就活に使える長所や短所一覧!印象の良い伝え方もご紹介

就活の面接で長所や短所を何と答えたら良いかわからない…とお考えでしょうか?

長所や短所は、就活中に企業から聞かれる定番の質問ですよね。ですが実際自分の長所や短所って意外と思いつかない人も多いはず。ましてや短所なんて正直に言っちゃって良いのかな?と感じてしまいますよね。

今回はそんな悩める就活生のために就活に使える長所や短所の一覧をご紹介します。面接官からの印象の良い伝え方についてもご紹介するのでよかったら参考にしてみてください。

【長所や短所の項目一覧】なぜ面接やES(エントリーシート)で長所や短所を聞かれるのか?

そもそもなぜ面接やESで長所や短所を聞かれるのでしょうか?まずは企業側の意図を把握しておきましょう!

ちなみにこういった企業の意図を読み解くことは、先読みして対策できるため非常に有効的です。就活は情報戦なので、常に「どうしてこの面接官はこのようなことを聞いてくるんだろう?」と疑問を持つようにしてください。

面接にきた学生の行動パターンを知りたい

もちろん企業の意図はそれぞれですが、多くは学生の行動パターンを把握しておきたいからというものでしょう。特に新卒で入社すると、日頃の行動パターンがそのまま仕事態度に直結するんですね。

社内の雰囲気や仕事に対する向き合い方と、その学生の仕事態度がマッチしているかを確認していると思ってください。

この時点で「合っていないな」と感じられてしまうと、面接官としても仕事をしているイメージが湧きにくい為、その先の選考が難しくなってくるでしょう。できる限りイメージがしやすいように自分の特徴を説明するようにしてください。

どう活躍してくれるかをイメージしたい

やはり企業側も採用するからには活躍してもらいたいものです。もちろん新卒でいきなり大きな仕事を任せるといった事は難しいですが、長期的にみてきちんと活躍できるかどうかを確認しています。

実は企業側も採用や研修に多くのコストをかけているんですね。特に新卒で雇用するとなると多大な研修費や人件費をかけておきながらすぐに退職されてしまう…なんてこともざらにあります。なのできちんと活躍してもらって、その対価分働いてもらえるかが非常に大事になってくるのです。

この時、面接官は実際にその企業内で活躍している人材と学生を照らし合わせながら活躍のイメージをすることが多いです。なのでその企業の説明会で活躍されている社員の方と話す機会があったら、事前に色々話を聞いて特徴を掴んでおくと良いでしょう。

【長所や短所の項目一覧】よく面接で話される長所

ここでは長所の一覧をご紹介します。大きく『自分に関わる長所』『他人に関わる長所』『仕事力に関わる長所』の3点に分けて表にしているので参考にしてみてください。

自分に関わる長所 他人に関わる長所 仕事力に関わる長所
主体性 話を聞く力 計画力
素直さ 人に教える力 論理的思考能力
責任感 協調性 創造力

主体性がある

主体性は多くの企業が求める長所の一つです。企業側としても社員に成果を出してもらわなければならないので、言われたことをただこなすのではなく自発的に行動できる方は、主体性を積極的にアピールしていくと良いでしょう。

素直さ

新卒として会社員を勤めると初めは誰しもわからないことだらけです。そんな時に素直にわからないことをわからないと言える方は、先輩社員としても気持ちよく教えることができるので好感が持たれやすいです。

責任感

学生とは違い社会人となると、毎日会社の名前を背負いながら働くことになります。そんな中、責任感のある行動ができる人は安心して仕事を任されることになるので好感を持たれやすいでしょう。

話を聞く力

社会人になって働いていると多くの人と関わることになります。そんな中で相手の話を聞く力がある人は相手先からの信頼を生みやすいので、好感を持たれやすいです。また聞く力は面接時にチェックしている面接官も多いので注意してください。

人に教える力

物事を教える力がある人はその点をアピールするのも良いでしょう。わかりやすく教える力は仕事をしていく中でも長期的にかなり役に立ちますよ。

協調性

仕事は基本的に一人では完結しないものなので、多くの人と協力できる力のある方は強いです。仕事以外にも飲み会やプライベートの付き合いといった面で一緒にやっていけるかをみられることが多いので、普段の過ごし方などをエピソードにしながらわかりやすく伝えましょう!

