キャリアプランがないのは当然!不確実な時代を生き抜く思考法

「大学のキャリア支援課で将来どういう仕事をしたいからキャリアプランをしっかりやっておくように言われたけれど、具体的にどんな風になりたいかは全く思い描くことができない」

上記のような悩みを伝えている人にアドバイスをします。

結論から言うと、大学生の時点でキャリアプランを明確に立てておく必要は全くありません。

 

もちろん将来なりたい自分の姿が明確になっており、そのための道筋も明確に見えているのであれば、キャリアプランをしっかり立てておいて問題はありません。

 

しかしこれからの時代、今までの常識が全く通用しなくなるリスクが高いです。

大手有名企業でさえ吸収や合併、早期退職の募集など、経営環境の移り変わりは激しさを増しています。

そんな時代においてキャリアプランを、まだ働いていない学生のうちから立ててしまうのは、変化に対応するための柔軟性を奪ってしまうリスクがあります。

 

キャリアプランがない?なぜ必要と思われているのか

ではなぜ大人たちはキャリアプランを明確に立てろとアドバイスするのでしょうか。

答えは、キャリアプランを語れる学生は就活において有利になりやすいからです。

 

キャリアプランが明確に語れる学生は面接官の受けが良く、就活面接において高い評価を受けがちです。

よってキャリア支援課の大学職員やキャリアアドバイザー、就活セミナーの講師などは口を揃えて「キャリアプランを明確にしておけ」とアドバイスをしてきます。

 

キャリアプランがないと将来を考えていないと思われるから

キャリアプランを立てていない学生は、自分の将来について考えていないと思われがちです。

もちろんキャリアプランを考えた結果、キャリアプランをあえて立てないという人も多く存在するはずです。

 

しかし面接官からすると、キャリアプランを明確に語れる学生は魅力的に見えるもの。

キャリアプランが明確になっていれば仕事に対するモチベーションも高く、ちょっとやそっとのことで早期退職してしまうこともないだろうと思われるからです。

 

キャリアプランがないと仕事を頑張るモチベーションが湧かないから

大学時代にアルバイトを経験していた人は、仕事に意欲的に取り組んでいたでしょうか?また出勤するときに楽しい気持ちで仕事に向かえていたでしょうか?おそらくですが、ほとんどの人は「面倒くさい」「ダルい」、さらには「クレーマーが怖いから行きたくない」「店長のパワハラがきつくて、他のバイト探したい」とか思ってたのではないでしょうか。

 

多くの人はお小遣いや生活費を稼ぐために仕事をするものです。

しかしアルバイトであればある程度自由に仕事を変えたり、あまり稼がなくても生活できたりします。

 

一方で社会人になると給料や社会的地位も高くなる反面、責任の重さや労働時間の長さなどは飛躍的に増します。

そうした苦しい状況に追い込まれたとき、キャリアプランが明確になっていると、将来自分はどうなりたいと言う姿がはっきりしているので、目の前の仕事は多少きつくでも、将来に渡って仕事をがんばって続けてくれるものです。

 

反対にキャリアプランが明確になっていない人は、仕事で嫌なことがあったときに続けるためのモチベーションの湧きにくく、結果的に3年未満で早期退職してしまう人も多いです。

 

キャリアプランを立てて将来的に良い仕事へ就きたいと思っているから

キャリアプランを立てることの重要性を解く人の中には、キャリアをしっかり築きあげることで将来的に良い仕事につけるから大切だとアドバイスする人も多いです。

 

確かに明確にキャリアパスの決まっている職種であれば、キャリアプランを明確に立てておくことが重要であると言えそうです。

 

しかし上述した通り、ほとんどの人にとってキャリアプランはあまり考えるべきものではありません。

もちろん面接を乗り切るために、面接官のウケの良いキャリアプランを考える事は大切かもしれませんが、悩む時間はあまり取らなくてOKです。

 

キャリアプランを考える必要がない5つの理由

この記事を読んでいる人には、決してキャリアプランと言う名の幻想に惑わされないでほしいです。

なぜキャリアプランを立てる事は望ましくないのか、その理由を5つほどアドバイスします。

 

キャリアプランがなくても大丈夫!思い通りの仕事に就けるとは限らないから

「キャリアプランを明確にしておけば自分の望む仕事に将来つける」とアドバイスする人は多いです。

しかしそれは本当なのでしょうか?

