【例文付き】コンサルタントの志望動機はこれだ!アピールポイントから書き方まで徹底解説

はじめに

コンサルタント経験のない人がコンサルタントとして働く志望動機を考える場合、具体的な仕事内容をイメージしにくいことで悩むケースが見受けられます。

ここではまずコンサルタントの仕事を正しく理解し、その上で効果的な志望動機を書く手法を解説します。

コンサルタントの仕事内容

コンサルタントといえば、企業を相手に颯爽とプレゼンテーションをする姿を思い浮かべる人も多いでしょう。

事実、コンサルタントは企業や経営者のパートナーとしてビジネスを成功させるための戦略を立てたり、実行するためのサポートを行ったりします。

グローバルな働き方もできますし、思考力を駆使した働き方を望む人には向いていますが、実際の現場は思うほどに華やかなものではないこともまた事実です。

それでは具体的にどのような業務なのか、主なポイントについてまとめてみましょう。

クライアントの課題解決

コンサルタントは企業から依頼を受け、ビジネスに対して必要なアドバイスを行います。

内容は経営や戦略、財務などにおける課題を解決することですので、何よりもクライアントが置かれている現状を知り、解決策を見つけることが重要です。

現状分析

依頼を受ける際にクライアントから解決したい課題の概要は聞きますが、それは入り口にしか過ぎません。

コンサルタントがクライアントの課題の本質が何なのかを知るためには、現状分析が必須となります。

企業の内部にいると見えない問題点も多数ありますので、コンサルタントは第三者の目で徹底したヒアリングを行い、課題をあらためて明確にします。

特に社内の人間は考えがあっても率直に意見しにくい立場でもありますので、外部の人間だからこそ切り込めるという利点を生かし、現状を正しく把握することが期待される仕事への第一歩となります。

