大学2年生の夏休みはインターンにトライしてみよう!

大学2年生の皆様、やっと進級したばっかりだし、インターンなんてまだ早いなんて考えていませんか?だとすればその考えは今すぐに改めた方が良いかもしれません。

というのも大学2年生は初めてのインターン参加をするのに最適なチャンスだからです。

本文では大学2年生がインターンに参加する3大メリットについてご紹介います。

読めばなるほど納得、今すぐにでもインターンに参加したくなるはずです。

さらには大学2年生だからこそ注意しておきたいインターン参加のポイントについても解説しています。

そちらも併せて参考にしてみてください。

大学2年生である今のうちからインターンに参加しておけば、今後の就職活動において大きなアドバンテージになること間違いなし。

インターン参加という一歩が素敵な未来に繋がってゆきます。

大学2年生でインターンってアリなの?

インターンのメインとなる参加者ははこれからまさに就職活動を控えている大学3年生と修士1年生です。

そのため、大学2年でインターンに参加というと「参加しても大丈夫なのかな…」と悩んでしまうもの。

さて、大学2年生がインターンに参加するのはアリなのでしょうか?その答えは「がぜんアリ!」です。

むしろ大学2年生のうちからインターンに参加する事をおすすめします。

なぜ大学2年生からインターンへの参加をおすすめするのか、まずはその理由について見てゆきましょう。

大学2年生の夏休みをインターンで過ごす3つのメリット

大学2年生の夏休みこそ、初めてのインターンに挑戦する最良の機会です。

まずはその3つの理由について解説してゆきたいと思います。

就職のイメージがつかめる

皆さんはおそらく大学(大学院)を卒業後、何かしらの仕事に就くことを考えているかと思います。

とはいえ、社会人として働く現場について想像がついているでしょうか?社会人の詳しいサンプルとなり得るのは自分の親くらいで、そんな親とて会社でどんな仕事をして、どんな働き方をしているのか、それほど詳しくは知らないはずです。