日本のほとんどの企業では、新卒一括採用で採用された人はジョブローテーション、つまり企業の中で様々な職種を経験した後に、管理職として出世する人が多数です。

これはどういうことかと言うと、その利用については業務を全般的に理解しているけれど、どこか1つの部署や仕事について詳しく知っているわけではないと言うことです。

 

その反面キャリアプランを明確に立てると言う事は、1つの職種や仕事に対してより深くコミットしていくことです。

ジョブローテーションなどもってのほかで、自分のキャリアプランに反する仕事を与えられるようものならすぐに転職すると言う仕事のスタイルが、キャリアプランを築き上げるためには求められます。

 

もしあなたが新卒で採用された会社で望み通りの仕事につけなかった場合、すぐに会社を辞めますか?おそらくほとんどの人は、会社を辞める決断をなかなかできないはずです。

また日本社会では一般的に、転職を重ねた人に対してネガティブな印象を持つ企業が圧倒的に多数です。

 

つまりキャリアプランというのは、ほとんどの人にとっては絵に描いた餅で終わってしまう可能性が高いです。

 

キャリアプランが狂うかも?AIに仕事を奪われるかもしれないから

あなたの思い描いたキャリアプランが、もしかしたら将来はAIなど技術の発展によって食えない職種になっている可能性もあります。

実際に過去にパソコンが登場した時も、それによって必要のなくなった職種は多数あります。

 

将来どの仕事がなくなって、どの仕事は食えるようになるかは未知数です。

しかし少なくとも言える事は、社会の変化に合わせて柔軟に適応していくことができない人は、今度苦しい未来が待っているかもしれません。

 

キャリアプランが途中で頓挫?仕事の需要がなくなるかもしれないから

上述した通り技術の発展によって仕事なくなるリスクもありますし、仕事がなくならないまでも海外企業の安い人件費と競争したり、外国人労働者と仕事を奪いやったりして給料が激減してしまうリスクもあります。

 

海外との安い人件費と競争してしまうと、仕事の労働時間が長くなるのに給料が下がるという悲惨な状況になります。

キャリアプランを明確に立てておくのも悪くはありませんが、状況に応じて柔軟に適応していかないとワーキングプアにはまってしまうリスクもあります。

 

介護や育児でキャリアを断念するリスクがあるから

これは女性に限らず男性についても言えることです。

子供の育児や親の介護が必要になったときに、あなたは仕事を続けられるでしょうか?

育休や時短といった制度が整っている企業であれば、何とか仕事を辞めずに両立することも可能かもしれません。

しかしほとんどの人は仕事を辞めざるを得ない状況に追い込まれてしまう可能性が高いでしょう。

 

キャリアプランはあくまであなたが元気に働き続ける事が大前提となっています。

途中で思わぬ退職となってしまった場合、それとともにあなたのキャリアプランも崩壊してしまいます。

 

キャリアプランが崩れるとリカバリーが難しくなるかもしれないから

何度も指摘している通り、キャリアプランを明確に立てすぎてしまうことの問題点は柔軟性を失うことです。

 

現代は非常に移り変わりの激しい時代です。

望まない部署でキャリアをスタートせざるを得ない、病気や怪我によって仕事を退職せざるを得ない、うつ病による退職、親の介護、子育てなど、仕事以外にもあなたがやるべき事はたくさん出てくるでしょう。

 

そのような時代において「自分はキャリアプランで決めておいた仕事しかするつもりはない」と決めつけてしまうのは、非常に危険だと思われます。

 

