【例文付き】面接で短所を「人見知り」と答える際の必勝法とは

はじめに

企業の面接で長所と併せて、自身の短所は何かと聞かれます。

その際、短所は「人見知りです」と答える学生もいるでしょう。

人見知りと答える場合、どんな点に注意すれば良いでしょうか。

短所であるためどう伝えて良いか、悪い印象を持ってほしくないと悩みます。

ここでは人見知りを短所として伝える場合の必勝法を、いくつか紹介したいと思います。

【短所で人見知りと答えるときの必勝法】なぜ企業は短所を面接で聞くのか

面接時に聞かれる質問はさまざまですが、自分の長所と短所をそれぞれ答えてくださいと聞かれることが多いです。

もしくは、短所は何ですかと長所ではなく短所について質問される場合があります。

ではなぜ、企業では短所を面接で聞いているのでしょうか。

長所のほうが自身のことをアピールしやすい、どのように企業や仕事に対して貢献できるか伝わりやすいのではないかと感じるかもしれません。

あえて長所ではなく短所をなぜ聞いているのか理由を知り、人見知りという点を短所として伝える良い方法を探してください。

自分のことを客観的に見られているかを知るため

自分の短所を聞かれて、スムーズに答えられる人は少ないでしょう。

急に聞かれてもわからないと、答える際にしばらく沈黙するケースもあります。

自分の長所はスムーズに話せても、短所は言いづらいという気持ちからなかなか口にできない方や短所といわれてもよくわからないと感じる方もいます。

自分のことを客観的に見られていると、自身の短所がスムーズに答えられます。

第三者視点で自分のことを見てみて、短所である部分は何かと考えるとわかりやすいです。

自身で考えても答えに自信がない場合は、仲の良い友人や家族などに聞くのも良い方法です。

面接対策のため、自分のことを客観的に見て短所を探してみましょう。

会社の社風や仕事内容にマッチしているかを判断するため

短所を面接で聞かれたからといって、ストレートに短所ですと答えるのは避けましょう。

その企業や携わっている業界によっては、答えた短所がNGのことがあります。

人見知りである場合、営業職など初対面の人とどんどん話をしなくてはいけない職業は向いていないかもしれません。

人見知りであると伝えても良い企業や業界は何か、面接で聞かれる前によく研究し、適切な場面で発言しましょう。

誰とも話をしないということはできませんが、他の職業と比べるとコミュニケーションを取る必要がない職業もあります。

たとえば「データ入力」「厨房スタッフ」「倉庫整理」「品だし」などが挙げられます。

一緒に働く社員と話をすることはありますが、お客様と接する機会は少ないでしょう。

上記のような仕事に携わっている企業であれば、短所として人見知りを挙げても採用を見送られる可能性が低いです。

課題解決能力があるかどうかを確認するため

人見知りであることを、時には改善して取り組まなくてはいけないことがあります。

どんな仕事でも、1日ずっと黙って仕事をしているというわけにはいきません。

出勤したら最低限あいさつは必要ですし、業務連絡などで他の社員と話をすることもあるでしょう。

人見知りであるということを客観的に見ることができるのであれば、課題解決能力があるともいえます。

人見知りである面をどう解決していくのか、どのような場面では出さずに工夫したほうが良いのかなど、仕事を進めていくうえで障害にならないように配慮する能力があるか見られます。

どんな短所でも長所になる?

長所と短所は表裏一体の関係にあるとされ、就活の面接のために長所や短所を探す際には長所の一つを短所に変え、あるいは短所を長所としてアピールしようなどと言われます。

短所を端的に問われれば、どうしてもネガティブな面を伝えがちです。

内容によっては評価を下げかねないため、長所を短所に変えてしまおうと言われるわけです。

一方、自分が短所だと悩んでいる事柄を短所としてそのまま伝えると、とてもネガティブに伝わり、自分のよさをアピールできません。

そこで短所を長所として捉えることが大切になります。

一つの側面として捉えず、物事を立方体で見れば、よい面として見出すことができるからです。

多くの短所は長所にすることができますが、「人見知り」の場合はどうでしょうか。

「人見知り」といっても、人によって、その態様はさまざまです。

初対面の人と打ち解けられない人もいれば、自分からは話しかけられないだけで、相手から話しかけてくれればすぐに心が開けるという方もいます。

また、クラス替えがあるとなかなか友だちができない人、人前に出ると緊張してしまい、話せなくなる人などもいることでしょう。

なかには、人が信用できないから、初めての人とは話したくないといった方もいるかもしれません。

それを長所に変えることはできるでしょうか。

これらは、「人との接し方に慎重である」とか、「行動に出る前にしっかりと考え慎重に行動する」と言い換えることが可能です。

誰にでも調子よく話しかけるのではなく、その人のことを少し観察して見極めてからコンタクトを取るようにしている、慎重で場をわきまえた行動ができるのが長所、と言うことが可能です。