そんな状況で大学卒業後に自分が進みたい道を考えてみても、それが本当に自分の進みたい道なのか、確証は持てないはずです。

そのため多くの学生が「なんとなくのイメージ」で就職先を選んでいます。

新卒採用で入った人の多くが3年以内に離職しているというデータがありますが、その多くが、職場とのミスマッチを感じたからに他なりません。

その根本的な原因は「なんとなくのイメージ」で就職先を決めてしまったからです。

転職する事が悪いこととは言いませんが、働きながらの転職活動は大変ですし、転職したからといって素敵な職場に巡り合えるというワケではありません。

そんな事にならないためにも、新卒採用のタイミングでしっかりと自分の進みたい道を考え、その道に向かって進んで行くことを強くおすすめします。

けれど実際に働く現場を見ない限り、企業で働くイメージはつかめません。

そして働くイメージがつかめない限り、自分の進みたい道を本気で考えるというのは難しいものです。

そこでインターンの出番です。

短い期間とはいえ、現実的な職場体験ができますし、実際に人が働く現場を見ることが可能です(アルバイトと会社員はその働き方が全然違うものです)。

その経験によって、その業界のイメージは膨らみますし、自分が進みたい道なのか、そうでないのかを明確に判断できるようになるのです。

新卒採用は企業が最も多くの人数を採用する機会です。

そのため就活生にとって最も多くのチャンスがある貴重な機会ともいえます。

そのチャンスを精いっぱいに活かすためにはとにかく準備が欠かせません。

大学2年生のうちからインターンで社会人経験を積んでおけば、自分が進む道に関してゆっくりと考えることが可能です。

また大学三年時に再びインターンに参加するチャンスがあるため、より多くの会社を経験できます。

だからこそ「働く」というイメージが湧きやすく、面接時の受け答えに重みが出るものです。

多くの場合それは内定をグッと引き寄せてくれます。

大学外の人脈ができる

大学外の人脈ができるというのもインターンの大きな魅力です。

アルバイトなど、大学外の人脈ができるチャンスは他にもありますが、「同じような企業を目指している他大学の学生と知り合う」というチャンスはなかなかありません。

そんな他大学で学んでいる彼ら・彼女らと話をしていますと、やはりいろいろな発見があるものです。

他大学・他学部で人気の就職先情報を知ることができますし、他大学の就職状況が知れるのも、人脈があってこそです。

それらの情報は大きな刺激にもなりますし、就職活動へのモチベーションも高めてくれるものです。

また周りは大学三年生ばかりのはずですから、大学2年生であるあなたは、周りが今後どのように就職活動を進めてゆくのかについても知ることが可能となります。

それは何事にも代えがたい、貴重なサンプルとなってくれます。

スキルアップにつながる

スキルアップにつながるというのも大学2年生のうちからインターンに参加するメリットの一つです。

例えばインターンを経験して「もっと英語力が必要」と感じたとします。

大学三年生であれば、就職活動開始までの時間は限られていますし、就職活動そのもそのに多くの時間が必要です。

忙しい合間をぬって英語の勉強を強化したとしても結果を出すには時間が足りないはずです。

一方で大学2年生であれば、まだまだ時間は充分にあります。

例えば英語であれば、1年間本気で打ち込めば、TOEICの点数もかなりの伸びが期待できます。

場合によっては短期留学をするなんて事も可能です。

大学二年のうちにインターンへ参加するからこそ、自分に必要なスキルが身につくというワケです。

また、スキルを伸ばした上で大学三年時に再びインターンに参加する事も可能となります。

自分が身につけたスキルによって、インターン経験の感じ方も大きく変わってくるはず。

それを実感できるというのも大きなメリットの一つと言えます。

そこで身につけたスキルは就職活動でも大活躍してくれます。

資格の欄に「TOEIC:820点」と記載できれば、それだけでライバルを圧倒できるものです。

まずはインターンに参加する目的を定めよう!

インターンに参加したいと思っている方は、最初に目的を定めておくようにしてください。

学生生活では体験できないことにチャレンジしてみたい、多くの経験を積みたい、スキルアップしたいなど、インターンに参加したいと思った理由は人によって異なります。

中には、就活を有利に進めるための人脈やきっかけづくりのために、就職希望先でインターンをやっておきたいと考える学生もいるかもしれません。

目的がよくわからないときには、インターン参加後の自分を想像してみると良いでしょう。

どんな風に成長したいのかなどをイメージすることで、自分の参加目的が明確になってきます。

自分の目的をハッキリ定めておけば、意欲もわいてきて、より有意義なインターン生活を過ごせるようになることでしょう。

インターンで何を得たいか?

インターンへ参加する際には、自分が何を得たいと思っているのかをしっかりと考えておくことが大切です。

就活に成功した大学の先輩たちがインターンを経験していたから、自分も一応やっておこうという理由で参加しようとする学生もいらっしゃるかもしれません。

友達の影響を受けてしまい、自分もインターンに参加したほうがいいのではと焦ってしまう学生も多いです。

しかし、そのような曖昧な理由で参加したとしても、得られるものは少ないでしょうし、せっかくの時間を無駄にしてしまう可能性があります。

また、企業の方でも、目的意識のないインターン生を採用したいと思わないですし、エントリーしても不採用になってしまうこともあります。

貴重な時間を無駄にしないためにも、インターンで何を得たいのかをハッキリさせてから、参加するようにしてください。

得たい理由を明確に

インターンを通して、どんなことを得たいのかを明確にしておくことも大切です。

インターンに参加するメリットは、実際の仕事の様子をまじかで見ることができる点です。

大学生活ではできない貴重な体験ができますし、仕事を通して社会人として必要なスキルも身につくことでしょう。

また、職場の人やお客様など、いろいろな人たちと出会うことによって、人として成長するチャンスも得られます。

さらに、その企業の人事担当者や上司などともコネクションができるので、インターンに参加して自分の良さをうまくアピールできれば、就活にも有利に有利になることもあるかもしれません。

