【例文付き】面接で短所を「負けず嫌い」と答える際の必勝法とは

面接の際に、短所を聞かれることがあります。

その際、「負けず嫌い」と答えたい場合どうすれば良いのでしょうか。

「負けず嫌い」と聞くと、長所のようにも感じます。

ここではあえて短所として答えるのはなぜか、短所として答える際はどういった点に注意すれば良いのか考えていきます。

うまく短所として伝えるための、必勝法を見ていきましょう。

【短所で負けず嫌いと答えるときの必勝法】なぜ企業は短所を面接で聞くのか

面接で、長所と短所について聞かれることがあります。

長所についてはスムーズに答えられても、短所は答えるのに躊躇する学生が多いでしょう。

なぜ、企業は短所を面接で聞くのでしょうか。

短所があると面接で伝えたからといって、採用を見送られることはありません。

短所である「負けず嫌い」をどう伝えるのかが、採用のカギとなります。

自分のことを客観的に見れているかを知るため

短所を聞くことで、その学生が自身の短所について客観的に見れているか、そして理解しているか企業側は見ています。

人間誰しも短所があり、その短所をうまく長所に変えるなど良い方向に持っていくことが大切です。

自身の短所を理解していると、短所である部分が出てしまったときの対処する、もしくは短所をできるだけ出さないよう気を配るといったことがスムーズにできます。

周りの仲間に迷惑をかけないよう、また企業に迷惑をかけないように行動できる人を採用したいと考えています。

そのため長所だけではなく短所も聞き、どう改善に向けて努力しているか見られるのです。

会社の社風や仕事内容にマッチしているかを判断するため

「負けず嫌い」という短所が、会社の社風や仕事内容にマッチしているか判断するため聞かれることがあります。

自身は短所と答えたとしても、企業側によって長所となることがあります。

グループで競い合って、切磋琢磨し合いながら企業を成長させたいと考えている場合、「負けず嫌い」という短所は長所として見られるでしょう。

客観的に自身の短所を見れている人物であれば、安心して企業側も迎え入れられます。

課題解決能力があるかどうかを確認するため

「負けず嫌い」と自身の短所を理解しているとともに、短所である面が出てしまったときにどう解決するのか見られています。

たとえば「負けず嫌い」である面が出てしまったときは、仕事に影響がないようにこんな風に解決したいですなどと具体的に例を挙げて述べるとわかりやすいです。

短所があることがいけないということではなく、解決して仲間や会社に迷惑をかけないかが求められます。

【短所で負けず嫌いと答えるときの必勝法】人事から見た短所が負けず嫌いの方のイメージ

短所で「負けず嫌い」と答えたら、人事担当者にどう見られるのか気になります。

短所として挙げても良いのか、面接で話をしても良いのかと迷うでしょう。

では、具体的にどのような人物だとイメージされるのか見ていきます。

人の言うことをあまり聞かない

「負けず嫌い」が短所だと伝えると、人の言うことをあまり聞かないと見られるケースがあります。

あのチームには負けたくないと頑張るあまり、他人の意見を聞かずに1人で突っ走ってしまうことが考えられます。

チームワークが求められる場面でも、1人で先に行ってしまい仲間が置いていかれる、そして仲間との仲が悪くなるケースもあるでしょう。

イライラしやすい

「負けず嫌い」である場合、イライラしやすい傾向があります。

あのチームはもうアポイントメントを取ったというのに、自チームはアポイントメントが取れない、なぜだとイライラしてしまいます。

チームを組んでいる場合だと、他のチームメンバーが話しかけづらくなり、ぎくしゃくすることもあるでしょう。

チームを組まず単独勝負をしている場合でも、他の社員が話しかけづらい、話しかけたら忙しいと強い言葉をかけられたなどと社内トラブルになることがあります。

イライラしていると、誰しも近づきにくくなるため注意が必要です。

【短所で負けず嫌いと答えるときの必勝法】短所である「負けず嫌い」を面接で魅力的に伝える4つのポイント

では、短所で「負けず嫌い」と面接で魅力的に伝えるにはどうすれば良いでしょうか。

短所は面接で伝える際、ほとんどの学生が緊張します。

しかしポイントをわかっていれば、緊張してもスムーズに答えられます。

面接時にどう伝えるのか事前に文章にしてみて、より伝わりやすいよう工夫してみましょう。

ここでは4つのポイントについてみていきます。

負けず嫌いという意味を改めて考える

はじめに、「負けず嫌い」について改めて意味を考えてみましょう。

人の言うことを聞かない、イライラしやすいといった短所にもなりますが良い面もあります。

負けず嫌いを長所にする場合、「最後まであきらめずに物事に着手できる」「他人に負けないよう頑張る姿勢がある」「より貢献したいと積極的に取り組む」といったことが挙げられます。

