インターンの種類別、職種別の逆質問特集!

はじめに

インターン(インターンシップ)の面接で、面接官から「何か質問はありますか?」と聞かれることがあります。

これが逆質問で、通常面接の最後に求められます。

逆質問に対する回答も、選考に影響を与えますので、インターンの面接を控えているなら、逆質問されたときに備え、準備することをオススメします。

と言ってもどのように回答したら良いか、どんな質問が適当か、悩む人も多いのではないでしょうか。

ここではインターンの種類別・職種別の逆質問について、例文を交えてご紹介します。

インターンの面接で逆質問を求める企業の意図

準備を万全に整えて面接に臨み、満点に近い状態に進んだとしても、「何か質問はありますか?」の逆質問に失敗し、選考に落とされてしまうことも少なくありません。

逆質問に戸惑い、口ごもってしまったり、「とくにありません」で終わらせてしまったりすると、その可能性は高くなります。

「絶対に定時で帰れますか?」「主力のサービスは何ですか?」など、働く意欲が感じられない質問や、調べればわかるような質問も、面接官をがっかりさせることになるでしょう。

面接官は、なんとなく逆質問しているわけではありません。

そこには必ず意図がありますので、まずはそれを理解しましょう。

逆質問は企業にとって、学生が企業に対して不安や疑問を持っているかどうか、把握できる機会を作ります。

そのほかにも理由はいくつかありますが、主なものは「本当に自社に興味があるか見極めるため」と「地頭の良さやキレを見るため」の2つです。

本当に自社に興味があるかの見極め

多くの企業は面接で、学生の志望意欲を知ろうとします。

志望動機は、志望意欲を把握できる項目の1つですが、逆質問することで、「どのくらい本気か」を見極められるようになります。

志望意欲の高い学生は、その企業に関心を持ち、事前に会社の事業内容や現状についてよく調べていると、企業は考えています。

質の高い逆質問をすれば、「この学生は入社する熱意が高い」と、面接官は評価するでしょう。

とくに人気の企業であれば、本気度の高さを重要視していることも少なくなく、逆質問を通して志望意思を示すことが、とても重要です。

地頭の良さやキレ

逆質問はいわゆる「アドリブ的」なやり取りになります。

相手の答えに合わせて会話を進めていくには、相手の反応に対し、急な対応ができるかどうか、臨機応変に対応する能力が求められます。

地頭の良さやキレの把握も、面接官の逆質問に込められた意図と言えるでしょう。

地頭の良さやキレは、空気が読める能力にもつながります。

通常の面接は、ある程度予測できるため、準備したとおりに進めることで、一定の評価を得られやすくなります。

ですが、逆質問は準備に限界があり、後はその場の流れに対応していくしかありません。

「逆質問は選考の最終的な判断材料」とする企業もあるように、空気が読めるスキルがあるかどうかは、選考を左右するスキルと言っても過言ではないでしょう。

インターンの種類別逆質問例

成り行き任せの面を持つ逆質問ですが、準備をしても無駄かと言うとそうではありません。

志望する企業について入念なリサーチをするとともに、臨機応変に対応する力を養いましょう。

高評価を得やすい逆質問をするポイントは、自分を起点に生じた疑問を、質問内容のベースにするという点にあります。

企業についてリサーチしていくと、わからないことや疑問が湧いてくるようになります。

その疑問が、調べてもわからないこと、または志望意欲の高さを示すことにつながるのであれば、逆質問で聞いてみましょう。

企業についての質問ばかりが、逆質問ではありません。

面接官に対し、仕事の魅力や、やりがいについて逆質問してみましょう。

「この仕事をされて、一番やりがいを感じたことは何ですか?」といった逆質問は、仕事に対する意欲を、相手に示すことにつながります。

逆質問として、「自分の能力を活かせるか」について聞くことも可能です。

たとえば「私はこういう資格を持っていて、御社のこの事業内容に活かせると考えますが、いかがでしょうか?」といった質問は、面接官に良い印象を与える傾向があると言われています。