計画力

仕事をするときは目の前のことをただこなすのではなく、順序立てて計画的にこなす力が求められます。なので、日頃からスケジュール管理などができている方はアピールしていくと良いでしょう。

論理的思考能力

物事を伝えるとき、筋道立てて矛盾なく伝えることのできる力が論理的思考能力です。面接時の会話中にもチェックされていることが多いので、自分の話している内容に論理の飛躍が無いよう入念に準備するようにしてくださいね。

創造力

ものづくりが好きな方は、長所として挙げると良いでしょう。1から自分の頭で考えて物事を生み出す力は、企画をするときなどの仕事力に直結していきますよ。

【長所や短所の項目一覧】よく面接で話される短所

ここでは短所の一覧をご紹介します。大きく『自分に関わる長所』『他人に関わる長所』『仕事力に関わる長所』の3点に分けて表にしているので参考にしてみてください。

自分に関わる短所 他人に関わる短所 仕事力に関わる短所
心配性 人見知り 優柔不断
我が強い おせっかい 視野が狭い
面倒臭がり 人の頼みを断れない うっかりミスが多い

短所は伝え方次第では長所に変換することができます!なのでここでは長所に言い換えた時にどういった言い回しができるかを一つ一つ紹介していきますね。

心配性

心配性だと良いと思っていても中々行動に移せなかったりしますよね。ただ逆にいうと心配性であるということは慎重であるということでもありますよ。慎重さをアピールできると良いです。

我が強い

誰か一緒に何か物事を成し遂げる時に、自分の意見を無理やりでも押し通そうとしてしまうことありますよね。これはある意味リーダーシップを発揮できるといった強みにもなります。積極性を見せつつも逆にアピールできると良いですね。

面倒臭がり

面倒臭がりだと、怠け者でやる気がないといったイメージがありますよね。しかしある意味、面倒な物事を効率化して考える力があると言い換えることもできます。仕事を効率的にこなせるような人材と判断されれば、面倒臭がりといった短所も長所に変換できるでしょう。

人見知り

初めて会う人とうまく溶け込めなくて悩んでいる方も多いでしょう。しかしこういった短所は、慎重に人とのつながりを考える力があるといった言い換え方ができますよ!

おせっかい

頼まれてもないのに、ついつい相手に対して口出ししてしまうといった方もいらっしゃるでしょう。しかしおせっかいであることは面倒見が良いとも言い換えることができます。

人の頼みを断れない

頼みを断ることができないといった短所は、素直に人を信じることができるといった強みに言い換えることができます。また同時に優しさをアピールすることもできるので、伝え方を工夫してみてください!

優柔不断

優柔不断であるということは、柔軟に物事を考えることができると言い換えることができます。問題解決に柔軟性はつきものなので、上手に長所に変えていきましょう!

視野が狭い

視野が狭いということは、一つの物事に集中して取り組む力があるということでもあります。集中力をアピールできれば、長所に言い換えることができるでしょう。

うっかりミスが多い

うっかりミスが多いということは、ミスにきちんと気づくことができているといった意味でもあります。仕事をしている中でミスはつきものなので、一つ一つきちんと改善できているということアピールできれば、あまり悪い印象は持たれないでしょう。

【長所や短所の項目一覧】どうやって自分の長所や短所を見つける?

ではどうやって自分の長所や短所を見つければ良いのでしょうか?自分のことってわかっているようで意外とわからないものだから多くの方が悩まれると思います。

実際自分のことって客観的に把握することが難しいので迷って当然なんです。ここではそんな方のために、自分の特徴を見つけだす方法をいくつかご紹介するので、自分にあったやり方で自己分析を実践してみてください。

何となく思いつく自分の特徴を深掘りしてみる

紙とペンを用意して、何となく思いつく自分の長所短所を書き出してみてください。この時ポイントなのは、深く考えなくても思いつくような長所短所をとにかく書き出すということです。

書き出すことができたら、それらに対して「なぜそう思うのか?」と問いかけてみてください。そうするとその特徴の根拠となる経験が思いつくはずです。ここで思いついた経験でおきた出来事や行動をさらに見返してみると、自分の行動パターンが見えてくるはずです。

ここで出てきた行動パターンが自分の長所や短所の裏付けとなる根拠です!この根拠をそのまま文章に起こせば、面接でも使えるような長所短所になるはずですよ。

学生時代最も印象的だった経験から見つけ出す

今度は自分が学生時代におこなった経験から長所短所を見つけ出す方法です。自分自身の中で最も力を入れた学生時代の経験を書き出してみましょう。部活動やサークル活動、ゼミでの発表など些細なことから大きなことまで何でも良いです。とにかく書き出してみてください。

書き出せたら、そこで達成した結果や失敗談を思い出してみましょう。またこういった経験をするに至って発揮した自分自身の行動や意識していたことを考えてみましょう。

ここで出てきた自分自身の行動や意識がそのまま長所短所に繋がってくるケースが多いです。例えば「サークルの大会で優勝するために後輩の教育を頑張った」という経験があったら、面倒見のよさといった長所が生まれますよね。このように経験から見つけてみるのも一つの手です。

家族や友人に聞いてみる

家族や友人に聞いてみると、客観的な意見を聞けるのでオススメです。「自分のことは自分が一番わかる!」と思いがちですが、他者からみたあなたの印象は意外と思い込みと違ったりします。

やはり他者からみたあなたの印象の方が、面接官としても共感しやすいものなんですね。意外な点を褒められたり、指摘してもらえることがあるので是非聞いてみてくださいね!

