5個の例文付き!企画志望に送る志望動機・理由の書き方講座

【企画の志望動機徹底マニュアル】仕事内容

企画職に憧れを持つ学生は多いですが、あやふやなイメージだけで憧れているのと、具体的な仕事内容を把握した上で希望するのとでは大きな差があります。

志望するなら正しい知識と情報を持っておく必要がありますので、ここで基礎的なことをしっかり学んでおきましょう。

正確に言えば、企画という業務はどの職種においてもあるものです。

また企業ごとに設けられている部署も異なりますので、ここでは一般的な内容を紹介します。

商品企画

商品企画はもちろん、商品を企画するのが仕事です。

商品自体は企業によって違いますし、手に取れるものである場合もあれば、サービスとして提供されるものの場合もあります。

いずれにしても、自分が考え作り上げたそのものが世の中に流通するというのは、とても面白みがありやりがいも大きいことは間違いありません。

企業の屋台骨を支える仕事でもあり、売れなければいないため相応の責任やプレッシャーもあります。

当然、自分が好きなものを好きなように企画できるわけではありませんので、社会のニーズを知り、求められているものを形にする仕事です。

業務内容は多岐にわたり、同じ部署内にマーケティング部門を持っている企業もあります。

商品コンセプトから具体的な提案まで、一連のプロセスを担う部署と言えるでしょう。

販売促進

販売促進企画(販促企画)は、マーケティングの中で最後の段階を担う業務です。

具体的な商品やサービスが出来上がったところで、実際に世の中に流通させるためには販路(チャネル)が必要ですし、消費者に知らしめるためのプロモーションも必要です。

商品である限り売れなければ意味がありませんので、営業部門と連携し拡販させることが命題となります。

良い商品さえできれば、放っておいても売れるという時代ではありません。

世の中に数多ある商品の中で多くの人に選んでもらうようにするためには、販促企画は欠かせない業務となります。

販促企画の仕事では、チャネル開拓やそのための戦略、世に知らしめるためのプロモーション戦略などが主な業務になります。

SP(セールスプロモーション)とも呼ばれます。

広報

広報と販促を部分的に混同する学生も少なくありませんが、販促はセールスプロモーション、広報はパブリシティです。

具体的な商品やサービスを販売するための行為ではなく、マスメディアや媒体へ情報を発信し、取り上げてもらって記事や報道につなげるのが仕事となります。

企業の公式サイトにプレスリリースがアップされますが、こうした企業情報やIR情報を発信するのも広報です。

また近年ではSNSへ情報発信する企業も増えましたが、宣伝して欲しいことを無償で取り上げてもらう活動も広報の重要な業務になります。

こうした社外広報だけでなく社内広報もあり、自社内にトップの考え方や方向性を伝え、組織をまとめていくのも欠かせない仕事です。

営業企画

営業と聞くと、販促とどう違うのかわからなくなりそうですが、営業企画は営業を全体的にとらえ、戦略を立てるのが主な役割です。

企業によっては、営業企画部署の中に販売促進を担う部署が入っている場合もあります。

具体的な営業の方法やテクニックは個々のセールスチームや担当者が考え実行しますが、全体の方向性を決めるのが営業企画の仕事です。

当然、どのような売り方をするかは企業経営と直結しますので、立案した営業戦略は経営のトップ連と練り合わせ、大方針を決定します。

営業企画はこうした戦略立案と具体的に実行するための手段構築を担い、戦略に基づいて実際の営業活動を進めるため、イベントや広告企画にも携わることが多いです。

【企画の志望動機徹底マニュアル】企画のやりがい

企画の仕事にはもちろんやりがいがありますが、学生の多くが憧れるように華やかなイメージがあるのも事実でしょう。

どんな部署においても企画という仕事には、新しいアイディアを作り出す面白みがあります。

また前述した企画職であれば、経営陣とダイレクトにつながる仕事も多くなるため、挑戦的な意味でも大きなやりがいとなります。

全身全霊で企画を練り、自分の好奇心をフルに刺激して立案した内容が経営陣に選ばれたときの喜びは、大きな達成感となって社会人生活を支えてくれるはずです。

企画を立案し、チームで作り上げていく

企画は何もないところから練り上げ、第三者のわかる形に整える必要があります。

当然、自分が好むものを好き勝手にやれば良いわけではなく、自分の好き嫌いは度外視して取り組まなければなりません。