インターンには、大きく分けて「長期インターン」と「短期インターン」の2種類あります。

ここでは、インターンの種類別に逆質問の事例を紹介します。

長期インターン

3ヶ月以上仕事に従事するインターンは、長期インターンと呼ばれ、短期インターンと区別されます。

長期インターンでは、実際の業務を任される場合がほとんどです。

そのため企業は、即戦力となって実務をこなし、将来会社で仕事ができる、安心して仕事を任せられるといった人材を求めています。

逆質問では、企業に対する本気度の高さを示すと同時に、「私はその仕事に適任です」ということを印象づけることがポイントになります。

例①

「仕事に取り組む上で、気をつけたり、大切にしたりしていることはありますか?あるとしたらどんなことですか?」

現場担当者に対する逆質問になります。

事前に、仕事に取り組む上で大切なことを聞くことで、会社に志望する意欲が感じられます。

現場担当者は、仕事に必要なことを吸収しようとする前向きな姿勢に対し、好印象を受けるでしょう。

例②

「仕事は未経験ですが、私はこの資格を持っています。その場合一定のレベルに達するまで、どのくらいの期間が必要でしょうか」

仕事に励もうとする意欲が伝わる良い質問です。

仕事に関連した資格を持っていることを伝え、自分の能力もアピールしています。

レベルアップするまでの期間を聞くことで、面接官はインターンが決まり、業務をこなす姿をイメージするようになるなど、逆質問からは複数のメリットが得られます。

短期インターン

長期インターンと違い、短期インターンは、仕事に従事する時間がかなり限られるため、選考基準も異なります。

短期インターン選考では、即戦力となるかどうかではなく、優秀であるかどうか、会社がオファーを出したときに、承諾してくれるかどうか、を基準に選ぶ傾向があります。

そのため短期インターンでの逆質問は、会社に入社を志望する意思や、業界に対する興味を伝えることに集中して、質問を考えることがポイントになります。

例①

「インターンで実施されるプログラムで深く学びたいと考えております。事前に用意すべきことがあれば教えてください」

短期インターンでは、ワークショップやプログラムが実施される場合がほとんどです。

この質問からは、できるだけ知識やスキルを吸収したいという気持ちが伺えます。

それは企業や業界について知りたいという意欲の表れにもなりますので、入社意思を伝えるのに効果的な逆質問と言えるでしょう。

例②

「工場(研究施設)見学では、どのようなポジションの方と接する機会がありますか」

製造系または研究系の企業が実施する短期インターンで多いのが、所有する工場または研究施設の見学です。

将来技術職や研究職を志望している場合、施設の見学は、大変貴重な体験です。

工場や研究所で誰が活躍しているのか逆質問することは、その仕事に対する意欲があるという姿勢を、人事担当者に伝えることにつながります。

活躍している人について質問する代わりに、インターンで体験できる、業務内容について逆質問するのも、志望意欲を示すことになります。

インターンの職種別逆質問例

インターンの面接では、必ずと言っていいほど逆質問されると言われますが、それはどの職種にも言えることです。

良い逆質問にはいくつか特徴がありますが、どの面接を受けても同じ逆質問を繰り返すのは、避けましょう。

職種によって特徴や必要とされる人材は異なりますし、同じ調子で逆質問を続けると、面接官や人事担当者に響かなくなる恐れが出てきます。

逆質問を考えるときは、基本的なポイントは押さえつつ、職種別に合わせることが理想です。

インターン選考を勝ち取るためにも、志望する職種に合わせた逆質問を心がけましょう。

一手間かけることで、成功する確率がぐんと上がります。

ここでは、「営業インターン」「エンジニアインターン」「マーケティングインターン」「企画インターン」「ライターインターン」と5つの職種について、効果的な逆質問をご紹介します。

営業インターン

営業インターンは、営業の業務体験のことです。

営業の業務と言ってもアポイントメント獲得やリストアップ、営業のアシスタントなど多岐にわたります。

こうした仕事を通し、営業インターンでは、営業の基本スキルからコミュニケーション能力、ビジネスマナー、営業的思考力まで、さまざまなスキルを身につけることが期待できます。

こうしたスキルは、就活でも役立つことがありますので、営業インターンは、営業職を希望する学生だけでなく、就活生にもオススメの業務体験と言えるでしょう。

例①

「私には理論的に考え、提案をわかりやすい表現で伝えられる強みがあると、自己PRのときに、自らの経験とともに説明いたしました。この強みは、営業部門において、どのように活用できるか、お聞かせ願えませんか?」

営業と言うと、実行力やコミュニケーション能力が必要な職種というイメージがありますが、アイディアを提案し、相手の心を動かすほどの、プレゼンテーション能力も求められます。

営業には個人・法人営業、ルート営業、新規営業などさまざまな種類がありますので、プレゼンテーション能力を持っていれば、複数の業務につくことが可能になります。

それを踏まえた質問は、自分の魅力アピールだけでなく、仕事に対する情熱や、会社を志望する意欲を面接官に示すことができます。

例②

「御社はグローバルな事業展開を目標に掲げておられます。海外での営業戦略について、どのようにお考えでしょうか」

会社に共通するビジョンについての逆質問です。

会社について調べないとわからない、しかも営業に関する質問なので、「この学生は我が社について調べている」「営業職を志望する姿勢が見られる」と評価されやすくなります。

