【例文付き】あなたの失敗経験を教えてください!失敗経験を面接で伝える4つのポイント

はじめに

面接では、「いままでの人生で失敗したことを教えてください」といった内容を聞かれることがあります。

誰しも何かしらの失敗経験はあるものですが、面接で話す際にはどういった点に注意して回答すれば良いのでしょうか。

失敗経験を聞かれる意図と、回答する際のポイントについて紹介します。

高評価につながる回答例とNG回答例についても参考にしてください。

NG回答に関しては、その理由や改善方法についても解説します。

面接で失敗経験を聞かれる2つの理由

そもそも面接官は、なぜ失敗経験を聞いてくるのでしょうか。

これには大きく2つの意図があると考えられます。

まず一つめに、失敗したときの対処能力を知るためです。

もう一つは、何かあったときに乗り越えるだけの根性やストレス耐性があるかどうかを見たいからです。

面接官は入社後に活躍してくれる人材を求めています。

仕事において対処能力やストレス耐性は欠かせません。

過去の失敗経験を聞くことで、そうした点が見えてくるのです。

 仕事で失敗したときどう対処するのかを知るため

人は何か失敗してしまったとき、その人なりの方法でなんとかしようと考えます。

自分1人で考える人もいれば、誰かに相談して良い案を貰おうとする人もいるでしょう。

ほかのことで気分転換する人もいれば、とにかく納得できるまでその事項と向き合おうとする人もいます。

グッドアイディアを考え出す人や寝ればあっさり忘れることができる人など、皆それぞれ対処法はさまざまです。

仕事をしていくうえでも、なんらかのミスや失敗をすることは皆あります。

大切なのは、失敗したときの対処法です。

失敗を糧にできてうまく対処できたなら、仕事への大きな被害は免れることでしょう。

またその人自身も成長することができます。

企業としては、何かが起きたときのその人の対処能力を知ることは非常に重要です。

冷静に対処できるのかパニックになるのか投げてしまうのか、それを知るために面接官は「過去の失敗経験」を質問するのです。

 ストレス耐性、根性があるかを把握するため

失敗経験はその人の性格がわかりやすいです。

「ピンチはチャンス」という言葉がありますが、実際に失敗をチャンスに変えることができる人はメンタルが強く前向きです。

そうした性格は仕事の場でもプラスに活かすことができます。

またうまくいかないときほど燃える人もいます。

これもまた仕事をするにあたっての強みとなるでしょう。

すぐに切り替えて次へと進むことができるのも、ストレス耐性がある証拠です。

仕事はいつもうまくいくとは限りません。

壁にぶつかったからといって簡単に辞めてしまったり、他人のせいにしたりする人材では企業としても困ります。

メンタルの強い人材を探すためにも、過去の失敗経験談は参考になるのです。

面接で失敗経験を聞かれたときの4つのポイント

失敗経験について回答する際には、いくつかの押さえるべきポイントがあります。

ただ失敗経験のみをダラダラと話すのはNGです。

さらに抽象的でわかりにくい曖昧な失敗談も良くありません。

失敗したときにどう考えどのように行動したのかを具体的に話すこと、そしてそこからの学びを説明することが重要です。

ただの失敗談は、ネガティブな話でしかありません。

以下に4つの押さえるべきポイントについて解説します。

失敗経験について述べる際にはこれらの点に留意して話すようにしましょう。

 失敗経験のみを話すのはNG

失敗経験というのはそもそもがネガティブな話題です。

カフェのアルバイトでコーヒーをこぼしたり、うっかり大切なものを忘れたり、そうした行動はそれだけを聞くとマイナスなイメージしか浮かんできません。

面接で「過去の失敗経験」について聞かれたときも、ただ失敗談だけを話すとネガティブな印象のみになってしまいます。

また面接官は失敗談から、結局そこでどのように対処して乗り越えたのかを聞きたいわけです。

そこについてしっかり説明しなければ、ただの不幸話自慢のようになってしまう可能性もあるので注意しましょう。

失敗経験を話す際には、「失敗に対する対策や処置方法」と「失敗経験からの学び」の2点を必ず取り入れるように心がけたいものです。

 失敗経験は具体的に説明する

「私は飲食店でアルバイトをしていたときによくミスをして店長に注意されていました。

結局飲食店が向いていないと悟り、服屋のアルバイトに変えたところそちらのほうが合っていました」

たとえばこのような失敗経験は、具体性に欠けています。

飲食店でどのようなミスをしたのかがわかりませんし、どういった点が向いていなかったのかも伝わりません。

なぜ服屋のほうが合っていたのかも、言葉足らずで曖昧です。

このような曖昧な失敗体験談では、面接官はいろいろと疑問に感じることだらけです。

失敗経験はできる限り具体的に話すようにしましょう。

「なぜそう考えたのか」「なぜそのようにしたのか」、常に「なぜ?」と自分に問いかけることで具体的で理論的な内容になります。

 失敗に対して「考え」や「行動」を伝える

ただの失敗談だけにならないためには、その失敗に対してどう考えどのように対処したのか自分なりの行動を説明するのがポイントです。