このように、インターンで得られることはたくさんありますので、その中でも自分はどんな点を重視するのかをよく考えるようにしてみてください。

得た先の自分を想像しよう

インターン参加の目的は人それぞれありますし、正解も不正解もありません。

今後の就職活動を有利にしたい、人間的に成長したい、仕事のスキルを身につけておきたいなど、どんなことでも良いのです。

ただ、インターンが終わった後の自分の姿をよく想像しておくことも大事です。

こんな風になりたいというしっかりとしたイメージがあれば、インターン中の仕事や勉強にも身が入りやすくなりますし、意欲的に何かを身につけようとする姿勢も出てきやすくなります。

もしかしたら、そんな姿を見て企業の人事や上司たちからも、良い印象を持ってもらえるかもしれません。

短期?長期?大学2年生におすすめのインターンとは

インターンと一口に言っても、短期のインターンと長期のインターンがあります。

大学2年生の皆様はどちらへの参加がおすすめなのでしょうか?せっかくのチャンスですから、長期インターンへの挑戦をおすすめします。

というのも短期インターンでは1週間ほどで終了となってしまうため、本当に「働く」という事を理解できないままに終了してしまう事が多いからです。

職場の雰囲気を知るという意味に於いては充分な時間ですし、大学三年生で時間があまり取れないという時には短期インターンをおすすめしますが、なにせ皆様は大学2年生。

時間は充分に取れるはずです。

長期インターンでは、社員同様に仕事を割り振ってもらえます。

もちろんクリティカルな仕事ではありませんが、しっかりとやりがいを感じられる程度のハードさはあるものです。

それを経験するからこそ、社会人として働くという事が見えてきます。

それは今後の就職活動でかなりのアドバンテージになってくれます。

なお、長期インターンでは給与がもらえることもしばしばです。

社会人経験を積めて、なおかつお金をもらえるのですから、下手なアルバイトをするよりもずっと有意義な時間を過ごせるはずです。

ぜひ長期のインターンに挑戦してみてください。

一般的に長期インターンは週に2~3日、1日に5~6時間ほどの拘束時間となっています。

インターンという事で時間的な融通はかなり利くはずですから、無理ない範囲での参加が可能なはずです。

まずは各種条件についてチェックしてみてください。

長期インターンで得られること

長期のインターンで得られることは、その会社での実務経験、社会に出て役に立つビジネススキルなどです。

名刺交換、電話応対などはどこの会社でも必須の社会人スキルなので、インターン中に身につけておけば、就職後も大いに役に立つことでしょう。

また、長期間のインターンを通して、人としても大きく成長するきっかけにもなりますし、自分に対して圧倒的な自信も持てるようになるのです。

長期のインターンでどのようなことが得られるのか、項目ごとに見ていきましょう。

会社の実務経験

長期インターンでは、上司や先輩の下について、さまざまなお仕事を体験することになります。

営業職であれば、お客様や取引先へ一緒に同行することもあるかもしれませんし、エンジニア職であれば進行中のプロジェクトに参加させてもらえるかもしれません。

このような実務経験は、学校生活では学ぶことはできませんから、とても貴重な体験となるはずです。

また、実務経験を積んでおけば、その業界で就職する際に、有利になりやすいというメリットもあります。

社会人になると、学校での勉強よりも、実務経験のほうが重視されやすいのです。

実務経験を積みたいと思っている方にとっては、長期インターンを通して得られるものがたくさんあることでしょう。

社会に出て役に立つビジネススキル

長期インターンでは、社会に出て役に立つビジネススキルが身につきやすいというメリットもあります。

名刺交換、電話応対、敬語などの言葉の使い方など、働くことでいろいろなことを身につけられます。

また、WordやExcelなどのパソコン操作、ビジネス書類の扱い方、メールの書き方なども学ぶことができます。

販売職や営業職のインターンでしたら、実際にお客様と接することで、コミュニケーションスキルも磨けることでしょう。

プログラマーなどの技術職の場合には、実践で使えるスキルを身につけることが可能です。

このように長期インターンは、期間が長いため、さまざまなスキルが身につきやすいのです。

圧倒的な自信

