企画職とマーケティング職の違いとは:適性や必要なスキルをご紹介

普段生活していて何気なく使っている商品は、それが企画され、開発され、消費者の手に届けられるというプロセスを踏んでいます。

そのような工程に携われるのが、企画・マーケティング職です。

会社の売り上げにも大きく影響する職種であるため、やりがいと責任感を持ちながらできる仕事です。

今回は、そんな企画・マーケティング職について紹介します。

企画職・マーケティング職:そもそもどんな職種?

新しい企画を考えて、サービスや商品を消費者に提供するのが、企画職です。

その商品を売るために市場調査などを行うのが、マーケティング職です。

この2つの職種は連関しています。

この職種は他部門との連携も必要であったり、情報収集や分析、知識が必要となるため、経験を積んだ社員が配属されます。

顧客のための商品を作るには、まずは顧客を知る必要があるのです。

新卒ですぐに配属されることは稀であるため、就活生の場合はESや面接では目標として企画・マーケティング職を設置する程度に抑えておくと良いでしょう。

マーケティング職の仕事内容とは

企業により、企画職とマーケティング職は同部門に分類されることもあれば、企画部門のみがあって、マーケティングは専門の会社にアウトソーシングするケースも少なくありません。

企画職とマーケティング職は、どう違うのでしょうか。

企業によって与えられる役割は違うものの、企画職はアイディアを出す仕事です。

アイディア先にありきで、実際に商品化できるかや、どのような商品にしていけばいいかのリサーチを後から行います。

これに対してマーケティング職は、企画職から与えられた企画のために、マーケットの調査や分析を行います。

企業の新商品開発のために、常にマーケットの動きや市場ニーズやトレンドを調査、分析しながら、時代のニーズのキャッチアップを図り、企画職へと提供する役割も果たしています。

商品企画・商品開発

マーケティング職は、調査や分析ありきで、データに基づき商品の企画や開発に活かしていくのが特徴です。

たとえば、アパレルや化粧品、健康食品、お菓子など、ブランドごとにターゲット層が設定されています。

ターゲット層の今の動きや新たなニーズを絶えず、調査しながら、新たな商品の企画や開発に活かしていきます。

自社の商品の売れ行きなどを分析する、他社の類似商品の売れ行きを調査する、自社に寄せられる顧客からの意見やアンケート調査を実施して声を集めるのも仕事のひとつです。

少子高齢化の影響で、従来のターゲット層だけでは市場の先細りが懸念される場合には、将来的な市場ニーズの分析を行い、新たなターゲット層を設定し、新しいコンセプトで商品開発などを担うケースも少なくありません。

販売促進

販売促進は、自社の既存商品や新商品の販売促進を図るために、どのようなプロモーションを行えば効果的かを調査、分析する仕事です。

BtoBなのか、BtoCなのかでも、販促スタイルは異なりますし、ターゲット層によっても違いがあります。

具体的な販売において、小売店にどのように売り込むかや、自社の直営店や自社のオンラインショップ限定で販売してプレミアム感を出すなど、売り込み方を考えるのが主な仕事です。

既存商品の場合は売上が落ち込んでいる商品の売上アップを目指したり、人気がでてきた商品をよりプッシュする方法を編み出したりするほか、他社の類似商品などとの競争にいかに打ち勝つか、どう差別化するかも検討しながら、販売促進のためのプランを構築します。

広報・PR

広報・PRは、自社の既存製品や新商品を効果的にアピールし、販売促進につなげるための方法を考えるために調査や分析を行います。

ターゲット層の価値観やライフスタイルなどを調査したり、年代ごとにどのような媒体と接する機会が多いのか、どのようなルートで商品の情報を仕入れたり、購入しているかなどをリサーチします。

若者向けの商品であれば、ネット広告やSNSを利用する、イベントの開催がいいとか、OLさんならインスタグラムとの連動、主婦ならテレビ通販をメインにする、中高年向けの商品ならテレビCMやラジオ、新聞広告や折り込みチラシといった手段を検討し、広報やPR活動に活かすのが仕事です。

企画営業

マーケティング職の中でも、企画営業は、マーケティング会社などにある職種のひとつです。

日々、さまざまな市場調査やアンケート調査などを行ったり、年代別、性別などの別にトレンドやライフスタイル、価値観などを調査、分析し、どのような商品やサービスが求められているかを企画したりして、クライアント企業やその他の企業へと企画を持ち込んで営業する仕事です。

時代のニーズから取り残された企業や、少子高齢化などにより市場が先細りしている企業、売上の低下で悩んでいる企業などを見出し、新たな商品やサービスの提案をしていきます。

営業をするターゲットとなる企業をリサーチすることも仕事のひとつであり、企業に営業をかけ、持ち込み企画を提案するといった流れになります。

 

企画職とマーケティング職でどんなスキルが得られるのか

企画職とマーケティング職は、似ているようで、企画するうえの順番が異なります。

一概にはいえませんが、企画職はアイディアが先にありきで、後からそのためのリサーチや分析を行って、アイディアが実現できそうかを検討するなど、アイディアの実現のために試行錯誤を繰り返すのが基本です。