社会のニーズを広く知る必要がありますし、場合によっては自分が得意ではない分野の知識やセンスが必要とされる場面もあるでしょう。

当然、規模が大きくなれば1人でできるようなものではなく、チームで仕事にあたる必要が生じます。

取り組む業務にもよりますが、多くの場合、企画はチーム単位で行われ、組織立って業務が行われます。

意見を戦わせながら協力して1つのものを作り上げていく面白みは、大きなやりがいになるでしょう。

経営者目線が得られる

取り組む企画にもよりますが、経営に深く関係する業務も少なくありません。

当然、社内プレゼンテーションが必要な場面も多くなりますし、経営陣と直接触れ合う機会もあるでしょう。

最も自分がトップにプレゼンテーションするようなチャンスはなくても、企画を立案する以上必ず必要となるのが経営者目線です。

企画は採算があってこそ企画ですので、いかにして売り上げを上げるか、企業の業績をアップさせるかを常に考えて練る必要があります。

面白ければ良いだけなら自由に発想もできますが、面白く、広く一般に受け入れられ、しかも採算が合わなければなりません。

経営者目線でロジカルに物事を考えられる思考力がなければ、企画の仕事は勤まりません。

バズる可能性がある

商品企画はもちろんのこと、営業企画などにおいても、世間をにぎわせる大ヒットが生まれる可能性は多分にあります。

とくに近年はSNSにより一夜にして世界的に大反響が起こることも事実ありますので、企画職に携わるなら誰にでもバズる可能性はあると言えます。

自分が考え生み出したものに世界が共感してくれる、好意を持って反応してくれるというシチュエーションは、企画者にとって常に大きな夢であり目標と言えるでしょう。

企業における毎日の業務においてそれを実現できる切符を手にできるのであれば、これほどうれしいことはないはずです。

【企画の志望動機徹底マニュアル】企画職を経験して得るスキル

ここで将来的なキャリアビジョンについて考察してみましょう。

企画職に就いた場合、果たしてどのような経験を得て、どのようなスキルを身につけられるのかは、あらかじめ考えておく必要があります。

ある人は「企画は手になんの職もつかない職種」だと言い、ある人は「企画はどんな仕事に行ってもつぶしが利く職種」だと言います。

このような差はどこからくるのか、企画職を経験して得られるスキルについてまとめてみましょう。

論理的思考

先ほど少し触れましたが、企画立案には論理的思考が必要です。

自分の好きなことを好き勝手に組み立てる自己満足な仕事では成り立ちませんので、誰がどの人に実施しても理解可能で、しかも一定の成果が得られる内容でなければなりません。

そうした企画を立てるためにはロジカルシンキングが欠かせませんので、たとえ最初から業務で通用するレベルにはなかったとしても、訓練することで身につけることが可能です。

企画に携わり、最初は何度もNGを出されながら改善や修正を続けていくうちに、必然的に論理的思考力は養われ、スキルアップしていくことでしょう。

コミュニケーション能力

業務によっては1人で進める内容もあるでしょうが、いずれにせよ仕事の先には多くの人が存在しています。

目的から考えても企画は1人で仕上げられる仕事ではなく、そこには必ずコミュニケーションが必要とされます。

独りよがりにならないためにも普段からコミュニケーション能力を磨く必要がありますし、何より立案した内容を他者に理解してもらうためには必須の能力です。

企画に携わっていればおのずとコミュニケーション能力は向上しますし、自分の企画を通すためには積極的に人と関わる姿勢が養われるでしょう。

そもそもたくさんの人たちから情報をもらわなければ、できない仕事です。

企画力

企画ですから企画力は当然養われます。

ただ、漠然と「企画」をイメージしているだけの人は、果たして「企画力」とは具体的にどんな力なのか、答えられないのではないでしょうか。

企画力とは、与えられたテーマに応えられる力です。

多くの人に理解され、受け入れられ、テーマに沿う答えを出せる能力が企画力と言えます。

手段として、あらゆる情報を集め分析するマーケティング力も必要ですし、最適解を求めるためのロジカルシンキングも必要です。

他者に伝えるコミュニケーション力やフィードバック力も必要ですが、こうした企画力は一定のポテンシャルはあるとしても、才能ではなく鍛えられる能力です。

1つひとつの仕事を大切に、与えられたテーマに対する答えをきちんと出し続けていくことで、どんな仕事でも通用する幅広いスキルが身につき、その先のキャリアパスも見えてくるでしょう。