何かミスをしたときに、まずどう感じたのかを振り返りましょう。

その瞬間は誰しも落ち込んだり自信をなくしたりすることでしょう。

しかしそこから時間が経つにつれて、どのような思考回路になっていくかは人それぞれです。

ひたすら反省する人もいれば、数時間後には切り替えて前に向かっている人も見られます。

さらにそのときの行動も人によって違うので、その点も詳しく話すことが大切です

 失敗経験から学んだことを伝える

面接官が知りたいのは、目の前の就活生が失敗を経てそこから成長できたかどうかです。

成長力があるかどうかは、仕事をしていくうえで非常に重要になってくるからです。

失敗してもそれを糧に成長できる人間は、明らかにどんどん伸びていきます。

面接で失敗談を話すときは、その事柄から反省した点やや学んだことを話すのも忘れないようにしましょう。

たとえ大きな失敗であろうとも、肝心なのはその後です。

その失敗を機会に自分自身が変わり将来に良い影響をもたらすことができたならば、ピンチをチャンスに変えることができたわけです。

失敗からの学びを伝えることで、分析力やメンタルの強さ、成長力もアピールできます。

面接で失敗経験を聞かれたときの回答例

面接で失敗したことを聞かれたときの高評価につながる答え方を紹介します。

文章構成も内容面も良い例文です。

失敗談を話すときは、結論から述べて具体的なエピソードを話してリアリティーを持たせます。

ダラダラと前置きが長い文章はわかりにくいので、できるだけ要点を押さえつつ必要な部分はしっかり説明するようにしましょう。

メリハリのある文章が理想的です。

 例文①

私の忘れられない失敗は、カフェのアルバイトで女性のお客様の服にうっかりコーヒーをかけてしまったことです。

熱湯でしたし、とにかく急いで氷とタオルを持って来てお客様に手渡しました。

お客様は怒るというよりもびっくりされていましたが、私が頭を下げて謝るのを見て「大丈夫ですよ」と言ってくださいました。

そのとき店長はおらず、正社員の人に店長代理で謝っていただき、クリーニング代をお渡しすることになりました。

お客様とはそれ以上はトラブルにならずに済みましたが、自身の落ち度にすっかり自信をなくしてしまったのです。

特に忙しかったわけでもありません。

店長とは電話でその後話しました。

店長は私の仕事ぶりは評価してくれており、そういうこともあるから気にしないようにと言ってくださいました。

私もいつまでも引きずっているわけにはいかないと思い、それよりも今後このようなことがないように集中力を高めてホールの仕事をしていくことを誓いました。

また腕の力が弱いのもあるかと思い、それからは毎日腕立て伏せをしています。

おかげでそれ以来はそのような失敗もありません。

 例文②

私の大きな失敗は、高校時代の陸上部でのケガです。

もっと良い記録を出したいと勢い込むがあまりに、無茶なトレーニングをやりすぎて結局逆効果で半月板を故障してしまいました。

きちんと自分のキャパ範囲でトレーニングしていればあんなことにはなりませんでしたし、ケアの面を怠っていたのも問題です。

気持ちばかりが焦ってがむしゃらにやっていた感じです。

もっと冷静に計画性を持ってトレーニングするべきでした。

故障してからは、ベンチ席でみんなが走るのを見る日々で辛かったです。

しかしながら故障から学んだことも多く、それをキッカケに自分の体と向き合うようになりました。

トレーニングだけでなくしっかりとケアやマッサージもするようになりました。

その結果、メンタル面も強くなり以前よりもケガしにくい足になったと思います。

 例文③

私の失敗経験は、吹奏楽部の部長として失敗の選択をしたことです。

吹奏楽はみんなが団結してこそ、良い演奏ができます。

しかしながら演奏レベルに差があるのも事実で、数人のために演奏が止まることもありました。

コンクール優勝を狙っていたので、部長の私はイライラしてしまいある日「〇〇できない人は辞める覚悟で練習するように」とキツイことを言ってしまったのです。

言い過ぎたなとも思いましたが、自分の演奏レベルに悩んでいた2名がその日以来来なくなってしまいました。

コンクールは2位に入賞できたものの、部長としてこれで良かったのかしばらく悩みました。

演奏できないメンバーとは、共に個人練習をするなどして励ますべきではなかったのかと後悔しました。

あの失敗を機に、私は感情で物を言わないように心がけています。

またリーダーはもっと周りを見なければいけないことも知りました。

この失敗は、御社でのチーム営業にも活かせると思います。

面接で失敗経験を聞かれたときの失敗例

失敗経験の回答にはNGなものもあります。

前にも述べたように失敗した事柄のみ述べているものや学びを感じない話は面接官の評価は低くなります。

また失敗を乗り越えた方法や理由や曖昧な回答もNGです。

以下にそれぞれのNG例とその理由、改善策について紹介します。

中身のある内容の濃い失敗談を話したいものです。

 例文①

私は大学での試験に何回か遅刻する失敗をしています。

私の学校は都会からバスでしばらく行ったところの田舎にあるのです。

そのため電車やバスが遅延することはよくあります。

皆さんきちんとそうした遅延も想定しての時刻に家を出ていますが、私は試験の日に限り忘れ物をしてしまいます。