【長所や短所の項目一覧】長所を作る際の構成

ここでは長所をアピールする際の構成を紹介します。

企業の役に立ちそうなアピールポイントを長所として紹介し、その理由を説明します。

また、エピソードを作成して、段階を踏んで、アピールするのも良いでしょう。

具体的な方法を紹介していきます。

結論:私の長所は〇〇です(アピールポイント)

就活の際に長所をアピールするためには、まずは知ってもらう必要があります。

そのため、自分の長所はなんなのかをはっきりとわかりやすく伝えましょう。

これは物語における掴みの部分なので、相手が食いついてくるような長所にしなければなりません。

積極性が重視される職場なのにもかかわらずに、継続力をアピールしたのでは、相手に響かない可能性がありますので、当然、相手がどんな人材を求めているのかを把握しておく必要があるでしょう。

これを把握しておかなければ、掴みの段階で自己アピールは失敗したことになるのです。

企業が何を求めているかは、企業のホームページを確認することや上層部のメッセージを確認することで把握できる可能性があります。

掴み、何事においても非常に重要なポイントなので、ここでしっかりと相手の食いつきを獲得できるようにしましょう。

理由:なぜならば、〇〇で〇〇ということがあったからです

長所をアピールして相手が食いついてきたとします。

ここで相手が求めていることは、その長所を納得できるような理由です。

そのため、ここでは相手が納得できるようなエピソードを交えてやるのがおすすめです。

○○で○○ということがあったので、自分の長所は○○だと自覚するようになりました。

たとえば、イベントサークルで、自分が主催したイベントが大成功をおさめます。

その結果、自分には人をまとめる力があることや企画する力があることを知りました。

このようなエピソードを交えて、長所をアピールしてやれば、相手も納得しやすいのです。

ただ、長所だけをアピールしてしまうと、せっかく相手が食いついたのに、相手の望むものを提出できなかったという状況になってしまいます。

エピソード:私は〇〇で〇〇をしていました

面接で長所をアピールする際には、具体的なエピソードをあらかじめ用意しておくのもおすすめです。

エピソードの紹介によって、自分の考え方や自分の長所を相手にアピールすることができる利点があります。

ただし、エピソードといっても、しっかりと物語に緩急をつけるようにしてください。

平坦な物語を紹介されても、相手はあなたが何をアピールしたいのかまったく理解できません。

面接の場は、単なる自己紹介ではありませんので、相手に自社に必要な人材だと思わせる必要があるのです。

そのためには、エピソードに緩急をつけて、自分の長所をアピールする必要があるでしょう。

問題:その経験で〇〇という問題に直面しました

エピソードに緩急をつけるために1番重要なのが、エピソードの中に問題が発生するという部分です。

○○で○○をしていた経験があるけど、○○という問題に直面した。

こういった事柄をエピソードに交えることができれば、相手にアピールしやすいです。

問題が発生したなら、次は解決しなければならないので、その部分で相手に能力をアピールしやすいのです。

問題解決能力は、企業にとって非常に重要になってきます。

そもそも、企業というものは、ユーザーの問題を解決するために存在するので、ユーザーの問題に対してどういった目線で、どういった解決策を掲示できるかは非常に重要になってくるのです。