【企画の志望動機徹底マニュアル】どんな人が求められる

企画に向く人・向かない人はぜひ知っておきたいですし、企業がどのような人を求めるかも押さえておくべき就活情報です。

求められる人物像は一社一社異なるので一概に言えませんが、ここでは一般的に企画者として必要とされる人となりをまとめてみましょう。

ただ企画者にもさまざまなタイプがいますし、ステレオタイプに当てはまらないからと言って、必ずしもあきらめる必要はないです。

人と接するのが好きな人

コミュニケーション能力にも通じる点ですが、企業における企画職では、相手が求めるものに応えるという要素がとても強くなります。

必ずしも全員が全員そうだというわけではありませんが、企画者であれば社内で顔が広く、たくさんの人と接するのが好きな人の方が成功しやすいのは確かでしょう。

普段さまざまなタイプの人とたくさん接していると、いざという時に幅の広いアイディアが浮かんできます。

どんな人がどんなことに興味を持っているか、どんなことを好ましいと感じ、どんな選択を日々しているかを肌で感じるためには、やはりリアルに人と接するのが一番有利だからです。

努力や苦労をして人と合わせるのはなかなか大変ですので、自分から好きでさまざまな人と接する性格の人なら向くでしょう。

情報のキャッチが早い人

前述のようにリアルな人とのコミュニケーションでもたくさんの情報が得られますが、もちろんインターネット社会ですので、どこにいても最新の情報をスピーディーに取り込むことは可能です。

常にスマートフォンでニュースをチェックする、興味の有る無しに関係なく幅広い話題を頭に入れることが苦にならない人は企画者向きです。

簡単なことのように思いがちですが、さほど知りたくもない情報でも常に頭に詰め込む行為は、なかなか続けられるものではありません。

ちまたに流れる情報はまさに珠玉混合で、スピードを重視すると誤った情報もキャッチしてしまう場合が多いですが、企画者ならとにかくあらゆるジャンルの情報を早く知ることが大切と言えます。

