それぞれの関係性を考えて解いていかないといけません。

一番左上の3×3のマスの中では、1は使うことはできません。
1行、1列、3×3のマスの1つでも完成させていくことで次の数字のヒントとなっていきます。

数学にそこまで詳しくなくてもいい

数独には数字は使われていますが、実際に数学が得意でなくても解くことはできます。
これはプログラムも同じことで、問題を細かく1つずつそのステップごとに分けていき、プログラムを作っていきます。

また、プログラムをデバックするという作業はプラグラムが実際に何をしているのかを1つずつ細かく確認し、その中からバグの原因を探し当て、修正していくものになります。

このスキルに関しては、数独と同じで練習すればできるようになるため、数学に詳しくなくとも、ITに就職し活躍することは可能になります。

技術よりもコミュニケーション能力が重要

次に、IT企業で働く上で求められている能力が、技術力よりもコミュニケーション能力であることが理由です。たしかに、技術力は必要ではありますが、それ以上にIT企業で働く上でコミュニケーション能力は重要になってきます。

開発したシステムを相手に説明するときや、チームで開発する際にあなたが開発した部分をチームに説明したり、お客様が求めている要望を聞き出し、その要望にあった提案をしたりなど、営業のような売り込むためのコミュニケーション能力ではなく、相手の話を理解し、しっかりと説明できるようなコミュニケーション能力が必要になります。

このスキルは理系で経験者でも身についている方は多くなく、また文系で未経験でも身についている方は多々いらっしゃいます。

この2つの理由から、文系でもIT企業に就職して問題ないです。

IT業界の具体的な仕事内容

文系未経験だと実際にどんな仕事をしているのかイメージがつかないと思いますので、ここからは、実際の作業内容やその作業を担当する職種も一緒にご紹介していきます。

先ほどお伝えした文系でもIT企業に就職できる理由はこの仕事に活かせるからなのかと一緒に理解していただければと思います。

  1. ヒアリング
  2. システム提案
  3. システム設計
  4. プログラミング
  5. システム検証
  6. システム導入
  7. 運用とサポート

この内、あなたがITのしごととしてイメージしている仕事は「4・5」のみになります。

それではここからそれぞれの工程についてご紹介していきます。

ヒアリング

まず、お客様にどんなシステムを開発してほしいかを聞き出す「ヒアリング」を行います。こちらの仕事は主に営業やPMやSEなど上流工程を担当する方が行う仕事になります。

お客様が求めているものに関して情報を聞き出し、後のシステム提案につなげていく必要があります。

そのため、コミュニケーション能力だけでなく、開発に関する知識も必要になってきます。

システム提案

ヒアリングを行った後は、自社で開発可能なシステムがどんなものになるのかをお客様に提案する仕事を行います。

このときに、お客様が求めている機能全てをシステムに反映させるのが困難なこともあります。それらを理由を添えて伝えられるようなコミュニケーション能力が求められます。

システムの提案も、営業や上流工程を担当する方の仕事となります。

システム設計

システムの提案を行い、お客様からゴーサインがでた後は、実際にシステムを開発するための設計図を作成いたします。

システムの仕様であったり、どんなプログラムを開発する必要があるのか、既存のシステムが流用できるかなど、実際に開発を始める前の準備をここで行います。

このシステムの設計は、上流工程を担当する方の仕事になります。

プログラミング

システムの設計が終わった後は、システム設計で作成した設計書を読み取り、実際にプログラミングを行い、開発していきます。

この仕事は主にプログラマの仕事になります。

1人で全てのシステムを開発することはほとんどなく、チーム単位でプログラミングを行い、助け合いながら開発は実施します。

また、プログラムを開発したら終了ではなく、あなたが担当した部分の説明をする必要があります。

そのため、プログラマはプログラミングの能力だけでなく、コミュニケーション能力も重要になってきます。

システム検証

プログラミングが終わると次に行うのがシステムの検証になります。

こちらは、開発に携わる全ての方々の仕事です。

あなたが担当した部分の検証だけでなく、実際に開発完了したシステムが設計書通りにできあがっているのかを確認していきます。

この作業は、正直一番地味な作業ではありますが、最重要な仕事になります。

実際に納品した後に不具合が発覚してしますとお客様に迷惑がかかってしまいます。

そのため、このシステムの検証は念入りに実施する必要があります。

実際に何をするかといいますと、開発したシステムの細部まで一から見直していく作業になります。

あなたが開発したプログラムであれば、この部分ではこんな動作を行っているなど事細かく確認していくことが必要です。

ただ、システム全体での検証となると、開発した方が違うプログラムを組み合わせていくので、お互いの意思疎通が重要となってきます。

ここでプログラミングのときにでてきた説明が重要となってきます。

この説明がチーム内で理解していただけないと不具合が残ったままお客様に納品することになりますので、やはりIT企業に就職する際はコミュニケーション能力が重要になってきます。