会社の理念や事業展開などについては、ある程度リサーチを続けていると、出てくる情報ですので、見落とさないようにすることが大切です。

エンジニアインターン

エンジニアは、アプリの開発やコーディング、Webサービスの製作など、IT系の仕事を手掛けます。

エンジニアインターンの仕事には、新しいアプリやWebサービスの企画などがあります。

会社で働く社員の下につき、実際に行っている仕事に携わりますので、実践的なスキルを身につけられます。

エンジニアインターンを実施している企業は、ベンチャー企業が多く、独特の雰囲気を身近に感じられるのも、エンジニアインターンの魅力と言えます。

エンジニアインターンの特徴は、インターンからそのまま就職という流れが多いため、それを踏まえた逆質問をすることが、ポイントになります。

例①

「御社に興味を持ち、ホームページや雑誌などで情報を収集いたしました。その際気づいたのは、御社はシステム開発に加え、マネジメントサービスも展開しているということですが、今後の事業展開はどうお考えでしょうか?」

企業のビジョンについて逆質問しています。

質問することで、学生は自分のやりたいことと、企業のビジョンがマッチしているかどうか確認できます。

企業側も、将来を見据えた質問ということで、好意的に受け入れます。

企業について隅から隅まで調べてた上での質問ではなく、ある程度情報を収集し、その上で質問しています、という聞き方が、ポイントになります。

例②

「私は御社の求人票に記載されていた、特定のプログラミング言語を勉強しています。ほかに習得した方が良いものがあればご教示ください」

入社前に勉強しておいた方が良いことについての逆質問は、本気で就職するつもりがあることを面接官に伝えるメリットがあります。

それと同時に、面接官に入社後の姿をイメージしてもらうのに役立ちます。

志望意欲や仕事に対する情熱をアピールしたいときにオススメです。

マーケティングインターン

マーケティングは、消費者に商品やサービスを提供する見返りに対価を得て、企業に利益をもたらす、経済活動のことです。

できるだけ大きな利益を上げることが、マーケティングの目的になりますので、市場調査から商品開発、コンセプトや価格の設定、販促活動、広告の分析など、マーケティングの仕事は多岐にわたります。

マーケティングは店舗などリアルな世界だけでなく、ネット上でも展開されているため、Webマーケティングやリアルマーケティングなど、いくつか種類があります。

従事する業務内容によって取得できるスキルや知識は異なりますが、マーケティングの実務体験を通して、リサーチ力や分析力、ユーザー目線で考える力などを身につける機会に恵まれます。

例①

「御社のビジネスモデルは、他社と比べ斬新な点が多くあると見ております。このモデルに至った経緯をお聞かせ願えませんか」

その企業について深くリサーチすることは、良い逆質問を生み出す上で重要ではありますが、度を超すと、現場の担当者でなければ説明できないような、突っ込んだ質問となりますので、注意が必要です。

専門性を帯びた質問は、面接官を選ぶ必要がありますが、上記の質問であれば、逆に「よく調べているな」と好意的に受け入れてもらえます。

マーケティングは企業の活動全般に関わることですので、ビジネスモデルについての質問は、的外れではありません。

例②

「今後御社では、どのサービス分野においてマーケティング戦略に取り組むとお考えですか」

マーケティングにおいて、マーケティング戦略は、最も身近で重要な位置を占めているため、逆質問に活用したいと考えている学生も少なくありません。

1つ注意する点は、人事担当者は、企業の経済事業を担当しているわけではありませんので、相手を見て選んだ方が良い質問内容になるということです。

企画インターン

企画職は、会社において、企画を立案することを主な仕事としています。

企画と言っても販売企画や経営企画、商品企画などさまざまで、クリエイティブな要素を持つ企画インターンは、学生にとって人気の職種に入ります。

長期の企画インターンになると、実際に行われている企画業務に携わることが可能になり、立ち上げた企画が採用される可能性も出てきます。

企画インターンの主な仕事は、与えられた特定の課題(既存の商品やサービス向上についての企画など)について、グループワークを通して企画を立ち上げ、プレゼンテーションを行うというものです。

ここでは問題解決を目指した企画力だけでなく、プレゼンテーション能力が求められます。

例①

「大学時代メンバーが40人いるサークルの部長として全体をまとめ、定期的にイベントの企画・運営を手掛けてきました。社会人として未経験ですが、この経験を御社ではどのように活かせるでしょうか」