【企画の志望動機徹底マニュアル】志望動機を考える際の3つのポイント

企画職を志望する場合、どのような動機が考えられるでしょうか。

単にイメージで憧れたというだけではNGなのは当然のことながら、実際にどのような面で企業に貢献できるのかを自分なりに熟考する必要があります。

ここでは第三者が納得できる志望動機を組み立てる上で、ポイントとなる3つの項目について解説します。

今までの経験が企画職でどんなところで活かせるのか

急に企画の仕事をしたいと思いつくことはあまりません。

何かに携わったとき、何かを経験したときに、自分にはこういう仕事が向いているのではないか、やりがいを得られるのではないかと感じるのが一般的です。

そうした今までの経験と、それを活かす姿が具体的にイメージできれば、それが志望を組み立てる上での骨子になります。

特別な経験でなくても企画につながることは日常生活の中でもたくさんありますし、イベントやアルバイトなどでも良いでしょう。

大切なのはそれを活かして自分がどのような仕事をしたいのか、やりたいことをきちんとアピールできるようにすることです。

その会社でないといけない理由を明記

企画職は基本的にどの会社でもありますし、どんな仕事でも企画なくして進めることはできません。

数ある業界の中でなぜその業界を選ぶ必要があったかも重要ですし、その業界の中でなぜその会社を選んだかも重要です。

応募先企業の採用担当者は一般的に、目の前の学生の合否を決めるという意味だけでなく、純粋になぜ自社でなければならなかったかを知りたいと考えています。

企業にとっては、自社が発しているどのような情報がどのように一般にとらえられているかをリサーチする場でもありますし、それこそ広報の業務をチェックするチャンスです。

どんなメッセージや事業が自分に響いたのか、明確にしておくことは大きなポイントと言えるでしょう。

企画職への覚悟

企画職へは形から憧れる学生が多い分、実際のつらい現場でミスマッチが起こりやすいというマイナス面もあります。

イメージどおりの華やかさが一切ないとは言いませんが、楽な仕事ではありませんし、プレッシャーや責任が強い業務であることは十分に理解が必要です。

そうした部分もきちんと理解した上で志望していることをアピールするためには、やはり覚悟を表明する意識が大切でしょう。

具体的にどのような業務でどのように働きたいのか、何か専門知識や経験があるのか、知り得た情報から自分なりに業務を理解し、挑戦する覚悟があることを明確にしましょう。

【企画の志望動機徹底マニュアル】企画の志望動機を作るコツ

志望動機の構成は、企画職だからと言って特別なものがあるわけではありません。

コツは一定のフレームワークを利用することで、基本的にビジネス文書のセオリーに従って説得力ある文章を作るのが一番です。

また、ES全体を見て一貫性を持たせることも意識しましょう。

他の質問に対する答えとチグハグな内容にならないよう、筋を通すことも大切です。

具体的なエピソードを伝える

同じ体験でも、人が違えば違う答えになります。

世界中探しても同じ人は2人といないわけですから、自分が経験した具体的なエピソードを盛り込むだけで、自分だけのオリジナルの志望動機を作ることができます。

エピソードがあると内容に説得力を持たせられますし、志望度や人となりも伝えられます。

学生時代の経験をあらかじめ複数書き出してみて、その中から自分の将来の仕事につながるような思いを見つけてみてください。

もし専門知識や資格に関することなど、仕事に活かしやすい武器があるなら、積極的に採用しましょう。

応募先企業の求める人物像にマッチすることもポイントです。

PREP法を用いて構成を考える

具体的な文章構成に入る際には、PREP法を用いて進めていきましょう。

PREP法はビジネス文書のセオリーでもあり、最初に結論を述べる構成法です。

志望動機を作る際には、PREP法をベースにして少しだけアレンジするとうまく構成できるでしょう。

就職した後、自分が何を達成したいのか、どんな目的やビジョンを持って臨んでいるかを盛り込むのがオススメです。

また、他社ではなくなぜその会社でなければならないかなども盛り込めるといいでしょう。

PREP法とは?

PREP法は、相手に伝えるべき内容を的確にかつ簡潔に伝えられる文章の構成法で、ビジネスにおいては基本となるものです。

構成は「結論」「理由」「具体例」という順序になっており、それぞれのセンテンスの頭文字を取って名付けられています。

POINT=結論

REASON=理由

EXAMPLE=具体例

POINT=結論の再現

最後にもう一度「P」が登場することからもわかるように、結論を繰り返す構成となっているのが特徴でしょう。

これは最初と同じ文章をリピートするという意味ではなく、その結論に達したことを納得させる(再度想起させる)内容になっていれば問題ありません。

たとえば、PREP法を用いて簡単に志望動機を構成すると、

私は貴社への入社を志望する

その理由はこうである

このようなエピソードがあった

だから貴社に入社したいと考える

となります。

これだけで、相手に志望動機を伝えるための要素はすべてそろっていることがわかるでしょう。

プラスアルファを付け加えるなら、その会社でなければならない理由や感動、熱意が感じられる一言を添えることで、より志望度を伝える工夫もできます。

なぜウケがいいのか?

