ホテル業界のインターンシップでの志望動機の書き方を解説!

ホテル業界のインターンシップでの志望動機の書き方を解説!

ホテル業界の華やかなイメージやスタッフの洗練された仕事振りに憧れ、その業務内容や職場の雰囲気を、インターンシップ経験してみたいと考える方もいるでしょう。

しかし、いざインターンシップを申し込む際、志望動機をどのように書けばいいのかわからないという場合も多いのではないでしょうか。

そこで、ホテル業界でのインターンシップにスポットを当て、受かるために必要な志望動機の書き方について、ポイントを紹介していきます。

【ホテル業界インターンシップの志望動機】志望動機で見られるポイント

志望動機では主に以下の3つのことが見られています。

以下の点を意識しながら志望動機を書いていきましょう。

会社や業界の理解

まず志望動機では応募する会社や業界の深い理解を示すことが重要です。

会社や業界についての理解が深いと、よく調べており、志望度が高いと判断されたり、本当に自分がその会社・業界でやりたいことができるのかなどを知ることができます。

会社とマッチしているか

次に会社とマッチしているかどうかが見られています。

たとえ優秀な人材でも、行う業務や社風、働き方に合っていなければ、会社で活躍することは難しくなります。

そのため、企業は自社とマッチしている人材を中心に採用しています。

志望度

もちろん志望動機では志望度が見られています。

企業は高いコストを払って採用活動を行っており、できるだけ内定辞退者を出したくないと考えています。

そのため、志望度が高く、内定辞退などしないかどうかは特に見られています。

【ホテル業界インターンシップの志望動機】志望動機の7つの構成

不動産業界は金額も大きな取引を動かしたり、大規模な建設を行ったりしていく業界ですから、しっかりとした判断力や決断力、忍耐力なども必要です。

営業職を中心に流出入も多い業界であるため、企業としては、ストレス耐性があり、企業の社風や仕事をしっかりと理解して業績を上げ、長く定着してくれる人材を求めています。