改善策の提案

現状がどのような状況かを把握できたら、次は集めた情報から真の課題を明確にする必要があります。

何がビジネスの根幹に関わる問題点なのか、そしてその改善策はどのようなものかを考え、提案します。

コンサルティング会社によって改善策の導き方は異なりますが、課題解決のための経営戦略や事業戦略を立案し、その実行に向けたサポートを行う点は変わりません。

コンサルティング会社によっては、戦略の実施をサポートするだけでなく、その結果どこまで効果を得たか効果検証まで行う場合もあります。

プランの実行と効果検証、そこで新たな課題の洗い出しをして新しいプランを実行するといった、中長期にわたるプロジェクトも少なくありません。

企業を変える仕事ですから一朝一夕に成し得ることではなく、じっくりコツコツと改革を進めていく必要があります。

営業活動

コンサルタントは企業や経営者、自治体などから依頼を受けて契約し、クライアントを得ることで初めてビジネスが成り立ちます。

当然のことながら黙ってじっと待っていてもクライアントは得られませんので、積極的に営業活動を行うこともコンサルタントの重要な仕事となります。

コンサルタントがクライアントを得るための営業活動はいくつかありますが、企業が行うコンペティションへの参加は大きなチャンスです。

コンペティションによって経営課題を持つ企業や自治体が複数のコンサルティング会社に提案を依頼し、その内容を踏まえて契約先が決まります。

どのような提案ができるかで受注の可否が決まりますので、競合より抜きん出た技術や内容が試される営業活動といえるでしょう。

そのほかにも、すでに契約している企業と契約を継続するための新たな提案や、新規クライアントを獲得するために業界研究や企業研究を行い、初期的な提案なども行います。

コンサルティング会社にとってこのような営業提案ができる存在は非常に重要で、「パートナー」と呼ばれる専門の役職が設けられているケースも少なくありません。

コンサルタントとして働くという言葉の中に、このような営業活動が含まれていることを理解しておきましょう。

コンサルタントでアピールすると良いポイント

コンサルタントとしてすでに経験がある場合は、実績を提示するのが一番のアピールとなります。

ただ、コンサルタントとしての経験がなかったり、新卒だったりする場合は、人としてのポテンシャルを認めてもらうしかありません。

コンサルタントとして働くポテンシャルがあると期待されるためには、相応のアピールポイントを押さえる必要があります。

またそこには、人生でそれまでに経験した具体的なエピソードと成果が必要です。

コンサルタントを目指す以上、経験や成果にも一定のレベルを求められることになりますが、どのような経験がポテンシャルが高いと認められるのでしょうか。

問題解決した経験

先にも触れた通り、コンサルタントの仕事はクライアントの課題解決です。

自分が何らかの課題に気づき、それを解決するための提案をして実際に解決できた経験があれば、かなり強いアピールポイントになります。

解決するのは自分の問題ではなく、組織やチームなど多くの人に関連する問題である必要があります。

また、実際にコンサルタントとして働く場合は、1社だけでなく並行して複数社でプロジェクトを進めることになるため、一つのクライアントに割ける時間も限られます。

案件ごとに必要な情報を素早く集め、それを整理し、明確な答えを見つけ出さなければ問題解決にはつながりません。

限られた時間内に情報を集め分析し、スピーディに問題を解決できた具体的な事例があれば、とても良いアピールポイントになるでしょう。

人を動かした経験

コンサルタントは自分が動いて解決への道筋をつけるところまではできますが、その後で実際に動くのはクライアント側の人間です。

実行力や行動力があるのは良いことですが、何でも自分が動いてやってしまったほうが早いという人は、実はコンサルタントには不向きな場合も少なくありません。

またクライアント企業内の人から見ればコンサルタントは「外部の人間」であり、決して歓迎されるばかりの存在ではありません。

そこで、人に寄り添い、人の協力を得て人を動かすことのできるスキルを持つ人が、非常にポテンシャルの高い人となります。

実際にそうした協力を得て、自分の提案で人を動かし、事態を変えた経験があればそれは大きく生かされるでしょう。

企業内の課題解決は大きなプロジェクトですので、決してコンサルタント一人でできるものではありません。

いかにしてその場の人を巻き込み、全員で同じ方向へ進めるかは重要なスキルです。

プロジェクトやイベント、組織やチームなどで中心人物となり、人を動かした経験があれば期待は大きいでしょう。

論理的思考能力を発揮した経験

論理的思考能力はコンサルタントの仕事に必要不可欠です。

物事を構造的に理解することができなければ、真の課題や問題の原因を見つけることすらできません。

現状をうのみにせず、本当に必要か、ほかの手立てがないかを並行して思考しながら、複数の情報を整理することが求められます。

奇をてらったアイデアで場を沸かせた経験ではなく、地味にコツコツと思考した結果、多くの人を納得させたり、評価を得たりした経験が生きてくるでしょう。

コンサルタントの志望動機の書き方