システム導入

システムに検証が終わると、お客様にシステムの導入を行っていきます。

実際に開発したシステムの使い方やできることなどをお客様に伝えていくことがメインになります。

また、お客様先で設定しなければいけない部分などがあれば、その設定も行っていきます。

こちらの仕事は、上流工程の方や開発のサポートをする方の仕事になります。

運用とサポート

システムを導入したからといってそれで終わりではないです。

導入した後、お客様がシステムを利用する際の質問や不具合の修正などアフターフォローを行う必要があります。

サポートデスクでの対応や新たな機能の追加など、よりお客様に満足していただくために、この作業は欠かせないものになります。

こちらは、主に保守・運用を担当する方、サポートデスクの方が行う仕事になります。

以上のように、システムを開発するだけでも様々な作業があります。

さらに、それぞれの仕事でコミュニケーション能力は欠かせない能力になるため、この点でも文系が採用される理由にはなります。

企業を選ぶ際のポイント

次に、文系でIT企業に就職した際に、将来的に活躍するための企業選びの軸をご紹介していきます。

研修制度

まずは、研修制度です。
文系でもIT企業に就職することはできますが、基本的なITのスキルを持たないため、入社してすぐにプログラムを作ることはできません。

そのため、研修は必須なのですが、どの企業も「研修を実施している」と打ち出していると思います。
なので、研修の中でも重要なポイントを私の経験からお伝えさせていただきます。

実際にプログラミングを作るかどうか

座学ベーズの研修を実施している企業は多いのですが、実際に1つのプログラムを一から作る研修を実施しているかがまず1つ目のポイントになります。

大学の勉強も同じになりますが、実際に何に役立つのかわからないことが多々あると思います。
研修も同様で、実際にこの研修が仕事のどんなところに活用できるのかを知っておく必要があります。

そのため、実際にあなた自身の手を動かして、何かを作り上げるということを行っている必要があります。

私自身もプログラミングを学ぶ際に行っていたこととして「自分が作りたいものをとりあえず作ってみる」ということを行っていました。
わからなければ、インターネットで検索するとやり方を教えてくれたので、どんなものでもある程度作り上げることができました。

その結果、自分自身でシステムを開発したりすることができましたので、ぜひあなたも企業を選ぶ際は、研修を確認していただければと思います。

製品よりも一緒に働く人

あなたは、IT企業を選ぶ際に、その企業の製品を軸にして企業を探していないですか?

間違いではないのですが、製品を軸にするよりも「一緒に働く人がどんな人なのか」を見ておくほうがいいです。

ITは基本チームで1つの製品を作り上げることが多いです。
そのため、コミュニケーションは欠かせない仕事になります。

もし、会社の社風が合わないと、そのチームにいることが嫌になり早期離職につながります。
せっかく就職したのに、それではもったいないと私は思います。

そのため、製品ではなく、まずは働いている人がどんな人なのかを見るようにしましょう。

実際に文系でIT企業に就職した方に話を聞いてみました

ここからは、実際に文系でIT企業に就職した方に色々お話を聞かせていただきました。

ぜひあなたも先輩のエピソードを参考に、IT業界に入社するイメージを持っていただければと思います。

後村
株式会社サプライ
後村 

2019年4月に入社した新入社員。

 

岩手大学人文社会科学部出身の文系で、ITは授業で少しやった程度。

 

研修が終わり、配属が決まったばかりではありますが、入社してからのお話を色々聞かせていただきました。

後村さんの自己紹介

自己紹介

柴田

柴田

株式会社リアステージの柴田と申します。本日は宜しくお願いいたします。

後村さん

後村さん

株式会社サプライの後村と申します。入社してまだ3ヶ月の新入社員になります。どうぞよろしくお願いいたします。

柴田

柴田

さっそくなのですが、後村さんは文系だとお聞きしたのですが、なぜIT企業に就職されたんですか?