そのため、どれだけ自社にマッチする人材かを、志望動機を通じて厳しくチェックしています。

選考に通るために、どのように志望動機を構成すべきか確認していきましょう。

志望動機の7つの構成

  1. 結論:私は〇〇という点で貴社を志望しました

  2. 理由:なぜならば〇〇という経験で〇〇と考えたためです

  3. エピソード:私は〇〇で〇〇ということをしていました

  4. 問題:その経験で〇〇という問題に直面しました

  5. 行動:そのため私は〇〇を行いました

  6. 結果:その結果〇〇になりました

  7. 結論:その経験を活かして貴社では〇〇で貢献していきたいと考えております

1.結論:私は〇〇という点で貴社を志望しました

最初に述べるべきは結論です。

その企業を志望した一番のポイントを明確にしましょう。

結論からスタートすることに慣れていない方、抵抗を感じる方もいるかもしれません。

ですが、企業にとっては一番知りたいのが、自社のどんなところに魅力を感じて志望したのかです。

これにより、どれだけ自社を理解しているかや、その人の熱意や入社意欲の強さが伝わってきます。

企業の担当者としては、就活生が他社にもエントリーしていることは了解済みですから、自社が本命なのか否かを、志望したポイントから見極めようとしています。

他社と差別化が図れるようなポイントを最初に挙げることで、選考者が興味を持ち、あなたに注目して話を聞いてくれるようになるのです。

2.理由:なぜならば〇〇という経験で〇〇と考えたためです

次に、結論で挙げた志望動機に至った理由を述べましょう。

どのような経験から、エントリーした企業で仕事をしたいと思ったかを具体的に述べます。

「大手だから。」、「有名だから。」、「収入が高いから。」といった表面的な理由や単純な理由は避けてください。

自分の過去の経験などに基づき、こんな仕事がしたいと思った、この企業で働く目的を見出したといった理由を挙げることがポイントになります。

ご自身の経験が企業を志望する動機に結び付いたとアピールすることで、自社が本命かもしれないという入社意欲の高さや熱意を伝えやすくなります。

3.エピソード:私は〇〇で〇〇ということをしていました

結論、理由を述べたら、入社後の活躍に結び付くエピソードを紹介しましょう。

エピソードで紹介した経験をもとに、入社後にどう貢献できるかをアピールできる経験を選ぶことがポイントです。

不動産業界をはじめ、その企業で活躍するにはどのような能力が求められるか、業界研究や企業研究をしっかり行って理解しましょう。

企業が求める人物像にマッチする自分の能力や強みがあるかを検討し、それに合ったエピソードがないか、過去の経験の棚卸しを行います。

その中から1つだけエピソードを選び、どのような経験だったかを簡潔に説明してください。

4.問題:その経験で〇〇という問題に直面しました

過去の経験から1つを選ぶ際に押さえておきたいポイントがあります。

それは自分が何らかの問題に直面し、それを乗り越えたり、解決したりするために自ら行動を起こし解決したエピソードであることが、アピール材料として大切だということです。

過去の経験談をただ話しても、昔話や思い出話になってしまいます。

面接官はあなたの昔語りや美談を聞きたいと思っているわけではありません。

あなたがどんな人物であり、入社後にどんな活躍をしてくれそうな人物なのかをエピソードから知りたいと思っています。

そのためには、何らかの問題に直面し、それを自らの行動で乗り越えたといった成果が見える内容であることが必要となるのです。

5.行動:そのため私は〇〇を行いました

経験の概要を説明し、直面した問題についてわかりやすく状況説明をしたら、それに対して、あなたがどのような行動に出たのかを説明しましょう。

行動は入社後の活躍につながるような、不動産業界の仕事をしていくうえで必要となるような行動であることがベストです。

直面した問題に対して自ら考え、自ら能動的に取った行動であることが求められます。

誰かが考えて、誰かの指示で行った受動的な行動や、誰かに行ってもらったという行動ではなく、自らが動いた積極的な行動をアピールしましょう。

動ける人材であること、決断力があること、根性があることなど、自分の強みが発揮できた行動を示せるエピソードを紹介してください。

6.結果:その結果〇〇になりました

行動に出たところまでを話したところで安心してしまい、その結果を伝え忘れる方も少なくありません。

ビジネスをしていくうえでは、結果が求められます。

とくに不動産業界は大きな取引がなされるため、営業活動や顧客から相談を受けた段階から実際に取引が成立するまで長い時間がかかることもあるほか、結果として契約に至らない場合も少なくありません。

いかに交渉に時間をかけたり、顧客のコンサルティングを丁寧に行ったりしても、成約につながらなければ、企業の業績に貢献できません。

そのため、エピソードの紹介においても、行動を出たところまでで終えるのではなく、その結果、どうなったのかを具体的に説明するようにしましょう。

7.結論:その経験を活かして貴社では〇〇で貢献していきたいと考えております

エピソードの結果を述べたら、最後の総括としての結論を述べます。

これはあなたを売り込む最後のメッセージとなります。

エピソードで紹介した経験をもとに、入社後にどのような貢献ができるかを具体的に述べてください。

ただ単に「経験を活かして頑張ります。」はNGです。

これでは、どの企業でも使い回しができるので、本当に自社が本命なのかと疑われてしまう可能性があります。

最後まで気を抜かず、手を抜かず、その企業への入社意欲の高さと熱意をアピールし切りましょう。

そのためには、その企業の他社との差別化ポイントや、企業が求める人物像、その企業の仕事のスタイルなどに照らし合わせ、〇〇という点で貢献をしたいと具体的に伝えることが大切です。

【ホテル業界インターンシップの志望動機】インターンシップを申し込んだ経緯を説明しよう

まずは、ホテル業界へのインターンシップを申し込もうと思った経緯を志望動機で説明しましょう。

憧れた理由や興味を持った理由などについて、できるだけ具体的に書いていきます。

ピンポイントにホテル業界への就職を目指しているのか、接客業への就職を目指しているのか、その会社のインターンシップの内容自体に魅力を感じたのか、などを正直に書くことで熱意が伝わりやすくなり、文章に説得力が生まれます。