お調子者ではなく、その場の雰囲気や状況を読んで、必要があれば話しかける空気が読めるところが長所ということもできます。

また、人を最初から信用していないことが理由の場合は、誰とでも簡単に仲良くなってしまう方に比べて、人から騙されにくい、人の言いなりにならない、人のペースに巻き込まれない人と言うことも可能です。

自分のテリトリーを確保でき、周囲から翻弄されにくく、常に自分を保てることは、仕事をしていくうえでも必要な能力です。

人とは常に一定の距離をもって接し、相手を慎重に見極めてから接することを心がけている人は、調子のいい話にすぐに乗ることありません。

ビジネスにおいても、取引先から騙されることや詐欺被害に遭うリスクが少なく、重大な交渉事も安心して任せられる人と評価することもできます。

「人見知り」という短所を長所に変えて、「自分には人を慎重に見極めようとする特徴があり、その分、人に振り回されず、その状況に応じて適切な距離を取って接することができるので、取引先との交渉や、初めて取引に入る企業や相手の信頼性を慎重に判断することができます。」というように、入社後に役立つこと、貢献できることとしてアピールすることができれば、短所が長所に変わります。

【短所で人見知りと答えるときの必勝法】人事から見た短所が人見知りの方のイメージ

自分の短所は人見知りと答えた場合、人事から見るとどのようなイメージがあるのでしょうか。

他人と話をすることに緊張する人は多いだろう、人見知りの人は珍しくないと感じるかもしれません。

しかし短所は人見知りですとストレートに伝えると、悪い印象を持たれることもあります。

では、どのように見られる可能性があるか見ていきましょう。

打ち解けるまでに時間がかかる

人見知りであると、打ち解けるまでに時間がかかる傾向があります。

新入社員として入社し、打ち解けるまでに何か月もかかるのではないか、さっそく仕事をお願いしたいが気軽に話しかけられるだろうかと周りに気を遣わせてしまうかもしれません。

新入社員同士、もしくは先輩社員も含めてグループを組んで課題をこなすことがあります。

その際に人見知りであることから、同じチーム内の人たちとうまく話ができないのではないかと心配されるかもしれません。

なかなか発言しない、本当にこのまま進めていいのかと同じチームメンバーを混乱させることにもなります。

初対面の人の前だと話すことができない

人見知りの場合、初対面の人の前でうまく話をすることができないことが多いです。

あいさつをするので精一杯になってしまい、その後の会話が続かないこともあるでしょう。

緊張のあまり顔がこわばってしまったり、真っ青になってしまったりと周囲を心配させることにもなります。

新入社員は社員の前であいさつをさせられる場合や簡単に自己紹介をさせられる場面があります。

その際、たくさんの初対面の人に囲まれて緊張してしまい話すことができなかったという方も多いでしょう。

人見知りなところを短所で回答する際の構成

 

短所が人見知りであることは、接客業など人と対応する仕事をはじめ、事務作業などであっても弱点となります。

どんな職場や仕事でも人とのコミュニケーションができることは大切な要素であり、人見知りが過ぎてコミュニケーションが取れないのでは、スムーズな仕事ができません。

もっとも、就活の面接で短所として挙げるべきことは、ご自身がここだけはどうしても変えられないといった、真の弱点ではありません。

とある経験やキッカケにより、改善努力を重ねていたり、克服したいと強く思っている、自ら変わろうとしたりしている短所です。

そのため、人見知りを短所として挙げながら、接客業などを志望する方も少なからずいます。

人見知りが短所でありながら、内定を獲得するにはどうすればいいのか、内定獲得に向けた構成をご紹介します。

結論:私の短所は人見知りなところです

短所を尋ねられたら、回答の最初は簡潔に結論からスタートします。

「私の短所は人見知りなところです。」と質問に端的に答えるのが、最初の構成です。

理由:なぜならば、〇〇という経験で〇〇ということがあったからです

次になぜ自分の短所を人見知りだと思うのか、その理由を述べてください。

面接官はあなたとはじめて会うわけですから、あなたが人見知りしやすい人物なのか、どの程度の人見知りなのか瞬時には判断できません。

そのため、なぜ自分の短所が人見知りだと思ったのか、その根拠となる経験を伝えましょう。

 

エピソード:私は〇〇で〇〇ということをしていました

あなたの人見知りが短所として露呈したエピソードを紹介します。

もっとも、ただ、人見知りだったので困りましたとか、人見知りが原因で誰とも交流ができませんでしたといった失敗談など、自分が人見知りであることを強調したり、人見知りのままで終わったりしてしまうエピソードではいけません。