長期インターンに参加して、実務経験を積んだり、いろいろな人との出会いを通したりして、自分に自信が持ちやすくなるという面もあります。

インターン中は、難しい課題にぶつかったり、人間関係で悩んだりして苦労することもあるかもしれません。

しかし、そのような経験を乗り越えたとき、人として大きく成長することができるのです。

自分が成長したと実感できれば、自分に対して圧倒的な自信も持てるようになります。

自分に自信がつけば、仕事もより楽しくなりますし、将来も見えやすくなってくることでしょう。

自分に自信をつけたいと思っている方は、ぜひ長期インターンに参加してみてはいかがでしょうか?

短期インターンで得られること

短期インターンは期間が短いので、長期インターンよりも得られることは少ないと思う方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、本人の目的意識さえしっかりあれば、会社の概要や社内の雰囲気を知ることができたり、自己アピールができたりなど、短期間であっても得られることは、意外とたくさんたくさんあるのです。

短期インターンで実際にどんなことが得られるのか、項目ごとに見ていきましょう。

説明会より深い会社の概要

短期インターンに参加することで、会社説明会よりも、もっと深い会社の概要を知るチャンスが得られます。

短期インターンでは、数日間から数週間ほど、その会社で過ごすことになります。

その期間中に、直接自分の目でいろいろなことを観察できるのです。

また、短期インターン中に、社長や人事担当者と顔合わせする機会を設けている企業もあるので、会社説明会よりも多くのことを質問しやすい雰囲気もあります。

将来的に、その会社や業界へ就職を考えている方にとっては、大いに参考になることでしょう。

会社説明会だけではわからない点を自分の目で確認してみたいとのであれば、ぜひとも、短期インターンに参加しておくべきです。

社内や社員の雰囲気

短期インターンでは、その会社内へ入ることになりますので、社風を観察することも可能です。

風通しが良い社風、アットホームな社風など、同じ業界であっても、会社の雰囲気はさまざまです。

また、短期インターンを通して、どんな社員が在籍しているのかも、知ることができます。

社員とアルバイトスタッフの比率、社員の平均年齢、社員の性格などを短期インターン中にチェックしておけば、自分がどんな環境で働きたいのかも、わかりやすくなります。

ホームページに記載されている様子と、実際の会社の様子は異なることもあるので、短期インターンを上手に活用して、自分の目で確かめておくと良いでしょう。

参加することによる自己アピール

短期インターンに参加すれば、自己アピールもしやすくなります。

エントリー時、インターン期間中、インターン終了後なども、メールや書類などを通して人事担当者とやり取りすることがいろいろとありますから、自分のやる気などを上手にアピールしておけば、相手も良い印象を持ってくれるかもしれません。

インターンがきっかけで、欲しい人材だと思ってもらうことができたら、その後の就職活動にも良い影響が出る可能性もあります。

短期インターンは、自己アピールをするチャンスなので、積極的に参加しておいたほうが良いでしょう。

大学2年生でインターンシップを探す3つの方法

大学2年生で参加できるインターンシップを探すには、どのようにすれば良いのでしょうか。

探しやすい、おすすめの方法としては大きく3つの方法があります。

1つは情報通の友人やすでにインターンシップに参加している友人から情報を得る方法です。

2つ目は求人サイトで、大学生歓迎のインターンの募集がないかをチェックする方法です。

そして、3つ目はエージェントを利用する方法となります。

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

友人に紹介してもらう

大学の友人は自分と同じ土俵にあり、友人だって大学2年生で参加できるインターンの情報を知っているはずはない、探しているに違いないと思われるかもしれません。

ですが、意外に灯台下暗しです。

ご自身がアルバイトやサークル、友人との遊びに夢中になっている間に、友人はすでに大学1年次からインターンに参加しているかもしれません。

すでにインターンに参加している友人をはじめ、同じようにインターンを探している友人にいないかSNSを通じてでも良いのでチェックして、情報があれば教えてもらうようにしましょう。