実際、「負けず嫌い」を長所として面接で挙げて話をする学生もいます。

負けず嫌いであるからこそ、自身にはこんな面があるなど自身について改めて考えることも重要です。

他人負けたくないと頑張りすぎてこういった面が出るので、その場合はこういう風に改善すると1つの物語や文章にして考えるとわかりやすいでしょう。

負けず嫌いを言い換えて話す

「負けず嫌い」とストレートに伝えると、悪い印象を持たれることがあります。

言い換えて話をすると、強い印象もしくは悪い印象を持たれにくいです。

たとえば「向上心が高い」と言い換えることができます。

向上心が高く、その物事に対してあきらめずに最後まで取り組むことができるなどと述べても良いでしょう。

向上心が高いと、新しいことや仕事に対して積極的に取り組んでくれる良い人材と見られやすいです。

続いて「粘り強い」と言い換えることもできます。

難しく他人はさじを投げてしまうことでも、粘り強く解決策を考えて取り組むことができる人物と言い換えられます。

社会人として、仕事に対して粘り強さを見せる必要がある場面はたくさんあります。

続いて、「努力を怠らない」人とも言い換えられます。

他人に負けたくないあまり、日頃から努力をしている人が多いです。

ライバルチームに勝つためにはどうすれば良いのかと、解決策やゴールまでスムーズにたどり着くための方法を探す努力をします。

「負けず嫌い」というと強い印象を持たれますが、「努力を怠らない」と聞くと最後まで責任を持って仕事に取り組んでくれる人材だと重宝されるでしょう。

あなたの短所が負けず嫌いという理由を明らかにする

なぜ、短所が「負けず嫌い」なのか理由を明らかにしましょう。

「負けず嫌い」ですとストレートに伝えるだけでは、なぜ長所としても使われている理由をあえて短所として挙げてきたのか伝わりにくいです。

「負けず嫌い」であるためにこんなことで困った、過去にこんなことがあったと例文を作成し伝えると、採用担当者も理解しやすいでしょう。

学生時代に友人と授業中にチームを組み、他のチームに負けたくないと考えた結果1人で独走してしまったなどと、エピソードがあるとわかりやすいです。

また真実味も出て、採用担当者が理解し共感する確率が上がります。

結論から話す

「負けず嫌い」と短所と伝える際、わかりやすいよう結論から話しましょう。

他の理由を短所として挙げる際も、結論から話すと伝わりやすいです。

短所は「負けず嫌い」です。

なぜなら学生時代に困ったことがあったからです。

授業でチームを組んだときに、他のチームに負けたくないと考え・・・・

といったように、困ったことがあったからと先に伝えるとスムーズに伝わりやすいです。

制限時間内に話ができるように、またすっきり伝わるようにするためにはどうすれば良いかと考え、結論からわかりやすいよう先に伝えましょう。

【短所で負けず嫌いと答えるときの必勝法】短所が負けず嫌いの例文

短所で「負けず嫌い」答える際は、実際どうすれば良いでしょうか。

採用担当者に良い印象を持ってもらうため、工夫し伝える必要があります。

ここでは、例文を紹介しますので参考にしてください。

①チーム戦の際に1人で独走してしまいます

大学の授業でチームを作り、1つの課題に対して取り組むこととなりました。

他のチームに負けないよう、良い発表をしたいと考え一生懸命取り組んでいたのですが、「負けず嫌い」という面が出て同じチームのメンバーの意見を聞くことができませんでした。

「負けず嫌い」という点からイライラすることがありますが、イライラしたときこそ他人の意見を聞くという姿勢を持って取り組んでいきたいと思います。

②テストで良い点数が取れないと友人を恨んでしまいます

学生時代、仲の良い友人が私よりもテストで良い点数を取ったことが何度かありました。

私は「負けず嫌い」で、テストの点数が友人よりも良くなかったことで落ち込むとともに、友人を恨んでしまいました。

友人は私の性格を理解していたので大きなトラブルにはなりませんでしたが、しばらく口をきかないなど良くない態度を取ってしまいました。

今後、仲間よりも点数が悪くてもそっけない態度を取らないよう心がけます。

③負けず嫌いでネガティブになることがあります

テストの点数など、仲間よりも点数が取れなかったときは落ち込んでしまいます。

なぜ、点数が取れなかったのだろうかと深く落ち込みやすいです。

今後、落ち込むのではなく次に活かそうと前向きな気持ちになり、仲間との関係にひびが入らないよう注意しながら頑張っていきます。

【例文付き】面接で短所を「負けず嫌い」と答える際の必勝法とは

【短所で負けず嫌いと答えるときの必勝法】短所が負けず嫌いの例文

仕事は、どんなことでもあきらめずにやってみるという姿勢が大切です。

企業側は、自らどんなことでもあきらめずにチャレンジする人物を求めているため、短所で負けず嫌いを答えるときには採用担当者にポジティブなイメージを与えることもポイントです。