人見知りの短所を直そうと思うキッカケとなった、エピソードを選ぶことがポイントです。

問題:その経験で〇〇という問題に直面しました

エピソードの概要を述べたら、あなたが人見知りだったことが原因で直面した問題について紹介しましょう。

たとえば、道に迷っているなど困っている人を見かけたのに、人見知りゆえになかなか話かけられずにいたといったエピソードです。

行動:今の現状が〇〇のため、私は〇〇しなければいけないと考えました

自分の人見知りを思い知ったという問題が起こったことで、自分の短所は人見知りなのです、と強調して終わりではありません。

短所を面接で紹介する時には、その短所を改善しよう、克服しようと考えた短所を選ぶことがポイントだと指摘しました。

そこで、生じた問題を紹介したら、その問題を解決するために行動を起こすことがポイントになります。

ほかに助けてあげられる人がいなかったからこそ、自分が何とかしなければと思い、勇気を出して話しかけてみたなど、生じていた問題を解決し、自分を変える第一歩となったキッカケとなるエピソードを選んで紹介するようにしましょう。

 

改善:そのため、今〇〇を行い、短所の改善を行っております

エピソード紹介の締めとして、その経験をキッカケに、自分の短所を直そうと努力していることを伝えます。

人見知り改善のために、人から声をかけられるのを待たず、積極的に自分から話しかけるようになったとか、これまでは避けてきた接客業のアルバイトにチャレンジしている、高齢者の話し相手になるボランティアに参加しはじめたといった、現在の改善に向けたエピソードを紹介して結びます。

結論:その経験を活かして貴社では〇〇で貢献していきたいと考えております

最後に短所を回答する結びとして、企業への貢献をアピールして締めくくりましょう。

人見知りを克服して自信を持ったので、これまでできなかった接客の仕事にチャレンジしたいと熱意や意欲の高さをアピールすることもできます。

また、営業職やコンサルタントの仕事で、人見知りだったからこそ、初対面の人に話をしにくい気持ちがわかるとアピールするのも1つの方法です。

心を開いてもらえるよう、人見知りだったからこそ、相手の気持ちに親身に寄り添い、信頼関係を構築して、コンサルティング営業で成果を上げたいなど企業の業績に貢献できることを強調しましょう。

人見知りという短所は、仕事をしていくうえでも、社会人としてもかなりマイナスイメージの強い短所と言えるかもしれません。

ですが、今はそれを克服していたり、改善に向けて積極的に頑張っていたりするのであれば、むしろ、あなたの強みとなり、プラス評価にもつながります。

人見知りだったがゆえに、目の前にいる相手の気持ちを汲んだり、配慮ができたりすることや、場の空気が読める、慎重な対応ができることをアピールして、短所を長所に変え、内定獲得に向けて、自分のよさをアピールしていきましょう。

これはNG!短所を答える時に気をつけるポイント!