そのため、柔軟な発想力と実現に向けた実行力などが身につきます。

これに対してマーケティング職は、市場調査や消費者心理の分析を行い、そこから導き出されるニーズに基づき、企画や販促、PRや営業などを行う仕事です。

緻密なリサーチ能力や分析力、論理的思考力が必要となる職種です。

分析力

マーケティング職の中でも、最も重要な能力となるのが、リサーチ力と分析力です。

そのため、マーケティング職に就く方は、大学でマーケティング論や統計学などを学んだ方や、研究をしていた方をはじめ、分析力に優れた理系出身者が少なくありません。

ベースとなる知識や分析技術が必要なのはもちろんですが、実際のスキルは現場で磨かれていきます。

企業によって商品やサービスが異なり、ターゲット層も異なりますし、市場構造の変化や、国内市場や世界市場を揺るがす出来事などが起これば、それに合った商品やサービスの開発が必要となるためです。

ミクロの視点だけでなく、マクロの視点ももって、市場の動きを、先を見据えながらキャッチアップしていかなくてはなりません。

論理的思考

企画職は、柔軟な発想力でアイディアを出すことが求められ、既存の商品ラインナップからはかけ離れた企画や、これまでにない企画が生みだされることもあります。

これに対して、マーケティング職は調査、分析した結果を基に、今の時代やこれからの時代に何が求められているのかや、各商品のターゲット層が何を求めているかなどを検討して商品開発などに活かす、論理的思考力が必要です。

商品企画といってもアイディアがありきなのか、調査結果という根拠あるデータに基づき論理的に考えた結果、この商品がいいと企画するのかに違いが生じます。

マーケティング職で経験を積むことで、論理的思考力が磨かれてしきます。

ブランディング力

マーケティング職は、緻密な調査や分析に基づき、市場のニーズやトレンドを捉え、消費者心理などを分析したうえで、どんな商品やサービスが求められているかを論理的に思考していきます。

それは単にニーズに合った商品や便利なサービスを生みだすだけでなく、今の時代の消費者やターゲット層が求めるものを、理想的な形で提案するブランド化にも役立てられます。

分析結果に基づき、論理的な思考力でコンセプトを打ち出し、ブランドを立ち上げることで、ひとつの商品ではなく、シリーズ化された複数の商品を購入してもらえたり、継続的にファンを取り込んだりすることができます。

他社との差別化や競争力アップに役立つスキルです。

企画職とマーケティング職:どんな業界に多いの?

商品の企画・マーケティング職は、メーカーに多い職種です。

例えば食品メーカーの場合は新商品の開発、新メニューの開発などがあるのは想像できますね。

他にも、化粧品、日用品、文房具、消費財、電気、車など、ものづくりを行う業界には欠かせない職種です。

一方、ものづくり以外でも企画は行われています。

サービスを企画する場合はより幅広い業界で行われています。

広告やIT業界では、媒体を通してサービスを提供したり、人材、コンサル業界ではイベントなどの企画が行われていたりします。

たしかに、イメージしやすい「企画・マーケティング職」はメーカーですが、それ以外の業界にもある職種です。

ただし中・小企業などは当該する部署がない場合も多く、この職種は大企業に多い傾向にあります。

業界は限られてはいませんが、求人が多いというわけではないため、業界を絞らずに面白そう!と思える企業を探してみると良いかもしれません。

企画職とマーケティング職:どんな人に向いているの?

企画・マーケティング職は商品やサービスを消費者に買ってもらわなくては意味がありません。

そのため、流行に敏感であることが必要です。

他にも、アイデアが豊富であったり、情報収集能力に長けている場合はこの職種に向いていると言えます。

他にも、以下に挙げるような項目に当てはまる人に向いています。

  • 発想力がある人
  • 行動力がある人
  • 実行力がある人
  • 数字に強い人
  • 物事を客観的に見られる人

企画職とマーケティング職:必要なスキルとは?

特別な資格は必要ありません。

しかし、特にマーケティング職の場合は分析を行うことも多くあるため、数字に強く、最低限のパソコンスキルは求められています。

他に就活生にとって持っておくと有利になる資格として、

  • 「マーケティング・ビジネス検定」
  • 「ネットマーケティング検定」
  • 「Webアナリスト」
  • 「ウェブ解析士」
  • 「通関士」

などがあります。

自分に取得できそうな資格から挑戦してみるのも良いでしょう。

最後に:企画職とマーケティング職

いかがでしたか。

この職種に就職するのはハードルが高いです。

はじめから配属される部署でもないため、企画・マーケティング部がある会社に就職できたとしても、将来これを仕事にできるかはわかりません。

就活をゴールにせず、目標を高く持ちつづけることが大切です。

その業界のこと、ちゃんと知ってますか?
1人でわからない事はプロと2人で​。​

就活市場エージェント限定!
特別選考ルート、選考パス多数​

60秒かんたん登録でライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

RANKING人気記事ランキング

  • 【満足度90%以上!!】【即日内定もアリ!!】日本で唯一の『内定にコミット』する就活サービス ジョブコミット
  • 営業就活ドットコム
  • HR Community

広告掲載をご検討の企業さまへ