負けず嫌いと人から指摘される

私は、小さい頃から負けず嫌いな性格です。

勉強も運動も誰にも負けたくないという気持ちが強く、成果を出せるよう努力してきました。

両親や友人からも負けず嫌いな性格だと指摘されたこともあります。

学生時代には、この負けず嫌いな性格で成果につながる勉強法や練習法を生み出し努力した結果、1位という好成績を取れました。

これは、自身の負けず嫌いな性格が喜ばしい結果へとつながったと思っています。

今後は自身の強みでもある負けず嫌いな性格を活かし、向上心を持って御社に貢献できるよう努力いたします。

アルバイト経験

学生時代のアルバイト経験を通して、自分の長所である負けず嫌いを発揮しました。

私は、接客業に携わっていましたが、お店の売り上げが悪く閉店の危機に直面していました。

何とかしてこの状況を改善するため、売り上げを上げられるようにお客さまの年齢層や来客数の多い時間帯をリサーチすることから始めました。

アルバイト仲間には、「売り上げを上げることは難しい」と厳しい指摘をされたこともあります。

しかし、何事もやってみなければわかりません。

これまでどんな状況にも逃げずに負けたくないという気持ちで困難に立ち向かってきましたが、アルバイトでの危機脱却も改善点を見極め、お客さまに寄り添うことで状況が大きく変わりました。

無理だと言われていた目標売り上げも努力の結果、達成できたのです。

この経験は、御社に入社した後も強く発揮できると思います。

御社に入社した際には、困難に直面した際にもあきらめることなく改善できるよう仲間とともに努力していきます。

部活

中学・高校とサッカー部に所属していました。

優勝することは夢のような話だと言われるほど弱小チームだったので、部員も練習に熱が入りませんでした。

このままでは、日の目を見ることがないのではと悔しい気持ちになり、どうすれば部員一人ひとりの力を上げ成果を出せるのかを徹底的に調べました。

その結果、まず正しい練習を行うことや部員とのコミュニケーションを取ることが大切だと気づきました。

絶対にこのメンバーで優勝するんだという強い気持ちを持ち部員全員で練習に励んだところ、その2年後、県大会で優勝という好成績を収められました。

この経験を通して負けず嫌いな性格は、ときうれしい結果をもたらしてくれると実感できました。

私の負けず嫌いな性格が御社に良い成果をもたらせるよう、貢献できればと考えております。

短所に負けず嫌いを話したNG例

負けず嫌いを自己PRとして述べる際には、ただ短所としてとらえられてしまうのではなく、長所に変えるエピソードとして伝えることもポイントです。

ここでは、短所に負けず嫌いを話したNG例をご紹介しますので、参考にしてみてください。

NG例①

私は、小さい頃から人に負けることが嫌いでした。

テストで1番を取ることが何よりも大切だと感じ、努力を惜しみませんでした。

そのため、学生時代には、常に1番をキープしていました。

しかし、運動だけはクラスメイトに勝てず、夜も寝付けないほど悩んだこともあります。

何としてでもライバルに勝ちたいという思いが強く我慢がなりません。

御社では、この負けず嫌いな性格で貢献できればと考えております。

この例文は、中身がなく、ただ負けず嫌いだというエピソードと自慢話だけで終わっています。

自分の強みをアピールすることは大切ですが、傲慢さを感じるだけの文章になってしまっては意味がありません。

企業側の共感を得られるように、温かみを持たせながら文章を作ることが大切です。

NG例②

私は、家族や友人に負けず嫌いだとよく言われます。

学生時代の部活動でも優勝を目指して努力してきました。

練習を毎日欠かさず行いレギュラーメンバーに選ばれた経験もあります。

大会に出場した際には、メンバーのミスにより優勝はできませんでしたが、負けず嫌いな性格を発揮して努力したことは間違いではないと思っています。

この負けず嫌いな性格は、御社にも貢献できるのではと思います。

この例文は、独りよがりな文章になってしまい、仲間との協調性を感じられません。

業務を円滑に進めるには、仲間の気持ちに寄り添い力を合わせて進めていかなければいけません。

文章を通して自分勝手な人間だと思われてしまうことがないように注意しましょう。

NG例③

私は、負けず嫌いな性格なので、人には負けない何かを見つけることを心がけました。

勉強で1番になるという目標を掲げましたが、残念ながら成果を得ることはできませんでした。

ならばと挑戦したのが運動です。

自分に合っている種目は何なのか見つけ出すまでに時間がかかりましたが、さまざまなスポーツを試したところ、今はテニスで成果を上げられ、自身の特技にもなっています。

負けず嫌いな性格をアピールするために、これまでの経験を述べることは間違いではありません。

しかし、この文章では、努力を感じられず、困難を乗り越えることなく逃げたという印象を面接官に与えかねません。

負けず嫌いな性格を発揮して、1つのことを乗り越えたというエピソードをしっかりと盛り込んでいくといいでしょう。

まとめ

面接で「負けず嫌い」とあえて短所として答える場合に、注意したいことについて記載しました。

他の言葉に言い換えたり、自身の短所を客観的に見て解決策を生み出したりできることはたくさんあります。

採用担当者に良い印象を与えるために工夫をし、面接をうまく乗り切ってください。

面接が不安?面接に受からない?ウカル面接対策、教えます。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