キャリアプランがないのは問題じゃない?大切なのは「柔軟な発想」

管理人はキャリアプランを立てることに反対はしません。

ただし「キャリアプランを明確にきっちり立てて、それ以外の仕事をするつもりはない」という姿勢に対して反対の意見を提唱したいです。

 

キャリアプランは明確にするものでなく、将来的に自分のどんな仕事をしたいか、どんな働き方をしたいか、どんな生き方をしたいかといった漠然なイメージを思い浮かべるべきだと思います。

 

それでは実際に、どのようなキャリアプランを立てるべきかアドバイスしたいと思います。

 

キャリアプランを考えるなら、最悪のケースを考えてみないか

キャリアプランを立てるのであればまずは最悪のケースから考えてみませんか。

 

怪我や病気で途中でキャリアを中断しなければならないリスク、育児や介護などで仕事にフルコミットできないリスクなどを考慮し、無理のない、かつ食いっぱぐれをしない働き方について模索するべきではないでしょうか。

 

キャリアプランや会社に頼るだけでなく、自分で稼ぐ方法も考えてみないか

そうしたキャリアプランを練っていくうちに、最終的にいくつかところは自分でお金を稼ぐ、つまり独立や起業にたどり着くと思います。

 

企業の平均寿命は約30年と言われており、自分の働く期間よりも企業の倒産するリスクの方が高いと思われます。

そうした状況において、転職するだけでなく独立・起業するといった働き方を目指しても良いのではないでしょうか。

 

キャリアプランがない人が持っている長所?計画には柔軟性が必要

上記のようなキャリアプランを練っていると疑問に思うのが「計画が漠然としすぎていて、具体的にどんな仕事についたほうが良いか分からない」「そもそも希望の仕事に就けるか分からない」という状況です。

 

キャリアプランをしっかり練って行動した人には受け入れがたい意見かもしれませんが、これからはキャリアプランをあまり明確に練らずに、とにかく行動できる人が強みになる時代だと思います。

 

キャリアプランをあまり明確にせずに行動できる人は、変化に対して柔軟でかつ積極的に受け入れていこうと行動に移していける人です。

行き当たりばったりと思うかもしれませんが、これからの不確実な時代を生き抜くためには行動力が大切ではないかと思います。

 

キャリアプランの作り方

キャリアプランをあまり明確に立てず、行動力を生かしてとにかく実行することが大切だとお話ししましたが、それだと物足りない人もいるかと思います。

 

最後にある程度、キャリアプランのおおまかな作り方をアドバイスして終わりたいと思います。

 

キャリアプランを作る上で考えるべき事は、どのように仕事人生を終えるか考えることです。

あなたが60歳前後になった時、もしくは働けなくなって引退を考えるとき、あなたはどんな仕事をして、周りにどんな人がいると思いますか?

自分にとってベストだと思うシチュエーションはイメージできれば、それがあなたにとってのベストなキャリアプランです。

ゴールに向かって、どのようなキャリアを歩めば良いかイメージするのは、それほど難しいことではないと思われます。

 

まとめ

キャリアプランがないと悩んでいる人は特に気にする必要はないと思います。

 

キャリアプランを明確にするよりも、どのように今の不確実な時代を生き抜くべきか、どのような分野にコミットしていきたいか、キャリアのゴールはどのような風がイメージできるかといったところを考え抜く必要があると思います。

 

キャリアプランはあなたにとって明確な地図になりますが、目指すべきゴールや周りの環境が変わったときにはあなたの行動を縛るものになってしまいます。

 

キャリアプランについてあれこれ悩むよりも、自分はどんな働き方をしたいか、どんな生き方をしたいかといったところについて悩む方が良いのではないでしょうか。

 

就活準備、順調ですか?
1人でわからない事はプロと2人で​。

就活のプロがあなたの内定を
完全無料で徹底サポート!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