就活で必ず出てくる志望動機ですが、多くのアドバイスがこのPREP法を勧めているのはご承知のとおりです。

ではなぜそんなにも勧められるのか、なぜ応募先企業や採用担当者、面接官からウケがいいのでしょうか。

それは何より「簡潔」で「シンプル」だからです。

そして理解すべきことが最初と最後に書かれているので、伝えるべき内容がしっかり伝わるからです。

大手企業や人気企業はもちろんですが、採用活動は担当者にとって非常に労力のかかる大変な業務です。

応募者の書類をチェックするだけで膨大な時間がかかってしまうため、素早く内容が理解できる文章は、それだけで好感度が高くなることを覚えておきましょう。

【企画の志望動機徹底マニュアル】例文一覧

それでは志望動機の例文を紹介します。

ここで挙げる例文はあくまで一例ですので、実際には自分のエピソードや思いをもとにしっかり構成してください。

以下の5つの例文には、それぞれベースとなる志望の軸があります。

企画職という職種を選ぶにあたり、どのようなことをベースに志望するかから考えてみましょう。

経験を活かす

私は日本食に強い興味があり、御社の食品企画職を志望しました。

御社は日本の伝統食をフリーズドライという新しい形で商品化しており、世界に向けて積極的に食文化を発信されていることに強い魅力を感じております。

高校、大学時代と割烹レストランでアルバイトを経験し、料理や食に興味を持ったことから調理師免許を取得しました。

これまで学んだ料理を広く海外へ紹介するのと同時に、これからの日本を支える食を新しく開発し、商品として広く発信する仕事をしたいと考えております。

御社に入社すれば、日本の食を守りながら発展させる事業に携われると確信します。

今までの経験を活かし、新しい世界を御社の商品企画で展開したいと考えております。

自分の強みを活かす

私は御社のアパレル商品を世界に売り出すため、販売促進企画部署を志望いたします。

御社が来年海外拠点を増強することを知り、ぜひそちらと連携し情報発信したいと考えております。

大学時代3年間、都内のアパレルショップのスタッフとしてアルバイトを経験し、海外観光客も含めお客様とコミュニケーションする機会がたくさんありました。

より適切なアドバイスを行うためTOEICにも挑戦し、現在スコアは600点です。

そうした中で得た陳列やコーディネートのアイディアを活かし、ショップでは販売促進に携わる仕事も任されるようになりました。

御社に入社し、大好きな御社のブランドを世界にアピールし、実際に流通させる業務で活躍したいと考えております。

やりがいベース 新しいものを作り出したい

私は御社の菓子部門の商品企画・開発部署を志望いたします。

御社が年商5,000万円を誇るスナック菓子は、私が小学校時代から現在までほぼ毎日食している商品です。

そのような10年以上変わらない安心の商品を提供し続ける一方、御社は毎年まったく新しいジャンルの菓子を新発売するチャレンジングな姿勢もお持ちです。

私は大学時代2年間菓子の製造工場でアルバイトをしましたが、1つの菓子を作るのにもたくさんの工程があり、非常にコストがかかることを学びました。

御社に入社した暁には、学んだコスト意識も活かしつつ、多くの人を喜ばせる新しい商品を作り出すことに全力を投入したいです。

やりがいベース チームで1つのものを作りたい

私は、御社のスポーツ用品の企画開発部署を志望いたします。

御社は一般ユーザー向けの店頭販売品はもちろん、学校法人向けの商品からトップアスリートのオーダー品まで手広く商品展開されています。

私自身、小学校から大学まで野球に携わり、バットやグローブなどを自分なりにカスタマイズすることを得意としてきました。

チームメイトからも頼まれることが多く、要望どおりアレンジして提供すると大変感謝され、それが大きな達成感となります。

こうしたことから、誰かのためになるクリエイティブな仕事がしたいと考えるようになり、チームを組んでチームのために1つのものを作る仕事に就きたいと考えるようになりました。

御社のようにスポーツに密接する専門的な企業において、チームのために貢献したいです。

やりたいベース 

私は、御社の商品やサービスの魅力を広く世界に発信するため、販促企画部署を志望いたします。

御社はSNSを通じて商品やサービスの情報を発信されていますが、私はその内容や動画広告を見て実際に商品を購入した1人です。

最初はその商品が存在することすら存じ上げませんでしたが、御社の動画広告を拝見した途端に、大きな魅力の発見があり、そのまま購買意欲をそそられ購入に至りました。

もちろん素晴らしい商品でしたが、そんなにも人の価値観を変えてしまうほど情報発信に長けた会社に強い興味を持ったことを今でも覚えています。

私は大学で広告心理学を専攻していますが、そこで学んだ消費者行動を活かし、今度は自分がより多くの人の購買意欲をかき立てる販促企画を立案したいと考えています。

そんな志望動機でほんとに大丈夫?
1人でわからない事はプロと2人で​。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