忘れ物を取りに帰ったせいもあり、電車にもバスにも乗り遅れてしまいました。

試験は教授の指示により、受けさせてもらえたものと再試験になったものがあります。

なんとか単位は無事に取れたので良かったです。

 失敗ポイントと改善案   

上記のNG例文は、まさに失敗のみを話した回答です。

「電車とバスに乗り遅れて試験に遅刻したが、なんとか単位は取れた」という経験談のみを話しています。

この回答では、失敗に対する対処法も学びも分析も何も見えてきません。

このNG文を好印象につながる回答に変えるなら、まず「遅延したときにどのようにしたか」を書く必要があります。

しまったと思って走ったのか、あきらめて開き直ったのか、その点を書かなくてはいけません。

さらに何回か試験に遅刻する失敗を繰り返しているわけですから、それを防ぐためにどうしていくのかが重要です。

また試験に遅刻した失敗から何を学んだのかも知りたいところです。

反省や学びがないとすれば、この人は入社後も同じように職場に遅刻する人間だとみなされても仕方がありません。

面接官に悪いイメージを与えないように、しっかりと「失敗への対策」と「失敗からの学び」を伝えたいものです。

 例文②

私の失敗談は、友達に借りたものをなくしてしまって信用を失って友達を失ったことです。

高校時代から仲良くしていた友達がおりまして、CDや本など何かと貸してくれる親切な性格でした。

私は読書や音楽鑑賞が好きなので、その友達からいろいろと借りることが多かったのです。

しかしながら馴れ合いに甘えてしまい、だんだんと借りている期間が長くなってきました。

引越しをしたこともあり、何を返して何を借りたままなのかが自分でも把握できなくなってきました。

その結果、返していないものがいくつか出てきたのです。

中にはどこにいったのかわからないものもありました。

友達には「〇〇を返してほしい」と催促されるようになりましたが、失ったとは言えず誤魔化していました。

そしてだんだんと罪悪感から気まずくなり、大学に入り引越したことをキッカケに彼女に連絡するのをやめてしまいました。

自分の責任なので仕方ないと思っています。

これからはあまり他人に物を借りないようにして、借りてもすぐに返すようにします

 失敗ポイントと改善案

人間関係に関する失敗談は、意外と多いものです。

上記のような話はありがちですが、面接時に活用するのであればもっと深みのある内容にしなければなりません。

この文面ではそもそも友人を失ったことに対する悔しさやショックなどが感じられないですし、彼女と揉めないために疎遠になることを選んだように見受けられます。

友人を失ったことが失敗だとすれば、そのショックを乗り越えた過程や反省点などをもっとしっかり述べる必要があるでしょう。

失敗を乗り越えた理由が曖昧な話は、中身が薄くなりがちです。

何をどうしたくて失敗を乗り越えたのか、明確にすることが大切です。

 例文③

私の失敗は、大学受験に落ちてしまったことです。

滑り止めも何校か受けていましたが、すべて落ちてしまいました。

第一志望の大学への憧れが捨てられず、浪人して1年間勉強しましたが、センター試験の結果がダメでした。

そして結局志望校のレベルを下げなくてはいけなくて、最終的に別の大学に入学したのです。

ずっと行きたかった大学には行けませんでしたが、いまの大学でもそれなりに学習はできますし楽しみもあります。

どの大学を出たかですべてが決まるわけではありませんし、いまはこの大学に入れたことに感謝しながらいろいろと勉学やサークル活動に勤しむ日々です。

 失敗ポイントと改善案  

大学受験を失敗して浪人して、やはり第一志望には行けなかったという失敗談はわりと多いものです。

しかしながら上記の話では、受験に失敗したことからの学びが何も感じられません。

最終的に入れた大学での生活を有意義に過ごしていることは伺えますが、それは失敗からの教訓や学びとは言えないでしょう。

どちらかというと、第一志望に行けなかったがいまは開き直り、妥協して楽しんでいるというようにも感じてしまいます。

この例文を好印象なものに変えるとすれば、受験に失敗してからの自身の勉学への取り組みなどを書くと良いでしょう。

次こそは受かるように、気合いを入れ直して浪人時代頑張った姿勢を伝えれば、失敗しても前向きに目標に向かって進む性格を評価してもらえるはずです。

結局志望校はあきらめましたが、そこから自身の価値観がどのように変わったのかも知りたいところです。

まとめ

失敗談はネガティブな話題でありながらも、いかにポジティブに面接官に伝えることができるかがポイントです。

失敗したことからどう立ち直り乗り越えたのかを、熱く語ると良いでしょう。

冷静な対処能力や分析力、前向きな姿勢や精神力は仕事をするにあたって非常に重要です。

小さな失敗から大きな失敗まで多種多様ですが、失敗のスケールはあまり関係ありません。

それよりも、どんな失敗でも逃げずに向き合うことが大切と言えます。

失敗談を話すときには、失敗に向き合った自分をしっかりとアピールしたいものです。

面接が不安?面接に受からない?ウカル面接対策、教えます。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