それではコンサルタントの志望動機の書き方をまとめてみましょう。

いろいろな書き方がありますが、何より重要なのは相手を納得させることです。

どのような書き方をすれば相手を説得できるのか、どうすれば魅力的な文章になるのかを念頭に構成することが重要となります。

結論から話す

志望動機は、結論が先で理由が後になるのが鉄則です。

採用担当者は一人の応募者に多くの時間は割けませんので、まず結論を知り、その後理由を知ることで短時間で内容を把握したいと考えます。

現在コンサルティング業界は人気が高く、特にこうした対応が顕著です。

知りたい結論になかなか辿り着かないような文章では、最後まで読まれることなくボツの山に埋もれてしまうでしょう。

そもそもコンサルタントは話すときも書くときも結論を先にするのが基本のため、これが守れないようでは資質を疑われます。

志望する理由を具体的なエピソードを交えて話す

結論の次に書くのは理由となりますが、ここは具体的なエピソードを挙げることで説得力が生まれます。

誰もが書き写しできるようなありきたりな文章では、採用担当者の目には借りてきたものにしか見えません。

自分の体験は自分だけのものであり、そこには確実に他者に伝わる何かがあります。

必ず実体験をもとに文章を構成してください。

入社後、その会社に何が貢献できるのかを伝える

なぜ志望するかを理解してもらった上で、自分がその会社にどのようなメリットをもたらすのかも伝える必要があります。

雇用は個人と企業との1:1の契約ですので、どちらにも利が期待できることが重要です。

コンサルタントの志望動機の例文

以上を踏まえ、コンサルタントの志望動機を構成します。

以下に例文を挙げますので、一つの参考にしてください。

例文①

私が貴社を志望したのは、経営者とともにグローバルな課題を解決し、企業の国際的競争力の向上に貢献するためです。

貴社は幅広い業界にクライアントを持ち、世界のビジネスマーケットにも精通したコンサルティングをされている点に強く惹かれました。

私は学生時代アメリカに留学し、弁論部で多くのディベートを経験しました。

欧米では強く自己主張しなければ通りらないと考えていた自分が、単に感情のまま無理を通しても相手には少しも伝わらないことを痛感した貴重な体験です。

気づいてからはまず相手の主張に耳を傾け、瞬時に情報を分析し、相手の根拠を理解した上で反論材料を組み立てることでようやく勝利を得られるようになりました。

こうした経験で培った傾聴力とスピーディな情報処理能力、主張能力を生かし、貴社において世界に通用するビジネス戦略を構築し、企業課題を解決したいと考えております。

例文②

私は、自分が得意とする論理的思考力を企業改革に生かすため、御社を志望いたしました。

御社はIT業界に多くのクライアントを持ち、企業の固定概念からの脱却とともに新しい社会の構築に多大な貢献をされています。

私は学生時代にIT関連のゼミにおいて、全体のパフォーマンスを上げるため課題の分析と解決案の提案に従事したことがあります。

ゼミは個別のチームに分かれており、普段はチーム間の情報共有がほとんどありません。

私は現状を知るため各チームへヒアリングを繰り返し、それぞれの実績を分析し意見をまとめることで、大学側へ改善計画のプレゼンテーションを行いました。

その後、認められた計画を実行するためゼミ全体を巻き込んで改革を推進し、予想以上の研究成果を上げ大学側から高い評価を得たことは大きな自信です。

御社に入社後はこうした論理的な思考と行動を生かし、クライアントを活性化させる業務に邁進したいと考えます。

例文③

私はコンサルタントとして多くの企業の業務効率改善に貢献したく、貴社を志望いたしました。

私は学生時代に飲食店のアルバイトをしていたとき、その店の仕事効率が良くないと感じ、責任者に新たな業務のやり方を提案したことがあります。

そのときは反対されましたが、ほかのスタッフの方や同じアルバイトにもヒアリングを重ね、従来の作業にかかる手間と省ける時間などを数値化して提示し、再度話し合いました。

その結果、責任者だけでなく職場全体の理解を得て提案が採用され、作業時間が大幅に削減し、業務がスピーディに回るようになりました。

後日売り上げも上がったことを聞き、大きな達成感を得たことは忘れられません。

御社は食品業界に多くのクライアントを持ち、古い体質から脱却し業務改革を推進するコンサルティングに力を入れておられます。

御社に入社し、現状をしっかり分析した上で最適な提案をすることで、企業や業界に変化をもたらす仕事の一端を担いたいと考えています。

まとめ

コンサルタントは決して派手に活躍するばかりではなく、あらゆる情報を集め分析し、人を説得して動かすコツコツとした地道な仕事です。

志望動機を作成するときには、まず仕事の本質を捉えて、なぜそれを目指すのかをしっかり伝える必要があります。

また、どうしてその会社でなければならないのかも、エピソードを添えて述べましょう。

コンサルタントを目指す以上、志望動機を書くこともプレゼンテーションの一つと考え、説得力ある文章を構成してください。

そんな志望動機でほんとに大丈夫?
1人でわからない事はプロと2人で​。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