その意味でも、エピソードに問題点を加えるのは重要なことだと言えるでしょう。

行動:私は〇〇と考え、〇〇を行いました

ここで具体的な問題解決を紹介します。

○○で○○をしていたら、○○という問題が発生して、私は○○と考えるので、○○を行った。

こういった一連の問題解決の行動をエピソードに加えることによって、説得力がグッと高まります。

たとえば、サークル内のメンバーの呼吸がバラバラなので、セミナーで習ったチームビルディングを提案しました。

その結果、チームの多様性を残しつつも、共通の目的に向かって突き進む姿勢が完成した。

このような行動を起こしたというのも良いでしょう。

問題を解決するための視点が求められているので、問題に対して、どのように向き合って、どのように解決する人間なのかということを、しっかりとアピールしてください。

これは選考において非常に重要なポイントになってきます。

結果:その結果、〇〇となり、〇〇に大きく貢献しました

○○という問題に対して、○○という問題解決をした結果、○○になり、○○に大きく貢献することができたという内容にします。

ここでは、自分の行った問題解決行動が正しかったということを示します。

そして、それを示すためには、○○という問題可決行動が、なんらかの結果を生み出したことを伝えなければなりません。

たとえば、チームビルディングをした結果、チームが一丸となって、イベントを成功させるのに役立ったなど、自分の行動がどのような成果を生み出したのかを簡潔に伝えます。

結論:その経験を活かして貴社では〇〇で貢献していきたいと考えております

最後に、一連のエピソードで得たことが、企業に対して役立つということを伝えなければなりません。

そうすれば、自分の大学生活は就職のためのものであり、有意義な時間を過ごしたということを相手に伝えることができるのです。

面接という場は、結局のところ、応募した企業に役立つということを伝える場なので、結論として○○で貢献していきたいことをアピールする必要があるのです。

【長所や短所の項目一覧】面接で長所や短所を話す際のポイント

面接で長所や短所を尋ねられた際に回答する際、これだけは押さえておきたいポイントをご紹介します。

ポイントを知らないと、ただ長所、短所を一言で言ってしまう方も少なくありません。

ですが、それでは、「だから何なの?」という話で終始してしまいます。

長所や短所を尋ねられたら、自分の長所または短所を一言で回答すればいいのではなく、次のポイントを加える必要があります。

長所や短所に関連する具体的なエピソードを話す

あなたの長所や短所を明確にする、具体的なエピソードを話しましょう。

なぜ、長所や短所を語るのにエピソードが必要なのでしょうか。

それは、あなたが長所や短所だと告げたことが、真実であることを理解してもらうためです。

長所の場合、自分のことをよく見せようとして、自分には持ち合わせていないことを言っていないかを示すことが必要です。

短所の場合は、具体的なエピソードを伝えることで、自分の弱みも含めて、しっかりと自己分析ができていることが示せます。

自分の短所を理解しているということは、短所をカバーしようと努力する成長意欲があることも伝えられます。

なぜそれが長所や短所なのかの根拠を伝える

ただ単に自分の長所や短所を一言で伝えるのではなく、なぜそう考えるのかを伝えましょう。

自分のことを客観的に見て、自分をしっかり把握している人物であることを示す必要があります。

社会人として活躍するということは、仕事や職場において長所を活かす、短所をコントロールすることが求められます。

自分のことをしっかりと理解し、把握して活かしたり、コントロールしようとしたりしている姿勢を見せるためにも、そう考えた根拠が必要です。

入社後、どう活かしていくかを話す

就活の面接では、長所や短所をただ伝えるだけではいけません。

企業に採用したい人物だと選でもらうための場ですから、企業に自分をアピールすることも忘れてはなりません。

長所を活かしてどのように企業で活躍できるのか、どう貢献できるのかをしっかりと伝えてください。

短所の場合も、短所を強みに変える、もしくは、短所を改善したりコントロールしたりすることで、こういった活躍ができる、成長可能性があることを伝えましょう。

【長所や短所の項目一覧】面接で長所や短所を話すNGポイント

次に面接で長所や短所を話す際にオススメできない、NGポイントをご紹介します。

うっかりNGを出さないように、ポイントを踏まえて、あらかじめ構成を考えておきましょう。

最初に結論を話さない

長所や短所を尋ねられた際に、最初に答えるべきは結論です。

長所なら、「私の長所は〇〇です。」、短所なら「私の短所は〇〇です。」と簡潔な一言でいいのです。

まるで、小学生の作文みたいと不安になるかもしれませんが、面接では多くの応募者と限られた時間で話をし、その人物を見極めていかなくてはなりません。

はじめて会う応募者を理解するには、簡潔明確に結論から入ったほうが面接官にとってわかりやすいです。

また、最初に結論を伝えることで、あなたの人物像を端的に理解でき、その後の話を聞く準備も整います。

成果につながったエピソードがない

長所や短所を伝えるうえでは、具体的なエピソードを話すことがポイントとお伝えしました。

ですが、エピソードなら何でもいいわけではありません。

シーンとしては何でもよく、学生時代の部活動での経験や海外留学での経験、ボランティア活動やアルバイトでの経験、ゼミでのプレゼンの経験など種類は問いません。

あなたの長所を活かして、なんらかの成果が上がったエピソードであるか、自分の短所を思い知って改善に向けた行動や努力をしよう思うに至った経験談であることが必要です。

具体的には、エピソードを話す際には、単に「こんな経験がありました。」ではなく、「ある経験でこんな問題が生じていました。」→「その問題を解決するために自分の長所を活かしてこんな行動を取りました。」→「その結果、こんな成果が出ました。」という内容で構成する必要があります。