自己PRできる逆質問の、オーソドックスなパターンです。

「私にはこのような強みがあります」とストレートにアピールするのではなく、「持ち前の特技を活かせるでしょうか」と質問するのが、この逆質問の特徴になります。

自己PRできる強みや経験がなければ、それを性格に置き換えることも可能です。

逆質問の自己PRは、企業の業務内容に関連することが原則になります。

自己PRと企業のニーズにズレがあると、逆質問してもあまり意味がありません。

例②

「ワークショップでもっと強化した方が良い点があるなど、チームの課題がありましたら教えてください」

現場担当者が、面接に同席したときに活用できる逆質問です。

企画は通常チームを組んで進められますが、この逆質問には「現場の雰囲気を知り、自分が参加したときの参考にしたい」というニュアンスがあります。

現場担当者と打ち解けやすい質問内容ですが、度を超すと、失礼な態度と見なされてしまうこともありますので、逆質問の仕方には十分注意を払いましょう。

ライターインターン

ライターと一口に言っても仕事の種類は幅広く、ウェブコンテンツの執筆を専門とするウェブライターから取材ライター、ルポライターなどさまざまです。

書くことが専門の仕事になりますので、長期インターンになると、文章力が向上したり、書くスピードがアップしたりするなど、学生にとって有利になるスキルが身につきます。

執筆の対象となる分野も多岐にわたりますので、幅広い知識を得ることも期待できるでしょう。

例①

「ウェブライターからスタートしても、頑張り次第では取材ライターとして活動できる環境はありますか」

ウェブライターは、記事の執筆をメインにしますが、取材ライターは専門家や著名人にインタービューをして、それを元に記事を書くため、文章力のほかに、コミュニケーション力やネタを収集するリサーチ力なども求められます。

自分が望むキャリアについて逆質問することで、自分のニーズと会社のニーズが一致するかどうか確かめることが可能になります。

例②

「ライターインターン内定をいただけた場合、事前に準備しておくことはありますか?」

ライターインターンとして選考されたことを見据えた逆質問です。

働く意欲が感じられ、人事担当は、「この学生はやる気がある」と、手応えを感じるでしょう。

逆質問の内容を「この取材ライター案件を担当させていただけますか」とすると、「受かっていもいないのに早すぎる」という印象を与え、逆効果になります。

良くない逆質問例

逆質問には、評価が上がるものと、反対に下がるものとがあります。

評価が下がる逆質問をしてしまうと、それまでの面接が良くても、落とされてしまう可能性がありますので、悪い印象を残さないよう注意が必要です。

学生がうっかりして質問してしまうNG逆質問には、「給与面についての逆質問」と「福利厚生面での逆質問」があります。

給与面

仕事をする以上、支払われる給与は気になることですが、インターンシップの面接には不適切な質問になります。

仕事よりも給与を優先する人物、つまり入社する意欲はそう高くない、と見なされてしまう恐れがあるからです。

面接官から給与について説明があれば別ですが、そうでなければ給与に関する逆質問は避けましょう。

「長期インターンの時給はいくらですか?」「入社初年度の平均年収はどのくらいですか?」「どんな手当がもらえますか?」「前年度支給したボーナスはいくらか教えてください」といった質問は、NG逆質問になります。

福利厚生面

給与に加え、休日や有給も、働く側にとって、大切な選択基準になります。

と言っても、福利厚生面の逆質問をすると、「仕事内容や会社よりも、福利厚生面の方に興味がある」とのマイナス評価を得てしまうことになります。

通常休日や社会保険といった待遇についての情報は、求人情報に掲載されている場合が多く、それをインターンの面接で逆質問してしまうと、「下調べをしていない」ということになり、さらに評価が落ちてしまいます。

「残業はあるんですか?」「転勤する必要はありますか?」「有給休暇は取れますか」「年間休みはどのくらいありますか」は、避けた方が無難な逆質問です。

待遇に関する逆質問はNGと言っても、絶対にしてはいけない、ということではありません。

たとえば「アルバイトをしていたとき、月平均5~10時間ほど残業しておりました。

御社の求人情報には、『残業あり』とありましたが、平均的な残業時間を教えてください」と、聞くことは可能です。

求人情報を見ただけではわからなかったので質問しました」というニュアンスが出れば、「残業時間に合わせて、こちらで調整します」という姿勢が伝わります。

ただし、待遇に関する逆質問は、あまり良い印象を与えない、という点は忘れないようにしましょう。

この手の逆質問は、どうしても聞く必要に迫られたときにする、と位置づけた方が賢明です。

まとめ

面接官への逆質問の内容は、基本的に「聞きたいことを質問」します。

と言っても実際は何でも質問できるというわけではなく、企業が逆質問をする意図を理解した上で、考える必要があります。

企業の職種や事業内容に合わせた逆質問を心がけると、なおさら良いでしょう。

給与や福利厚生など待遇に関する逆質問は、評価を下げることにつながりやすく、「自分をアピールできる」という、逆質問のメリットと正反対の結果を招きかねません。

逆質問は、インターン選考の合否を左右しますので、慎重に準備することが望まれます。

インターンシップで就活を有利に!
あなたの就活を二人三脚で内定までサポートします​。

あなたのビジョンを実現させるための​
就活のサポートを実施

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