志望している業界や職種などがあれば、それを伝えておくことが大切です。

求人サイトなどでインターン情報を検索していた友人が、ご自身が志望している業種や職種ではないけれど、あなたが志望している業界の求人を見つけたと教えてくれるかもしれません。

求人サイトで探す

求人サイトの中にはインターンを募集している企業の求人も掲載しているところもあります。

ネットでインターンの求人を掲載しているサイトがないかを検索して、アクセスしてみましょう。

就活サイトにおけるインターンの募集要項は大学生向けが基本ですが、一般的な求人サイトのインターン求人は大学生に限定せず、第二新卒やフリーター、一般社会人の転職希望者など幅広く募っていることも少なくありません。

中には大学生は対象外といったところもあるので、大学生可であるかに気を付けて探します。

対象の学年が限定されていなければ、大学2年生でも可能のはずですが、気になる求人があれば、まずは問い合わせを行い、自分の希望条件とマッチするか確認するのがおすすめです。

エージェントに紹介してもらう

エージェントとは人材を探している企業と自分に合った職場や仕事を探している求職者をマッチングさせてくれる専門業者のことを指します。

エージェントはマッチングさせた場合に求人を出した企業から手数料を得るため、学生さんは通常、無料で利用できますので安心してください。

エージェントのスタッフはキャリアカウンセリングのプロでもあり、あなたの希望条件だけでなく、将来の計画や適性などを踏まえて、最適なインターンを紹介してくれます。

そのため、まだ志望業界が定まっていない方やどんな職種が自分に合うのか悩んでいる方、どんな社風の職場が自分にマッチするのかわからない方も、相談してみるのがおすすめです。

大学2年生がインターンに参加する際の注意点

続いては大学2年生がインターンに参加する場合の注意点についてご紹介してゆきたいと思います。

まず、最も注意すべきは「単位」についてです。

なにせ皆様は学生ですから、学業が最優先という事は言うまでもありません。

インターンに参加したがゆえに、必須の単位を落とした…なんて事になってしまっては目もあてられません。

特に大学一年時に大切な単位を取り損ねた…なんて人は、あくまでもそのリカバーができる状況を確保して、インターンにのぞむようにしてください。

大学三年・四年で、就職活動の合間に必須の単位取得を目指すというのは時間的にもハードですし、精神衛生上も良くありません。

単位が気になって就職活動に身が入らなかった…なんて事になってしまっては、インターンに参加した意味すら失ってしまいます。

まとめ:ライバルに差をつけろ!2年生こそインターンで!

ここまで大学2年生がインターンに参加するメリットや注意点についてご紹介してきましたが、イメージはつかめましたか?新卒採用というのは、その後の人生に大きな影響を与える、非常に大きな人生の分かれ道です。

そこでの判断に後悔したくないのであれば、とにかく準備が肝心です。

大学2年生のうちからインターンに参加しておけば「就職」に関するイメージが湧きやすくなりますし、だからこそ自分の進みたい道を明確に見つけやすくなるものです。

さらにもう一回インターンに挑戦したいと思った場合、三年生で参加すればOKです。

思い立ったが吉日ですから、本記事を読んだ皆様は、ぜひ今すぐに参加可能なインターンについて調べてみてください。

そしてまずは何はともあれ参加してみましょう。

その一歩が素敵な未来に繋がってゆくはずです。

担当エージェントがインターンシップを紹介!
インターンシップ参加まで個別でサポートします。

インターンであなたのビジョンを実現まで
サポートを実施

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