過去の経験談で、自分の長所を活かして問題解決を行った経験がないかを振り返ってみましょう。

もし、成果が思い浮かばない長所は、あなたの本当の強みではないかもしれません。

もちろん、面接を受ける企業が求める人物像や、志望する職種や仕事に役立つ長所であることは大切ですが、何も成果が出せていないのであれば、本当に役立つのかも疑問です。

過去になんらかの問題や課題を解決して、成果を出せた経験がなかったか、よく振り返ってみてください。

短所の場合には「ある経験でこんな問題に直面しました。」→「それを解決するには自分の短所があると対応できないと感じました。」→「問題を解決するためにも自分を変えようと考えました。」→「改善努力の結果、このような成果が生まれました。」といった流れが基本です。

長所や短所と言える根拠がない

なぜ、自分の長所や短所がそれだと考えたのかの根拠を示さないと、説得力がありません。

面接用に用意したのではと思われてしまわないよう、具体的な根拠を述べましょう。

【長所や短所の項目一覧】どのように長所や短所を企業に伝えれば良い?

ではどのように長所や短所を企業に伝えていけば良いのでしょうか?ここではSTEPごとに伝え方をご紹介していきます。

せっかく長所や短所を練っても、伝え方を間違えてしまうと意味がないので手順に沿ってわかりやすく伝えることを心がけてください!

またESで長所短所を記載する場合は、自分がその文章を見て理解できるかを必ずチェックするようにしてくださいね。

STEP① 結論から述べる

まずは結論から述べることを心がけましょう!この際多少は抽象的な表現になってしまっても良いので、「自分がどういった人間なのか」が端的にわかるように伝えましょう。

結論から述べることで企業側もなんとなく「〜な人なんだな」と認識することができます。初めからいきなり長いエピソードを語ってしまうと、「で、結局何?」と要点が伝わらなくなってしまうんですね。

特に面接の時は焦って結論が抜けてしまうことが多いので気をつけてください!

STEP② その結論を裏付ける根拠となるエピソードを伝える

次はその結論を裏付ける根拠となるエピソードを伝えます。そしてこの時のエピソードはできる限り具体的に伝えるのがポイントです。その話を聞いただけで背景を想像できるくらいまで詳細に伝えましょう。

例えばサークル活動での成功体験だったら「何人のサークルチームで、いつの大会に、どういった結果を出したか」など詳細に伝えましょう。この時に使えるのが5W1Hという考え方です。

5W1H=Who(だれが)When(いつ)、Where(どこで)、What(なにを)、Why(なぜ)、How(どのように)

5W1Hに当てはめながら、自分のエピソードの詳細を深掘りしていきましょう。あなたにとっては当たり前の事柄も、面接官からしたら全く背景知識のない情報です。わかりやすく伝えていきましょう。

STEP③ 短所の場合は”どう改善していくか”も含めて伝える

・面接官が知りたいのは、短所に対する向き合い方

・”どう改善していくか”によってその人の仕事力を判断している

短所を伝える時には、”どう改善していくのか”も合わせて伝えるようにしましょう。

面接官が知りたいのは”〜な短所がある”という事実ではなく”短所とどう向き合うか”です。なので自分なりの改善策も合わせて伝えるようにしてください。

どう改善していくかによって、その人の問題解決能力を試しています。こちらもできる限り具体的に伝えるようにしてくださいね。

まとめ:企業側の意図を理解して長所や短所を用意しましょう

企業側がなぜ長所や短所を聞くのか?ということを推測し、その企業が求めている長所や短所をきちんと伝えることができたら面接官からの印象は間違いなく良いです。なのでその企業のリサーチと自己分析は欠かさず行うようにしましょう。

また長所や短所は自分で考えるとどうしても偏った思い込みになってしまうので、家族や友人など他人からの意見を優先的に参考にすると良いです。

自分自身の特徴を把握することは就活において必要不可欠になってきますが、実際に就職した後はそれ以上に大事になってきます。就活の時期から自分自身と向き合うことを癖づけるようにしていけると良いですね!

面接が不安?面接に受からない?ウカル面接対策、教えます。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

RANKING人気記事ランキング

  • 【満足度90%以上!!】【即日内定もアリ!!】日本で唯一の『内定にコミット』する就活サービス ジョブコミット
  • 営業就活ドットコム
  • HR Community

広告掲載をご検討の企業さまへ