後村さん

後村さん

私は文系なのですが、大学の講義の中でプログラムを実際に触れる機会がありました。そのときに、プログラムを作っていて楽しいなと思いました。

 

また、実際に私が作ったものが動いているのがすごく嬉しくて、ITに関わってみたいと思ったのがきっかけです。

柴田

柴田

そうだったんですね!それでは、就活の軸は「ものづくり」がメインだったんですね!

後村さん

後村さん

はい!

入社前と入社後のイメージの違い

入社前と入社後のイメージの違い

柴田

柴田

次に、株式会社サプライの入社前と入社後のイメージの違いはございましたか?

後村さん

後村さん

プログラムよりもプログラムの説明をする仕事が重要であるということが一番イメージと違った部分になります。入社前に、未経験ですので、どんな仕事をするのか色々調べていました。

 

そのときのイメージはIT企業はプログラムを書き続けている印象ではあったのですが、実際には日本語で説明を書く仕事が想像以上に多く、大変だということを体感しております。

柴田

柴田

そうなんですね!実際にどんな風に説明などは書かれているんですか?

後村さん

後村さん

プログラムを作った後のテストで、私以外がテストをすることがあるのですが、そのときに、この変数にこの値を入れるとどうなるかなど実際にテストをしていただく方に伝わるように研修中は工夫をしていました。

柴田

柴田

なるほど!プログラムの中に読んだ人が理解できるように説明書を作っていく感じなんですね!

研修内容について

研修

柴田

柴田

株式会社サプライの研修はどのようなことをしましたか?

後村さん

後村さん

まず、入社1ヶ月目は社会人としてのマナーに関する研修が多かったです。

 

その後、5月からはプログラムに関する研修が本格的に開始いたしました。一番最初の研修は、問題がでてきて、その問題をどう解いていくかの流れを考えるものでした。

柴田

柴田

とても難しそうな研修ですね。

後村さん

後村さん

正直難しかったのですが、私1人で考えるのではなく、同期と一緒に考えることが多かったので、全員で協力して研修をすることができたので、とても楽しかったです。あとは、この研修のおかげで同期との距離は近くなったのかなとは思います。

 

ちなみに弊社は、代表の折居も研修に参加していただき、アドバイスなどもいただくことができました!入社前はこんなに代表とも距離が近いとは入社前は思っても見なかったです。

柴田

柴田

代表も研修に参加されたんですか!それはすごいですね!

文系・理系どっちの方がいいのか?

研修内容について

柴田

柴田

今回入社された方は文系、理系はどのくらいの割合ですか?

後村さん

後村さん

私含め文系6人、理系1人です。

柴田

柴田

理系の方、1人しかいらっしゃらないんですか!今の時代、IT企業に就職する文系の方増えてきてますよね。

後村さん

後村さん

実際に研修してみると、同期の理系出身の方がプログラムを書くのは早いんですが、説明を書くところでは苦労していました。その点、文系の同期たちは、説明を書いたり、どう問題を解いていくかなどを考えるのは早かったです。

 

中には、コードを全く知らなかった同期もいるのですが、知らなくても入社してプログラムを作っていくうちにできるようになっていました。

文系でIT業界を見ている方に一言

柴田

柴田

最後に、文系でIT業界を志望している方に一言お願いします。

後村さん

後村さん

ITは分野が違うので不安だと考えている方は多いと思います。ただ、研修を実施し、同期とも協力しながら研修を終えれば問題ないと私は思います。

 

あとは、考えていたよりも日本語で説明するほうが難しかったので、理系よりも文系の方が得意になることはあると思います。

まとめ

冒頭では、なぜ文系が就職できるのかをご紹介させていただき、仕事の流れの共有、最後には、文系でIT業界に就職された方にもお話をお伺いし、実際に文系でもIT業界に就職できるのかをお話しいただきました。

実際に、文系でも活躍できるIT業界ではありますが、企業数が多く、どの企業を受ければわからないというあなた!
今回ご協力いただいた株式会社サプライの会社説明会にまずは参加してみませんか?

内定が欲しい方へ
就活市場会員限定の特典
  1. 1.大手企業内定者推薦、就活の攻略資料プレゼント
  2. 2.内定率92%の、就活アドバイザーが徹底サポート
  3. 3.特別選考ルートのイベント情報を提供!その他多数

会員登録で内定に近づく
(無料)

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