短所を答えるときに、気を付けたいNGポイントをご紹介します。

一つは、短所を隠して短所はないと言ってしまうことです。

「人見知り」という短所は、仕事をしていくうえでは、どんな業種やどんな職種であってもマイナスイメージに思えてくる方が多いのではないでしょうか。

職場の人とのコミュニケーションも取りにくく、顧客や取引先などとも思うように接することができないと自分に自信がなくなり、ネガティブに捉えかねません。

そのため、「人見知り」であるとは言わないでおこうと思うのはもちろん、短所がある人間は採用されないと不安になって、短所がないと答えてしまうのです。

ですが、短所がないパーフェクトな人間など基本的にいません。

まして、新卒の新入社員にパーフェクトな人間であることを企業は求めていません。

初めて社会人として仕事をしていくわけですから、むしろ、できないことだらけです。

にもかかわらず、短所がないということは、よほどの自信過剰な人で自分を理解していないか、自己分析ができていない人と評価を下げてしまうので、NGなのです。

もう一つのNGポイントは、短所を伝えるだけで終わってしまうことです。

短所を挙げたら、それを改善するための努力をしていることを具体的に話し、短所を長所に変えて活かせた体験を話さなくてはなりません。

短所を放置したままの人間は、入社後も成長が期待できません。

短所をうまく活用しようとしていない人は工夫が足りず、入社後の活躍が期待できないからです。

改善に向けた努力や、短所をうまく活用していることを示す際には、具体的なエピソードを伝えられないとNGになります。

ただ、「人見知りを克服しようと努力しています。」と言っても、どう努力しているのかがわからず、内定がもらいたくて口先だけで言っていると思われかねません。

長所に変えるエピソードについても、面接官がなるほどと納得する、入社後にも活用できそうな具体的なエピソードを伝えましょう。

【短所で人見知りと答えるときの必勝法】短所である「人見知り」を面接で魅力的に伝える4つのポイント

面接時に短所である人見知りを、どう魅力的に伝えれば良いでしょうか。

「初対面の人だと緊張する」「なかなか打ち解けられない」といったマイナス面で見られることも多いです。

マイナス面だけではなく、プラスの面もあるとうまく伝えることが大切です。

ここでは4つのポイントについて紹介します。

人見知りという意味を改めて考える

まずはじめに、人見知りという意味を改めて考えてみましょう。

人見知りであるということは、初対面の人だと特に緊張する、仲間と打ち明けるまでに時間がかかる、うまく笑顔になれないといった面があります。

マイナス面に見られがちですが、人見知りということは慎重さが備わっている方が多いです。

初対面の人をすぐに信用しない、他人の話をよく聞いて石橋をたたくようにして渡っていく、失敗しにくいといったプラス面もあります。

プラス面もあると、どう伝えるべきかと考えると良いでしょう。

人見知りを言い換えて話す

人見知りとストレートに伝えると、「打ち解けるまでに時間がかかる」などと人事担当者に悪い印象を持たれるかもしれません。

そこで、人見知りと伝えるのではなく他の言葉に言い換えて話してみましょう。

慎重に人を見極める

人見知りである人は、打ち解けるまでに時間がかかるかもしれませんが、打ち解けたときには信用をしていてスムーズに話ができる良い面があります。

この人は大丈夫と自身にゴーサインを出したときに、仲間と打ち解けられる面があるため、人を見極める能力に長けています。

営業職で人見知りは不向きなように見られがちですが、営業をするときは相手にうまく言いくるめられないように注意しなくてはいけません。

この人の言うことは信用しても良い、この件は契約をしたほうが良いなどと、重要な場面で人見知りである人の意見が参考になることがあります。

石橋をたたいて渡る

人見知りである人は、仲間が先に行く様子を見てから自分も行こうかとようやく腰を上げる面があります。

仲間が先に行ってうまくいっている様子を見て、それなら大丈夫だと自身にゴーサインを出すのです。

先に先にと突っ走ることがなく、物事を慎重に見て危険な橋は渡らないという良い面があります。

そのため失敗がしづらく、しっかり足元を固めてからスタートするため頼りになるシーンが多いです。

あなたの短所が人見知りという理由を明らかにする

人事担当者に人見知りという点を魅力的に伝えるためには、あなたの短所が人見知りという理由を明らかにする必要があります。

なぜ人見知りと答えたのか、真実味を出すためにも重要です。

またこの学生はこんな人かと人物像を伝えやすくなります。

人見知りだと感じたエピソードなど、体験談を交えて話すと伝わりやすいです。

結論から話す

はじめに、結論から話しましょう。

「私の短所は人見知りです。過去にこんなことがあって・・・」と、結論から話をすることで伝わりやすいです。

面接は決められた制限時間がありますし、短い時間でわかりやすいよう伝えなくてはいけません。

そのため、結論から話すよう心がけましょう。

【短所で人見知りと答えるときの必勝法】短所が人見知りの例文

では続いて、短所が人見知りと答える場合の例文を掲載します。

いくつかありますので、自身に当てはまる例文がないかと捜してみてください。

また自身に置き換えるとどうなるのか考え、オリジナルの文章を作成して面接に臨みましょう。

例文①

私の短所は人見知りです。

大学に入学してからなかなか友人ができませんでした。

サークルに入ったことで声をかけられるようになり、だんだん仲間と打ち解けることができました。

社会人になってからは私からも積極的に仲間に話しかけ、良い関係を築いていきたいです。

例文②

私の短所は人見知りです。

サークルに入り自己紹介をしたときに、緊張のあまりうまくできず仲間と距離感を感じていました。

これからは緊張をできるだけ和らげて話をし、仲間と打ち解けていきたいです。

例文③

私の短所は人見知りでなかなか話せないことです。

学生時代、仲の良い友人ができるまで時間がかかってしまいました。

しかし本当は他人と話をしたいという気持ちがありました。

これからはできるだけ発言をするようにし、どんどんコミュニケーションを取っていきたいです。

まとめ

面接で短所を人見知りと答える際は、マイナス面が強いため魅力的に伝わるよう工夫しましょう。

別の言葉に言い換える、ストレートに話さない、企業の社風や仕事にあっているか考えるなど工夫が必要です。

プラス面もうまく打ち出し、マイナス面ばかりに捉えられないよう注意しましょう。

面接が不安?面接に受からない?ウカル面接対策、教えます。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