ホテル業界への就職を目指したインターンシップであれば、ホテルを利用して感動したエピソードや、接客に興味を持つようになった理由などを示すといいでしょう。

就職希望の職場を経験したいというケースなので、熱意もシンプルに伝えやすいと言えます。

漠然と接客業界への就職を考え、ホテル業界へのインターンシップを志望する場合は、自分がホテルの現場でなにを学びたいか明確化するといいでしょう。

インターンシップの内容を詳しく把握し、どういったスキルが磨かれるか予測を立てるのが重要となります。

他業種での就職を希望しながらホテル業界でのインターンシップを志望するというような方は、ホテル業界のインターンシップを他業種でどう活かせるのか、分析することが大切になるでしょう。

異業種間のノウハウを合わせることの利点や展望を明示できれば、インターンシップにおける目的意識の強調につながります。

【ホテル業界インターンシップの志望動機】ホテル業界の厳しい部分にも目を向けよう

憧れや理想ばかりを羅列した志望動機ではなく、地に足の着いた現実的な分析も取り入れましょう。

ホテル業務の実態をよく理解せずに書かれた志望動機では方向性がぶれてしまい、曖昧な内容になってしまう可能性があります。

非常に高度なコミュニケーション能力やマナー知識などといった接客スキルが求められることや、一般的な休日や祝日に休むのが難しいことや、夜勤に就かなければならない場合があることなど、ホテル業界の厳しい部分にも触れ、自分にそうした環境を経験する覚悟があるということをアピールしましょう。

【ホテル業界インターンシップの志望動機】インターンシップを志望する会社について分析しよう

1705_1_111(2) ホテル業界でのインターンシップを志望する動機に加え、なぜホテル業界の中からその会社を選んだのか、その理由についても詳しく解説しましょう。

ここでもやはり具体性が重要となり、志望する会社の業績や特徴、経営者の方針や人柄、他社との比較などを交えつつ、自分にとってどこが魅力的に映ったのかを示す必要があります。

ここで提示した志望会社の魅力に、前述の「ホテル業界でのインターンシップを志望した経緯」を絡めて説明すると、文章全体に厚みと説得力が出ます。

また志望する会社の特徴を把握できていれば、自分がインターンシップで求めているものについても明確化しやすいでしょう。

【ホテル業界インターンシップの志望動機】自分の特性を把握しよう

自分の特性を客観的に把握して伝えれば、志望動機の説得力をより強めることが可能です。

例えば、「留学の経験があって英語が話せるので、外国人観光客の対応に自信があります」や「ラグビーをやっていたので体力があり、チームワークと協調性の大切さを理解しています」など、経歴を紹介しつつ自分の強みを説明するといいでしょう。

インターンシップの応募先にしてみれば、「なるほど、こういう人材だからホテル業界でのインターンシップを志望したのか」と理解が深まりやすくなります。

【ホテル業界インターンシップの志望動機】具体的に明確化するのがポイント

1705_1_111(3) どの業種のインターンシップであれ、志望動機に求められるのは具体的な目的意識と意志の明確化です。

「AをするにはBをしなければならず、Bを得るためにはCとDのスキルが求められる」というように、目的のために何が必要かを具体的に掘り下げていくことが重要となるでしょう。

そして、その掘り下げた部分を習得するためにインターンシップを申し込んだのだという意志を明確化したものが、志望動機となります。

ホテル業界は高度な接客スキルをはじめ、語学力や体力などが要求される職場です。

そうした業界のインターンシップで何を学ぶことができて、またその学んだスキルが自分の目的にどう活かされるのかをしっかりと志望動機に書き記すことができれば、インターンシップに受かる可能性は高まるでしょう。

柴田貴司
監修者

明治大学院卒業後、就活メディア運営|自社メディア「就活市場」「Digmedia」「ベンチャー就活ナビ」などの運営を軸に、年間10万人の就活生の内定獲得をサポート

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます